地方に行くと軽自動車が日常の足として
広く使われてます。公共交通機関が発達
してないんで当然だと思います。そういう
人に対して燃料を食わなくて道路を占有する
面積の小さい軽自動車を安く使えるように
する分には異存は無いです。

しかしたまにワゴンRみたいな軽のターボ
付きミニバンが走ってます。こういうのって
大抵リッターあたり10kmも走らないん
ですよね。資源を浪費してるにも関わらず
優遇税制?と思うんですけど。軽の規格を
排気量と寸法だけでなく燃費という規制も
設けたらいいと思うんです。もしくは
ヴィッツみたいに排気量は大きくても
燃費が良い例もあるので寸法と燃費だけで
決めるとか。なんか歪んでる気がするん
ですけど、どう思われます。

A 回答 (3件)

軽自動車の燃費だけを考えるとそういうことになりますが、軽自動車の税制優遇の根拠は下記の面についても考慮されています。


ただし、軽規格発足当時の根拠は存じませんが・・・

車体規格が小さいために、それを生産するのに必要なエネルギー消費量(二酸化炭素排出量を含)が普通車を生産するより少なくすむために環境に優しい面。

交換タイヤや補修部品の小型につき、それを生産する消費エネルギーもまた少なくてすむ面。

車体重量が少ないために道路へかかる負担が少なくてすみ、道路維持管理費に貢献している面。

スピードの抑止(実際にはノーマルでも140キロ程度出せますが(^_^;))によりる悪質交通事故の抑止効果に期待したい面。

自動車を庶民に広く普及させる為の手立ての面。

以上、軽自動車の税制優遇措置はこんなことも絡んでいるんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

みなさんありがとうございます。もちろん
いきなり優遇税制を見直したら軽専業
メーカーは大変なことになるでしょう。
そこで5年間の猶予期間とか設けて
緩やかに移行すればいいと思います。
また寸法と燃費だけを規制して排気量は
自由にするとかもメーカーにとって
開発しやすいでしょうね。

お礼日時:2002/03/15 02:30

 こないだ、環境対策エンジンに対する優遇制度ができましたから、これで少しは変わるんじゃないでしょうかね。



 なんせ軽自動車はもともと、自動車を国内に広く普及させるために作られたもので、ドイツでいうフォルクスワーゲン・ビートルと同じ位置付けのものだったんです。
 当然、そんなものにターボやスーパーチャージャーをつけるだなんて、誰も考えもしなかったんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0

私も燃費の良い普通乗用車に乗っているので税金たくさん払っているので、agv6cavoさんと同じこと考えますよ。


回答にはなっていないとおもうんですが、もし軽自動車の税金が普通車並になったら、自動車本体の価格といい、安全性といい、性能といい、誰も軽自動車を買わなくなってしまうと思うんです。
たぶん、業界の圧力とか、いろいろあって、いまの税制になってるんでしょうね。

同じ理由で、ディーゼルの環境負荷や公害の賠償金とか考えると、軽油税をもっと値上げすべきだとおもうんですが、これまたやはり運輸業界の圧力によっておさえられてるんですよね。

やりきれないことです
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車排気ガスの比重 (空気より軽い重い?)

自動車、トラック等の排気ガスは空気(窒素+酸素)より重いでしょうか、軽いでしょうか。車の排気ガスは人間のひざの高さ辺りから出ますが、そのガスは排出後そのまま低い位置をさまよう割合が高いのか、高い位置に上がっていく割合が高いのかを知りたいのです。

Aベストアンサー

自動車排気ガス中の最大の成分は窒素ですから、これは普通の空気と同じ(温度が高い分、軽くなりますが、すぐに普通の空気と混じりあいます)。
燃焼生成物は水と二酸化炭素が主で、水(気体)は軽く、二酸化炭素は重い。
有害性の高い一酸化炭素はほぼ窒素と同じ比重です。

しかし、走行中の車から出れば、気流の乱れが強く、すぐにあたりの空気と混じりあって一緒に動くと考えて良く、比重の違いは問題にならないと思います。
駐車中の車でも、そのときの風まかせでしょう。

要するに普通のタバコの煙の動きと同じようなもので、重さの影響よりも周辺の気流による影響が大きいでしょう。

Q200リッタードラム缶は震度がどの位で倒れの

オイル入りのドラム缶が地震で倒れ中のオイルが漏れる
事を想定してオイル堰を設けているのですが。
実際に震度いくつ位になるとオイル入りのドラム缶は倒れるのでしょうか 

Aベストアンサー

全くの素人です。
ですが、ドラム缶の中身は何でしょう?
液体?
適正容量詰め込んだ物、半分しか、満たされてない物、空の物。
半分位入ったドラムの中の液の揺れの周期と同調した時、倒れるんじゃないかな?と思います。
震度は、…中越地震のボランティア参加し、震度5弱まで体験しましたが、自分の周囲のドラム缶(1,2本)は倒れなかったと思いました。
倒れ防止なら、壁や柱に並べ、チェーンなどで縛ったらどうでしょう。

Q大型トラック(10t)の燃費は積載量によってどのぐらい違う?

