3月決算の会社(同族会社)です。
今年の2月に社長が退職しました。
社長に退職金を支給したいと思い退職金について調べてたところ、
原則として(1)株主総会の決議で退職金の額が決定したときに損金に算入する(2)ただ、実際に退職金を支給したときに損金に算入してもよい、
とありました。
(1)なら株主総会は毎年5月に行っていることにしてるので(同族会社なのでおこなってませんが)退職金は来期の損金になるということですか?
できたら今期の損金にしたいのですが、そうするためには(2)のように実際に社長に退職金を支給しなければならないのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

役員退職金の損金算入については、株主総会の決議等によりその支給額が具体的に確定した日の属する事業年度とされています。


なお、この場合も、その事業年度において、未払計上ではなく、実際に支給して損金経理をした時に限って、損金算入を認めることになっています。

又、期中に退職した役員に対する株主総会の承認前の事実上の支給を認めています。
なお、この場合も、実際に支給せずに未払金として損金に計上している場合には、損金計上は認められません。

又、5月の定時株主総会を待たずに、3月中に臨時株主総会を開催して、決議をする方法もあります。

従って、3月末日までに支給をして、5月の株主総会で決議をすれば、今期の損金として計上できます。

いずれにしても、今期中の支給が絶対条件になります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。退職金は額が多いので間違えないようにと思って質問させていただきました。

お礼日時:2002/03/17 18:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q常務執行役員は役員使用人?

当社には取締役執行役員(5人)、常務執行役員(5人)、執行役員(10人ぐらい)がいます。
このうち役員使用人になるのは常務執行役員と執行役員でしょうか?
執行役員と役員の違いについても教えてください。

Aベストアンサー

執行役員とは、通常は、取締役でなく(すなわち従業員)、業務執行の権限および責任を有する者のことを指します。

役員とは、取締役、監査役、会計参与の総称です。

さて、お書きの「役員使用人」というのは、一般的な用語ではないようです。これは、いかなる意味でしょうか。それにより、「役員使用人になるのは常務執行役員と執行役員でしょうか?」の答えも出てくるかと思います。

Q役員退職金の支給に係る株主総会

オーナー社長等が株式譲渡と同時に役員退任する場合、

役員退職金を支給するとしたら必要な株主総会の決議の

『株主』とは譲渡した株主でしょうか・譲受した株主でしょうか?

役員が全ての株を持っていて、その役員全員が退任し、

その株の全部を譲渡します。

Aベストアンサー

退任後でなけっれば退職金は発生いたしません。新しい株主になります。

Q役員と執行役員の違いってなんなんですか? 役員だと凄くて、執行役員だとただのサラリーマンだ。と言われ

役員と執行役員の違いってなんなんですか?

役員だと凄くて、執行役員だとただのサラリーマンだ。と言われていました。

そんなに役員肩書きにランク違いがあるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

http://chigai-allguide.com/%E5%8F%96%E7%B7%A0%E5%BD%B9%E3%81%A8%E5%BD%B9%E5%93%A1%E3%81%A8%E5%9F%B7%E8%A1%8C%E5%BD%B9%E5%93%A1/
http://subaru-juku.com/board-director-operating-officer-329

単に役員という場合は執行役員も含んでいう会社が多いように思いますね。
取締役と執行役員は全くことなりますし、ランク的な違いもありますが。
だから役員と執行役員の違いというより、取締役と執行役員の違いという観点でしょう。

Q損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上法人税・住民税・納税充当金は損金不算入?

損金計上○○(損金として計上している○○?)という名称にもかかわらず、どうして損金不算入なのでしょうか?

どこか勘違いしているのだと思いますが、理解できません。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

1.税務申告書の別表4(所得計算)のスタートは、当期利益ですよね従って会計上損金算入した法人税等は既に控除されている金額からのスターとなります。
2.損金経理した諸税金は、会社決算上の見積により計上した金額ですので別表4で一旦税引前当期利益に戻して、加減算を行い正しい所得を計算し税率を掛算し申告納付するのです。
3.言葉の意味や参考法令はNo.1さんの通りです。

Q執行役員

執行役員と役員とは、どのような違いがあるのでしょうか。
また、執行役員は役員と比較して
メリット、デメリットはどのようなものが、あるのでしょうか。

Aベストアンサー

通常の役員は取締役会に意思決定者として参加します。
しかし、執行役員は取締役会には参加せずに業務執行に専念するのが
通常です。
わかりやすく言うと、
役員(取締役以上)=意思決定・経営監督機能
執行役員=業務執行代表者
となるかと思います。
したがって、役員は従業員ではありませんが、執行役員は従業員です。
(取締役執行役員である場合はその限りではありません)
どちらがどうというメリット、デメリットはありませんが、
両方の機能を明確に分けることによって、役員は経営監督機能に
専念し、執行役員は業務執行に専念できるというメリットがあります。
経験で言うと、経営に専念すべき役員があたかも特定部門の
利益代表の顔を持ってしまい役員会が紛糾してしまうとケースが
見られます。執行役員制度はそうした役員会での弊害を軽減する
役目を担っているかもしれません。
ただし、安易な考えでこの制度を導入すると、役員と部長職の間の
ポストを悪戯に増やしただけになり、部長、執行役員の責任や
権限が曖昧になってしまうことがあります。
これがデメリットと言えるかもしれませんね。

