マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今後MT車って無くなってしまうのでしょうか?または受注生産しかしないのでしょうか?自分個人としてはMT車の方がすきなので無くなると悲しいです、皆さんどう思いますか?現在の車は80%以上がAT車で最近ではセミATなんてもののありますよね。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

確かにアメリカと日本はAT主流ですが、そのほかの外国ではMTが多く、日本でも少ないけれどMT派はまだまだ居るように思います、ホンダ車などはATが多いでしょうが、NSXのオーナはMTを欲しがりますし、SUBARUユーザーは年配のかたもMT派が多いです。

海外にはまだまだMTじゃなければ売れない地域も多いですからMTの生産自体はなくならないですから、それを国内向けにするかしないかの差でしょう。
MTは無くなりません。
    • good
    • 0

愛知県在住です。

 ある乗用車ディーラーの方に聞くとAT登録比率はほぼ100%なんだそうです。
MT車は趣味人のクルマとしての位置づけで縮小しつつも今後残るとは思っています。
世界一の自動車大国でありながら人と機械の接点の選択肢がこうも少なくなってしまっていることを残念に思っています。

私事で恐縮ですがー
ミニバン系MT車がどうしても欲しかったので、釈然としない気持ちを残しながらFIAT Multipla契約しました。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2240250
    • good
    • 0

ぜひ、メ-カ-のホ-ムぺ-ジに、M/Tが欲しいという要望を出しましょう。


要望を出しても、4年くらい後になりますが
 秋のカロ-ラシリ-ズには当然まにあいませんが。

メ-カ-のM/T開発担当者も、要望が全く無いので、開発予算(車両搭載し認証なども含む)が出ないのとか言っていました。

6M/T主流の方向のようですが、国内に搭載されるかは?

参考URL:http://toyota.jp/faq/cs.html
    • good
    • 1

一部特別仕様車(TRD、MATSUDA-SPEED、STIなど)以外はなくなるかも知れませんね。



企業側にとっては、90%以上がAT(CVT)になった場合、10%程度のために工場のラインを稼動させるのは非効率的です。
せめて10%が固まって注文を受ければいいですが、毎月1・2件という状況ではラインを切り替える手間の方がかかるので、その分ATを生産した方が効率は上がります。

企業は儲けるために造っているので、売れないものは造りません。なので売れれば良い訳です。
MT車をなくさないためには、貴方を含めMTファンが常にMT車を買い続けることです。
自分はATに乗っていながら「MT車をなくすな!」と言っても意味が無いです。
そして10%を30%程度へ持っていければ、MT車は存続できます。
    • good
    • 1

MT、好きです。



でも・・・消えると思います。また、MT/ATという前に変速機が消える可能性も高いのでは? と思います。
変速機が必要なのは、低回転でトルクの無いガソリンなどの内燃機関を使っているからです。モーター駆動では不必要ですね。現状はごく一部のハイブリッド車中心ですが、モーター駆動の車、これから増えてゆくでしょうね。

ガソリンなどのエンジンで直接駆動する仕組み自体がなくなればMTは消えてしまうと思います。
    • good
    • 0

必要か必要でないかで考えれば、MTの未来は暗いと思います。


MTでなければならない車の種類が激減していますしね。
もっと効率のよいトルクコンバータ、信頼性の高い変速機が開発されれば加速されるでしょうね。
ただ、暗いけれど、真っ暗にはならないでしょう。

もしかしたら、MT車はヨーロッパ工場生産車の輸入になったりして・・・
趣味の人のためにATだけど、シフトもどきやクラッチもどきを備えたなんちゃってMTが出てきたりして・・・オプションですって言われたりして・・・

たぶん、あなたが車に乗れなくなるような年齢までは残るでしょうから、大丈夫(かもしれない)
    • good
    • 0

少なくとも変速には歯車というのがなくなって、コロに戻ってしまいそうですね。

無段変速機です。階段型に磨耗したら、こんどは山だけ使ってなんてことになるか、満遍なく放浪するコロなんかになるんでしょうね。コンピュータコントロールで、ゴキとかコツンとかいうシフトタッチとかクラッチフィーリングもしっかりフィードバックさせて、これがフューランドタッチだとかのマシンがでてくるんでしょうね。今、蒸気機関車を趣味にされている方がいらっしゃるように、石炭の入れ方、ガバナーの調節、各蒸気バルブの制御等、車のMTを操るかたは特殊な人種ってことにいずれはなるんでしょうね。いまでも車でタイマーとチョークをチェンジやアクセル操作と同時に制御しながら運転するのも楽しいような気がします。
    • good
    • 1

ヨーロッパではMT車の方が圧倒的に多いですので、数十年はまずなくならないと思います。



また、日本ではAT比率は90%超えていたと記憶してますよ。

この違いは、インフラ整備と交通事情によるもの。欧州では、しっかりそれが整備されているので(心の面でも整備?されています。マナー自体は悪いですが)、あまりマニュアル操作が必要でないのです。あまり操作しなければ、基本的にMTのほうが効率が良いので。

