不況渦巻く昨今
これから日本の経済はどーなるのでしょうか
具体的にどーなっていくのか
注意点は
経済的に快適に生きるにはどーすればいいのか
子供にも分かるように説明できる方おねがいします。

A 回答 (2件)

日本経済という観点から・・・具体的に解る人・・・


はいないか、いてもごくごく少数だと思います。
私なんかヨク解りません。笑

個人的には、日本経済は構造改革が進み、
経済は回復はするものの超経済大国を
維持できるかどうかまでは確信は持てません。

というのは長期的には(高齢化というより)
働き手の減少、少子化、日本の鉱工業産業の
競争力低下、そしてこれらに伴う円安などから
国力の低下は避けられないと思います。

規制緩和を押し進め、外国の企業がたくさん
入ってくるようになれば日本経済は良くなる
かもしれませんが、日本人の生活が
経済的に良くなるかどうかはわかりません。

かつての様な高度成長は考えにくいですね。
国民の意識も経済的な豊かさより、生活の豊かさ
に主軸を置くようになり、知恵と工夫の中で
個々のライフスタイルを確立していく様に思います。

それでも個人レベルで経済的な快適さを求めるなら、
世界を視野に入れて自分の得意分野に全ての
時間とお金を注ぎ、まい進努力すればきっといつの日か
花が咲くと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変わかりやすいアドバイスありがとうございます。

お礼日時:2002/03/19 06:50

 これから日本の経済が、昔のバブル期のように急激な右肩上がりをするのは難しいでしょうね。

物があふれているこの世の中、需要も減っていくでしょうし。
 無敵といわれたIT産業も売れ行きが下がっている事態ですし、終身雇用制を守り続けていた松下電気さえも、希望退職者と募ってリストラしていますしね。
 まぁ、先は明るくないことだけは確かといえるのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アドバイスありがとうございます。
お互い厳しい世の中を乗り越えていきましょう。

お礼日時:2002/03/16 15:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこれから儲かる商売について

主人が退職後に商売がしたいと言い出し、退職金をつぎ込んでバーのようなお店を持つとこちらの意見を聞きません。昨今のような不況の中、商売を始めるとしたら何が適切なのでしょうか?アドバイスなどありましたら小さなことでも結構です。ご意見願います。

Aベストアンサー

サラリーマンが起業して黒字になるのは、1000人に一人といわれています。サラリーマンの起業は屍累々、地獄の日々を覚悟しないと出来ません。

旦那さんには、「何を始めても良いから、やりたい職業にまず、勤めてください。そしてそのお店で一番重要な人(店長クラス)になれたら、開業の応援をします。成れなかったら、きっぱりあきらめてください。」と言ってください。

大抵は、自信過剰になっていますので「よし、約束した!」と二つ返事でしょう。この時後で、約束を反故にされないように、家族や友達の前で誓わせてください。

で、、、勤めて半年もしないうちに、根をあげるでしょう。逆に店長クラスになれるようであれば、応援してあげて下さい。

ま、、その前に雇ってくれるかも怪しいですが、、、、

Qマネー経済が実体経済を活発にさせる具体例

『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』
こう覚えています。なんとなく納得してしまいそうな説明ですが、
実は具体的な話が全く浮かんできません。


(1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
  1つだけ知ってます。
   お金を借りた人が事業を起こして、資材を仕入れたり、人を雇ったりすれば
   お金が動くし、雇われた人がその給与でモノを買えば金の流れがスムーズになる。


(2)個人投資家や機関投資家同士がやっていることには実物経済を活発にさせる効果
 はあるのですか?あるとしたら、こちらも思いつくだけ実例を挙げて欲しいです。

Aベストアンサー

> 『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』

マネタリスト理論ですか。1980年代に流行った経済理論ですね。実際、現実世界への当てはまりはあまり良くないのですが。

> (1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
質問者の方の挙げた例は「流動性制約の緩和」として知られています。簡単にいえば、お金を借りれば事業ができる人がお金を借りられる状況にすることによって、実物経済が発展する、ということです。

