OCN光で最大124,800円おトク!

 次の(1)と(2)の違い(当期分の減価償却累計額(貸方)の計上をするかしないか)はなぜでしょうか?
ちなみに(1)は『合格するための過去問題集 日商簿記3級 06年2月6月検定対策』の18ページ、(2)は『サクッとうかる日商簿記3級商業簿記トレーニング』の103、144ページです。

(1)-Q

平成14年10月31日に、不用となった冷暖房機(購入日:平成9年11月1日、取得原価:¥200,000、減価償却方法:定額法、耐用年数:6年、残存価額:取得原価の10%、記帳方法:間接法、決算日:年1回 10月31日)を¥10,000で売却し、代金は先方振り出しの小切手で受け取った。なお、当期分の減価償却費の計上もあわせて記入すること。

(1)-A

借方
(減価償却累計額)120,000  
(現金)     10,000
(減価償却費)  30,000
(固定資産売却損)40,000

貸方
(備品)200,000

(2)-Q

×6年10月31日に、不用となった冷暖房機(購入日:×1年11月1日、取得原価:¥300,000、減価償却方法:定額法、耐用年数:6年、残存価額:取得原価の10%、記帳方法:間接法、決算日:年1回10月31日)を¥15,000で売却し、代金は先方振り出しの小切手で受け取った。なお、当期分の減価償却費の計上も合わせて記入すること。

(2)-A

借方
(減価償却費)    45,000 
(備品減価償却累計額)225,000  
(現金)       15,000
(固定資産売却損)  60,000

貸方
(備品減価償却累計額)45,000
(備品)       300,000

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

通常は(1)です。


(2)のように貸借に同一勘定科目を記入することはないと思いますので、その本が間違えているのか、あえて分かりやすいように両建てで書いているのか。
いずれにしろB/S、P/Lには影響しませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

B/S、P/Lには影響しないんですね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/08/18 19:58

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング