『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

台所でカイワレ大根の栽培をしてみて疑問に思ったので教えて下さい。
カイワレ大根と言うのは、まず日に当てずに発芽させて、ある程度育ったところで日光に当てます。
すると白いモヤシみたいなカイワレが緑色のおいしそうな色になるんですね。

この緑色というのは当然、葉緑素の色であってこの緑色が光合成に必要だということは、昔理科で習った記憶があります。

光合成には葉緑体が必要、葉緑素ができるには光合成が必要。
にわとりが先かたまごが先かに似ていますが、もともとモヤシみたいなカイワレ大根に葉緑体はないわけですよね。
理科の授業では、光合成に葉緑素が必要だという実験を行いましたが、まず葉緑体ありきの実験でした。
そもそも葉緑素というのは、どの段階で生産されるものなんでしょうか?

カイワレを例に、できれば子供に説明できるように教えて下さい。

A 回答 (4件)

葉緑体はもともとサイアノバクテリアと呼ばれる独立した生物で、それが別の真核細胞に取り込まれ葉緑体になったといわれています(共生説)。

そして葉緑体(ミトコンドリアも)は卵子にはじめからあり、すべての細胞にすくなくとも少量含まれています。それが光合成に適した条件になると、分裂して増えます。
>葉緑素ができるには光合成が必要。
ここは微妙です。緑化(脱黄化)は、植物の持つファイトクロム(葉緑素ではありません)と呼ばれる光受容体に、赤い光が当たることにより起きます。この反応はエネルギーというより赤い光を信号として捉えており、光合成が必要という説は浅学にして聞いたことがありません。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

なるほど。
言葉の難解さはともかくとして、葉緑体というものの概要が理解できるような気がします。

葉緑素に光合成が必要でないなら、まず緑化→光合成という順番の説明がつきますので、ますますスッキリしました。
くわしく教えてくださってありがとうございます。
子供に偉そうに教えられそうでよかったです。

お礼日時:2006/08/17 14:25

>光合成には葉緑体が必要、


そうです。

>葉緑素ができるには光合成が必要
そうとは限りません。

暗いところで発芽させると、葉緑素の合成は、途中で止まってしまって、緑色にみえる色素、いわゆる葉緑素は出来ません。
葉緑素は、いくつかの合成反応を順番に経て作られるのですが、この反応を行う酵素のうち一部は、光が当たって初めて作られるからです。

植物にはファイトクロムという光を感じる色素タンパク質があって、モヤシに光が当たると、このタンパク質が光を感知した指令を元に、光合成に必要な葉緑素や酵素が一斉に作られます。

では、光合成をしていないもやしでどうやって、葉緑素を合成する酵素を光を感じた後ざまざまな酵素や葉緑素を作る材料やエネルギーをどこから調達しているのでしょう?この点が疑問だったのだと思いますが、これは、種の中に蓄えられていた養分を使っています。
この養分は、種をつけた親の植物が光合成で作ったのもですね。
一旦、葉緑素が出来て、光合成を行える様になると、今度は、光合成で得たエネルギーや炭酸ガスから作ったデンプンを材料にすることが出来ます。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

光合成のメカニズムをくわしく教えてくださってありがとうございます。
光合成で生み出されたデンプンが種に蓄えられて発芽の栄養素になるというのは、どこかのHPで読みました。
小さなカイワレの中で、素晴らしいシステムが働いているのですね。
感動すら覚えます。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/08/17 21:14

種の段階から最初から持っていますが・・・・。


日があたらない状態では単に”活動していないだけ”です。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

葉緑素とはそれ自体が緑色なんだと思っていました。
緑色でない形で最初から持っているものなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/17 12:43

>もともとモヤシみたいなカイワレ大根に葉緑体はないわけですよね。


なぜ?種子ないしは遺伝子情報としてあらかじめあったと思いますが。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ああ、そうなんですか。
もともと持っているものなんですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/17 12:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自由研究「植物の生長と光の色との関係」について

