梅が桜に変わったのは、だれの命令で何年にうえかえたのでしょうか?
そして植え替えた同期はなんだったあのでしょうか

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

実は、いまのところはっきりとした証拠はありませんので


当時の文献から推測するしかないんですね。

「古事談」
南殿桜樹者、本是梅樹也、桓武天皇遷都之時、所被植也、而及承和年中枯失、
仍仁明天皇被改植也、其後天徳四年内裏焼亡ニ焼失了、
仍造内裏之時、所移植重明親王家桜木也

桓武天皇遷都(794)には梅だったんだけど、承和年間(834-848)に枯失したから
仁明天皇が植替えた。天徳四年(960)に内裏が焼失したので、
重明親王の家にあった桜を移植した、と書いてあります。

問題は仁明天皇の改植が梅から桜なのか、ただ単に新しい梅を植えただけなのか
ということです。他の文献も参考にすると、確実なことは834年から960年の間には
梅から桜へ代わっていることです。

「続日本後紀」承和十二年(845)二月一日条
天皇御紫宸殿、賜侍臣酒、於是、攀殿前之梅花、挿皇太子及侍臣等頭、以為宴楽

ここには梅の花の前で酒盛りをしたとあるので桜に変わったのは
845年以降ということになりますね。

「日本三代天皇実録」貞観十六年(874)八月二十四日条
大風雨、折樹発屋、紫宸殿前桜、東宮紅梅、侍従局大梨等樹木有名皆吹倒

台風が来て、桜が倒れてしまったとあるので、この段階では桜に変わって
いることになります。

桜へ変更は845年から874年の間になるわけです。
変更という大事件を古事談が記載しないわけありません。
したがって、845年から848年の間に仁明天皇が桜へ植替えたんだと思います。

一方で、菅原道真が進言したという説もあります。
菅原道真の誕生は845年で没年は903年ですから期間的には符号します。
しかしながら、道真自身は梅が嫌いではないので(北野天満宮は梅園で有名)
いくら国風文化のためとはいえ、桜にした方がいいとは言わないと思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。
古文書よりの引用は、とてもありがたいわけです。
NETで調べておりますと。植え替えさせたのは宇多天皇であると
仁和寺ではいっております。
またこういった、ことも掲載されていました。
弘仁三年(812年)二月十二日嵯峨天皇は、神泉苑で花を見、文人達に詩を作らせたのが、「花宴」の節会の始まりと、「日本後紀」にあり、花は桜とされています。内裏の紫宸殿前庭には左近の梅と右近の橘があり、承和十二年(845年)には梅花の宴が催されていました。
 中国からの渡来文化の象徴ともとられる、梅の木も947年(天暦元年)桜の木に植え替えられる。・・・これは、100年も違っている
 WEB上で、史実が段々簡略化されるうち、伝言ゲームのようになって違ったDATAが掲載されているのはこまったものです。

補足日時:2002/03/15 15:35
    • good
    • 2

再度の登場です。


DATAの違いはたくさんありますね。勘違いが原因のようですね。

例えば村上天皇が963年に植替えたという説があります。
この基となっている話が鶯宿梅の故事です。

ここにも梅の木が枯れたので紀貫之の娘の庭の紅梅を移植させたと
書いてあります。そのとき移植された梅には一首添えてありました。

勅なればいともかしこし鶯の宿はと問はばいかが答えむ

天皇の勅命だったら慎んで贈呈いたします、でも、
この梅にとまる鶯に「あれ?ここにあった梅は?」と問われたら
私は何て答えたらいんでしょうか・・・

これに感動した村上天皇が梅を返して、代わりに桜を植えたという結末です。
でも、これは「清涼殿の梅」なんですね。多分、清涼殿と紫宸殿の違いが
分らなかったので「御所の梅」と意訳してしまったんでしょう。

仁和寺の宇多天皇も同じです。
宇多天皇が植替えた桜は仁和寺境内の門跡御所における左近の桜ですね。
実は右近の橘、左近の桜(梅)は皇族関係の寺院には多く見られます。
大覚寺にある旧嵯峨御所では今でも左近の梅ですからね。

