人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

祖父がラバウルで終戦を迎えました。
シナに4年いた後、そのままラバウルに移ったと聞いています。

祖父が亡くなった今となっては、祖父が戦時中どの師団に居たのかさえわかりません。

祖父の戦友も高齢の為、筆をもてない方ばかりです。

祖父が戦時中、どの師団に居たかを調べる方法があれば教えてください。

この頃の歴史に興味がでたのはここ数年で、祖父に戦時中の事をもっと聞いていればと後悔ばかりです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

お探しの部隊ですが、第17師団もしくは第38師団ではないかと思います。



第17師団は姫路で編成された部隊で、所属連隊は鳥取の第53連隊、岡山の第54連隊が主力でした。最終師団長は酒井 康で、した。

日中戦争前は中支派遣軍の指揮下で、無錫、常州、宣興で警備行動を行い、武漢攻略作戦に参加後、第二次世界大戦後は昭和18年にラバウルに派遣されています。

その後昭和19年2月に海軍航空隊がラバウルを撤退してからは、部隊ごと1年半の自活生活のまま終戦を迎えています。

第38師団は名古屋で編成され、所属連隊は名古屋の第228連隊と岐阜の第229連隊が主力でした。最後の師団長は影佐禎昭でした。

この師団は昭和14年に中国広東省に警備任務に就き、大戦突入後は香港攻略戦に参加後、ガダルカナル奪還作戦に参加しましたが、輸送船のほとんどが沈められ、ほとんど手ぶらの状態でガ島に上陸しています。

その後ガ島を撤退後ラバウルで再建され同島の陣地構築に当たっていましたが、そのまま終戦を迎えています。

個人的には、中国に4年ほど駐屯していたということですので、おじいさまは第17師団ではなかったかなと考えています。

おじいさまの出身地や昔話などに、前述の地名などが出ていれば間違いないと思うのですが。

一度ご両親におじいさまの略歴などを聞かれてみればいかがでしょうか?
師団が分かれば、その師団師団の歴史をつづった書籍などが発刊されている可能性もありますので、根気よく探してみておじいさまの苦労でも偲んであげれば、きっとおじいさまの喜ばれると思いますよ。

余談ですが、アメリカ軍から利用価値なしと決断されたラバウルは、太平洋戦線ではある意味恵まれた戦場でした。
その辺のことも、時間を作ってじっくり調べて見られるのも良いでしょうね。

もしまだ何かのご質問があれば、手持ちの資料で分かる限りはお答えします。

おじいさまはよい孫を持たれてよかったですね(*^_^*)
    • good
    • 0

補足


軍籍は厚生労働省社会援護局援護課または都道府県の援護課(これらの呼称は都道府県によって多少異なるそうです。)
    • good
    • 0

軍籍を請求してみてはいかがでしょう。

軍籍とは、丁度軍人の戸籍謄本のようなものです。請求先は、旧厚生省あるいは、旧軍人戸籍があったの都道府県保健福祉部に電話してみるとよいでしょう。
私は、北海道の保健福祉部に請求しました。
実は、私もつい最近まで知らなかったのですが、叔父の軍籍を採ってみたら入隊から戦死までの記録がありました。詳細はこれからの調査しようとしているところです。因みに、私は戦後生まれで軍隊経験はありません。
    • good
    • 1

結論から言えば、質問の内容だけでは所属部隊を特定することはできません。

手掛かりとなる情報が少なすぎます。

昭和18年ころまでは、太平洋の島々には陸軍の部隊は全く配置されていませんでした。なぜなら、太平洋の戦いは海軍の担当であり、陸軍は海軍の作戦に興味も関心もなく、また、これに口をはさむことが許されるはずもなかったからです。しかし、海軍が拙い戦をして負けそうになったため、急遽、海軍の尻拭いのために中国大陸から部隊を転用するハメになったのです。事態は急を要するため、直ちに転用可能な部隊を多くの師団などから中隊・大隊という小部隊単位で抽出し、これらを寄せ集めた集成部隊(混成連隊・混成旅団など)を編成して太平洋の島々に配置せざるを得ませんでした。もちろん、このような寄せ集め部隊を作るのは好ましいことではありませんが、戦況の急変のためやむを得なかったのです。

つまり、終戦時、太平洋の島々に配置されていた陸軍部隊の「本来の」所属部隊は実に様々であり、少なくとも所属大隊・中隊の名称・番号がハッキリしなければ親元の部隊を特定することはできないのです。

もっとも、親元部隊から離れて諸島に配置された部隊も、後には親元から完全に切り離されて現地部隊の編制に組み込まれました。この段階の所属部隊、いわば養子縁組先の部隊なら、終戦時の所在地である程度の見当をつけることができます。質問者の祖父が「師団」に所属していたことが確実なら、第17師団または第38師団であった可能性が非常に高いといえますが、陸軍の部隊には師団の指揮系統に属さない部隊も多数存在していたので、これも条件付の結論、可能性に過ぎません。

結局、質問の内容だけでは手掛かりが足りません。所属部隊を特定するためには、最小限、所属中隊の名称(秘匿名称でも可)または指揮官の階級・氏名が必要です。出身地(本籍地)や部隊の種類(歩兵、砲兵、工兵など)などの情報も特定のため役に立ちます。ご両親や親戚などにこれらについて確認してみることをお勧めします。
    • good
    • 0

おじい様が将官クラスであれば図書館あたりで調べられると思いますが・・・。


そうでなければ、お亡くなりになるまで支給されていた軍人恩給から調べることは可能かと思います。旧厚生省援護局を引き継いでいる現厚生労働省の部署にあたってみれば記録があると思います。

終戦当時ラバウル方面にあった日本軍の部隊は以下の通りです。
ご参考まで。

【陸軍】

第8方面軍 (ラバウル)
第8方面軍司令部
第8方面軍築城部
第8方面軍特情部
第8方面軍通信部
第8方面軍独立飛行隊
第9砲兵司令部
野戦重砲兵第7連隊
独立臼砲第1大隊
戦車第8連隊
第19野戦高射砲隊司令部
野戦高射砲第39大隊
野戦高射砲第47大隊
野戦高射砲48大隊
野戦高射砲第50大隊
独立野戦高射砲第36中隊
独立野戦高射砲第37中隊
野戦照空第3大隊
野戦照空第5大隊
野戦機関砲第15中隊
独立混成14連隊
電信16連隊
電信第47連隊
第8固定通信隊
第9固定通信隊
第15固定通信隊
独立有線第91中隊
独立無線第1小隊
独立無線第61小隊
独立無線第62小隊
独立無線第63小隊
第26野戦兵器廠
第26野戦自動車廠
第26野戦貸物廠
第6野戦憲兵隊
独立自動車第38大隊
第31野戦道路隊
第6遊撃隊
第7遊撃隊
第14兵站衛生隊本部
第67兵站病院
第103兵站病院
第10患者輸送隊本部
患者輸送第63小隊
患者輸送第76小隊
第24野戦防疫給水部
第16兵站病馬廠
独立海上勤務大隊
第4船舶輸送司令部
船舶工兵第8連隊
第4船舶団司令部
第14野戦郵便隊
第48飛行場大隊
第25飛行場中隊
第26飛行場中隊

第17軍 (ラバウル)
第17軍司令部
歩兵第53連隊
歩兵第54連隊
歩兵第81連隊
捜索第51連隊一部
工兵第17連隊
野砲兵第23連隊
輜重兵第17連隊
第17師団通信隊
第17師団衛生隊
第17師団兵器勤務隊
第17師団第1野戦病院
第17師団第2野戦病院
混成第2連隊

第38師団 (ラバウル)
第38師団司令部
歩兵第228連隊
歩兵第229連隊
歩兵第230連隊
山砲兵第38連隊
工兵第38連隊
輜重兵第38連隊
第38師団通信隊
第38師団衛生隊
第38師団兵器勤務隊
第38師団装甲車隊
第38師団第1野戦病院
第38師団第2野戦病院
第38師団病馬廠
混成第3連隊

第65旅団 (ラバウル)
第65旅団司令部
歩兵第141連隊
旅団工兵隊
旅団通信隊
旅団野戦病院

独立混成第40旅団 (ニューアイルランド)
独立混成第40旅団司令部
独立混成第34連隊
独立混成第35連隊
旅団砲兵隊
旅団工兵隊
旅団通信隊
旅団輜重隊
旅団野戦病院
独立混成第14連隊