中2女子です。
同じ質問を他の質問サイトでしたのですが、
解答が少なかったのでこちらでもさせていただきます。

夏休みの自由研究で、「植物の生長と光の色との関係」について調べようと思っています。
そこで、2つ質問があります。

1.中2のテーマとしてふさわしいか。
2.もしやるとしたらどのような実験装置を作ればいいか。
今考えているのは、画像のような実験装置を(絵雑ですみません;)、
庭の日差しのよいところにおいておく、というものです。
この場合、ちゃんとセロファンの色が中に伝わるか心配なのですが・・・。
やっぱり一個一個懐中電灯にセロファンをつけたもので照らしたほうがいいですかね?
LEDなども考えたのですが、予算的に厳しいのと配線が一人では難しいのであきらめました。

段ボールに入れた後の水やりの方法とかも思いつきません。


毎年自由研究は後回しなので、今年はしっかりとまとめたいと思っています。
結果が出たらその理由まで本やインターネットで調べるつもりです。
できるだけわかりやすい結果を出す為の良い方法を教えてください。
解答よろしくおねがいします><

中2女子です。
同じ質問を他の質問サイトでしたのですが、
解答が少なかったのでこちらでもさせていただきます。

夏休みの自由研究で、「植物の生長と光の色との関係」について調べようと思っています。
そこで、2つ質問があります。

1.中2のテーマとしてふさわしいか。
2.もしやるとしたらどのような実験装置を作ればいいか。
今考えているのは、画像のような実験装置を(絵雑ですみません;)、
庭の日差しのよいところにおいておく、というものです。
この場合、ちゃんとセロファンの色が中に伝わるか心配な...続きを読む

Aベストアンサー

ご質問文が(1)「ふさわしいか」(2)「もしやるとしたら」
という感じなので、根本的な否定から入りますがご容赦ください。
種にあたりはずれがあるように、光以前に植物の個体ごとの生長がそもそも違います。その問題を無視している時点でこれはテキトーな実験なのです。そういうややこしい比較研究に取り組むのは国家予算を無駄にする馬鹿科学者と同程度の自己暗示科学でしかなく教育どころか脳ミソに悪影響します。そういうややこしいだけの馬鹿研究を捨てて別の目標を立て直すというところから誠実な研究が始まります。

>『予算的に厳しいのと配線が一人では難しいのであきらめました。』

賢ければ、ぜんぶあきらめましょう。他サイトなどで質問に回答が少ないのは自分の宿題を他人に聞くだけ聞いておいてお礼もできない中学生が多いからです。

「パオちゃん さま」(2008-08-11)
http://www.jspp.org/cgi-bin/17hiroba/question_search.cgi?stage=temp_search_ques_detail&an_id=1006&category=mokuji

植物の生長と光の色の関係は教科書由来の研究テーマですよね。誰の目にも形骸化した宿題作業ですよね。そんなのは楽しくないし将来につながらないのです。もしそれで校長から賞をもらったとしても中二の時の思い出でにしかなりません。その賞を貰うほどの宿題をした人が、成人したらまるで非科学的な人間として生きているかもしれません。

そうではなくて生物として生きて生活している生のあなたが果してどうなんだろうかと日頃困っている事などをテーマにして、その情報収集をこの長期休暇期間にするのが自由研究です。植物の生長なんかがあなたの本当の関心事ですか???
小さくても下らなくてもあなたの利益になる発見をした方が科学教育になるのです。

たとえば色気づいた思春期、学校に出かける前の寝癖直しで毎日めんどくさいな~というのがあなたの本心ならば、寝癖の研究をすればいいのです。これは寝て起きてですから、長期休暇でないとできません。毎日、寝癖の写真を撮るだけでも最高の研究になります。面白くて実用的で、立派な発見になるのです。植物の生長は答えが出ていることでしょ。結果が分かっている出来レースでしょ……馬鹿らしい。何の発見もしていません。