これ以外の例としては「インフレ期待」が挙げられます。貨幣を大量に増発すると貨幣価値が下がりインフレになると予想されるのですが、たとえば今、金が100g1万円で買えたとして、来年には2万円になると予想されるとすれば、多くの人が金を買うわけです。このように、貨幣増発が実物経済のうち、特に投機筋を加熱させる可能性があります。
また、このような資産価格の高騰は資産の増加を伴い、それによる消費増をもたらす可能性があります。実際に起きた例としてはバブル期の土地・証券バブルと、それによる物価高騰、消費拡大等が挙げられます。

> 2)個人投資家や機関投資家同士がやっていることには実物経済を活発にさせる効果はあるのですか?
基本的にはありません。彼らがやっているのは所詮マネーゲームにすぎませんし、新たな価値を生み出しているわけでもありません。彼らが実物経済を活性化させるのは
1.企業などをファイナンス面でサポートした効果
2.投資収益に伴う消費の増加の効果
3.個人投資家・機関投資家へのサービス供給増の効果
のいずれかであると考えられます。このうち1はアメリカの研究によれば効果が非常に疑わしいものですし、2や3はその大きさが非常に限定的です。

> 『マネー経済には、お金の流れを活発にすることでモノの売り買い、
つまり実物経済を活発にさせるという効果がある。だから存在している。』

マネタリスト理論ですか。1980年代に流行った経済理論ですね。実際、現実世界への当てはまりはあまり良くないのですが。

> (1)その具体例を思いつくだけ羅列してもらえますか?
質問者の方の挙げた例は「流動性制約の緩和」として知られています。簡単にいえば、お金を借りれば事業ができる人がお金を借りられる状況にすることによって、実物経済が発展する、と...続きを読む

Q三洋電機の株をこれからどう処理すれば儲かるか

三洋電機の株を持っております。160円前後で購入しました。今回の件でこれからこの株をどう処理するのがいちばんよいのか教えてください。

Aベストアンサー

本日前場終値135円、TOB価格131円、今後もサヤ寄せが進むと見れば、まず損切りして、損失をカバーできる株数で空売りすれば、理屈の上では儲けになります。

Q北朝鮮への経済制裁って具体的には何をどう

北朝鮮に経済制裁をするという議論があります。
具体的になにをどうするのでしょうか。
国交もなく、経済交流もあまりないと思います。
どれほどの金額が取引されているのか知りませんが、
日本から輸入できなくなっても、中国経由で間接輸入できると思います。
またお米などの人道支援は別組みということなので、経済制裁の効果のほどが疑われます。
どなたか詳しいかたおしえてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 日本が主眼を置いているのは輸出入の制限と送金の停止です。
 輸出の停止は戦略物資の多くを日本製品に頼っている北に大きなダメージを与えます。沈没、引き上げられた工作船から多数の日本製品が発見されましたよね。それから自動車とかも日本製が多い。これらの交換部品が跡絶えるわけです。また、工業関係でも工作機械とかの消耗品交換が出来なくなれば、経済の足腰は確実に弱ります(北の場合元から足腰弱りまくりなのでトドメの一撃に十分なる)。小さな事を言えば、燃料用に買いつけている古タイヤすら国内に入らない事態になります。

 送金の停止は、貿易をするタネ銭を与えるのを止めようということです。中国・ロシアとも貿易は有るでしょうが、得られる通貨の信頼性という面では円は圧倒的に強いでしょう。また、特にロシアとの貿易は過去の債務を払っていないなど、経緯からあまり上手くいっていないのでは。
 また、日本からの送金は貿易じゃない(帰国者やら組織の面子やらとひき換えに円を送らせる)部分もあり、他とは旨みの面で桁外れです。

 あと、制裁発動すれば、北の外貨収入の数割を占めるという麻薬・覚醒剤取り締まりもきびしくなる(運ぶべき船が市場である日本に着けなくなる)でしょう。

 その外、人民の領導・偉大なる指導者同志の好物であるメロンとかすしネタとかが輸入できなくなります(w

 日本が主眼を置いているのは輸出入の制限と送金の停止です。
 輸出の停止は戦略物資の多くを日本製品に頼っている北に大きなダメージを与えます。沈没、引き上げられた工作船から多数の日本製品が発見されましたよね。それから自動車とかも日本製が多い。これらの交換部品が跡絶えるわけです。また、工業関係でも工作機械とかの消耗品交換が出来なくなれば、経済の足腰は確実に弱ります(北の場合元から足腰弱りまくりなのでトドメの一撃に十分なる)。小さな事を言えば、燃料用に買いつけている古タイヤすら...続きを読む

Q【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。 自動車も住宅ももう国内市場はダメです。

【物凄い儲かる商売】物凄く儲かる商売を教えてください。

自動車も住宅ももう国内市場はダメです。

今やスマホゲームの博打が主な金融銘柄になってます。

そんなんで良いんですかね。

Aベストアンサー

自分の知り合いの範囲ですと、国際特許弁護士は年俸8000万円くらいは稼いでいますね。日本で弁護士の資格をとり、渡米して米国の弁護士の資格もとり、さらに米国の特許弁護士の資格もとれば、年俸8000万円以上の国際特許弁護士のできあがりです。

頑張ってください。

Q【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・ 前の東京五輪の時の五輪後不況

【建設業】2020年の東京五輪後の建設不況をどう乗り切りましょう・・

前の東京五輪の時の五輪後不況はどうやって乗り切ったんですか?

ブラジルはもう不況?というかブラジルは開催前から不況に突入してた気が。。。

イギリスのロンドンは不況になりましたか?どうやって政策?国策で乗り切ったのですか?

Aベストアンサー

2025年大阪万博が決まればオリンピックよりも人が集まります。

Q【個人飲食店借金40億円!】の借金を完済出来たという。 そんなに飲食店って儲かる商売なのでしょうか

【個人飲食店借金40億円!】の借金を完済出来たという。

そんなに飲食店って儲かる商売なのでしょうか?

Aベストアンサー

飲食店はね「開業3年で約7割が廃業し、10年後も営業している店は1割程度」という現実です。
本当に借金40億完済なら余程腕がいいのでしょう。
(料理の腕だけでなく経営感覚)
しかしそんな人が40億もの借金を作るのか疑問?

Q実証経済・規範的経済の意味

こんにちは
実証経済学(positive economics)と規範的経済学(normative economics)のそれぞれの意味を大まかでいいので教えてください。
単純な質問でごめんなさい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

実証経済学とは「~である」という記述(特に統計データ収集)を行う経済学で、これに対し、規範経済学とは「~であるべき」というスタイルを取るものです。例としては、「今の日本は、所得税などの直接税より消費税などの間接税に重きを置くべきだ」などという主張は、後者に当たります。もちろん、実証と規範のどちらが優れていることはなく、どちらの視点も必要です。

Qオーケストラ奏者は儲かる商売ですか? たとえば人気ゲーム「ドラクエ」の

オーケストラ奏者は儲かる商売ですか? たとえば人気ゲーム「ドラクエ」の音楽CDはN響が演奏しているが演奏者にはどのくらい臨時収入があったのでしょうか? それとも専業にしている人はごくわずかであり、専業以外の人は普段は音楽教師とか普通の会社員をやっているのでしょうか?