通常の役員は取締役会に意思決定者として参加します。
しかし、執行役員は取締役会には参加せずに業務執行に専念するのが
通常です。
わかりやすく言うと、
役員(取締役以上)=意思決定・経営監督機能
執行役員=業務執行代表者
となるかと思います。
したがって、役員は従業員ではありませんが、執行役員は従業員です。
(取締役執行役員である場合はその限りではありません)
どちらがどうというメリット、デメリットはありませんが、
両方の機能を明確に分けることによって、役員は経営監督機能に
...続きを読む

Q特殊支配同族会社の損金不算入

別表14(1)付表の真ん中部分、
【基準期間内事業年度等の調整所得金額から控除される調整繰越欠損金額の計算】について教えてください。

ここには前4年前の繰越欠損金額を記載すると思うのですが、
当たり前ですが、もう使ってしまってある欠損金は書いたらダメですか?

例を言いますと
7年前…1000万円欠損
6年前… 800万円欠損
5年前…3000万円黒字のため、6・7年前の繰越欠損金を控除済
4年前… 500万円欠損
の場合、4年前の500万円の欠損金しか、【調整繰越欠損金額 7】に記載したらダメですよね?
6・7年前の1800万円の欠損金は5年前の黒字の時に全部使ってるので、
今、更に引こうとしてるのは都合良すぎますよね?

ご教示ください。

Aベストアンサー

6・7年前の欠損金は繰り越されていません。
3年前、2年前、前年度の控除額はどうなのですか?
それにより、4年前の控除額だって、繰り越されていないことも
考えられますが。

Q自社の執行役員の敬称

部長や課長なら○○部長、○○課長とメールに書きますが、執行役員の方の場合
はなんて書けばいいのでしょうか?
○○執行役員 でいいのですか?
というか、「○○執行役員からお電話ありました」というメールを部長に送っちゃったのですが。

Aベストアンサー

別に呼び方としては問題ないと思いますが、一般的には略して「○○役員」と呼んでいるケースが多いのではないでしようか。
もしくは、「執行役員の○○さんから・・・・」という使い方でしょうね。

Q株式会社の株主総会議事録について、譲渡制限の有無で定時株主総会での議事

株式会社の株主総会議事録について、譲渡制限の有無で定時株主総会での議事録内容に違いはあるのでしょうか?

Aベストアンサー

譲渡制限株式の譲渡が株主総会の決議事項である会社(取締役会が未設置の場合)はその譲渡についての決議が必要ですが、それ以外の差異はないはずです。

したがって、議事録の内容にも格別他の会社と異なることはないと思います。

Q執行役員と役員はどう違うのか?

執行役員と言う肩書きの人がいますが、執行役員は取締役または役員とどう違うのですか。
ご存知の方、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

http://www.exbuzzwords.com/static/keyword_155.html

このサイトに分かりやすく書かれています。 

Q退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取

退職金支給の可否。 当社は同族の零細な株式会社です。40年間ほど代表取締役を勤めた人がこの度役員を辞任する事になり『社業から身を引きます』退職金支給を考えています。給与は4年前に業績不振の為に約85%減額しています。また会社全体一年半位商売を休業して現在に至っています。支給金額としては給与×勤続年数×功績倍率では駄目でしょうか?似たような人が2名程います。不動産とか有価証券を処分すれば資金は問題ありません。よろしく教授ください。

Aベストアンサー

代表取締役は労働基準法で規定する労働者ではありませんので、労働基準法の規定は適用されません。
代表取締役の退任は具体的には株主総会を経て、法人登記簿から当該役員を外す手続きで完結します。
 退職金額は株主総会で自由に決めて良いのですが(退職金金額、内規や規定も)法人の人件費(経費)として認められる場合の計算式が役員報酬×勤続年数×功績倍率になります。従って一般的に広くこの計算式を元に退職金額を算出しているようです。
 功績倍率については1~4の範囲で良いのですが、税務署が最高の功績倍率4で経費として認める場合は、40年間実質的に法人経営を一人で担ってきた等の条件が付くようです。
 なお、同族会社という事ですので退職金を受け取られた人の退職所得の所得税関係は下記のURLで見て下さい。
 
 

参考URL:http://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1420.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報