AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

昨日、路地から出てきた乗用車に追突されました。救急車で病院に行き検査すると首の捻挫、胸と膝の挫傷で全治2週間の見込みでした。診察室を出ると相手は素直に謝り治療費や修理費は全て彼が支払ってくれるということです。警察で調書を作り帰宅すると相手の保険会社から当方にも過失が有るという様な電話がありました。相手は事故に関わる費用の全額負担を申し出たと説明をし、確認してもらうと保険でカバーが出来ない分は自費で支払うと言ってるそうです。そこで質問ですが、今の病院はシップと痛み止めの薬しかくれません。私は徹底的な検査をして痛みや違和感を解消するための治療やリハビリをしたいのです。更に病院以外に整体にも行きたいです。自分の保険会社は相手が全額の支払いをするなら交渉する余地は無いということです。車は1年半前に新車で購入した国産のコンパクトカーで修理は左前後ドア2枚とリアフェンダー、サイドのエアロパーツです。数万円掛けてコーティング処理をしてますが、交換した部分だけの作業は現実的でないので全体に再度コーティングを要求できますか?また、事故直後に車内で吐いたので室内をクリーニングしてもらえますか?修理車は査定でダメージ受けると思いますがどう判断すれば良いのでしょうか?事故の衝撃でメガネ、腕時計、携帯電話が破損しました。釣り竿が壊れてるようでしたし、着ていた洋服も病院で鋏で切られたり、汚れたりしました。バッグも飲みかけのジュースがこぼれて革が変色しています。更に未確認ですがノートパソコンと無線機の機械類と、ゴルフクラブセットが車内に散乱してましたので心配です。本当はこの全てを弁償して欲しいですが長い間使ってるものもあり「焼け肥り」みたいで気が引けます。保険会社と交渉することになるのでしょうが、どういうことに注意をしておけば良いのかサッパリ分かりません。どうか良いアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

もし、首の痛みや手足の痺れなどが出ているようであれば、すぐに脊椎脊髄外科指導医のいる病院に行った方が良いと思います。



私の場合、頚椎捻挫ということで、救急車で運ばれた大学病院に1年間通院しましたが、症状が悪化していくので、日本脊椎脊髄病学会のHPで調べて、「脊椎脊髄外科指導医」の所へ紹介状を書いてもらい、転院しました。

最初の病院とは異なる診断内容で、的確な治療を受けています。
全国の病院が載っているようですので、参考になさったほうが良いと思います。

参考URL:http://www.jsrs.jp/jsrs_web/html/index.html
    • good
    • 1

まず過失割合について双方に過失あると断言されている方がいますが、ご注意下さい。


確かに双方に過失があるとされることが多いのですが、絶対ではありません。状況によっては片方に全過失がある場合もあります。「交通事故」「信頼の原則」でネット検索されれば詳しいHPがいくつかあります。
 ただ今回のケースは事故の詳細がわかりませんので本当にあなたに過失がないか判断できません。全面的に過失があっても嘘を言ってでも自己の正当性を主張したり、10:0はあり得ないという理由でごねたりする人が多いので10:0に持って行けないことが多いようです(前者は偽証罪で訴えてやりたいです)。
一般的にはこのような状態ですので、他の方がおっしゃるようにあとから「そちらにも過失があるからその分はやはり払えない」と言ってこられるかもしれません。そのときにあなたの無過失を主張するならそれなりの証拠が必要ですので、HP等で勉強され、準備されておく方がいいと思います。

一方、治療の方ですが、前の方がおっしゃるようにあなたの判断でいろいろとあっちに行ったりこっちに行ったりしない方がいいです。保険会社からクレームがつきかねません。今の状態では今の治療で十分という判断なのだと思いますが、現在の治療に不満があるならちゃんと今の先生に話して、相談して下さい。なんでもかんでも検査というのは医学的に問題になります。必要な検査は必要な時に行うのが原則なので、今のあなたには必要ないとの判断なのでしょう。前の方がおっしゃっているペインクリニックにしても神経ブロックなどを急性期に行うことは疑問です。神経的に痛みを抑えることができても本当の問題部位(筋肉や関節)の問題が解消されていなければ痛みがないからといって動かしすぎて逆に悪化させることが考えられます。捻挫治療の基本は安静です(痛みはこの安静状態を作り出すために起こっているのです)。また勝手に整体にいかれて逆に治療に差し障りがでることもあるので十分再検討して下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。治療はとりあえず安静にして、その後の様子でリハビリをすることになりそうです。

お礼日時:2006/08/19 16:43

微妙に違っている回答も見受けられるので補足しながら書いてみようと思います。


まず、交通事故は保険の問題ではなく民法上の損害賠償の問題であることを認識しましょう。保険抜きで考えた方がわかりやすいです。
人と物では賠償の観点も異なりまして、人(つまりあなたの怪我)について何かを決められるのは医師しかいません。治療の方針もそうですし、整体に医師が行くように勧めるのであれば認められるでしょう。
しかし、行く病院を間違っているような気もします。湿布と痛み止めって整形外科でしょうか。きちんと治療して欲しいならペインクリニックというところを利用すると良いです。星状神経節のブロック注射や痛みのある部位へのトリガーポイント注射で痛みがすぐ取れるかと思います。湿布や痛み止めでは治りません。できるだけ早期にペインクリニックを受診してみてください。
人の損害については治療完了または症状固定で相手方から条件提示があるはずです。まずは治療に専念しましょう。
物の損害については、事故と因果関係のある損害につては当然認められます。メガネがよくて他はダメ、と言う事はありません。事故により破損したのであれば当然に相手方は賠償せねばなりません。
一方で、被害の立証責任は被害者側にあります。あれも壊れたこれも壊れたと言ってもそれが事故で壊れた事をあなたは立証せねばなりません。通常の事故であれば多少積載物が壊れた旨の申告はありますし、問題視する事もありません。
しかしながら、端から見ていてなんでそんなにたくさんの物を車に載せているのか?と言う疑問が湧きます。もちろん理由はあるんだと思いますが、積んでいた場所と衝突具合から本当にそんなに壊れるものか?と疑われる可能性はあるでしょう。事故直後に写真などは撮っていないとは思いますが、相手方保険会社が疑問に思われた場合には被害の立証に
手間取るようにも思います。
>長い間使ってるものもあり「焼け肥り」みたいで気が引けます。
この辺はあまり気にしなくても良いかと思います。損害賠償上は時価を限度に修理費を補償する事になりますので、直るものは修理費(中古価格を超える修理費は中古価格までが限度)を、修理不能なものは中古価格をあなたに支払います。ですので、ちゃんと経年劣化は考慮されるので焼け太りにはなりません。
過失の件については概ね回答が出ているようなので割愛しますが、相手が自主的に支払うと言うあなたの過失分については相手の善意であり、本来強制できるものではありません。誠意ある方で良かったですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい説明を頂きありがとうございました。まずは病院を探して受診して、治療に専念したいです。車は修理に出しましたが、他のの修理や補償は先で考えようと思います。

