どシロウトで申し訳ないのですが・・・

現在始めてみたいビジネスがありまして
その事について調べていた所、もうすでに
よその会社が商標・特許出願中ということ
でした。

出願中ということは商標・特許としてまだ
みとめられていないという事なのでしょうか?

必ず認められるので出願中だということを公表
しているのでしょうか?

特許出願中のこの会社が加盟店を募集していました。
加盟料が50万円で商標使用料が月3万円でした。

どうしてもこのビジネスをやりたいのならば加盟店
になるしかないのでしょうか?

わたしは自分なりのやり方でやりたいのですが、やはり
無理なのでしょうか?

本当に無知ですみません。
わかりやすくお教えいたればうれしいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

>均等論などを適用されれば、請求項記載の発明と完全同一でなくとも、


>特許侵害として訴えられる可能性があるのではないでしょうか?

 その通りです。
 ただ、均等論の話になると、「均等論とは何か」「均等論が適用されない(=特許侵害とみなされない)条件とは」ということを詳細に説明する必要があります。さらに、その際に出てくる語句も、一般の方にはなじみのないものが多いと思います。判例まで出して均等論を説明すると、本が一冊書けるほどのボリュームになります(笑)。

 均等論について興味がおありでしたら、平成10年2月24日、最高裁にて下された判断をご参照下さい。事件番号は、平成6年(オ)1083号です。参考URLは、最高裁判所のHPです。現在、均等論を適用するか否かは、全てこの判決に則って考察されています。

 今回のケースでは、質問者の方が初心者であることを考慮し、一番簡単な判別方法を挙げておくにとどめました。

 ちなみに、yuharu さんの「数値が、請求項記載の数値から外れている場合は?」という疑問ですが、これを判別するためには、明細書の中身を充分に吟味する必要があります。でも、基本的には、多くの判例で「数値を外れる場合、侵害ではない」と判示されています。


 私も、「どうしても気になるもの」は、特許事務所に鑑定を依頼するのが一番確実だと思いますよ。

参考URL:http://www.courts.go.jp/index.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
みなさんがおっしゃる通り、専門家に相談
してみようと思います。

お礼日時:2002/03/14 14:47

*yuharuさんへ:



私は
「出願されているものの特許請求の範囲に記載されているものと全く同じビジネスを許可を得ずに実施すると、後々問題になる可能性があります」
と言っただけで、
「出願されているものの特許請求の範囲に記載されているものと少し違うビジネスを許可を得ずに実施しても後々問題になる可能性はない」
とは申しておりません。よくお読み下さい。(うっ、弁理士試験の文章みたいだ。^^;)

私は特許事務所での実務経験17年目です。kawarivさんはそんな私よりも知識が豊富な方です。
このサイト上でだって、ご質問者にそれなりの知識がおありで、すべてのお話をお伺いすることができれば、特許事務所に行くのと同等のアドバイスはできます。
そのことを誤解のないように。

私がご質問者に特許事務所に行って相談することを勧めたのは、情報提供(刊行物提出)に関してです。
これもまたよくお読み下さい。

*kiku77さんへ:

1つ補足しておきますが、公開公報に記載されている特許請求の範囲はそれで確定というものではありません。
審査の過程で特許請求の範囲が広くなったり、狭くなったり、発明の詳細な説明中に記載されている別の発明になったりすることがあります。
また、分割出願が派生することもあります。
そのため、No.2の方で「審査経過を定期的にチェックする」ということを述べました。
これは素人の方には難しいかと思いますし、kawarivさんや私もそこまでの面倒は見られません。
なので、特許事務所に相談された方がいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

たくさんの事をわかりやすくお教え頂き
大変感謝しています。
おっしゃる通り弁理士の方に詳細な内容
を説明し、相談しようと思います。

お礼日時:2002/03/14 15:00

最初に、私は専門家ではないことを断っておきます。



ただ、これまでの回答で少し気になる点がありました。

No2のYoshi-Pさんの回答では、
「出願されているものの特許請求の範囲に記載されているものと全く同じビジネス を許可を得ずに実施すると、後々問題になる可能性があります 」
No3のkawarivさんの回答では、
「特許権の侵害は、「特許請求の範囲」に記載されている事柄を全て満たしている場合に成立します」
と説明されています。

うろ覚えで申し訳ないのですが、
均等論などを適用されれば、請求項記載の発明と完全同一でなくとも、
特許侵害として訴えられる可能性があるのではないでしょうか?
(例えば、特許請求の範囲に「50~60gの化合物Aを使用する」と記載されていて、
 60.5gの化合物Aを使用する場合、侵害と訴えられる可能性はないのでしょうか?)

よって素人判断で、「特許請求の範囲」に記載された発明と全く同じではないから、
侵害として訴えられることはないだろうと、ビジネスを始められるのは、
極めて危険な行為であると思います。

私も、No2で最後にYoshi-Pさんが勧めていらっしゃるように、
一度、特許事務所などで専門家に詳細な内容をご相談されることをお勧めします。

なお、Yoshi-Pさんとkawarivさんの御回答を中傷しようとする意図は全くありません。
先にも述べたように、私自身素人なので、御回答を読んで湧いた疑問を質問させて頂きたいという気持ちです。
もしも、ご気分を害されたら申し訳ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答いただきありがとうございます。
そうですね。詳細な内容を専門家に相談
しようと思います。

お礼日時:2002/03/14 14:42

 ちょっと補足します。



 「出願中」というのは、「出願はしているのだけれど、権利となるか、権利を与える価値はないと判断されるか、特許庁の最終判断がまだ下されていない」状態のことです(厳密に言えば裁判もあるのですが、本論とはあまり関係ありません)。

 商標にしろ特許にしろ、特許庁に出願しただけで権利になるというものではありません。出願の後、審査官による審査を経て、「これなら特許・商標に値する」と認められたものに対してのみ権利が与えられます。当然、審査官が「こんなもの、権利を与える価値はない」と判断し、出願人がその判断を覆すことができなけば独占権はもらえませんので、一般的には「誰が使用してもよい」ということになります。
 この点に関しては、Yoshi-P さんが以前に詳しく回答されていますので、下記URLをご参照下さい。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=141850

 で、出願すると、その内容は、出願人の意志に関係なく公開されます。「公開しないで」ということはできません。
 どうせ公開される技術内容であれば、「出願中」と書いておくと、他人が同じような技術を実施しようとする際、「う~ん、これは、あの出願が特許となったときには、侵害だと言われるかもしれないな~。それならば、この技術を実施するのは止めておこう」と断念させることができるかもしれない、という効果があります。

 どうしてもそのビジネスをやりたいのであれば、そのビジネスに関連する特許公報(特許権が確立した技術内容を掲載した公報)や、公開公報(出願された技術内容を公開する公報)を入手して、「特許請求の範囲」の項をよ~く読解する必要があります。特許権の侵害は、「特許請求の範囲」に記載されている事柄を全て満たしている場合に成立します。詳しくは、下記URL(特に、NO.2 のご回答)をご参照下さい。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=153481

 言い換えれば、「特許請求の範囲」に記載された方法とは全く関係のない方法でビジネスを行うのであれば、「自分なりのやり方」は可能です。公開公報は、特許として確立したものではないのですが、参考には充分なります。

 言葉の意味が不明な場合や、検索方法は、下記URLが参考となります。

 http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=165830


 商標に関して言えば、登録商標の類似商標は、その類似商標が登録されていなかったとしても、商標権の侵害となります。また、登録商標でなくとも、著名な商標であれば、不正競争防止法によって保護されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

教えて頂いた内容やURLを参考にして
勉強しようと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2002/03/14 14:38

>特許出願中のこの会社が加盟店を募集していました。


>加盟料が50万円で商標使用料が月3万円でした。
>どうしてもこのビジネスをやりたいのならば加盟店になるしかないのでしょうか?
>わたしは自分なりのやり方でやりたいのですが、やはり無理なのでしょうか?