【海軍】

ラバウル地区
南東方面艦隊司令部
第11航空艦隊
第105航空基地隊
第958海軍航空隊
第81警備隊
第84警備隊
第85警備隊
第86警備隊
第8潜水艦基地隊
横鎮第8特別根拠地隊
第8通信隊
第8湾勤部
第8根拠地隊
第10設営隊
第28設営隊
第101設営隊
第211設営隊
第212設営隊

ニューアイルランド島
第18根拠地隊
第83警備隊
第89警備隊
第18設営隊
    • good
    • 0

Googleで「ラバウル 守備隊」と引いてみると、鳥取の第17師団に所属していた第53連隊(岡山?)が引っかかりました。

おじいさんが中国地方(兵庫から、岡山、鳥取、島根あたり)の方ならあるいはこの師団かもしません。仰る条件に大体合致しますが、第53連隊というよりも第17師団に属していたいずれかの部隊かもしれません。

「昭和13年7月14日に軍旗を再拝受され再編成され、改めて第17師団の隷下に置かれる。
日中戦争の第17師団の動員に伴い、中国へ渡り江蘇省無錫・常州・宜興などで警備に当たる。
昭和13年10月、第3大隊が武漢攻略戦に参加。
以後、連隊は甘木関突破作戦・慈口鎮附近の戦闘などに参加する。
昭和19年9月、師団の第1梯団として上海からラバウルへと向かう。
12月からの戦闘では死闘の連続。
シリマチ岬の守備隊と第1小隊の一支隊が玉砕。
エボシ岬守備に当たっていた第1中隊の1小隊と歩兵砲中隊主力が玉砕。
ナタモ附近で第1大隊の第1機関銃中隊主力と第1歩兵砲小隊の主力が玉砕。
やむなく連隊主力は12月31日、残存兵力をもってツルブ飛行場で持久戦に入り、ビール川で戦闘中に終戦を迎える。」

ちなみに旧日本陸軍は、それぞれの部隊が置かれた地域から兵員を補充していたので、出身地がわかると所属していた部隊もわかりやすいことが多いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q陸軍姫路39師団もしくは第10師団で

終戦後にシベリア抑留された部隊を教えて下さい
私の亡き祖父は父が言うには39連隊にいたと言いますが39連隊は南方で終戦を迎えたとwikiにあり違うと思いました
39師団も一部連隊がwikiでは南方に出撃したとあり最後まで満州に残り終戦後にシベリア抑留された部隊が把握できませんでした
父の記憶も曖昧で詳しい情報が解らず困ってます
でも確かに祖父は抑留されたと平成3年に慰労彰状が届いて今も認知症を患った祖母の暮らす家にあり一体どの文献が正しいのか解りません
今年で戦後69年当時を知る人が身近におらず誰から聞いていいのかも解りません
まだ私は30歳で語り継ぎ部として未来に伝えたくせめて祖父の経験した戦争だけでも知っておきたいです
詳細が解る人は是非教えて下さい、よろしくお願いします

Aベストアンサー

> 防衛省の問い合わせ電話番号など

部隊の異動については、防衛省の防衛研究所が最も詳しいです。
http://www.nids.go.jp/
HP最下段に電話番号があります。ただし、個人単位では資料が膨大になりすぎていて、回答が困難だと思われますから、部隊が判明してからの方がよいでしょう。


どの部隊かは軍歴証明書で良いのかな? と思いますが、終戦時に本籍のあった都道府県の社会福祉担当の部署で発行してもらえます(大抵の都道府県では恩給担当の部署になると思います)。終戦時に本籍がどこにあったかが分からないとそれ以上は調べられません。

ただし、個人情報にもなるので電話ではほとんど答えてもらえないように思いますし、所属部隊がどこにいたのかは書かれていないと思われます。
本人が亡くなっていても取れるのかどうかは自信がありませんが。


他の手段として戦友会に問い合わせてみるという方法もあるようですが、こちらもどの部隊かはっきりしないと何ともいえません。

Q「海ゆかば」の意味は?

