電車の中で本を読んでいるのですが、そろそろ品切れになりそうです。
そこでおすすめの文庫本を紹介してもらいたくて質問しました。

内容としては、主人公の心の中がうまく描かれているもの。

ちなみに梨木香歩の作品と湯本香樹実の作品が気に入っています。
最近は、いしいしんじ「ぶらんこ乗り」と角田光代「キッドナップ・ツアー」を読みました。
考えてみると、ほとんどが子供が主人公の物語ですね。

「白い犬とワルツを」でこの類のストーリーにハマりました。

読み終わって、穏やかな感覚が残るような、ハートフルな物語を探しています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

こんにちは。


「ぶらんこ乗り」おもしろいですよね。わたしも好きです。
心の中がうまく描かれたものなら、乙一さんの「暗いところで待ち合わせ」がオススメです。
表紙で怖い印象をうけがちですが、読んだあとはあたたかな気持ちになれると思います。「きみにしか聞こえない Calling you 」もいいと思います。
あと、佐藤多佳子さんの「黄色い目の魚」
もとはハードカバーですが、文庫も出ています。
短編集のように一話ずつわかれていて、主人公の高校生の男の子と女の子の話が交互にあります。ばらばらのようで全部つながっていて、心の表現もお上手ですし、読んで暖かく強くしてくれるお話だと思います。読後の余韻も気持ちがいいです。

是非読んで見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

アマゾンで調べてみました。乙一さん。
おもしろそうですね。
「今度買うぞリスト」に入れておきます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 12:34

こんにちは。


私も梨木さんの作品が好きでよく読んでます。いいですよね。
私のおすすめはアレックス・シアラーさんの「魔法があるなら」です。
子供向けの小説なのですが、とても楽しく読めると思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4569664822/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おもしろそうですね~。
ちょっとページ数が多そうなので腰が引けそうですが、でもおもしろそうです。

とりあえず、本屋でのぞいてみます。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/22 17:36

こんにちは。


最近読んだんですが川上健一さんの「翼はいつまでも」はどうでしょう?
中学生が主人公ですがとてもいいです。
お勧めです

参考URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/4087476995/sr …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

遠い記憶の彼方にある青春時代を思い起こさせてくれそうですね。
検討してみますねー。

回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 12:43

私も最近梨木香歩を進められて読んだらすっかりはまり、いろんな文庫を読んでいます!ぶらんこ乗りも読みました。


★ミヒャエルエンデ 「モモ」小学生の時に挫折したので再び挑戦。長くて我慢しながら読んだけど、今では宝物になりました。
★江國香織 「神様のボート」恋愛の話だけど、半分は子供目線で読みやすいし、おもしろかったです。
★野中柊 「小春日和」双子ってステキです。頭の中で描いた映像が読んだ後も、しばらく心に残ります。

今は辻仁成「ミラクル」を読んでいます。子供の話ですよ。

長文になってしまい、申し訳ありませんが、この中で気に入った本があったらうれしいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江國さん、やっぱりおすすめなんですね。
恋愛モノは読まないんですが、ちょっとトライするのもいいかなと思い始めてます。

他の作品も検討させてもらいますね。
回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 12:39

 こんにちは。

梨木さんと湯本さん良いですね。
裏庭と西の魔女が死んだとエンジェル~と夏の庭とポプラの秋と西日の町
読んだことあります。
 
 江國香織さんの小説なんてどうでしょう?
全般的にお薦めですが、こうばしい日々、は子供
が主人公になっていますし、主人公の心の中が
上手く描かれていて穏やかな感覚が残るような話だと思います。
 あと、栗田有起のお縫い子テルミーという本もお薦めです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

江國さんの作品は恋愛モノという先入観があって選択肢に入ってなかったのですが、そうではないんですねー。

「お縫い子テルミー」、本屋で見かけて「おや?」とちょっと印象に残っている本です。
買っちゃうかもしれないな。(笑)

アドバイス、ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 12:29

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女の子っぽい男の子が主人公の物語

女の子っぽい男の子が主人公の小説(児童書含む)や漫画をご存知ないでしょうか。
性同一性障害や女装趣味というわけではなく、容姿や趣味が女の子っぽかったり、学校でも男子より女子との方が話が合ってよくいっしょにいる、みたいな男の子の話、さらにできればそういう子の心理がしっかり描かれている作品が良いのですが…
お心当たりございましたらご教示ください。
どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「オトメン」 菅野文
ドラマで放送中ですが漫画の方が面白いと思います。

Q二ねん三くみ夜のぶらんこの話 夢枕獏

白石加代子さんの百物語という舞台がきっかけで、夢枕獏さんの「二ねん三くみ夜のぶらんこの話」という話を知り、本を探したのですが、見つかりません。
どの本に載っているのか、または本にはなっていないのか、どなたか教えてください。

Aベストアンサー

「奇譚草子」という書籍の中に入っています。
書籍内のタイトルも「奇譚草子」。
夢枕氏が聴いた実話怪談という体裁になっています。
私が持っているのは講談社のハードカバーですが、現在、文庫版でも出ていたような気がします。
書籍名で検索してください。
あの話、怖かったですね。

Q物語が読みたいのです!(唐突)

今、ものすごく物語が読みたいんです。
私は専願だったので、受験も終わり趣味に没頭
しようと思ってます。受験の間本を読むのを控えて
いたので、とてつもなく読みたいのです。
そこで、面白い本を求めています。感動するとか
っていうよりほんわかした感じの物語が読みたいん
です。でも、ハリポタとかダレン・ジャンのように
有名すぎるのはあまり好きではないのです(我侭
ですいません)
お勧めがあったらぜひぜひ教えてくださいませ。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

hosicoさん、こんにちは~。

向山貴彦さんの「童話物語」はいかがですか?