トラックから排出される二酸化炭素量を知りたいのですが調べたところ一般的に2~3km/Lでした。しかし積載量によってどのぐらい燃費が変わるのかが分かりません。空荷の時と満載の時ではどのぐらいの違いがあるのですか?
お分かりの方がいましたら回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

積載量による燃費の変化について!
1)平坦な道では発進時の加速時間が長くなる分燃費が悪くなります。(2速走行が長い。)
2)満載での上り坂だと20km/hが限界速度の場合があります。空積みで同じエンジン出力だと60km/hの速度が出るなら通常の3倍二酸化炭素量を出す事になります。但し、平坦な道だと空積みの場合120km/h以上の速度が出せるエンジン出力です。積載量よりも上り道、下り道など平均値が重要となります。更に詳しく言えば、走行時に使用するギヤ比が低い2速を多用すると走行距離がのびないので燃費が悪いと言えます。

Q車で走る道ばかり整備しないで自転車で走る道を整備すべきじゃないですか?

車で走る道ばかり整備しないで自転車で走る道を整備すべきじゃないですか?

健康で長寿な社会をよしとする割には、日本全国道路族じゃないですが
自動車が通る道(高速道路とか)ばかり整備してるように思えます。
ドイツなどを見習って自転車(ちゃりんこ)が安心して走れる道を
整備すべきじゃないですか!?そうすれば健康促進につながるし、
CO2削減にも貢献すると思いますが?
(都内などは、危険が多すぎて自転車はちょっと乗るのが怖いですよ!)

Aベストアンサー

 ANo.4に投稿のものです。

 車の所有や使用(営業や自家用)が一定の受益者負担をしているという事情はよく判りますが、だからといって、そして経済や歴史の流れと発展だといっても、やはり空気やいろんな環境の破壊、騒音をもたらすことまでが免罪符になっているとは思えません。
 
 障害があったり、パトカーや消防、緊急車両などは使用が認められるし、必要な家族使用も必要でしょう。
 しかし、可能な限り最小限で我慢することもして欲しい。
 暴走族とか、今はいわないのでしょうか?この人たちの気持ちもあるのでしょうが、高速が真上に走ることになってしまっている住民は大変つらいですね。
 このことを言い出すと、平和ぼけの若者のために国としての敵をはっきりさせ、軍隊と兵役などという人も出てきますが、これも恐ろしい話です。
 
 今はもう車の使用を抑えることができなくなってきていますが、車社会に反対したいし、なんとか環境と静かさをとりもどしたいですね。

 受益者負担としている、というお話は事を正当化するには不十分ですね。
 ジャスティファイはできません。と私はおもいます。
 車を使用者を問題にしているのではなく、そういう文明の歩みの是正を願っているのです。

 ANo.4に投稿のものです。

 車の所有や使用(営業や自家用)が一定の受益者負担をしているという事情はよく判りますが、だからといって、そして経済や歴史の流れと発展だといっても、やはり空気やいろんな環境の破壊、騒音をもたらすことまでが免罪符になっているとは思えません。
 
 障害があったり、パトカーや消防、緊急車両などは使用が認められるし、必要な家族使用も必要でしょう。
 しかし、可能な限り最小限で我慢することもして欲しい。
 暴走族とか、今はいわないのでしょうか?この人たちの気持...続きを読む

Qティッシュは資源の浪費なのか

ティッシュぺーパーは今や生活必需品であり、膨大な量が消費されています。
ところで、市販されているティッシュの多くが(少なくとも自分の知っている商品は)「パルプ100%」で作られていると表記されています。
トイレットペーパーは再生紙から作られた商品も結構見かけるようになりましたが、ティッシュはあまり「再生紙使用」と表記されている商品は少なくとも自分の周りでは見かけません。
森林資源の無駄遣いという気がするのですがどうなんでしょうか。

Aベストアンサー

日本で生産・消費されるティッシュペーパーは、パルプ 100%を原料につくられたものが大半であり古紙を利用した製品のシェアは 5-6%程度と推定され、以前と比較しても古紙配合製品のシェアは伸び悩んでいます。

パルプ原料には木材と非木材がありますが、日本では木材パルプが全体の 99%以上を占めています。また、パルプ原料のうち国産材と輸入材では、経済的な要因などから輸入材の割合が年々増えて約 7 割を占めています。

ほとんどのものが木材から作ったパルプ(バージンパルプ)で作られた高級紙です。
欧米では化粧用として普及したようですが、日本では「鼻紙」として浪費されているようです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報