お礼日時:2006/08/18 13:33

交通事故で双方に過失が存在している、というのは判例にあるとおり


事実です。今回のケースですと、あなたにも1割~2割の過失が問われ
ていると思います。

人身については、自賠責保険から全額出ると思います。
著しい過失でない限り、過失に関係なく出ます。
ただし、120万円を超えた場合は相手任意保険からの支払になります。

> 数万円掛けてコーティング処理をしてますが、
> 交換した部分だけの作業は現実的でないので全体に
> 再度コーティングを要求できますか?

これは認められません。
何故ならば、損傷箇所だけの修理というのが大前提であるからです。
また、社外品のパーツをつけていた場合も、純正品相当額しか出ない、
というのを聞いたことがあります。


> 事故直後に車内で吐いたので室内をクリーニングしてもらえますか?

保険会社と要相談です。
因果関係が成立していればもらえると思います。


> 修理車は査定でダメージ受けると思いますがどう判断すれば良いのでしょうか?

査定ダウンについては認められる判例はありますが、
例えば、フレームなんかを痛めた場合に認められています。


> 事故の衝撃でメガネ、腕時計、携帯電話が破損しました。~

メガネについては補償対象です。
但し、その他については残念ながら補償対象外です。
それぞれに対し、保険がかけられているのならば、
その保険に請求するのが相当と判断されます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。色々と細かく決まってるのですね。参考にさせてもらいます。

お礼日時:2006/08/18 13:26

こんにちわ、救急車でいったということはかなりな事故だったのだと思います。



まず、はじめに頭においておいておくべきなのは完治をめざすこと、です。おそらく気持ちの上で完全に納得がいくことはないと思いますので、治療にある程度専念すべきです。

相手の方に一筆いただくとのことですが、日付などもいれておいた方がいいと思います。直後にかいたものとかだと効力がないこともあるので・・・。

病院に関してはリハビリ科があるところに行った方がいいと思います。私は軽度なこともあり、リハビリをやっている(電気治療とかをやっている)ところは込んでいるので湿布をくれるだけのところに通っていますけど・・・(汗)

まず、むちうちというのは完治するのがなかなか難しいのですが、ある程度まで治ると症状固定という扱いになります(これ以上よくならない)。そうなると治療費などは支払われなくなるので、後遺症が認められなければそれで終わりです。

また、むちうちは痛みを感じていると悪化したりするのである意味痛み止めというのはあっています。MRIとかまではヘルニアの症状とかでていれば調べるかもしれませんが、基本的にはレントゲンで異常がなければむちうちとなるはずです。ただ、近年、髄液減少症とかも話題になっているので思い当たる節があればMRIの要望をしたほうがいいと思います。(これもあるところは少ないので確認のうえ)

ただ、むちうちは安静にしていると筋肉がおとろえて痛むという悪循環をうんでいたりすることもあるのでなかなか治療は難しいものだったりします。

確か、針とかは認められているはずなのですが、整形外科と並行して通うことになるかと思います。なので、整形外科の先生でそういった治療に好意的な先生を探す必要があると思います。(医師に必要とみなされなければいけないので)ただし、病院以外の通院は慰謝料などの計算が違ってきます。

病院を替わるときは保険屋に連絡(今って一括払いですよね)すれば問題ないです。どちらにせよ、後になると病院もかわりにくくなったりするので早めの方がいいかもしれないですね。

基本的に車の修理はもともとの状態にできるだけ近づけることは要求できると思います。見積もりの時点できちんと車内クリーニングとかを要望した方がいいと思います。

ただし、格落ち査定については保険会社には認められないことがほとんどで、それは過失0でもなので、相手の方の善意次第でしょうね。判例として大体認められているのは修理費用の三割程度が限界です。

車内でこわれたものは基本的に補償されるはずですが、価値は償却していくので値段とか時期とかのメモをおすすめします。

メガネはまずまちがいなくでます。(確か自賠責でもでたような・・・)

交通費や関連するものの領収書は保存しておく。

自分の自動車保険で搭乗者傷害保険があれば請求する。(既にしていたらすみません)

こんなところでしょうか・・・。あと余計なことかもしれませんが、ちょっと量が多いので間にスペースをいれるとか箇条書きにするとか質問をわけるとか、次回また、何か新しく聞くときは工夫した方が答えやすいと思います。

ではでは、色々気になることが多いかと思いますが、身体をお大事に・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうもありがとうございます。何せはじめてのことなので心配事が多くて困ってます。色々と頂いたアドバイスを参考にさせてもらいます。相手との覚書も用意しましたが、日にちを当日にしたたので、明日に直しておきます。

お礼日時:2006/08/18 01:18

被害者だからこの際なんでもかんでも請求というのはいかがなものでしょうか?


物損については時価額賠償が基本です。新品の価格補償はあり得ません。
それと、このケースの事故は追突事故とは云いません。側突事故 過失相殺事故のようですね。
当事者同士の事故直後の口約束は空手形 もしくは、保険会社に任せれば、100:0にはならないでしょうね。
保険加入はこのような事故のために加入しているもの・・・。経験なければ、素人は自分が悪いと感じてれば、過失相殺事故でもつい、そのように言うものです。また人間性による力関係 気が動転してつい言ったりする場合 恫喝・強要の類 色んなケースがあります。
しかし事故はお互い様ということもお忘れなく・・。

おそらく、保険会社との交渉になります。
保険会社との交渉拒否すれば、保険屋は契約者援助義務もありそのために調停 訴訟に協力弁護士依頼、弁護士との話になる可能性もあります。

人身部分については、自賠責(120万限度)被害者救済目的保険がありますので過失相殺関係なく補償されます。そのためにも健保で治療費を安く抑え、その分他の補償枠が多くとれ、結果的に120万内に収める効果もあります。
健保が利かないような、整体なら自己負担の可能性も多いにありますよ。基本的に整体は医者・医療機関ではありません。単に医療技術者に過ぎません。
この辺のことは、人身担当者と話し合いの上でなければ保険対応も???
保険は法的賠償と同時に公正な支払いも必要 不当な支払いはしませんのでね。逆に金融庁から不正な支払いと行政指導の対象にもなりかねませんのでね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

