人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

お世話になっております。
現在完了で迷宮に入り込んでしまいました。
以下のような問題にあたったのですが・・・。

以下の文章を違いが明確になるように訳しなさい。

1.He has killed the man.
2.He has killed a man before.

=========================
現在完了形には継続/完了/結果/経験の4つの意味がありますが
どれにもあてはまるような気がするのです。

例えば1.について。

継続)彼はその男を殺している。 

直訳すると日本語的にはおかしいですが
なんとなく彼がその男を無視している、無効にしている
役に立たないようにしている、、、、といった意訳もできるのかな、と。

完了)彼はその男を殺したところです。
結果)彼はその男を殺してしまった。
経験)彼は人(その男)を殺したことがある。

なんだか、どれも当てはまるような気がしませんか?

2.についてはbeforeという単語がついてますので

継続)彼は以前、男を殺している。(×)
完了)彼は以前、男を殺したところです。(×)
結果)彼は以前、男を殺してしまった。(△)
経験)彼は以前、男を殺したことがある。(○)

一番すっきりくるのは、経験かな、と判断できます。(あってるかな?)

またmanの前の冠詞が違うのも訳に関係あるのでしょうか?

よろしくお願いします。m(__)m

A 回答 (2件)

熱心に勉強していいらっしゃるんですね。


現在完了形は慣れて自分のものにできるまで混乱しますよね。
難しいですが、完了形は書き手が言わんとしている文意を感じ取るのが重要だと思います。

こんな訳になると思います。

1.He has killed the man.
彼はその男を殺してしまった。

(殺しを完了した状態で、それほど古い話ではない雰囲気を与えています。この場合、“He killed the man.”よりも新しい出来事に聞こえます。)

2.He has killed a man before.
彼は人を殺したことがある。

おっしゃる通り、冠詞が大きく文意を変えています。
“a man”にすることで、誰を殺したかはわからない文になっています。
つまり、1では誰を殺したのかが重要ですが、2では殺人を犯したことがあることが重要になっています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくの回答ありがとうございます。
さすが、解答、ばっちりあってます。

冠詞がポイントになるというのは大変参考になりました。
しかし、4つも訳し方があるのによくピンポイントで正解を
導き出せますね。
書き手の文意を感じる、とありますが、これは英語にたくさん触れて
なれるしかないのでしょうか・・・・。

お礼日時:2006/08/17 23:20

No.1です。



>書き手の文意を感じる、とありますが、これは英語にたくさん触れて
なれるしかないのでしょうか・・・・。

そうですね。
日常の会話では、完了形は驚くほどたくさん使われます。日常会話において、現在形の使用はほぼ皆無、過去形よりも、完了形や仮定法などが頻繁に使われます。つまり会話を増やすことで完了形に慣れてくると思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
問題集をとくだけでなく、TIMEやアエラEnglishなどで
生きた英語にも触れたほうが、より実践的で役立ちそうですね。
難しそうですが、挑戦したいと思います。

お礼日時:2006/08/18 09:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング