最新閲覧日:

ある日、昼飯にラーメンと焼き飯のセットを食べる。焼き飯が左手、ラーメンが右手。私は両者を入れ替える。

次の日、カツ丼を食べる。真ん中の漬け物を挟み、小さな四角いお盆にカツ丼が左手、味噌汁が右手。私はその左右を入れ替える。

また次の日、からあげ定食を注文。あの四角いお盆に、手前左手にご飯、同右手にからあげ。左手奥に小皿と漬け物。右手奥に味噌汁。私は味噌汁をお盆の外の手前「左手」におく。

またまた次の日、親子丼とうどんのセット。左手に親子丼、右手にうどん。私はやっぱしその左右を入れ替える・・・・。

「キミー、一寸は食生活を考えたまえ」って言うのはおいといて(笑)、上記は例えですので必ずしもって訳でもないですが、私はしょっちゅう経験します。ここまで来ると私が「変」であるのは疑う余地は無いんですが(笑)、皆さんはこんな経験ないですか?何か「分析」(笑)出来ることはありますか?
私は右利きで、基本は「汁物」を左手に置くと言う事です。それと全く気にしている訳ではありません。単に興味本位です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中11~12件)

最近父ともこういう話をしていたんですよ(笑)。



日本の食の常識では、ごはんは左、汁物は右。ですよね。
でも最近は、ご飯は真ん中(か、右)、汁物は左に置く人が多いです。
父がこの間出席した会合では、10人中6人がそうやっていたそうです。
私はごはんは左、汁物は右で癖になっていますが、彼は昔から汁物が左です。

どうして汁物が左側なのか。「持ちやすい」、という単純な理由なのだそうです。
ごはんは置いたまま食べられるけど、汁物は持ち上げないと飲めないので、
持ち上げやすい(取り易い)左手前に置くのだそうです。
え~、おちゃわんは持ってご飯を食べるんだよ~と、私は思うのですが、、、
おちゃわんは持たないので、左じゃなくて良いのだそうです。

で、分析というまでのことではないのですが。beavasさんが変なのではなくて、
最近の日本人の食べ方が自体が変わってきたのではないでしょうか。
TVの食卓シーンを見ていると、お味噌汁とご飯の場所が違う(汁物が左側にある)
場合が多くあることからも伺えます。
そのうちに「お箸の持ち方が違う」とか「お茶碗持って食べなさい」なんて言う
私が、ナンセンスになってしまう時代がくるのかも、、、。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

#1でも申し上げた通り、特に味噌汁は必ず持つ必要がありますよね。だから左手なんです。ご飯も手に持ちます。
むしろ私としては、その日本の常識に疑問を持たざるを得ません。
となると皆さんやhanazonoさんは味噌汁はどうしていらっしゃいますか?まさか、お箸を持ったまま右手で持ち上げ「ズズー」(笑)って訳じゃないですよね?

>最近の日本人の食べ方が自体が変わってきたのではないでしょうか。
ってーことは私は「現代っ子」に入るんでしょうか(笑)。そんな歳やないんですけど。
大体「現代っ子」って言う言い方が古い(笑)。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/13 11:31

日本食の作法はご飯のお碗を左手で持ち、


右手の箸でおかずを取って食べるということにあります。
だからそうやって出てきます。
それにご飯のおわんを持たないチャーハンならともかく、
普通のご飯茶碗を右に置いたら食べにくいと思うんだけど?
ご飯を食べるときもおわんを持たないで食べるならおわんがどこでもいいかもしんないね。

ちなみに私が気になるのはデスクトップパソコンの置き場所ですね。昔はモニターの下でモニターに正対していたのがあたりまえだけど、今は左にあったり右にあったり足元にあったり上の棚にあったり。
統一しておいてくれ~。
職場は狭いからしょうがないけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>普通のご飯茶碗を右に置いたら食べにくいと思うんだけど?
これは言葉不足でした。定食の際はご飯は左手もしくは真ん中と言うことになりますね。味噌汁は「もっと」左手(笑)に置くことになります。
ご飯の茶碗は当然手に持って食べますよ。最低でも手は添えますね。何よりも味噌汁は必ず手に持ちますよね?だから「左手」に来るわけです(笑)

パソコンの件、私も極力モニターの下に置くことにしています。結局がそれが一番省スペースで能率的だと思います。またモニターの目線は高い方が肩が凝りにくいとも思いますし。タワーの場合は仕方無いですが、「うっとうしい・邪魔」ですね(笑)。
有り難うございました。

お礼日時:2002/03/13 11:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