皆様、はじめまして。
トルエンの130℃の蒸気(大気圧)の比熱、粘性係数、熱伝導率を文献などで調べているのですが見つかりません。解析、もしくは測定なさった方、知っている方、いらっしゃいましたらご教示下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

このような物性データを国際化学物質安全性カード(#1)から辿ると、


引用文献を入手するのも大変そうですね。 丸善「化学便覧 基礎編 II」
に 50~100 K 刻みのデータ表がありました。403.15 [K] に内挿すれば、
定圧モル熱容量 140.1 [J/mol K]、粘性率 9.55 x 10^-6 [Pa s]、
熱伝導率 2.44 x 10^-2 [W/m K] くらいでしょうか。
化学便覧の利用は「経験者」 気体物性の扱いは経験も乏しく「自信なし」
    • good
    • 0

ここのサイトは参考になりますか?



参考URL:http://www.nihs.go.jp/ICSC/icssj/icss0078.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

熱 解析」に関するQ&A: 宇宙工学に強い大学

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qベンゼン―トルエン系の密度(文献値)について

見ていただいた方有り難うございます。

先日、実験にて液体の密度を求めたのですが、
それと同時に文献値のベンゼン―トルエン系の密度(25度)をx軸をベンゼンの濃度(wt%)に、
y軸を密度(g/cm^-3)としてグラフを作れ、と言われて
図書館に行き化学便覧基礎編IIという文献を見てきたのですが
文献値には
α/10^-8 , β/10^-6 , γ/10^-5 , δ/10^-2 ,ε, σ/10^-4
× , -0.00240533 , 0.0661403 , 0.00949310 , 0.860506 , 0.742
あてはめの精度 (σ)^*
とありました。

求められていることとして、
ベンゼンの濃度を0(wt%)~100(wt%)の密度(g/cm^-3)を求め、最終的に相関係数を求めるのですが…

いまいち、密度を求める方法が分かりません。
分かる方、是非回答の方お願いします。

Aベストアンサー

このデータをみて、「密度を求める方法が分か」らないということであれば、ちょっと「先が思いやられる」と言わざるを得ないが。

密度を4次以下の多項式で近似したとある。α , β , γ , δ ,εが、それぞれ4次~定数項までの係数です。ベンゼン‐トルエン系ではαがないから、3次式でしょう。cを濃度[wt%]とすれば、
ρ=βc^3+ γc^2+ δc+ε
で計算できる。この式も表示されているのに。

10[wt%]の密度を知りたければ、

-0.00240533 ×10^(-6)×10^3+0.0661403×10^(-5)×10^2+0.00949310 ×10^(-2)×10+0.860506
=0.86152[g/cm^3]

です。温度は25℃とある。

Excelを使えばその他の濃度も簡単に計算できて、グラフも描ける。

Q芳香族化合物について トルエンを過マンガン酸カリウムで酸化して安息香酸を作る過程で、トルエンの代わり

芳香族化合物について

トルエンを過マンガン酸カリウムで酸化して安息香酸を作る過程で、トルエンの代わりにスチレンを用いても安息香酸を作る事は可能でしょうか?

Aベストアンサー

可能.

Q15℃、比熱1[kcal/Kg・K]の水100kgと、

15℃、比熱1[kcal/Kg・K]の水100kgと、
20℃、比熱0.3[kcal/Kg・K]の有機溶媒40kgと
を混ぜると全体として何℃になるか?
※両者は互いに不溶
という計算では、最終温度をTとして
100*1*(T-15)=40*0.3*(20-T)
の式を解くと求められる。という計算方法であっていますか?

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

1) よく考える事、
2) 100x1x(T-15) は みず 100kg が 15Cから T C に 上昇する時のエネルギーで
   100 (kg) x 1 (kcal/(kg K)) x (T-15) (K) で 単位はkcal です。 ( T+273 - (15+273) ) (K) です。
3) 右辺のは 有機溶媒40kgの20CがTCに減少してそのエネルギーをみずに与えるわけです。
   無論、溶液の入れ物の温度の変化は無視しています。
   40 (kg) x 0.3 (kcal/(kg K) x (20-T) (K) で単位はkcal. (20-T)=(20+273 - (T+273)) (K) desu.
4) 単位を考えると、わかります。入れ物の熱容量はここでは考えていません。

Q大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻

大気中に含まれる水分量を-5℃から30℃まで5℃刻みで教えてください。

大気中の水分量
-5℃ :
0℃ :
5℃ :
10℃ :
15℃ :
20℃ :
25℃ :
30℃ :

湿度は外気とします。

Aベストアンサー

こんなものかな?
http://www.hm2.aitai.ne.jp/~yamamasa/tenki/situdo/situdo/howasui.htm
こんなのも。
http://idea.eco.coocan.jp/kousaku/k1-tsuri/seidenki/suijyouki.html
普通はこんなので、
http://www.eccj.or.jp/b_tuning/gdbook/6_1.pdf

Q気圧・露点温度・飽和水蒸気圧の関係について教えてください。

参考書を読んでいましたら、
「定圧のもとで水蒸気量の変化が無いときは気温が変化しても露点温度は一定」とあります。
そして
「しかし、気圧が下がると飽和水蒸気圧が下がるため、露点温度も下降する。」とも書いてあります。
また、別のページには
「飽和水蒸気圧は温度のみに依存する」とあって、考えてみると
定圧でも温度が変化すれば飽和水蒸気圧は変わって露点温度は変化し、
そして、飽和水蒸気圧は温度のみに依存するのではなく気圧にも影響を受けるということにもなります。
何かつじつまが合わない気が・・・
この関係がどういうことなのか、わかりやすく教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

「定圧のもとで水蒸気量の変化が無いときは気温が変化しても露点温度は一定」
正しいです。

「飽和水蒸気圧は温度のみに依存する」
正しいです。

「気圧が下がると飽和水蒸気圧が下がるため、露点温度も下降する」
間違っています。正しくは
「気圧が下がると『水蒸気圧』が下がるため、露点温度も下降する」
です。

飽和水蒸気圧は温度のみに依存するので、気圧が下がっても飽和水蒸気圧は下がりません。水蒸気圧と飽和水蒸気圧を混同しないように気をつけてください。相対湿度を求めるときに
 相対湿度=水蒸気量÷飽和水蒸気量×100%
の式を使っても
 相対湿度=水蒸気圧÷飽和水蒸気圧×100%
の式を使っても正しい値がえられることから分かるように、水蒸気圧は水蒸気量に、飽和水蒸気圧は飽和水蒸気量に相当するものです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報