何だか面倒臭いんですね。私は相手の申し出を素直に受け入れたいと思います。口約束は心配になってきたので一筆書いてもらってきます。

お礼日時:2006/08/17 23:28

実際に車に乗せてあったものが今回の事故で損害を受けた物は損害賠償の対象になります。


品物によっては減価償却のきかないものは(算出がしにくいもの)、新品の値段が保障額になります。

普通の病院でする治療以上に、他でする治療は認められることはまずないです。どれほどの必要性があるのか、整合性を調べられます。

追突された、とのことですが、真後ろからではないようですね。状況が詳しくわからないので、なんともいいにくいですが、真後ろからの追突ならば、あなたに過失はほとんど、ありません。故意に急ブレーキを踏んだということならば別ですが。

車にお金をかけていたことが証明できる領収書などがあれば、それも請求できるでしょうし、相手が保険不足分を実費で支払うといっているのですから、請求すればいいでしょう。
ただし、後でそんなことは言っていないとか言う場合もあるので、この辺は一筆書いておいてもらうといいでしょうし、TELを録音したり、話の内容をメモに書き留めておくと証拠になりますので、言った、言わない、という話にはなりにくいと思います。
書類がなくても、口頭の約束でも、法律上は有効です。

私の経験では相手が7、私が3ぐらいの過失だったでしょうが、相手がその場で全額弁償します、と言ったので、それを信じて交渉しました。あなたと同じく保険会社は過失相殺を言ってきましたが、すでに、全額払うと言っていますので、不足額はご本人が支払う、ということで折り合いをつけました。
書類なしの口約束でしたが、相手は約束どおりしてくれました。
これは稀な例だと思いますが、相手の言ったことを書類にしておかれることをお勧めします。

また、事故車扱いで乗り換え時の査定額に出る影響は、残念ながら認められるkとはほとんどありません。プレミアのついているような車なら可能性はありますが、(失礼ですが)普通の車では、修理できたらそれで、OKということです。全損の場合は別ですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 アドバイスどうもありがとうございます。

 私は痛みや違和感を完治させるために十分な検査と治療やリハビリを受けたいのです。今の病院の医師は痛み止めの薬とシップ薬しかくれません。だから病院がダメなら治療院に行こうと思ったのです。

 追突は側面からでした。私が加入する保険会社も1対9位かなというようなことは言ってましたが、相手は全額を補償すると言ってきました。確かに心配になってきたので、面会を求めて文書に署名・捺印してもらってきます。

お礼日時:2006/08/17 23:17

路地から出てきた車との衝突ですから、まず間違いなくあなたにも多少の過失があります。



したがって、相手が全額払うと言っても、実際の支払いの場面になると、時間が経過して相手もいろいろな人から入れ知恵され、本当に全額払うのか、保険で賄えない分を自費で払ってくるかどうかは疑問ですね。

これは期待しない方が良いでしょう。

あなたは過去の判例レベルの保証を受ける事に専念した方が良いでしょう。

但し、あなたの損害はきっちり書き留めておくように。

要は、事故によって使用に差し支えてしまうようになった物の値段をはっきりさせておく事です。

新品時の値段と、使用年数を細かく書いておく事。

レシートなんか無くても良いですから、記憶でいいんです。

ずるはやめましょう、この際だからと、いろいろ書き加える人がいますが、ばれた時に全てが疑われる元になってしまいますから。

それと、事故による治療も、本当に必要なら、受けて下さい。

整体など、保険が出るなら受けるが出ないなら受けないというレベルなら受けない事!

本当に必要なら保険が出なくても受けるでしょう?

それくらいの気持ちじゃないと、保険屋は出したくないからごねてきますよ。

で、本当に必要だと思って整体を受けるのなら、きちんと自分の名前で領収書を取る。

請求はきちっとする。

それと、意味不明の要求はしない事です。

例えば、根拠の無い慰謝料などですよ。

過去の判例とか知っていて、同類の事故と同じ慰謝料を請求するならわかるが、自分の気分で勝手な慰謝料などを決めて請求すると、素人丸出しがばれてすぐに舐められてしまいます。

本当は弁護士を雇うのが得策ですが・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のアドバイスありがとうございます。

 怪我の治療は自分が納得するまで行うつもりですが、それは経済的な負担の心配が無いならという条件付です。保険が出ないなら高額な治療は我慢しないとならないかなと考えてしまいますよ。

 相手の「保険で賄えない分は自費でカバーする」との言葉は信用できませんかね?私はすっかり信じて安心してました。昨日、相手の保険会社と電話で話した時に、修理期間中の代車のことで交渉をしました。保険会社は当初レンタカーを代車にすることに難色を示しましたが、相手に確認を取ってもらうと、相手は前段の言葉を保険会社に伝えたと言うことで、レンタカーの件はOKになりました。

 不要な要求をするつもりは有りませんので、損害品の購入金額や使用期間をメモしておきます。ただ、どの段階で購入して良いのでしょうか?趣味の道具や代用がきくものは急ぐ必要は無いのですが、破損したメガメや携帯電話は今すぐにでも必要です。時計は形見の品なので早く修理に出したいのです。

お礼日時:2006/08/17 23:03

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q交通事故で壊れたもの。損害賠償について。

2週間ほど前狭いカーブから追い越してきたタクシーに内輪差で巻き込まれガードレールにぶつかってしまいました。ぶつかるまではタクシーの人は私の存在にも気付いてませんでした。その後救急車に運ばれ調書などを行いました。
その時に自転車、履いていたパンツ、I-pod、時計が壊れてしまいました。自転車とパンツについてはお巡りさんにも壊れた事を確認してもらったのですがI-pod、時計については帰宅してから気付きました。

タクシーの事故係から翌日連絡があるとの事でしたが連絡が来たのは一週間後でした。しかも壊れたものを伝えるとi-pod、時計に関しては警察にも未確認だから立証がないのでたぶん修理や弁償は出来ないとの事でした。

自分も言い返したのですが事故などに慣れてるせいか凄い威圧的な態度をとられました。タクシーの事故係の人は値段と店と壊れた部分の写真と買った時期、店の番号などを紙に書いておくるようにと言っていました。店には後で確認の電話をするので嘘は書かないで下さい。とまで言われました。

やはりi-pod、時計などは弁償してもらえないのでしょうか?パンツは古着なのですが4万近くしたものです。古着となると弁償となっても低い額なのでしょうか?
後、自転車などは修理ではなく新品のものに買い換えてもらう事は無理なのでしょうか?
どなたか教えて下さい。

2週間ほど前狭いカーブから追い越してきたタクシーに内輪差で巻き込まれガードレールにぶつかってしまいました。ぶつかるまではタクシーの人は私の存在にも気付いてませんでした。その後救急車に運ばれ調書などを行いました。
その時に自転車、履いていたパンツ、I-pod、時計が壊れてしまいました。自転車とパンツについてはお巡りさんにも壊れた事を確認してもらったのですがI-pod、時計については帰宅してから気付きました。

タクシーの事故係から翌日連絡があるとの事でしたが連絡が来たのは一週間後でした...続きを読む

Aベストアンサー

賠償(弁償)の請求は可能でしょう。
他の回答者のとおりです。

あなた自身は車やバイクなどで任意保険に加入していませんか?場合によっては動いてくれるかもしれませんし、相談も可能かもしれません。
家族の契約しているものも同様です。
これらの保険には弁護士などの費用も保障されたりします。

相手の担当者次第では、専門家へ依頼しましょう。弁護士が一番良いですが、行政書士である程度の対応や相談もしてくれたりもします。

私は車対車の事故ですが、過失割合0の被害者となったため、保険は利用できず、私自身が交渉に当たっています。相手は保険会社などが依頼した弁護士ですが、何とかがんばっています。最悪の時は弁護士へ依頼するつもりです。

がんばってください。

Q交通事故における物品の保障に関して

交通事故における物品の保障に関してお尋ねします。

自転車で横断歩道を走行中左折してきた車と衝突しました。
衣類等が幾つか着れない状態になっているのですが,この場合の補償金は大体どのような目安なのでしょうか。
保険会社の方と先日お話した所では,
購入した時点から減価償却で計算するとのことでした。
写真を送ってほしいとも言われました。

正確にいついくらで購入したかは覚えていないのですが,具体的にはどのように考えれば良いのでしょうか。
破損したものとしては,スーツ(購入から約2年。着ていたのはこの半年。大きな穴が肩にあきました),シャツ(購入から約半年血で染まっています),ネクタイ(購入から約半年。血で染まっています),
となります。いずれも領収書などは保管しておりません。

過失割合等は出ていないのですが,基本的に相手の非によるもののはずですが,
こちらが追加でお金を出して購入しなければならないということに疑問を感じています。
購入しに行くのも時間や手間がかかります。
時価云々ではなく,同等品を相手に購入してきてほしいと思いますが,やはり自分で差額分を出して購入するしかないのでしょうか。

ちなみに自分の傷は,頭部裂傷で何針か縫い,通院中です。

よろしくお願いいたします。

交通事故における物品の保障に関してお尋ねします。

自転車で横断歩道を走行中左折してきた車と衝突しました。
衣類等が幾つか着れない状態になっているのですが,この場合の補償金は大体どのような目安なのでしょうか。
保険会社の方と先日お話した所では,
購入した時点から減価償却で計算するとのことでした。
写真を送ってほしいとも言われました。

正確にいついくらで購入したかは覚えていないのですが,具体的にはどのように考えれば良いのでしょうか。
破損したものとしては,スーツ(購入から約2年。着...続きを読む

Aベストアンサー

着衣損害は減価償却による減額が多いですよ。

新しい物を代替品としての提供は絶対あり得ません。

購入時期・購入価格でなく定価ベースで請求。
服などは2年も経過すればタダ同然の価格となってしまいますね。
価格に関しては同等品の定価を調べ、
いつ頃購入したのかを保険会社に提示。

損害箇所は写真にして添付。

購入時の領収書は不要です。

たとえ購入価格が2万でも定価が4万であったなら、
4万円で請求します。
購入時の値引き交渉や、ポイント値引きは購入者の努力の結果なので、
今回同じように値引き購入が可能とは限りません。

減価償却による減額がありますが、定価請求が購入価格との差額を
時間と手間に相殺しているような物です。

あまり無茶な購入時期前倒しは不可能ですが、
曖昧な記憶であれば1~2ヶ月前後しても問題ないと思われますよ。

物には減価償却があるので、自分で使っていた分が減額され、
新たに購入するのであれば、差額は自分で出すしかありません。

以前やった手法では、ブレザーの飾りボタンが飛んだ。
ブレザーの減価償却価格は4,000円の評価。
気に入っている物なのでボタン購入(全取替)5,000円。
保険屋に5,000円を認めさせた事もあります。

上手く折衝すれば、補償費用を少しでも多く引き出すことが可能です。


怪我の部分は物損とは別に示談することとなりますが、
通院日数×2×4,200円
治療期間×4,200円
のどちらか安い方を慰謝料としてもらえます。
治療費・休業補償等別途。

総額120万円までであれば自賠責基準でもらえます。

着衣損害は減価償却による減額が多いですよ。

新しい物を代替品としての提供は絶対あり得ません。

購入時期・購入価格でなく定価ベースで請求。
服などは2年も経過すればタダ同然の価格となってしまいますね。
価格に関しては同等品の定価を調べ、
いつ頃購入したのかを保険会社に提示。

損害箇所は写真にして添付。

購入時の領収書は不要です。

たとえ購入価格が2万でも定価が4万であったなら、
4万円で請求します。
購入時の値引き交渉や、ポイント値引きは購入者の努力の結果なので、
今回同じように...続きを読む

Q10:0の事故。車の修理費に疑問が。。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこちらから連絡すると「修理はもう終わっています」とのことで驚きました。なぜ概算見積りが出たときに連絡をくれないのか?というと「修理は止められませんので」と的を得ない回答でした。私は修理を止めるつもりはなかったのですが、概算見積りはとっくに出ていたのに連絡がありませんでした。
少し不信感を持ちつつ概算見積りの金額を聞くと修理費が22~3万で代車費用含めて30万ほどになるとのことでした。

相手の方の車が国産車の限定車でリアバンパーが高く、さらには部品取り寄せに時間がかかって代車の日数も増えたとのことでした。

ここで疑問なのですが、

ディーラーに確認したらリアバンパー代は塗装代込みで約7~8万と言われましたが、修理費に22万も必要でしょうか。
また、部品を取り寄せるのに時間がかかるなら自走可能車でも代車を出すのでしょうか?
これは私が判断することではないのかも知れませんが、バンパー交換は経験上1日で終わりますし、部品を発注している間は自走できるなら代車を出す必要はないと思うのですが。

私が起こした事故ですし、人身に切り替えられなかっただけ有難く思え、人を轢くよりましだろう、と言われるのは覚悟の上ですが、どうしても修理費に疑問があります。
もちろん、必要な修理費は払わせてもらいますが、あまりにも不必要に代金がかかっている気がしてなりません。

現在の状況は、保険会社が派遣したアジャスターと修理先の板金屋が値段交渉をしている最中で、修理費が確定するまで少し待ってほしいと言われています。

また、修理箇所の写真と見積書は保険を使う場合はお見せできない、と言われました。
見せられない内容なのですか?と聞くと「実費で払われるならお見せでます」と言われ、ますます不信感が募りました。
もう実費で払うから板金屋と直接話がしたい(部品代の領収書、工賃や代車の明細を知りたかったので)といったら、それは難しい、と言われました。もし直接話をするなら保険会社は介入できないとも。
詳しくは知りませんがそんなもんなんですかね・・・。自分が一番悪いとはわかっていますが、保険会社の対応も修理先の対応も疑問ばかりです。
ひょっとしたら、中の部品も破損していて値段が跳ね上がったのか、とも考えましたが、本当にコツンと当たった程度で凹みもなかったので考えにくいです。ただ、実際に写真を見てみないとなんとも言えませんが。。。

経験がないのでわかりませんが、自動車事故ってこういうことがよくあるんでしょうか。
今後、どのようにすれば良いのか悩んでいます。
相手に迷惑をかけた慰謝料と思えば良いのかな、とも考えますが、相手ではなく修理先が必要以上に代金を請求している気がしてしまいます。

すみませんが、よろしくお願いします。

2週間前、追突事故を起こしました。
信号待ちの際、停車していたのですが頭がフラフラとしてブレーキを離してしまい、クリープ現象で前の車に追突しました。
10:0で私が悪いので相手には謝罪し、警察と保険会社にも連絡しました。

相手の車のリアバンパーに擦りキズと私の車のフロントバンパーに少しキズと塗装がついた程度で、物損となりました。

保険会社と連絡を取り、相手の修理代金の概算見積りが出たら保険を使うか実費か判断するので連絡をくださいと伝えました。しかし、10日待っても連絡がないのでこ...続きを読む

Aベストアンサー

 あなたの保険会社が闘わないんなら、そんなモンですね。あなたの懐は変わらないので、被害者である相手によりいい印象を与えるように逆もしているということです。保険会社同士で話し合い決着がついているから、それを覆すなら、裁判でどうぞということですな。値段的には、問題ないと思いますよ。バンパー付近も色あわせでなじむように塗るという「建前」になってると思いますからね。自損なら10万って事ですね。

Q車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないと

車をぶつけられ、100-0の事故なのに、保険金で全額修理代を出さないといわれました。
 一週間前くらいに事故られ、100ー0であちらが全てもつ状態になりました。
 首に痛みを感じ、めまい吐き気もあり病院にも通院している状態です。車の修理代は全て向こうの保険会社が負担すると言ったのに関らず、つい先日修理をお願いした車屋から、修理代全てを保険会社が出さない、一部しか出ないと言われました(総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた)残りの金額は自己負担になるといわれて、私はあまりの悔しさに涙がでそうになりました。なぜ、事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか!!
 私は一銭も払うつもりはありません。皆さんが同じ境遇であれば同じように思うとおもうのです。それで、保険屋と徹底抗戦を考えているのですが、なにかアドバイス、法律的なことやこういえば保険屋をギャフンといわせれるなどいった事を教えて欲しいのです><

Aベストアンサー

>総額で30万であるのに、15万しか出さないといわれた…

失礼ですが、何年ほど乗った車ですか。
相手方 100% 責任の事故でも、補償額は事故に遭う前の時価が限度です。
時価を上回る修理額までは出さないのが普通です。

>保険屋をギャフンといわせれるなどいった…

入るときはえびす顔、出るときはえんま顔。
これが保険屋というものですから、ギャフンと言うことはないでしょう。

>事故を起こされ体を具合悪くしてあげく金を払わされる羽目にならなければならないのですか…

ですから、保険会社が払わない分は加害者本人に請求すればよいのです。
もちろん修理費用だけでなく、治療費や休業補償も含めてね。
あくまでも事故を起こした責任は保険会社でなく加害者本人なのですから。

Q交通事故による携帯電話の賠償額について

先日 停車中に追突事故に遭い 車内にあった 携帯電話が 修理不能と

判断されたので 相手保険会社に 賠償請求をしました  

2010年5月に¥50000で購入 事故日2012年4月です

保険会社からの返答は 1年11ヶ月使用で 償却残存率0.4792 賠償算定金額¥23,960

とのことでした 2年間弱で 半額以下になる 算定基準は 妥当なのでしょうか?

Aベストアンサー

損害保険会社勤務です。
お役に立てるか不明ですが、なんとか考えました。

今あなたに適用されようとしている保険の種類は、対物賠償責任保険です。
モノを補償している保険(火災保険、車両保険等)とは種類が違うため、
経年劣化や減価償却の計算式は無視していいです。
保険会社が出してきた計算式は、保険会社都合の独自基準です。

結論としては、新価及び再調達価格で賠償責任を果たすよう交渉してください。

お金は要らないから、同じ携帯を用意しろと三回位言うと、必ず願いがかないます。
また同時に、携帯電話が使用不能になった期間の滅失利益を補償しろと言うと、
保険会社担当はウンザリしてきます。
なせぜなら賠償責任保険では、全て補償しなければならないからです。

保険会社担当が強気に出てきたら、
首と腰が痛くなってきたので、警察へ届出した上で、
病院、接骨院に行くと言えば、
頼むから止めてくれと言い出すのでおもしろいです。

脱線しましたが、賠償責任保険の為、時価額にするルールはありません。
頑張って、新価及び再調達価格で交渉して下さい。
賠償責任保険は、オールマイティーに補償できる保険です。
必ず、取れます。

損害保険会社勤務です。
お役に立てるか不明ですが、なんとか考えました。

今あなたに適用されようとしている保険の種類は、対物賠償責任保険です。
モノを補償している保険(火災保険、車両保険等)とは種類が違うため、
経年劣化や減価償却の計算式は無視していいです。
保険会社が出してきた計算式は、保険会社都合の独自基準です。

結論としては、新価及び再調達価格で賠償責任を果たすよう交渉してください。

お金は要らないから、同じ携帯を用意しろと三回位言うと、必ず願いがかないます。
また同時に、...続きを読む

Q交通事故ってこんなにお金もらえるの?