海ゆかば水漬く屍

山ゆかば草むす屍

大君の邊にこそ死なめ

かえりみはせじ


という軍歌?の意味やどんなときによくうたわれたのかなどおしえてください。

Aベストアンサー

歌詞は万葉集から採られたもので、以下が歌詞の意味です。

海で戦って死ねば、死体は海水に浸かって浮かぶだろう。
山で戦って死ねば、打ち捨てられた死体は草に覆われるだろう。
天皇のおそばで死ぬのだから、決して後悔はしないぞ

太平洋戦争前、日本政府によって国民精神強調週間が制定された際、そのテーマ曲としてNHKが信時潔氏に依頼して作られた曲で、出征兵士を送る歌として歌われました。本来は国民の戦闘意欲を昂揚させるために作られた曲ですが、太平洋戦争末期の大本営による戦地玉砕のラジオ発表の際に、テーマ音楽として用いられたことで国民に強く印象付けられたようです。

Q戦争に行かなくて済んだ人達って?

昭和10年代後半、大学生でさえ召集されたあの時代に五体満足で健康な20~30代の男子で
戦争に行かなくて済んだのはどんな人達なんでしょうか?
わざと徴兵回避して村八分になった人達を除いて召集されなくても
堂々としていられた人達の場合です

Aベストアンサー

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年度に作成し、予め警察署に保管、動員令が下令されると発行するものです。
 また、中央とは別に、その地区を管轄とする師団から、戦死、戦傷、戦病などの要員で人員の不足があった場合、管轄地域で召集令状を発行しました。
 これを、臨時召集令状と言い、師団毎に随時作成されています。
 比率から言えば、日中戦争勃発後、後者の令状が多く発行されています。

 この発行の基礎資料になったのが、各市町村役場の兵事課から提出された在郷軍人名簿です。
 これには軍隊の経歴、召集回数、健康程度、家族関係、思想関係、治癒見込(病気の場合)などが記述され、このほか体格等位に徴兵検査の結果を記入、役種に兵役種類が記入され、更に特・分業、特有の技能が記入されています。

 充員召集令状を発行する場合、特・分業、特有の技能に注目し、中央が作成した動員計画の必要技能召集する部隊の練度、任務の軽重なども勘案して、召集を決定します。
 他に、体格等位、健康程度などを重視して必要兵を抽出していきます。
 海軍の場合は、更に思想関係も重要視されたようです。

 さて、召集記録の欄の末尾に「召集延期者」略して「召延」という朱印が押されると、召集対象外となり、召集令状は来ることがありませんでした。
 これには甲、乙と二つの区分があり、甲は絶対召集しない人、乙は人がいない時に初めて召集対象となる人です。
 この召集延期の制度は昭和2年から開始され、制度が年ごとに拡大していっています。
 ちなみに、この規定は、陸軍動員計画令(永年動員計画令)に記載されたものです。

 例えば、1943年当時の戦時召集延期者は以下の通りです。

1.侍従、侍医、東宮傅育官、皇宮警察官吏、皇宮警察部消防夫
2.陸海軍部隊に在職し余人を以て代うべからざる者、及び特種の雇用人、工員にして必要欠くべからざる者
3.鉄道又は通信業務に従事し、必要欠くべからざる者(一般国民対象)
4.船舶(50t以上のもの)乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
5.民間航空乗組員にして必要欠くべからざる者(一般国民対象)
6.国土防衛に直接関与する業務に従事し必要欠くべからざる者
7.陸軍大臣の指定する工場又は事業上に従事し必要欠くべからざる者(一般国民対象)
8.都道府県、地方事務所、警察署、市区町村の官公吏にして兵事事務を主管する者各一名(一般国民対象)
9.帝国外の地に於いて執務を執行する帝国官吏中、必要なる者、並びに外地最高司令官、朝鮮台湾軍管区司令官
10.帝国議会の議員
11.国民学校教員中必要なる者(一般国民対象)
12.上記の外、国歌総力戦遂行の為に緊要なる業務に従事する者にして、必要欠くべからざる者

 つまり、一般人は輸送、通信関係の職員、陸軍大臣指定工場技術者、兵事係などの召集業務担当者が全面的に免れ、教師も一部が召集対象から外れています。
 また工場の熟練労働者も対象となっています。
 但し、工場などに於いてその選出は各工場に任されていた為、工場幹部の親戚が事務屋として入っていて、召集延期者として選出させた事例もあります。
 この場合は、発覚すると即座に召集されるようになっていました。