>『結果が出たらその理由まで本やインターネットで調べるつもりです。』

それが間違いです。全国の中学生とそれを指導する大人たち(自由研究の先輩たち)が同じ間違いをしています。理由付けは難しい話ですし、理由付けが大事ならば、実験してその考察するなんて手間をかけなくても、人がやった実験やニュースの理由付けに専念すればいいのです。
あなたは「理由は分かりませんが」でも十分価値のある研究結果を提出すれば大成功なのです。理由(テキトーな考察)ではなくて、手に入らない研究結果そのものを手に入れる事が価値なのです。
したがって大事なのは目的に対して客観性のある実験を継続出来るかという実験の設計やチェックに頭を使われるべきなのです。たとえば電子レンジで毎日食事を温める必要性にちなんで、食品を温める研究をしたとします。その比較をする場合に、ターンテーブルやレンジ内の温度は実験するたびに上がってきますので、厳密には、同じ条件で実験できていない事になります。いい加減な実験結果に対する無駄な理由探しよりも、単純な実験でもいいから、公平な実験になっているかどうかのチェックに思考力を投入すべきなのです。


生物でありませんが、ティッシュペーパーを適当な大きさにちぎって、水でぬらし、ティッシュ一枚の厚さでコショウのキャップみたいな空洞のある帽子状のものを作ります。それと同じ物を10%食塩水でも作ります。両方を瀬戸物の平皿の上に離して(回転中心から対称的な位置に)並べて、電子レンジで加熱します。乾き具合を比較するのです。ついでに耳をすませて機械の音とは別の音があるかを記憶しておいて下さい。これでよければ10秒から30秒で自由研究が終了します。30秒で終わる子供だまし的な実験ですが、これを正確に行おうとするだけでも大変ですよね。ティッシュペーパーの大きさから食塩水の濃度計算まで頭を使います。実験方法を文書にするというだけで、たいへん科学的実力が必要になるのです。ほんとうに10%食塩水になっているのかとか。濃度とは何か。お湯を使ったら温度が変わったり、レンジ加熱したら気化して目減りしたり、とたいへんです。それに比べると理由付け(考察)なんていうのは何の科学技術でもないのです。この食塩水ティッシュの加熱実験は危険ではないと思いますので、自由研究とは簡単なんだと自覚するためにもとりあえず実行・体験されてみてください。私は単純なのでやってみて感動しましたよ。回答への返事を書く前の数分間のうちに体験できる実験です。

ご質問の添付写真にあるような装置はたいへんめんどくさいですよ。
装置を作らなくても、既成の鍋で、ゆで卵一つゆでるだけでも百年分の自由研究ができると思います。ゆで卵実験のバラエティーだけで全国の中学生が異なる研究ができるでしょう。
自分の興味のない事をするな!です。自由研究という宿題のための自由研究をするな!です。苦労の末、植物の生長実験の結果が出たとしても、私はなんの面白みも感じませんよ。あなた自身も興味を感じていないのでしょうし。LEDを買う予算で卵でも買った方がお得と思います。

プライバシーにもなりますが、たとえば基礎体温や脈拍数だけでも生涯あなたの参考になるデータ収集になります。
お菓子作りが好きならお菓子を作るだけで研究できるでしょ。
水と小麦粉と砂糖を計量カップで測るとそれは体積を測っていることになりますが、おなじ100mlの目盛りで計量しても重さが違います。いろんなものの体積と重さを実測すれば物に対する体積と重さの感覚が研ぎ澄まされます。簡単な科学の基礎さえ義務教育で学習されていないのが現在の日本の理科教育です。だから生涯、理科的な感覚のない生活者になるのです。植物の生長なんかを改めて研究する前に、役に立つなされていない大切な学習がたくさん残されています。
食器を洗う時の洗剤が一滴で何ccなのか。食器を一回洗う経費はいくらになるか。
お菓子を作って後片付けをする過程の中に百年分の自由研究のテーマがあります。

