親子におすすめの新型プラネタリウムとは?

自由研究で電池を作ろうと思っています。それで備長炭電池を作ってみたんですがうまくいきませんでした。だから、だれか簡単な方法で作れる電池を教えてください!!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

備長炭電池のチェックポイントを上げておきます



・使った炭は本当に備長炭か(本物の備長炭は結構な値段がします。住み同士を叩くと、カンカンと高い金属のような音がします
・使った備長炭は十分に大きいか(小さいと、モーターを回すなどができません
・備長炭に巻いてあるティッシュは十分に濡れているか(グショグショでもOKです
・ティッシュの上に巻くアルミホイルと備長炭が触れてしまっていないか(少しでも触れていたら×です。
・電気が足りないという可能性はないか(太陽電池用のモーターでなければ回りません。太陽電池用でも、条件が悪ければ回りません。

この回答への補足

豆電球でも光りますか??あと、食塩の量がいまいちわからないんですけど。

補足日時:2006/08/16 11:03
    • good
    • 0

中学生ですか? 高校生ですか? 


学年がわからないと答えにくいです。

電池を作るときにはやはり「どうして電気が流れるのか」に興味を持って欲しいです。私の近くにも「備長炭で電気が流れるなんて凄い」とだけで終わってしまっている人がいます。銅板や亜鉛板という本に出てくるものでないから凄いという発想です。
備長炭に特別な意味を持たしてはいけません。単なる炭素電極です。かんかんと音がするというのは高温で焼いていますので柔らかい炭に比べて不純物が少なく、電気抵抗が小さいというこいうことになります。乾電池の中にも炭素棒が入っていますから驚くことではないのです。炭素で電気が流れることを知らない人が結構います。備長炭に驚いている人の中にもいます。やったことがなければ鉛筆の芯で電気が流れることを試してみて下さい。

普通の炭素電極に比べて炭の場合は小さな穴が多くて空気の吸着能力が高いです。この電池は炭素電極表面に吸着した空気中の酸素が反応していますから吸着能力が高くないと電流が大きくなりません。吸着している酸素がなくなれば電流は流れなくなります。食塩水は化学反応には関係していません。アルミニウムが溶け出していったときにできるAl3+イオンがその後のアルミニウムの溶け出しを邪魔するのを防いでいます。

表面積の大きさが電流量に関係しますから小さいと駄目です。結構高いということです。一本だけ売ってくれるところはないでしょう。ホームセンターで銅板を買ってくる方が安いと思います。あり合わせの古い銅板があればそれの方が良いです。食塩水とアルミ箔(アルミ缶を切って使う場合は紙ヤスリでコーティングを取り除いて下さい。)と銅板でやるときは銅板表面の銅の化合物が働きますから新しくなくて構いません。(銅板は2つの働きをします。表面の物質が反応します。内部の銅は電気を流す電線の役割です。)塩水につけたものを一度空気中にさらすだけでもかなり寿命が違います。ガスコンロの強い炎で銅板を加熱したものを用いても良いです。太陽電池用のモーターはよく回るはずです。入れ物はプラスティックスの容器でいいです。
消毒用の過酸化水素水、漂白剤の次亜塩素酸ナトリウムなどの酸化剤ががあればもっといいかもしれません。古い封筒を半分に切って中に過酸化水素水を入れます。その中に銅板を入れて封筒を食塩水の中に入れます。封筒ののりが水に溶けて口を開くことがありますから注意して下さい。紙の目を通ってゆっくりと液が染みこんでいくと電気が流れ始めます。高校の実験では硫酸銅水溶液を用いますが普通の家では手に入らないと思います。封筒は2つの液が混ざらないようにしています。でもゆっくりでも溶液が移動しないと電気は流れません。
私はアルミ缶、食塩水、素焼きの植木鉢(しきり壁)、硫酸銅水溶液、銅板でやりました。数時間は流れています。電池は酸化・還元という化学反応の例です。どの物質が反応の主役か、反応が継続するのを助けているのはどれかとか、色々勉強するところが多いです。
もし資料を調べるとしたらダニエル電池で探してみて下さい。(ボルタ電池の資料を探してもたいてい解説が不充分です。)
もし近くにプリント基板のエッチングをやっておられる方がいるとエッチング液の古いのが手に入ります。これは役に立ちます。(工業高校の実習ではたいてい使います。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

中学生です。少しわかりにくところもあったけど助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/17 17:48