前回の回答で動機を書くのを忘れていました。
植替えの可能性が高い時期は846~848年でしたね。
その時期に大きな政変があります。「承和の変」です。
嵯峨天皇は弟であり信頼の厚い大伴親王(淳和天皇)を皇太子にしました。
嵯峨上皇はそのまま淳和天皇の皇子である恒世親王を皇太子に勧めましたが
嵯峨上皇の皇后である橘嘉智子の影響もあって恒世親王は皇太子を辞退し
嵯峨上皇の皇子である正良親王(仁明天皇)が皇太子になりました。

それでも貴族の外戚を嫌った嵯峨・淳和上皇は淳和系の天皇にこだわり
嵯峨上皇の皇女である正子内親王と淳和上皇との皇子である恒貞親王を
仁明天皇の皇太子へと擁立させました。

しかし、面白くないのが藤原良房。良房は自分の妹である藤原順子を
仁明天皇へ嫁がせており、外戚として影響力を発揮するために
仁明天皇と順子との皇子である道康親王を皇太子へと擁立させようと
画策していました。

承和7年(842)、有力だった、淳和上皇が崩御し、嵯峨上皇も死床に伏すと
良房の圧力は更に強まりました。これを危険と見た恒貞親王の側近伴健岑は
阿呆親王へ皇太子(恒貞親王)を東国へ奉じてくれないかと頼みに行きます。
しかし、阿呆親王はこれを橘嘉智子皇太・良房へ報告します。

同年7月に嵯峨上皇が崩御すると、良房は謀反の疑いありと
伴健岑らを逮捕します。仁明天皇の慰留もむなしく、恒貞親王は皇太子を
辞し、良房の思惑どうり道康親王(文徳天皇)が皇太子となりました。

良房こそ藤原氏初の太政大臣であり、これによって藤原時代へと移ります。
その後、左近の梅が枯れるのですが、仁明天皇が桜好きだった嵯峨上皇を
偲んで桜へ植替えたという説と藤原氏の威力を内外へ知らしめるために
桜へ変えさせられたという説があります。

ただ、前述のように嵯峨上皇が居た嵯峨御所(大覚寺)は左近の梅であるため
嵯峨上皇は必ずしも左近の桜を希望していたわけではないので陰謀の匂いが
しますね。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

再度詳しい情報をありがとうございました。
なかなか興味深い問題ですね。
ますます、興味が湧いてきました。

お礼日時:2002/03/17 20:19

日本では左近の桜、右近の橘です。


桓武天皇が、中国では梅であったものを、桜に替えたそうです。動機?
正確な年号?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q開山何年なら「古刹」といえるか?

現在を基準に日本国内の寺院を扱う場合、
慣例的にその開山が西暦何年以前なら、
古刹と述べて違和感ないのでしょうか?

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どうなんでしょうね?(すみません「詳しい方」じゃなくて(^_^;))

古刹の基準についてツラツラ考えてみたのですが、「基準」が成立しにくい言葉ではないかと思いました。
一般的に利害関係が明確な場合、安全性に関わる場合は比較的短期間で、具体的な基準が成立しやすいですよね。(食品関連とか建築関連を想定しています)

しかし「古刹」はどうでしょう。古刹と名乗ることで、はっきりした利害関係が生じることはなさそうな気がします。まあ、ある意味美称に含まれると思いますから、開山何百年かの(比較的若い)お寺に対して「これで古刹か」と本当に古いお寺さんなんかは片腹痛い思いをするのかもしれませんが、だからといってそれで明確に「より古いお寺」の権利が害されているとまでは言えないでしょうね。
そして、古刹を区分することで得することがない場合、認定する側が自ら積極的に設定することはないような気がします。誰が認定側になり得るのか、わたしもこれというものは思いつきませんが……。税金とか安全基準で古刹とそれ以外を区別しているとは思えないし。
つまり、実際上の生活において、古刹かそうでないかはそれほど意味のある区別ではないということになると思います。要は「古いお寺」を言い換えた言葉に過ぎないわけですから。

また一つの視点として、比較の問題でもあると思いますね。例えば開山四百年のお寺、京都に持っていけば若造扱い(?)でしょうが、周りに新興のお寺が多い場合は古刹と言い得るでしょう。それに対して「古刹じゃない!」と感じる人はいるかと思いますが、それを改めて欲しいと思い、抗議までする人はごくごく少数でしょうね。
そういうことを考えていくと、古刹の基準は成立しにくいものだと思います。