(割れて少し中身が出るので、)二重にしたビニル袋に卵を入れて、冷凍庫で凍らせて下さい。黄身だけタンパク変性して固くなります。これから実用的な考察をすると白身が水の塊で栄養分がいかに少ないかという事が目に見えて分かるのです。これをレンジ入れると本当の目玉みたいに球形の目玉焼きを作れます。破裂防止も自由研究ですが、ふつう卵のレンジ加熱は破裂するのにこの冷凍卵は慎重にすれば破裂しません。味ですが、まったく臭みのない卵料理が作れます。冷凍~(自然)解凍の過程で本来の(一つの細胞とその付属物である)卵と異なるものになった推察しています(硫黄を含むアミノ酸が加熱前に凝集しているからだろうとか)。臭みがないという嗅覚でも何かを観測できるのです。
この冷凍卵は、水にさらすと湯むきの逆パターンで、殻が非常に簡単にむけます。そして殻にくっついている膜(半透膜)を大きなサイズで手に入れる事ができます。私は半透膜をストローの先に輪ゴムで縛り付けて、浸透圧の実験を、先週しましたが、グングン水面が上がって面白かったですよ。面白いのですが、我ながら非常に不備の多い実験である事がやってみてよくわかりました。失敗は、ポカから現代科学で説明し切れない次元の現象まで関係してきます。自由研究とは、頭と口先ばかりではなくて、何か実践してみて、自分の不備を発見する自己批判能力を養う、そういう勉強の仕方をする機会ですよね。


自由研究結果に対する科学的理由探しは、馬鹿の説明と同じく、価値がありません。正確な結果だけで自由研究になります。客観性のある実験を正確に続けるだけでも大変なのです。客観性のない出来レース的な研究をしている科学者がたくさんいます。何の役にも立たない研究です。科学の能力は簡単な比較をどれだけ中立的に調べられるか???なのです。
あなたが生涯、思い込みをしやすくなるかどうかは単純には自分で確かめる習慣があるかどうかに影響してくるのです。どうせなら自分で確かめる習慣を自由研究を通じて身につけるべきだと思います。
日常の思い込みや勘違いにメスを入れるだけで大発見なのです。

実験する前に自分の計画を公表してネットや先生や周りの人の助言をもらうのは安全面からも良いことだと思います。
植物の生長と光なんてアホらしいです。他にふさわしいテーマがあふれているのに。
大怪我や障害を負わない程度ならなんでもやってみて失敗した方が勉強になります。正直に研究すべきです。
あなたの自由研究とは別に、騙されたと思って食塩水ティッシュと冷凍卵。笑えますよ。研究はシンプルで楽しくないといけません。ぜひ楽しい自由研究をなさって下さい。

ご質問文が(1)「ふさわしいか」(2)「もしやるとしたら」
という感じなので、根本的な否定から入りますがご容赦ください。
種にあたりはずれがあるように、光以前に植物の個体ごとの生長がそもそも違います。その問題を無視している時点でこれはテキトーな実験なのです。そういうややこしい比較研究に取り組むのは国家予算を無駄にする馬鹿科学者と同程度の自己暗示科学でしかなく教育どころか脳ミソに悪影響します。そういうややこしいだけの馬鹿研究を捨てて別の目標を立て直すというところから誠実な研究...続きを読む

Qカイワレに日光を当てると・・・?

先日、カイワレダイコンのタネを買ってきて育てています。
種の入っている袋に「日光に当てるとうまく育ちません」と
書いてあるのですが、
日光に当てると、具体的にはどうなってしまうのでしょうか?
私には、植物は日光を好むという認識があるのですが・・・?

Aベストアンサー

食べれますよ、ただし
俗に言う「大根」というものになります(爆死!

Q光合成について

理科の実験で、「脱色した葉は光合成を行うのか」という問いに対して自分は光合成を行わないと思っていました。というのは脱色すれば葉緑体がなくなってしまうと考えたからです。しかし実際はちゃんと光合成が行われていたのです。斑入りの葉(白っぽい部分)では葉緑体がないため光合成が行われません。脱色しても光合成が行われるということは葉緑体が残っているということですよね。葉の緑色は葉緑体の色と思うのですが、葉緑体そのものが脱色されただけで、光合成の機能はまだ働いているということですか。どなたか教えてください。

Aベストアンサー

どのように脱色したのでしょうか?

nattochanさんが実験に使った葉は実験前に暗所において,それまでに作られていた葉のデンプンを使い切らせてありますか?