詳しいことがわからないので、一般論で述べますね。

商標の方については、その商標を使わなければいいだけの話です。(でも、あまりにも似てるのはダメ。)

特許の方については、ビジネスモデル特許も特許の内です。取扱い上の区別はありません。
「自分なりのやり方」の意味がよくわからないんですけど、出願されているものの特許請求の範囲に記載されているものと全く同じビジネスを許可を得ずに実施すると、後々問題になる可能性があります。
つまり、最終的にその出願が特許(登録)されると、損害賠償を請求される可能性があるということです。
特許にならなければ大丈夫ですが、危険なことはやめた方がいいですね。
様子を見ていて最終的に拒絶されれば大丈夫です。

出願番号はわかるのでしょうか?
わかるのでしたら、審査経過を定期的にチェックすることもできます。
また、その出願を潰す(拒絶させる)ための方法もあります。
つまり、その発明が特許されるに値しないものであるということを証明する情報(技術文献等)を特許庁に提供するということができます。
詳しい話は特許事務所に行って相談した方がいいと思いますが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2002/03/14 14:32

kiku77さん、こんにちは。



まず最初に、商標と特許は別物ですので、補足要求させて下さい。
両方出願中ということでしょうか?

『特許法第2条(定義)
1 この法律で「発明」とは、自然法則を利用した技術的思想の創作のうち高度のものをいう。』

『商標法第2条(定義等)
1 この法律で「商標」とは、文字、図形、記号若しくは立体的形状若しくはこれらの結合又はこれらと色彩との結合(以下「標章」という。)であつて、次に掲げるものをいう。
 一 業として商品を生産し、証明し、又は譲渡する者がその商品について使用をするもの
 二 業として役務を提供し、又は証明する者がその役務について使用をするもの(前号に掲げるものを除く。)』

なお、

>出願中ということは商標・特許としてまだみとめられていないという事なのでしょうか?

については、その通りでしょう。認められていれば「登録済」などの表示をするはずです。(多少のタイムラグがあるかも知れませんが。)

>必ず認められるので出願中だということを公表しているのでしょうか?

必ず認められるなんてことは、工業所有権関係の専門家でも断言できません。
ただ「認められる可能性がありますよ」という、一種の警告ですね。

その他のことについては、補足していただいた後にお答えします。

念のため、特許庁のホームページに条文が出ていますので、紹介しますね。
http://www.ipdl.jpo.go.jp/PDF/Sonota/hobin/index …

参考URL:http://www.ipdl.jpo.go.jp/PDF/Sonota/hobin/index …

この回答への補足

分かりやすいご回答ありがとうございます。
特許と商標の両方です。
よろしくおねがいいたします。

補足日時:2002/03/13 17:28
    • good
    • 0
この回答へのお礼

申し訳ありません。
記入漏れがありました。
特許ですがビジネス特許出願中
という事らしいのです。

お礼日時:2002/03/13 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】 特許だと特許出願料が認

【商標権のトロールビジネスにおいて大半が取得料未納ってどういうことですか?】

特許だと特許出願料が認可、拒否であろうと掛かるのに商標権取得は無料で申請が出せるってことですか?

で、認められて商標権の権利者リストに載っても代金未納で乗り続けるってこと?

Aベストアンサー

商標権登録申請では、申請時には費用は必要ではありません。
しかし、審査後には最低13000円の費用が必要となります。
未納の場合は、商標登録ができません。
今朝のTVでは、「PPAP」の事をしていましたが、要は審査が認められるまでに使用等の許諾契約や譲渡の話し合いをして金にしようとする意地汚い商売です。

Q同一出願者による出願済み商標の一部を含む新規商標出願について

●文字のみによって構成される出願済みの商標(但し、文字商標でなく通常商標)があります。普通名称の組合わせとの査定で、拒絶通知が届きましたので、先願の文字を極めて特徴的な図形に改め、さらに新たに特徴的な図形も加えて、新規出願を考えています。これによって商標が認められることはあるのでしょうか。どんなに特徴的な図形化をしても、普通名称の文字を含む商標は認められないものなのでしょうか。