クローシャという架空の国が舞台で、一人で生きていくという過酷な生活のため、心が頑なになってしまったみなしごのペチカが、妖精のフィツと出会い、旅に出て、愛情や友情に包まれながら笑顔を取り戻していく。というようなお話です。

なかなかほんわかしたお話だと思います。
感動もしますが・・・。ちょっと泣いちゃいました。

ハードカバーだとけっこうな厚みのある本ですが、最近、文庫でも出たようです。
有名といえば有名な本ですが、ハリポタまではいかないので、オススメしちゃいまーす。

Q古い作品が読みたい!

 こんにちは。私は今大学生なのですが、最近になって無性に本が読みたいと思うようになり、質問を投稿させていただきました。

 ジャンルとしては古典や名作・大作と呼ばれるもので、国内・海外は問いません。加えて、読書の本というと小説等に偏ってしまいがちですが、学問の入門書のようなものや、論文のようなものでも構いません。これにつきましては何の学問でも構いません。長編、短編どちらでも結構です。出来ればミステリーやファンタジー、また、最近流行の作品は御遠慮させて頂きたいと思います。

 あまり知られていない本や、有名作家が執筆したものでも「こんな作品があったのか」と驚かされるような作品や、一部のマニアにしか知られていないような奇書等、特に大歓迎します。
 読んだ後に鬱になるくらいに(例えが悪いのですが…)物凄く考えさせてくれるような深い味わいのある作品だととても嬉しく思います。
 私が今まで読んだ中で感銘を受けたのは「ファウスト」「若きウェルテルの悩み」「悪の華」「神曲」です。これらに近い作品だとなおの事嬉しく思います。

 無理難題だとは思いますが、お返事が頂けるならば幸いです。どうぞ、よろしくお願い致します。
 

 こんにちは。私は今大学生なのですが、最近になって無性に本が読みたいと思うようになり、質問を投稿させていただきました。

 ジャンルとしては古典や名作・大作と呼ばれるもので、国内・海外は問いません。加えて、読書の本というと小説等に偏ってしまいがちですが、学問の入門書のようなものや、論文のようなものでも構いません。これにつきましては何の学問でも構いません。長編、短編どちらでも結構です。出来ればミステリーやファンタジー、また、最近流行の作品は御遠慮させて頂きたいと思います。

...続きを読む

Aベストアンサー

古典や名作・大作の本ということですがSFが紹介されていないので少し紹介します。
 
日本で近代SFの草分けといえば安部公房氏。
「第四間氷期」辺りが入門用には良いかもしれません。
http://www.bk1.co.jp/product/2520129
 
海外の古いところでは人工生命と人間の本質、宗教や教育について
考えさせられるシェリー夫人の「フランケンシュタイン」とか、
http://www.bk1.co.jp/product/292640
少数民族、全体主義、人の本質について考えさせられる
チャペック氏の「山椒魚戦争」とか
http://www.bk1.co.jp/product/1080654
人類と世界の関わりや生命と進化の関わりについて考えさせられた
ステープルドン氏の「最後にして最初の人類」とか
http://www.bk1.co.jp/product/2412882
 
新しいところでは哲学者でもあるコリン・ウィルソン氏の「賢者の石」とか
http://www.bk1.co.jp/product/276037
 
変わったところではヤン・ヴァイス氏の「迷宮1000」とか
http://www.bk1.co.jp/product/482629
ザミャーチン氏の「われら」とか、、、。
http://www.bk1.co.jp/product/833676
 
SFには常識や人間の本質について深く考えさせられる作品が多いですし、
文学の本質というか原形質というような作品も多く発表されています。
「科学は不確かだ!」などのファインマン博士のエッセイも
理系の人間には考えさせられる内容が多かったように思います。
http://www.bk1.co.jp/product/1584609
 
他にも紹介したい作品やジャンルは多いのですが、とりあえず、、、。

古典や名作・大作の本ということですがSFが紹介されていないので少し紹介します。
 
日本で近代SFの草分けといえば安部公房氏。
「第四間氷期」辺りが入門用には良いかもしれません。
http://www.bk1.co.jp/product/2520129
 
海外の古いところでは人工生命と人間の本質、宗教や教育について
考えさせられるシェリー夫人の「フランケンシュタイン」とか、
http://www.bk1.co.jp/product/292640
少数民族、全体主義、人の本質について考えさせられる
チャペック氏の「山椒魚戦争」とか
http://www...続きを読む

Q乱歩賞の過去の候補作品を読みたい

江戸川乱歩賞の受賞作はほぼ読んでいるのですが、この賞は応募作から選考されるため、受賞できなかった作品は陽の目をみないことが多いと思います。

しかし、最終候補まで残って、尚且つ受賞を逃した作品の中には、このままボツにするのは惜しい、という感じで出版刊行される作品もある、と聞きました。

とりあえず調べたところ、50回(最新回)の候補作については受賞作以外は刊行されていないようです。
過去の最終候補作の中で、刊行されているか、または雑誌に全文掲載されている作品をご存知の方、または、そういうことを調べられるサイトなどをご存知の方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

刊行された作品は数多くありますが、すべてを答えるよりも、日本推理作家協会のHP
http://www.mystery.or.jp/index_non.html
で乱歩賞の最終候補作をすべて検索したほうがわかりやすいかと思います。
参考URLに最終候補に残った作品の検索結果ページを載せておきます。

参考URL:http://www.mystery.or.jp/search/sho_index.html


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報