斑入りの葉を使う場合は,葉緑体の有無での光合成の違いを調べる為なので,光に当たっていたものを取って来てすぐに実験に使えるのですが・・・。

斑入りの葉をとってきて,温めたエタノールにつけて脱色し,ヨウ素液に浸して染まり方の違いを観察するための実験中に行われる脱色は,葉が緑だと観察しづらいので真っ白にして,観察しやすくするためです。でもnattochanさんの実験の脱色はこのための脱色ではないのですよね?
nattochanさんがどんな方法で脱色して,それを光合成の実験に使っているか気になります。

もう一度,実験方法を検討してみてはどうでしょう。
1.実験に用いる植物を一昼夜暗所に置く。(葉のデンプンを使いきらせてゼロにするため)
2.nattochanさんの行った方法で脱色する。
3.しばらく葉を光に当てた後,(斑入りの時のように脱色の必要は無い)ヨウ素液で染める。


中学生の理科の実験で似たようなものがあったような気がします。しばらく暗所において,葉の一部にアルミ箔をかぶせ,アルミ箔をかぶせたところ(光が当たらないところ)と,アルミ箔をかぶせてないところのデンプンの有無を調べる為に,エタノールで脱色し,ヨウ素液で染めるというものですが・・・。

どのように脱色したのでしょうか?

nattochanさんが実験に使った葉は実験前に暗所において,それまでに作られていた葉のデンプンを使い切らせてありますか?

斑入りの葉を使う場合は,葉緑体の有無での光合成の違いを調べる為なので,光に当たっていたものを取って来てすぐに実験に使えるのですが・・・。

斑入りの葉をとってきて,温めたエタノールにつけて脱色し,ヨウ素液に浸して染まり方の違いを観察するための実験中に行われる脱色は,葉が緑だと観察しづらいので真っ白にして,観察しやすくするた...続きを読む

Qかいわれ大根を栽培してたら・・・

かいわれ大根を栽培してます。
最初は日に当てないで育てると書いてあったので
明かりが差し込まない様に蓋つきの大きいケースで育てていたら
数日後かいわれの根元に白くてふわふわした毛のようなものがでてきて
根ではなさそうでカビなのかなんなのかわからなくてそのままにしてます。
その後10センチくらいになったので日に当て始めても
その白いのはなくなりません。
これは普通に洗えば食べても大丈夫なんでしょうか?
奥さんが育ててるという人にきいたらそんなのでてこないよと言われました。
あとちょうどいいスポンジがなくて工作用の黒くて薄めのスポンジのようなもので
育ててるのですがそれがよくないのかしらとおもいました。
スポンジの厚さは7~8ミリくらいだと思います。
ガーゼとかをひいて育てたほうが衛生上いいのかなとも思い始めました。
またケースも大きすぎて水が腐ったりしやすいのでしょうか?
育て始めてから気づいたのですが、いちごのパックがいいというを目にしました。
それに比べるとかなり私のは大きいのです。
ぜひ教えてください!

Aベストアンサー

それは「根毛(毛根ではない)」だと思いますよ。

根の周りにあってそこか養分を吸い込む所です。黒いスポンジだから目立ったものと思われます。

参考URLの4日目に写真が出てますがそんなものだと思います。

参考URL:http://www.dinop.com/kaiware/

Q点描画の書き方について

点描画を書いてみたいのですが書き方が分かりません。
書き方やオススメのサイトを教えてください。
宜しく御願いします。

Aベストアンサー

なかなか奥が深いのだよねぇ。
描き始めは楽なんだけど、だんだん煮詰まってきてしまう。

描き方はわかっているはずです。点打って絵にすりゃ点描です。それで間違いないのです。
慣れた材料を使えばいいですが、画面への定着が楽で、手間のかからないものがはじめはいいでしょう。
パステルや水製ペンなどが楽ですね。お手持ちでなければ、児童用のクレヨンセット(廉価です)でも十分ですよ。

コツは濃い暗い色を思い切りよく使うこと。
そして「なんかいい感じかなぁ」というところでやめちゃいましょう。(これが難しい)

手順もルールも格式も、気にするほどのものはありません。仮にちょっとおかしなことをしたとしても命に別状ありません

手軽なサイズの画用紙に(他の紙でも何でもいいですよ)、まず点打ってください。楽しいもんです。

Q紫外線の自由研究

中学生ですが紫外線についての
自由研究を詳しくしたいのですが
良いアドバイスください。
日焼け止めとか1日の紫外線測定量については
するつもりですが 他にあれば些細なことでも
教えてください。