●なお、拒絶理由通知書が届いている状態で、同一の出願者が拒絶対象となった先願の商標の一部を含む新たな商標を再出願する際に、一般の新規出願と異なる必要な手続き、留意事項などがあれば、ご教授下さい。

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

普通名称の組み合わせでも、その指定品目・役務で一般的でないならば可能性はあります。

特許庁 - どのような商標が登録にならないのか
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/tetuzuki/t_gaiyou/mitoroku.htm

また、名字からできたような社名ロゴであっても、商標としてみなされる可能性はあります。その場合は、なんらかのデザインを施して、普通に文書で書くときには起こりえない位に区別可能に図形化しておく必要があるでしょう。(長く使って普及・浸透したことをもって登録してもらえるケースもありますが)

なお、商標は他人との区別だけが目的ですから、同一人(法人)の先願・後願については支障になりません。自己の先願が類似であれば、商標法第八条1項によって先願のみが優先されますが、それが却下や取り下げられれば第八条3項によって後願が審査対象として残ります。

商標法
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S34/S34HO127.html

商標法第八条(先願)  同一又は類似の商品又は役務について使用をする同一又は類似の商標について異なつた日に二以上の商標登録出願があつたときは、最先の商標登録出願人のみがその商標について商標登録を受けることができる。
(2項略)
3  商標登録出願が放棄され取り下げられ若しくは却下されたとき、又は商標登録出願について査定若しくは審決が確定したときは、その商標登録出願は、前二項の規定の適用については、初めからなかつたものとみなす。
(4項、5項略)

普通名称の組み合わせでも、その指定品目・役務で一般的でないならば可能性はあります。

特許庁 - どのような商標が登録にならないのか
http://www.jpo.go.jp/cgi/link.cgi?url=/tetuzuki/t_gaiyou/mitoroku.htm

また、名字からできたような社名ロゴであっても、商標としてみなされる可能性はあります。その場合は、なんらかのデザインを施して、普通に文書で書くときには起こりえない位に区別可能に図形化しておく必要があるでしょう。(長く使って普及・浸透したことをもって登録してもらえるケースもあ...続きを読む

Q特許出願と商標登録出願

特許を出願することを特許出願といいます。
しかし、実用新案と意匠、商標は登録出願といいます。

なぜ、特許登録出願とはいわないのでしょうか?逆に商標出願とはいわないのでしょうか?

条文を参照しましたが、特許出願、商標登録出願とあるだけで明確な答えがわかりません。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あれ?おかしいな・・・???
昔は実用新案登録出願にも出願審査請求制度があったような・・・???
その頃から「実用新案登録出願」と言ったような・・・???

それと、特許の場合も特許権の設定の「登録」という用語があったような・・・???

「特許法 第107条(特許料)
 特許権の設定の登録を受ける者又は特許権者は、特許料として、特許権の設定の登録の日から第67条第1項に規定する存続期間(同条第2項の規定により延長されたときは、その延長の期間を加えたもの)の満了までの各年について、一件ごとに、次の表の上欄に掲げる区分に従い同表の下欄に掲げる金額を納付しなければならない。」

実用新案法や意匠法、商標法にも類似の条文がありますよね???

「実用新案法 第31条(登録料)
 実用新案権の設定の登録を受ける者又は実用新案権者は、登録料として、実用新案権の設定の登録の日から第15条に規定する存続期間の満了の日までの各年について、一件ごとに、次の表の上欄に掲げる区分に従い同表の下欄に掲げる金額を納付しなければならない。」

「意匠法 第42条(登録料)
 意匠権の設定の登録を受ける者又は意匠権者は、登録料として、第21条に規定する存続期間の満了までの各年について、一件ごとに、次に掲げる金額を納付しなければならない。
・・・」