私はMT大好きです。自分でいかにも「操っている」という感覚が好きなんです。
ただの自己満足ですが、MT社は自分にとって最高のオモチャなんですよね。
    • good
    • 1

必ず、どこかの会社が作ると思います。


特に、マツダやスバル。
ミドルクラスにもMTを展開していますから。
逆にこれが売りとなっていますからね。

それが好みの車かどうかは別問題ですけど・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QMT車の今後について

「またMT車の批判かぁ」とは思わず、とりあえず最後まで読んでください(つたない文章表現なので、読みにくいかもしれませんが)。

現在、AT車を運転しております。しかしながら、どうしてもMT車を買いたいと思っております。
今現在、大部分がガソリン車であるため、燃費の面からもMTの存在意義は多少なりともあると思います。
が、しかし、今後電気自動車や燃料電池車などのガソリンを全く使わなくても済む車が次々と出てくると思われます。
そうなった場合、メーカー側はMT車を作らなくなるのではないかと心配です。
MTファンの皆さんは、どう思いますか。

Aベストアンサー

MTは不滅です(^^;)
現在、ガソリン車でもMTよりATの方が燃費の良い車もありますね。
日本国内ではAT天国ですが、欧州では未だにMTが売れています。
彼らは運転する楽しみを知っているから。
プジョー、シトロエン、アルファ、フィアットは、つい最近までATは4速しかなくて、主力はMTでした。

日本人は運転する楽しみより、安楽な運転をステータスにしています。
肘をアームレストに乗せ、景色も見ずにナビのTVを見ながら、小声でも聞こえる静寂性の高い、人間運搬車のようなミニバンが良い車だと思っています。

昨今のコンビニなどに突っ込む未熟な運転、いっこうに減らない飲酒運転も、ATだからこそ起こる現象でしょう。
クラッチを切り、ギアを選んで入れ、アクセルを踏み込む。
こんなこと飲酒してやってられませんわな。
ATで楽になった分、大切な何かを置き忘れてしまったんですね。

歩行者にぶつかれば簡単に人を殺せる機械に真剣に向き合おうと思えば、MTしかないでしょう。
クラッチを切り、ギアを選んで入れ、アクセルを踏み込む。
こんな楽しいこと無くなってたまるもんですか!
たとえ、渋滞で足が攣ろうとも(・・)

MTは不滅です(^^;)
現在、ガソリン車でもMTよりATの方が燃費の良い車もありますね。
日本国内ではAT天国ですが、欧州では未だにMTが売れています。
彼らは運転する楽しみを知っているから。
プジョー、シトロエン、アルファ、フィアットは、つい最近までATは4速しかなくて、主力はMTでした。

日本人は運転する楽しみより、安楽な運転をステータスにしています。
肘をアームレストに乗せ、景色も見ずにナビのTVを見ながら、小声でも聞こえる静寂性の高い、人間運搬車のようなミニバンが良い...続きを読む

Qマニュアル車は無くなるの?

最近はAT車や電気自動車の普及でマニュアル車が少なくなってます…


左足でクラッチを踏みギアの切り替えをしながら運転するのが大好きなのです…


いずれ電気自動車が主流になる時代が来ると思いますが、マニュアル車は、やっぱり無くなるんでしょうか?

Aベストアンサー

私も現在MT車ですので、MTが無くなっていくのは寂しいのですが、時代の流れを考えると比較的近い将来「先進国」では無くなる運命だと思います。

電気自動車への移行もそうですし、CVTが伝達効率が悪いとはいえ、エンジンにとって良い回転数を維持できることはやはり大きなメリットがあります。MTは大きな技術革新はもう期待できませんが、CVTや2ペダルMTはまだまだ技術革新が期待できます。
乗ったことは無いのですが、渋滞での2ペダルMTは結構大変だと聞いたことがあります。
日本では渋滞多いですからね。細かい制御はまだまだ「人間の足」の方が良いでしょう。(いずれ超されるでしょうが)

トルコンもロック領域を広げることでMT並の伝達効率を実現できますので、現時点でMTが勝っているのは「軽量である」事、「なんとなく運転しているときに楽しいこと(個人的にはですが)」くらいになってしまいます。

そもそも、MTだって、現在のものは回転数あわせなんて意識しませんが、昔の車だと必要でしたよね。
ダブルクラッチなんて、極々一部の人しかしてません。(というか、今のMTでは市街地でダブルクラッチは必要ない)

ただ、発展途上国では内燃機関はしばらく続くはずですから、そっち向けの車にはMTは残るんじゃないかなと思います。

私も現在MT車ですので、MTが無くなっていくのは寂しいのですが、時代の流れを考えると比較的近い将来「先進国」では無くなる運命だと思います。

電気自動車への移行もそうですし、CVTが伝達効率が悪いとはいえ、エンジンにとって良い回転数を維持できることはやはり大きなメリットがあります。MTは大きな技術革新はもう期待できませんが、CVTや2ペダルMTはまだまだ技術革新が期待できます。
乗ったことは無いのですが、渋滞での2ペダルMTは結構大変だと聞いたことがあります。
日本では渋滞多いですからね。細か...続きを読む


人気Q&Aランキング