Aベストアンサー

2~3年前から札幌交響楽団が新録音のCDシリーズを出していますが、地方オーケストラでは「久々の快挙」だそうで、国内オーケストラの殆どが新録音版のCDを出していません。

元々、クラシックCDは何万枚も売れる物ではないので、印税収入など大して期待できない上
 録音前の練習にはギャラや印税は出ない
 録音するためにはコンサートホールを借りなきゃいけない
 録音の際には客を入れることが出来ない=入場料収入がない
など”ないないづくし”のため、ただでさえ財政基盤の弱い国内オーケストラには負担が大きく、「CDを出すなんてとんでもない」のが現状のようです。

また、基本的なところで、楽器も個人持ちですし、個人練習するにも都心部や住宅街なら場所の確保という問題があります。

個人の名前で客が呼べるレベルの奏者ならともかく、有名楽団であっても知名度のない「一員」なら、オーケストラ専従は難しいでしょうね。

因みに、身内や知り合いに数人のアマチュア音楽家がおりますが、楽器の購入代は当然として、演奏会の都度の会場(本番、練習)の借り上げ代の負担のほか衣装も自前ですし、チケット販売も自腹購入でノルマを達成している姿を何度となく見ています。

以前、「楽器を始めたばかり」で「人前で演奏して稼げますか」という質問に「有名アマオケでも持ち出しで演奏しているのに・・・(厚かましい)」「どうしてもと言うのなら、出来るだけ見窄らしい格好をして、空き缶を置いて、寂しげな曲を演奏すれば小銭が稼げるんじゃない」という回答をしたら、〆切りもせずに放置されたっけ・・・

2~3年前から札幌交響楽団が新録音のCDシリーズを出していますが、地方オーケストラでは「久々の快挙」だそうで、国内オーケストラの殆どが新録音版のCDを出していません。

元々、クラシックCDは何万枚も売れる物ではないので、印税収入など大して期待できない上
 録音前の練習にはギャラや印税は出ない
 録音するためにはコンサートホールを借りなきゃいけない
 録音の際には客を入れることが出来ない=入場料収入がない
など”ないないづくし”のため、ただでさえ財政基盤の弱い国内オーケストラには...続きを読む

Q不況対策の経済学

現在日本にいる経済学者で、この不況に何らかの有効な対策となるような学説を持っている人はいるのでしょうか?

もっとも、いたらもう少し見通しは明るいと思いますので、実際にはいないのかもしれませんが。どう思われますか?

Aベストアンサー

 ノーベル賞をもらったポールクルーグマンが自分の間違いを認めたようですね。彼はヘリコプターマネー(通貨の増発)と金利政策で日本のかつての金融危機が回復できると主張していました。今回のサブプライム問題でそうではないことに気づいたのでしょう。それならノーベル賞も辞退だろうし学説も間違いだと思いますがね。
 現在の麻生首相などは、リチャードクー氏の説を採用しているようです。「バブル崩壊時は企業や個人が一斉に借金返済に走り資金が減って急激な信用収縮が起こる、それを防ぐため国が国債などを発行して財政出動し経済規模を維持する」でしょう。資金需要がないので金利を下げても誰も借りる人がいません。信用収縮を放置すればGDPが20%とか30%とか落ちてしまいます。
 リチャードクー氏の説は、資金需要がないときは金利政策が効かないです。バブル崩壊後に企業が一斉に借金返済に回ることを「バランスシート不況」といっています。逆に「バランスシート不況」でないときに金利を下げるとバブルが発生しやすいだったかな。

 まとめると、政策的には企業の借金返済が一段落するまで赤字国債を発行し続け財政出動を行うです。見通しはなんともいえませんがバブル崩壊後は、財政出動をやったりやめたりの繰り返しでなかなかバブルの清算が終わりませんでした。継続的な大規模な財政出動が続けば見通しは明るいかも。ただし、好景気になったら増税して国債を償還する必要はあります。

 ノーベル賞をもらったポールクルーグマンが自分の間違いを認めたようですね。彼はヘリコプターマネー(通貨の増発)と金利政策で日本のかつての金融危機が回復できると主張していました。今回のサブプライム問題でそうではないことに気づいたのでしょう。それならノーベル賞も辞退だろうし学説も間違いだと思いますがね。
 現在の麻生首相などは、リチャードクー氏の説を採用しているようです。「バブル崩壊時は企業や個人が一斉に借金返済に走り資金が減って急激な信用収縮が起こる、それを防ぐため国が国債...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報