「商標法 第40条(登録料)
 商標権の設定の登録を受ける者は、登録料として、一件ごとに、66000円に区分(指定商品又は指定役務が属する第6条第2項の政令で定める商品及び役務の区分をいう。以下同じ。)の数を乗じて得た額を納付しなければならない。」

さて、どこが違うんでしょう???
興味深いのでもう少し掘り下げてみましょうか。

「実用新案法 第2条(定義)
2 この法律で「登録実用新案」とは、実用新案登録を受けている考案をいう。」
「意匠法 第2条(定義)
2 この法律で「登録意匠」とは、意匠登録を受けている意匠をいう。」
「商標法 第2条(定義等)
2 この法律で「登録商標」とは、商標登録を受けている商標をいう。」

これに対して、特許の場合は次のようになります。
「特許法 第2条(定義)
2 この法律で「特許発明」とは、特許を受けている発明をいう。」

少し見えてきたかな? これは「国語」の問題のように思われますね。

要するに、「特許」という言葉と「~登録」という言葉とは並列関係になる(実際、「特許する」「特許される」とは言うけど「商標する」とは言いません)ということで、「特許登録」と言ってしまうと重複してしまう、言い換えれば「馬から落馬する」みたいなものなのではないでしょうか。

あれ?おかしいな・・・???
昔は実用新案登録出願にも出願審査請求制度があったような・・・???
その頃から「実用新案登録出願」と言ったような・・・???

それと、特許の場合も特許権の設定の「登録」という用語があったような・・・???

「特許法 第107条(特許料)
 特許権の設定の登録を受ける者又は特許権者は、特許料として、特許権の設定の登録の日から第67条第1項に規定する存続期間(同条第2項の規定により延長されたときは、その延長の期間を加えたもの)の満了までの各年...続きを読む

Q学会発表などで特許出願していることを公表しないほうがいい?

このカテゴリーに初めて質問いたします。

近々、学会で技術発表の予定があるメーカーの社員です。
件名の通りなのですが、発表の中に「この技術は現在特許出願中です」のような説明を入れようとしたところ、先輩社員から「それはまずいからやめたほうがいい」と言われました。
よく、食料品や日用品などのパッケージに特許を取得してある旨の記載を見かけるので、特許出願や登録の事実はどんどん公表すべきであると思っておりました。
そのほうが他社へのけん制や、ユーザーへのアピールになると思ったからです。

本当のところはどうなのでしょうか?

ちなみに、うちの製品は民生品ではなく、医療機器関係です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

その学会発表が純粋に技術発表の場であるならば、特許というビジネスの話を表に出すのはなじまないような気もします。

発表するほどの内容なら特許出願済みなのは当然ですし、発表内容自体がけん制ないしアピールになるので、ことさら口に出すことじゃありません(逆に軽視されて見逃されれば後々有利になることも)。
サブマリン特許ほどじゃないですが公開までの間を駆け引きにつかいたい思惑もあるかもしれません(余裕のある大企業に限りますが)。

ただベンチャーなどで発表内容を貪欲に売り込みに使いたい、というなら特許出願中をうたうのもアリだと思います。逆に回避策を固められて身動きできなくなる可能性もありますが。

なお商品パッケージに特許出願中と出すのは、実際に商品化を実現したものだからこそ意味があります。もう模倣や後追いしても無駄だよ、訴えるよ、ということですね。
その意味で学会発表とは少し違うと思います。

まあその先輩の発言意図は分かりませんが。聞いてみて補足に記載してくれると嬉しいです。

Q【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか? 同じ形式のお店を出せないようにビ

【特許・ビジネスモデル特許】ビジネスモデルの特許ってありますか?

同じ形式のお店を出せないようにビジネスモデル特許って取れるのか教えてください。

Aベストアンサー

ビジネスモデルの特許はあります。

文章を読む限り、この場合は 「同じ形式」がミソですね。
販売する商品は商品の特許ですが、この、「形式」がユニークで有れば、可能ではないでしょうか?


人気Q&Aランキング

おすすめ情報