Aベストアンサー

オゾンホールやオゾン層が薄くなると、どんな有害な紫外線が多くなるか、季節や時間帯で紫外線の強さがどう変わるか、太陽風と共にやってくる紫外線が地表の生物に与える健康面からの影響により、UV-A,UV-B,UV-Cに分類されていますが、それぞれが人の皮膚にどのような影響があるか、地上には殆ど届かないUV-Cは宇宙ステーションやそこでの船外活動で宇宙飛行士が浴びる事になります。また、皮膚のメラミンの量は人種や身体の部位で異なります。メラミンの量が多い黒人は、皮膚がんを起す有害なUV-Bが真皮まで到達するのを防ぎますが、ビタミンDを作るUV-Aも遮断してしまいます。逆にメラミンの少ない白人は少しのUV-Bを浴びるだけで皮膚癌になりやすい一方、ビタミンDはUV-Aを浴びて十分作れます。日本にいる日本人の場合、夏の戸外の日陰に素顔でいるだけで、ビタミンDの1日の必要量が作られます。
白人や皮膚の色が白い人ほど紫外線の影響を強く受けます。
南極を中心としたオゾンホールの影響でオーストラリア、アルゼンチン、南アフリカの白人系住民に皮膚癌が多発しています。小中学校では皮膚を露出しない服装やつばの大きい帽子をかぶらせ、教室にUVクリームを大きな缶をおいて、紫外線の強い季節には、UVクリームを自由に大量に塗らせるようにしているそうです。
気象庁では毎日の時間ごとの戸外の紫外線の量を測定してWeb上で公開していますので、照射量の地域別の差、時間による差、どの位浴びると危険なのか、など調べてみるのもいいかも…。
http://www.jma.go.jp/jp/uv/000.html?elementCode=0

紫外線を防ぐUVクリームの種類と正しい使い方なども調べてみるのも。
http://www.shigaisen.com/uv/uv-goods.html
http://www.3838.com/cosme/camp/uv_t/
http://www.saiseisha.co.jp/on-line/cosmetics/aqua-uvc.html?gclid=CPbU9eqU_JQCFQE_egodTSYw2A
http://life-is-beautiful.jp/1000488113101/
http://i-healing.com/blog/?p=290
UVクリームも効果がある時間、その時間を過ぎるとかえってクリームが紫外線を透して害がより強くなる事など。UVクリームの機能、効果、有効な時間数などの特徴を調べたり、また紫外線を防ぐ方法とその効果を日傘、サングラス、つばの大きい帽子、洋服の厚さと色の効果の差など調べてみるのもいいかも知れないね。

色々やってみると更に興味がわいてきて面白くなりますよ。

オゾンホールやオゾン層が薄くなると、どんな有害な紫外線が多くなるか、季節や時間帯で紫外線の強さがどう変わるか、太陽風と共にやってくる紫外線が地表の生物に与える健康面からの影響により、UV-A,UV-B,UV-Cに分類されていますが、それぞれが人の皮膚にどのような影響があるか、地上には殆ど届かないUV-Cは宇宙ステーションやそこでの船外活動で宇宙飛行士が浴びる事になります。また、皮膚のメラミンの量は人種や身体の部位で異なります。メラミンの量が多い黒人は、皮膚がんを起す有害なUV-Bが真皮まで到達...続きを読む

Q文頭の「また」や「あと」などの表現はどういう?

たとえば、英語で
「この語はどのように発音しますか?また、どのようなときに使うのですか?」
というような質問をしたい時、2つめの文頭の「また」(もしくは「あと」「それと」など)は英語でどのように表現するのでしょうか?
私の感覚だと、文頭にAndとかAlsoをおいて「And (Also), when is it used?」みたいな感じになるのですが、これはなにかおかしい気がします。

Aベストアンサー

No.2です。ごめんなさい、「文頭の」というご質問だったんですね。

ご参考までに、会話だとかカジュアルな文の文頭ならAndが来て構わないのですが、きちんと書く場合には文頭にAndとかButとか来ないほうが良いとされています。

http://homepage3.nifty.com/MIL/butand.html

http://www.eigo-nikki.com/article/13292266.html


人気Q&Aランキング

価格.com 格安SIM 料金比較