 1944年からは、臨時召集延期制度が始まります。
これは、航空機工場、特に重点機種(疾風とか飛燕とか言った戦闘機、飛龍などの爆撃機)の生産従事者は全員この対象となって、召集を延期されています。
 また、これ以外の航空機生産従事者、交通関係従事者、鉱山技師、炭坑夫、造船関係従事者、特攻兵器製造従事者は、例え徴兵検査で入営することが決まっていても、一定期間その入営を延期する「入営延期制度」対象者となっています。
 この制度も1944年から開始されています。

 これより先、1943年3月からは、既に入営した人で、軍需生産に必要な人でなおかつ、「軍の統率、団結、軍の士気上差支えなき範囲内に於いて」召集解除し、職場に復帰させると言う「特別召集解除制度」がありました。

 また、本土の食糧不足が深刻化していた1945年には、根刮ぎ動員があった反面、「召集要考慮制度」というもので、軍需生産だけでなく、農林水産業従事者も対象にしています。

 これらの総数がどれくらいあったかと言うと、召集延期制度が、1941年には10万人程度だったのが、1945年には85万人、臨時召集延期制度は不明、入営延期制度は、1944年で20万人、1945年で6万人、特別召集解除制度は1943~45年で4。3万人、召集要考慮制度は160万人が対象となっています。
 戦時中の在郷軍人数は約500万人、召集要考慮制度を除くと、総数で115万人以上に上っています。
 また、充員召集計画で召集令状を発行されていたのに、その充員召集計画自体が取りやめとなった為、結果的に召集されなかった人も多かったようです。(眠い人 ◆gQikaJHtf2)

うちの母方の祖父。福井出身で戦争当時大阪にいた。
薬剤師だったので徴兵されずに済んでいた。(戦局が悪くなっても製薬する人が内地に必要だったので)

 休みの度に薬をたくさん持って福井に帰り、薬を配って換わりに越前米をもらう。
 ↓
 福井から船でまだ稲作技術が発達していない北海道へ渡る。
 ↓
 米を売ってお金に換えて大阪に戻る。

と、いうのを延々とやっていたそうです。(生活板)

『軍事板常見問題』のキャッシュより
http://mltr.free100.tv/index02.html
(現在、上記サイトの項目が閲覧できないので…)
http://www21.tok2.com/home/tokorozawa/faq/faq08k03.html#draft

【質問】軍に召集されなかった人には、どんな人がいますか?

【回答】旧日本陸軍に於いて、召集を担当するのは、各県にほぼ一つ配置された連隊区司令部です。この連隊区司令部で、参謀本部、陸軍省と言った中央が決定した動員計画に基づき、該当者を召集令状を作成します。
 これは、充員召集令状と言い、前年...続きを読む

Q戦死者名簿は閲覧できるか。

祖父の兄の事について調べています。
過去帳をみると、昭和12年7月21日・45歳に亡くなったと書いてありました。

父はその人は戦死したと噂で聞いたといっていましたし、なんとなくその年代、死亡の歳からして戦死であろうと思っています。

厚労省、沖縄の平和の礎、靖国神社のどれかで戦死者の閲覧ができますでしょうか。

ちなみに、その祖父が亡くなった後、弟である祖父が当家を相続しております。
戸籍謄本を提示すれば閲覧も可能かと思います。

Aベストアンサー

地域によっては戦死された方の名簿は出版されたものがあります。
これは市町村または県単位で遺族会とか戦友会といった団体が作成したもので、戦死した場所や日付が簡単に記載されています。この程度の内容でよいなら捜してみる価値はあるでしょう。
一般に明治10年の西南戦争以降の戦死者が掲載されています。戦死された当時の住所地(市町村)から出版されているので、そこの図書館に尋ねてみるとよいでしょう。「忠魂録」「英名録」など色々な名前になっていますし、市史や町史に掲載されていることもあります。通常、普通の図書と同じ扱いなので閲覧に制限はないはずですし、貸し出しも可能かもしれません。


人気Q&Aランキング