友人が夜中に車の信号待ちをしている所に車が突っ込んできました。
相手が100%悪いらしいです。
車は一部つぶれてしまったので修理に出しています。
友人は少しむちうちぎみなので病院に通っていますが、普段は全然健常です。
友人いわく、1度病院に行くと4万円もらえるから行ける日は毎回行くと言っています。180日通えるようなので、計算すると700万円以上になります。また、後遺症は全くないのですが診てもらう時にウソであたかも後遺症があるようにすればうまくいくだろうと考えています。軽自動車だったんですけどこれでセルシオ買えるって言ってます。自分はそううまくはいかないと思うのですがホントにこんなうまくいくものなのでしょうか?

Aベストアンサー

自賠責から貰える慰謝料は日額4100円で、
任意保険会社でも同額を出してくれるときがあるので
最高で日額8200円になりますね。

その他、休業損害は賃金を貰えなかった分となります。

自動車の損害は時価額となりますから、
100万円で購入した新車で全損となったときで
2年乗っていれば約50万円しか貰えず、
ローンが60万円残っていれば10万円の損となってしまいます。

もらい事故で得をすることはありません。
得をするなら保険金詐欺が多発してしまいます。

また、被害者よりも加害者が得をすることもあります。
加害者の車両が残存価値150万円で全損となったとき
自分の車両保険に170万円入っていれば
20万円多く貰えることもあります。
被害者の車両は保険金額に関わらず原価償却法による計算されるので
損をすることが多いようです。

Qアジャスターと、ディーラーの見積もりの差異について

保険会社のアジャスターが出した見積もりと、ディーラの見積もりに差異があり、保険会社と合意できずに困っております。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご助言頂けると幸いです。


先日、車に乗って信号待ちしていましたら、後ろからぶつけられてしまいました。
停止中でしたので、ぶつけられた車の持ち主の保険にて10:0で修理費用を補填して頂けることとなりました。
家族で話し合い、今回の事故については修理はせず、見積もりの損害額を受け取ることにしました。
(修理せずに見積額を受け取るのは法的にも問題ない旨は、知人やネットで確認しております。)

ディーラーに修理見積もりをしてもらい、30万強の見積もり内容となり、そのまま保険会社に見積もり内容を連絡してもらいました。
その後、保険会社側でも見積もりをするとのことでアジャスターの方が来られ、20万強の見積もり内容であることを告げられました。

保険会社側としては修理するなら、その修理実費と代車費用、修理しないならアジャスターが出した見積額を支払うとの話を頂きました。

ディーラーに見積額の差異分を保険会社側に説明し、納得してもらえるよう話をしてほしいとお願いをしましたが、
ディーラーからは、「話した結果、見積もり内容は説明したが、保険会社は認めない」との回答でした。
では「保険会社が提示した金額で修理できるのか」と聞くと、ディーラーで事故前状態に回復するには当初見積もり通りの費用が掛かると言われます。

同様に保険会社に差異を埋めてもらえるよう話をしましたが、「差異の箇所は解体してみないと絶対と言えない修理部位であり、
周りの損傷から考えると、やはりディーラーの見積もりは過剰で、修理しないのであれば保険会社提示額しか支払えない」と言います。

差異の箇所の説明としては以下箇所の波及損傷と言われています。
(ディーラーは交換及び付帯費用が必要、保険会社は修繕の必要なしと判断している部分)
・アウトサイドパネル
・リア
・キーレスエントリ部品交換

本件は修理しない場合、保険会社の提示額を飲まざるを得ないのでしょうか?
上記部分は保険会社の言うとおり、修理してみないと絶対と言えない修理箇所なのでしょうか?


訳あって修理はしたくありません。
また過剰に保険金をもらいたいわけではなく、実際の損害分を、正当に請求したいという思いしかありません。
お詳しい人がいらっしゃいましたら、話を前に進めるためのご助言を頂ければ大変助かります。

保険会社のアジャスターが出した見積もりと、ディーラの見積もりに差異があり、保険会社と合意できずに困っております。
お詳しい方がいらっしゃいましたら、ご助言頂けると幸いです。


先日、車に乗って信号待ちしていましたら、後ろからぶつけられてしまいました。
停止中でしたので、ぶつけられた車の持ち主の保険にて10:0で修理費用を補填して頂けることとなりました。
家族で話し合い、今回の事故については修理はせず、見積もりの損害額を受け取ることにしました。
(修理せずに見積額を受け取るのは法...続きを読む

Aベストアンサー

>車に乗って信号待ちしていましたら、後ろからぶつけられてしまいました。

私も、数年前に同じ事故経験があります。
乗っていた車(外車)に、国産車が追突。しっかり、リア部分が凸凹でしたよ。

>ぶつけられた車の持ち主の保険にて10:0で修理費用を補填して頂けることとなりました。

この過失割合も、質問者さまの場合と同じで相手側が100%の過失となりました。
相手側は、修理費用満額を支払う事を了承しました。
ただ、相手側の三○住○海上がポンコツでしたがね。
ディーラーからの修理見積もりを提出しても、3ヶ月間も音信普通でした。

>今回の事故については修理はせず、見積もりの損害額を受け取ることにしました。

修理するかしないかは、被害者側の自由です。
修理代金は「損害賠償額」に過ぎません。
ですから、損害賠償として受け取るのですから全く問題ありません。
また、修理をしても「新品部品で修理するか、中古部品で修理をするかも自由」なのです。
中古部品で修理しても、損害賠償額は(新品部品修理)と同じ額です。
時々、勘違いしている方がいますがね。
裁判結果でも、同様の判決が出ています。

>本件は修理しない場合、保険会社の提示額を飲まざるを得ないのでしょうか?

納得できない提示額を、のむ必要はありません。
損保会社としては、1円でも支払いを拒否しろ!との営業方針があります。
アジャスターとしては、「何円減額したのか?」が勤務評価(営業成績)となりますからね。
質問者さまが焦らなくても、困るのは損保会社側です。
修理する場合としない場合で、損害賠償額に差を付ける事事態異常です。

>上記部分は保険会社の言うとおり、修理してみないと絶対と言えない修理箇所なのでしょうか?

1円単位で正確な額を出す事が目的なら、損保会社の言う通りです。
が、通常は(この部分は)迷わず部品単位で交換しますね。
今時、バンパーでも修理しないで交換する時代です。

>話を前に進めるためのご助言を頂ければ大変助かります。

通常は、正規ディーラーの修理見積もりが有効なんですがね。
今回の損保会社は「徹底的に、1円も払いたくない!」という損保会社なのでしよう。
2005年2月は、富士火災海上保険が問題を起こして(金融庁から)徹底的に行政指導を受けました。
こういう時は、批判でも営業妨害でもないので「実名を書く」事なのです。
2005年9月には、下記損保会社が保険金不払いで金融庁から指導を受けています。
あいおい損害保険、損害保険ジャパン、三井住友海上火災保険、日本興亜損害保険、東京海上日動火災保険、ニッセイ同和損害保険、共栄火災海上保険、スミセイ損害保険、明治安田損害保険、朝日火災海上保険、ソニー損害保険、セゾン自動車火災保険、セコム損害保険、三井ダイレクト損害保険、そんぽ24損害保険。
私の場合、国民生活センター・各都道府県消費生活センターで相談するので「損保側の各資料を出して欲しい」と要望しましたね。
すると、不思議な事に「(ディーラー見積り額)保険金を振り込みました。これで、双方の示談が成立しました」との速達郵便が届きました。
質問者さまも、先ず公的機関で相談するので「資料を出して欲しい」と要求する事です。
その後、ダブルスタンダードが正しいか否かを国民生活センター・各都道府県消費生活センターで確認して下さい。
まぁ、損保会社各社は「事件・事案を公にしたくない」のが実情です。

>車に乗って信号待ちしていましたら、後ろからぶつけられてしまいました。

私も、数年前に同じ事故経験があります。
乗っていた車(外車)に、国産車が追突。しっかり、リア部分が凸凹でしたよ。

>ぶつけられた車の持ち主の保険にて10:0で修理費用を補填して頂けることとなりました。

この過失割合も、質問者さまの場合と同じで相手側が100%の過失となりました。
相手側は、修理費用満額を支払う事を了承しました。
ただ、相手側の三○住○海上がポンコツでしたがね。
ディーラーからの修理見積もりを...続きを読む

Q100%相手過失の追突事故で困ってます!

先日信号待ちで停車中、後ろから追突されて車が廃車となってしましました。
相手が100%悪い事故です。
相手も私も保険に入っており、細かい話し合いは両保険屋で行うものかと勝手に思っていたのですが、私の保険屋から「相手が100%過失の場合はこちらでは対応できない」と言われ、相手の保険屋と私との交渉となっています。
初めての事故なのに、相手の保険屋が柄が悪く、うまい様に話をまとめられそうで内心本当に泣きそうです!!
下記に質問を箇条書きします。どうか教えてください。

1.まず第一に私側の保険屋が立ち会ってくれないのは常識からいって普通なの
  か?(保険屋の代理店は車の購入先)

2・半年前に 車両48万→ 乗り出し総額 65万円で購入
  相手の保険屋は査定40万位で示談しろという
  私としては全く納得いく金額ではないが、どの位請求できるか分からない

3.レンタカー代は2週間まで保証するという。
  これも納得いかず!被害者としては一ヶ月以上は余裕がほしい

4.廃車費用は保証できないというが何とか請求したい。

被害者なのに何だか脅されている感じで、本当に困っています。自分の保険屋への相談が駄目なら加害者の勤務先の会社へ連絡してみようと思っているのですが・・・・(相手は勤務中の事故だったので)どうすればいいでしょうか!!

 
 
   

先日信号待ちで停車中、後ろから追突されて車が廃車となってしましました。
相手が100%悪い事故です。
相手も私も保険に入っており、細かい話し合いは両保険屋で行うものかと勝手に思っていたのですが、私の保険屋から「相手が100%過失の場合はこちらでは対応できない」と言われ、相手の保険屋と私との交渉となっています。
初めての事故なのに、相手の保険屋が柄が悪く、うまい様に話をまとめられそうで内心本当に泣きそうです!!
下記に質問を箇条書きします。どうか教えてください。

1.まず第一に私...続きを読む

Aベストアンサー

A1.普通です。 自動車事故時に保険会社が相手との話し合いをするのは、同保険に「示談交渉代行サービス」があるからです。しかしこのサービスは賠償保険にセットされているので、賠償保険が機能しないことには機能しません。賠償保険を使う場合の必要条件が「契約者側に法的な賠償義務のあること」となります。今回のように自分側の過失が無い事例では賠償義務の発生することはありません。結果として同サービスも使うことができません。

A2.どういった経緯で購入してその後どういった負担があるのかは、賠償には全く関係ありません。賠償は原則として「事故直前の時価額が限度」と定められています。納得の問題ではありません。基本的には年式等から機械的に数字がはじき出されます。

A3.原則として代替車の購入までの期間はOKとなるはずです。しかしその場合でも30日が限度となります。2週間という日を区切ってきているようですが、その根拠を明らかにしてもらってください。この部分は交渉の余地があるのかもしれません。

A4.基本的に車を所有していれば、いつかは負担しなければならない費用です。ということで「損害」としては認めないという考え方もあるようです。

いずれにしても交渉する際には、「根拠のある金額を提示する」ことが大切になります。日本の法律では、損害賠償を請求する側にその立証責任があります。こちら主導で具体的な数字を挙げるなどして交渉すれば、少しは賠償がアップする事も考えられます。
具体例を挙げれば2.でいえば実際の時価や市場流通価格がどれぐらいなのかを資料を持って示す必要があるかもしれません。3.で言えば実際にいくらのレンタカーを何日使用したという実績を残す必要があります。上と重複しますが一般には事故日から30日間が限度とされています。まだ日が経過していない時点で具体的な日数を提示するのはちょっと意味がわかりません。4.についても同じです。実際に廃車してどういった費用がいくらかかったのかを具体的に提示する必要があります。

>自分の保険屋への相談が駄目なら加害者の勤務先の会社へ連絡してみようと…
これらは法律上の問題です。ですから相手が自己負担であろうと保険会社を通しての補償であれ、同じ事です。相手が保険で処理する意向である以上、保険会社と話をするのが筋というものです。法律以外の部分を相手に請求すると、脅迫や恐喝にもつながります。そこら辺は承知してください。

自分側の保険会社が…ということですが、「車両保険」を使うことによって介入させる事は可能です。もし「車両保険」がないとすれば、自車の損害についてはすべて自分で責任を取らなければならないのは当たり前のことです。今回は金額の問題のようですが、金額で合意できたとしても、相手側が支配を渋り続けたら同じ事です。自分を守る意味でも「車両保険」は必須です。

A1.普通です。 自動車事故時に保険会社が相手との話し合いをするのは、同保険に「示談交渉代行サービス」があるからです。しかしこのサービスは賠償保険にセットされているので、賠償保険が機能しないことには機能しません。賠償保険を使う場合の必要条件が「契約者側に法的な賠償義務のあること」となります。今回のように自分側の過失が無い事例では賠償義務の発生することはありません。結果として同サービスも使うことができません。

A2.どういった経緯で購入してその後どういった負担があるのかは...続きを読む

Q自賠責限度額120万を越えた部分は・・

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治療期間によって逓減するとしても、120万円を越えた部分に対してのみ適用されるべきではないのかということです。
(保険会社は慰謝料すべてが任意保険の基準となると言っています)

例をあげると
治療費が55万円なので
自賠責限度額120-55の残り65万を取った方が
任意保険基準で算定すると54万になるから良いというのです。(治療日数に対する全ての算出基準が任意保険基準になるのでとのこと)

しかし、全てを自分で自賠責基準にて算出すると
76万円位にはなります。
ここで、120万円からはみ出した部分に対して任意基準を当てはめ若干安くなったとしても70万位かなと素人考えでは思っていたのですが・・・

保険会社のこの補償は正当なものなのでしょうか?
ご存知の方いらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

交通事故の被害者で現在保険会社と示談交渉中です。

数日後に金額提示があるはずですが
保険会社の担当者から事前に
『治療費と慰謝料等の支払い金額』の合計が120万円を超えますから、自賠責限度額120万円から、病院に支払う治療費を引いた残りを慰謝料として受け取る方が得ですよ』と言われました。

つまり、120万を超えると計算基準が変わり、任意保険の基準で慰謝料を算定する事になるため、慰謝料の総額が低くなる。と言うのです。

ここで、納得できないのは

(1)任意保険の基準額が治...続きを読む

Aベストアンサー

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120万までは求償が出来ますから、自賠責基準で処理した方が有利なのです。

>通院日数73日 治療期間148日 休業補償10万円(8日)交通費 5万円

 上記の具体的な場合について考察します。
 私の任意計算では、慰謝料は、¥56万になりますので、休業補償と交通費を加えれば、被害者の取り分は、¥71万になります。

 当然¥71万>¥70万なので、任意基準たる¥71万で示談すべきです。治療費は¥50万ですので、保険会社の支出は、合計¥121万になりますが、自賠責保険から¥120万は還ってきますから、任意保険会社の支出は、差し引き¥1万となります。(保険会社の負担する電話料等の諸雑費は考慮外です)

 一般に過失ある場合は、自賠基準の方が有利なことが多いのですが、この場合は、任意基準と自賠基準の両方を示して貰い、有利な方で示談して下さい。

 いずれにしても¥76万の賠償は、無理でしょう。




 

 

 任意保険と自賠責保険については、もっとスッキリと整理すべきです。

 自賠責保険の上限¥120万にかかわらず任意保険と自賠責保険は、全く別の計算をします。本来は、任意保険と自賠責保険の賠償額を同時に提示して、どちらか被害者に有利な方を選択させるべきものなのです。任意保険は、法的な責任範囲内で賠償しますので、過失のある場合は、当然過失分のみの賠償となります。

 一般に¥120万以内では、自賠責保険のほうが被害者にとって有利なことが多く、任意保険会社にとっても後で¥120...続きを読む

Q人身事故にしないと 自賠責保険の慰謝料の支払いは受けられないのでしょうか?

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬局にも連絡を入れて下さり 
支払は一切しないで済むように手配してくれているそうです。

なので、車の修理代と通院費用については問題ないのですが 
警察の届け出が物損事故のままだと 慰謝料はもらえないのでしょうか?

私は、専業主婦で 仕事はしていないのですが
友人から
「人身事故だと自賠責保険から通院日数(回数?)に応じた慰謝料が支払われるはず。
でも、その場合は警察で人身事故にしてもらわないとダメだと思う」
と言われました。

大した事故でも無いし、相手の家族の方が事故の次の日にすぐに謝罪にも来ましたし、
人身事故にすると相手の処罰が重くなるようなので
出来ればこのまま物損事故にしてあげたいな。。。とは思ったのですが
 
そうなると 慰謝料はもらえないのでしょうか?
慰謝料も欲しいのであれば、やっぱり警察に人身事故として届け出るしかないのでしょうか???

ご存知の方がいらっしゃいましたら ぜひ教えてください。
よろしくお願いします。

一昨日、駐車場で停車中(私)に 右後方から車(相手)に追突されました。

警察を呼んで その時はどこもケガ無く、痛くもなかったので物損事故になり
私の方は停車中だったので、過失は100%相手側にある。
 と言われました。

その後、相手の保険会社から車の修理について(100%受け持つと)の連絡が来ました。 

ところが 昨日の夜から首の辺りが痛み始め 
今日、相手の保険会社に その旨を話し「明日病院に行ってくる」と連絡を入れました。

相手の保険会社は、すでに行く予定の病院・薬...続きを読む

Aベストアンサー

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持っているかなども加味されるので、不起訴(おとがめなし)となる可能性も高くなります。
ですから、人身事故届をしておく方が、もしあなたの症状が芳しくなかったときに余計なトラブルにならず安心です。
それでも、症状が軽く無理に人身事故届をしたくない場合は、物件事故届のままでも治療費のほかに慰謝料・休業損害・通院費を支払ってもらえます。
相手の保険会社は、あなたの治療費等を病院に支払った後、相手車の自賠責保険会社に対して自賠責保険で支払ってもらえる分を請求します。この自賠責保険の請求には自動車安全運転センターが発行する人身事故証明書が必要ですが、同センター発行の物件事故証明書に人身事故取得不能理由書を添付することで代用できるのです。
よって、自賠責基準の慰謝料(治療期間か実通院日数の2倍のいずれか少ない日数×4200円)、主婦の休業損(実通院日数×5700円)、通院交通費(電車・バス等の実費等)は、警察への届出が人身事故・物件事故のいずれかにかかわらずもらえることになります。

警察に人身事故として届け出ると、警察は加害者(けがをさせた人)を自動車運転過失傷害罪の被疑者として調書を作成し検察庁へ送致します。同時に被害者のけがの程度に応じた交通事故の付加点が加害運転者に加算されます。あなたのケースだと、医師の診断書は全治1~2週間程度と考えられますので、相手運転者の違反点数は前方注視義務違反2点+付加点3点なので、前科前歴がなければ免停は免れるでしょう。自動車運転過失傷害罪については、あなたの実際の治療期間、あなたが加害者に対して処罰感情を持ってい...続きを読む


人気Q&Aランキング