個人的には、三百年経ったくらいから「古刹と言う人もいるかもしれない」と思います。江戸幕府成立後、泰平の世になってから今までは、何となく文化が連続しているような気がしますので。その前辺りまで作られたもの。もちろん地域にもよりますが。
でも結局は「言いたい側が言うかどうか」でしょうね。「ウチは古い家系で……」と言うのは自由ですが、それが江戸時代からなのか平安時代からなのか中身は一定ではない、というのに似た用法だと思います。

ここまでフいて、古刹の基準が存在したらごめんなさいm(__)m。一応「古刹 基準」だけは検索しました。

どうなんでしょうね?(すみません「詳しい方」じゃなくて(^_^;))

古刹の基準についてツラツラ考えてみたのですが、「基準」が成立しにくい言葉ではないかと思いました。
一般的に利害関係が明確な場合、安全性に関わる場合は比較的短期間で、具体的な基準が成立しやすいですよね。(食品関連とか建築関連を想定しています)

しかし「古刹」はどうでしょう。古刹と名乗ることで、はっきりした利害関係が生じることはなさそうな気がします。まあ、ある意味美称に含まれると思いますから、開山何百年かの(...続きを読む

Q桜と墓の関係とは?(那須塩原にて)

先日、那須塩原方面に旅行に行きました。
車で走っていて気が付いたのですが
その一帯は、墓地に必ずと言っていいほど
桜の木があるのです。
一部八重桜やソメイヨシノのようでしたが
ほとんどは柳桜、と言うのでしょうか、
柳のように垂れ下がる種類の桜でした。

これは何かいわれや理由があるのでしょうか?
また、地域によって違うのでしょうか?

ちなみに私は千葉出身ですが、特にそのようなことはないと
記憶しています。
なんとなくでもいいのでご存知のかた教えてください。

Aベストアンサー

いわれは知りません。

那須は「日光国立公園」の近くで固有種が多いのです。標高の関係で野生のサクラを単に植えるとすべて「柳桜」になってしまう地区のはずです。

Q現在の日本人が話す日本語は一体何年くらい前の日本人とコミュニケーション

現在の日本人が話す日本語は一体何年くらい前の日本人とコミュニケーションが取れるのでしょうか?例えば、平安時代にタイムスリップしても果たして通じ合えるものでしょうかね?現在人の話す言葉には昔と比べて圧倒的に単語量が多いから通じ合える範囲は限られるのでしょうけど、

Aベストアンサー

言わんとしておられることはわかっているつもりですが、そもそも何をもって「コミュニケーション」とするかを考えると、明確な答えは出ないと思うんですよね。

例えば、私は接客業は通訳業も経験していて、明治生まれの祖父母とも同居していたので、正しい日本語を話していると自負していたのですが、10年あまり前に、首都圏の町内の会議でちょっとした意見を言ったら、老人会の方々に通じなかったのです。どうやら、たまたま「ピーカン」という単語を使うなどして、自分の日常について早口でまくしたてたのがいけなかったようです。町内会長さんが“通訳”をしてくださって、ことなきを得ました。

それに皆さんも、アナウンサーが話す言葉なら全国的に理解できるでしょうけれど、どこかの田舎に観光にでも行くと、声をかけてくれたお婆さんや、電車で見かけた不良高校生が話す言葉を一言も理解できない、なんてことがザラにあります。それだけ“内輪でしか理解できない言葉”を彼らは話しているのです。日常的にそれで済んでいるからです。

一方で私は言葉の通じない外国へ行くのが好きです。スペイン語の知識は皆無に等しいのですが、英語も日本語も通じないスペインやベトナムで、世間話から盗難届から苦情まで、コミュニケーションを難なくとってきました。奇をてらったことを言わなければいいのです。例えば初対面の人に会ったら、だいたい話すことは決まっています。「どこから来たのか」「家族は何人か」「ふるさとは広いか」などなど。それをベースに、知っている英単語「レッド」に似ているスペイン語の「ロッソ」を活用するなどして、会話ができます。逆に、とあるテレビ番組でこんな場面を観ました。一夫多妻制を続ける遊牧民の主婦たちの中へ入っていった日本の現代女性が「私は独身で、毎日働いています」と、通訳を介して笑顔で言ったのですが、何度説明しても相手は真意を理解してくれずに「かわいそう」と言って泣くのです。

前置きが長くなりました。江戸時代以前の書物は、話し言葉とは別物でしたから、私たちが古文の授業で朗読させられているものよりは、わかりやすい言葉をしゃべっていた可能性があります。また、方言がより濃厚に残っていたはずですから、その地方の方言に関する知識があるかどうかでも変わってきます。それから、その時々の政権の中心地が言葉に影響を与えていたでしょうから、江戸時代なら東京の言葉が参考になりますが、平安時代なら京都の言葉の知識があったほうが通じやすいでしょう。そしてこうした知識をベースに、あまり奇をてらったことを言わなければ、食べ物や着物くらいは買えると思いますよ(当時の通貨があればね)。

ちなみに私は言語学の専門家に、平安時代に使っていたと思われるイントネーションで古文を朗読してもらったことがありますが、それは昭和天皇の演説にそっくりでした。

言わんとしておられることはわかっているつもりですが、そもそも何をもって「コミュニケーション」とするかを考えると、明確な答えは出ないと思うんですよね。

例えば、私は接客業は通訳業も経験していて、明治生まれの祖父母とも同居していたので、正しい日本語を話していると自負していたのですが、10年あまり前に、首都圏の町内の会議でちょっとした意見を言ったら、老人会の方々に通じなかったのです。どうやら、たまたま「ピーカン」という単語を使うなどして、自分の日常について早口でまくしたてたのが...続きを読む

Q桜にまつわる噂

桜にまつわる噂について教えて下さい。

「敷地内に桜を植えると縁起が悪い」って聞きましたが
根拠を教えて下さい。また、「桜の根元には死体があ
る」って噂の根拠もできれば教えて下さい。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

桜は、人骨を吸って育つと言われる。その為、墓地や戦場跡などに多く立っているのだ、という話ですが…恨みを持った死者の魂を根から吸い取り、花を咲かすのだそうです。桜の花から発散している香りの成分に、幻覚作用を引き起こす物があることが 分かったとか分からないとかいう話(桜餅に使う葉っぱに安息香成分でもあるのかなあ)もあります。出典不明ですみません。

でも、民俗の方では、「桜はサ・クラ」で、「民俗学でサとは田の神様のこと。稲の苗をサナエ、田植えの時期をサツキ、田植えをする少女をサオトメというように、稲作に関連した言葉の中に今も残っています。一方、桜はサ・クラであり、クラは神の座のことですから、田の神の依代(よりしろ)という意味になります。桜の開花は田の神が宿ったことを、桜の満開は豊かな収穫の予祝を、それぞれあらわしているそうです。」というから、そんな怖いものじゃないと思いますが。

なお、植木屋さんの意見では、桜はものすごく養分を吸うので、普通の家の庭などでは、土が痩せて他のものが育たなくなるからやめろということでした(前に家族が強引に植えようとしていわれた)。

桜は、人骨を吸って育つと言われる。その為、墓地や戦場跡などに多く立っているのだ、という話ですが…恨みを持った死者の魂を根から吸い取り、花を咲かすのだそうです。桜の花から発散している香りの成分に、幻覚作用を引き起こす物があることが 分かったとか分からないとかいう話(桜餅に使う葉っぱに安息香成分でもあるのかなあ)もあります。出典不明ですみません。

でも、民俗の方では、「桜はサ・クラ」で、「民俗学でサとは田の神様のこと。稲の苗をサナエ、田植えの時期をサツキ、田植えをする少女をサ...続きを読む

Q何故銀座は昔から、そして今もお洒落の街なのでしょう?

銀座というと、反射的にお洒落な街というイメージがありますが、
銀座はどうして昔からお洒落の街だったのでしょうか?

そして今も、尚お洒落の街であり続けている理由というのがあるのでしょうか?

簡単でも構いませんのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

http://r25.jp/b/honshi/a/ranking_review_details/id/1112007100401

上のサイトが詳しいです。引用すると、
「銀座の大火により壊滅した街を、国家事業として煉瓦造りの洋風な街へと造りかえたのがすべての始まりだった・・・」
と、明治5年(1872)2月の銀座の大火後の街づくりを挙げています。
関東大震災後にはデパートが進出し、また日劇、映画館と合わせて歓楽街として栄えたのです。

http://www.itocia.jp/history/history02.html


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報