豆電球は光りません。

発光ダイオードも無理です。
点電球であればいけるのではないかと思いますが、試したことがないです。
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/sugicom/kazuo …
食塩水は適当でいいと思います。とりあえず、溶かせるだけとかしてみてはどうでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

本当に助かりました。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/17 17:46

私も小学生のとき電池(レモンと銅板と亜鉛板)を作りましたがうまくいきませんでした。

    • good
    • 0
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究で燃料電池をつくっているんですが・・・・

中2です。
自由研究で燃料電池をつくっています。「やり方はプラスチック容器に水と食塩を入れ、鉛筆の芯2本をその中に立てて乾電池の+極-極に導線を付け、鉛筆の芯につなぎ、電気分解をして豆電球がつくかどうか試し、ついたら燃料電池ができる 」ということなんですが、私の場合、電気分解しても泡が出ずさらに豆電球もつきません。
  もし良ければこの実験失敗の原因とどうすれば解決するか教えていただけないでしょうか?この実験自体間違っていたら正しい実験方法を教えていただけないでしょうか?
  長々とすいません。 

Aベストアンサー

 テスターを使ったことはありますか?ホームセンターで1000円~3000円位で売っていますので、それを入手して対象となる回路に本当に電流が流れていないかどうかチェックしてみては如何でしょうか?豆電球を点灯する電流はミリアンペア以上必要でしょうから、作られた「燃料電池」の発生電流が例えばその100分の1の電流だとすると、電流は流れているが豆電球は点灯していない・・・だから失敗だ・・・になってしまいます。 どうかNever Give Upの精神で探求してみてください。 なおテスターが高い!ということなら100円ショップで売られている「電池チェッカー」がお勧めです。あれについている「検流計(微弱電流が流れるとコイルが回転して針が動く)」の部分をばらして微弱電流の検出に使うという「手」もあります。もっとも「どれくらい」という疑問には応えてくれませんので、そこが100円の限界ですが。
 なお、食塩水は濃度を変えるという点、鉛筆の芯は備長炭にしてみる(これまた100円ショップで売っているようです)、片方(両方)の電極をアルミや他の金属にしてみる・・・などいろいろ変えて(水準をふると言います)実験して、もっとも結果に大きく影響するものは何かを見出すという作業をトライされてみてはどうでしょう。いま世の中の第一線の多くの技術者が取り組んでいる「品質工学(QE)」の世界の入り口を(僅かですが)同時に味わえることができるのではないか・・と存じます。

 テスターを使ったことはありますか?ホームセンターで1000円~3000円位で売っていますので、それを入手して対象となる回路に本当に電流が流れていないかどうかチェックしてみては如何でしょうか?豆電球を点灯する電流はミリアンペア以上必要でしょうから、作られた「燃料電池」の発生電流が例えばその100分の1の電流だとすると、電流は流れているが豆電球は点灯していない・・・だから失敗だ・・・になってしまいます。 どうかNever Give Upの精神で探求してみてください。 なおテスターが高...続きを読む

Q10円玉と1円玉で作る電池ができません。助けてください。

いま、10円玉と一円玉の間に食塩水を浸したろ紙をはさんだ
電池を作りましたが、電球がつきません。電球はムギ球なのですが、
つきません。
明日、実験の授業で使うつもりなのですが、どうしたらうまくつきますでしょうか。詳しく知っている方、教えてください。
 
状況なのですが、うまくつかないので、10円だまと1円玉を交互に20枚積み重ねてもつきませんでした。

Aベストアンサー

お呼びですか。m(__)m
テスターで計るのは電圧ではなく「電流」です。
電池に直接電流測定レンジでテストピンを当てるのは、基本的に禁止なのですが、このような微小電流しか流せない(内部抵抗が大きい)電池の場合は、最大出力電流をこの方法で測ります。
恐らくムギ球を光らせるだけの電流は得られないでしょう。
でも電圧が2.5Vまで出せたのなら、直列で、6Vちょっとになるようにすれば、液晶電卓を起動できると思います。

液晶タイプの(腕)時計ならば、裏蓋をはずして繋げば、電池の電圧は1.55Vが規定ですから、大抵出来るはずです。
#液晶置時計だと大きいのは厳しいかも。

乾電池一個の時計は、私はレモン電池でやりましたが、11円電池では厳しかったですか。
電流容量を上げる方法としては、食塩水じゃなくてレモン汁を使ってみてください。
これ私が試したレモン電池と同じ構成になります。
はるかにパワーがあるはずです。
あと、特に一円玉は磨かないと酸化膜があると大きな抵抗になり、電流が流れにくいです。


人気Q&Aランキング