今年も年度末の道路工事が当たり前のようにアッチコチで始まりましたが、世間の皆さんはこのような行政の予算の使い方にどのようなご意見をお持ちなのか、色んな視点から聞かせて頂きたいのですが、この投稿を読んでくださった皆さん、どんなことでもけっこうなのでコメント宜しくお願い致します!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

ちょこっとの間公務員をやってました。

道路工事のことは分かりませんが、私の経験談ということで・・・

1 通常の予算の使い方は、こうでした。
 ・予算示達:6月1日
 ・調達要求:6月下旬
 ・入札:7月~
 ・契約:9月~
 ですので、通常の予算であっても、業者が着工する時期が年末くらいになるケースもあります。

2 補正予算も出ます。
 ・予算示達:12月頃
 ・調達要求:12月~1月
 ・入札:1月~
 ・契約:1月~2月
 ですので、補正予算に基づくものは、どうしても年度末にきてしまいます。

3 補正予算の確保
 補正予算は、どの部署においてもできるだけ取りたいと思うことでしょう。その理由は、
 ・一般の予算では足りないとアピールし、来年度の予算確保の資としたい。
 ・来年度計画事業でも、できるだけ早く手を付けたいものがあり、その予算確保をしたい。
 このような理由から、水増しと言っては言いすぎでしょうが、できるだけ多くの予算確保に向け頑張ります。

4 予算確保その2
 予算確保をする時は、ある事業について、出入りの多い業者1~数社から見積もりを取り、裏づけ資料とします。
 しかし、実際は原価計算や入札により、見積もりより低い予算で足りるのがほとんどです。
 ですので、どうしても予算は年度末時期に余りがちになってしまいます。
 反面、予算要求も毎年のように通らず、十分な予算を確保できず、他の予算から振り分けてもらっている科目が存在するのもまた事実です。
 (それでも、全体としては余るのですが・・・)

5 年度末予算執行
 2月とか3月まで使い切れなかった予算は、まずは、
 ・事業として認められなかったけど、どうしてもやりたい事業
 ・調達そのものは難しくないが、法令上のしばりからなかなか調達しにくいもの
 ・来年度予算が足りなさそうなので、先に調達しておきたいもの
 にあてがわれます。
 ですので、年度末予算の全てが不必要に使われているわけでもありません。
 ただし、それでもやはり予算は余ります。
 その、最終的に余った予算は、力技で消化します。
 そうしないと、その科目について来年度は必ず予算が削られますので。。。(予算執行の現場としては、削られてもいいかなと思う科目もあるのですが、予算を取ってくる部署においてはそれは許されないことのようです。。。)

6 その他
 予算は、使ってみなければ分からないというのが実情です。
 来年度予算の執行計画を作成するときは、限られた時間で必要額を計算しなければならない上、輸入ものなどは円相場の変動など不確定要素も生じるため、どうしても丼勘定(しかも、多い方に)になってしまいます。
 また、予算を認める方(財務省?)は、お役所的に昨年度予算との関係から認否を決めます。昨年度より多く、又は少なく予算要求を行うためには、それなりの理由付けを財務省が分かる形で作成しなければまず通りません。(この文書が、また枚数がかさむ割りに、作成期間にあまり時間が取れないようです。。。)
 ちなみに、一度額が削られた予算は、まず元に戻すことはできません。
 上のような要素から、予算要求をする部署としては予算の安定確保を最重要視しますので、現実として余ろうがどうだろうが、昨年ベース+αで予算要求を行わざるを得ないという現状があります。

 個人的には、予算要求のあり方や執行についても問題はありますが、それよりも予算の科目割をより適正に行うよう努めるべきであると考えています。
(足りない科目が発生するのも事実ですので。。。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
>個人的には、予算要求のあり方や執行についても問題はありますが、それよりも予算の科目割をより適正に行うよう努めるべきであると考えています。 (足りない科目が発生するのも事実ですので。。。)

皆さんから丁寧にご意見をいただいたので私も色んな事を認識することが出来ました。yamadataroさんの最後の意見はこの問題ではスゴク大事なことだと私も思います。行政は間違っているとか間違ってないとかその程度のレベルで意見交換はしたくなかったので、非常に冷静なご意見だと思います。

お礼日時:2002/03/15 23:35

No6の方の補足を。


道路工事には占有工事と舗装工事の二種類があります。
前者は電話線や水道管の工事を指します。
道路工事は占有工事を年度で優先して行うこと決まがあるので、
舗装工事は必ず下半期に予算を組むことになっています。
年度末に舗装工事があるのは必然なんですね。
年度始めに予算を組むことを許されていないのですから。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。道路工事について大変勉強になりました。ただ、工事がこのシーズンに集中するのも困るし、納税者が疑問に思い批判を受けることは避けられないと思います。私の31年住んでいるさいたま市の国道17号はたった5キロ足らずの区間で3箇所もの工事が行われました。予算を組むシステム上の問題なら改善できないのかと思ってしまいますね!

お礼日時:2002/03/15 13:04

行政側を弁護したいと思います。


1、道路を掘り返している工事全てが税金を使用しているのもではありません。電話線、水道、下水道、ガス等の工事であれば税金は使用されておりません。以前ニュースステーションで御質問の内容の取材をしておりましたが、首都圏に限って言えば、電気ガス水道等の工事が大半を占めておりました(取材結果に久米宏が「ウソでしょ!?」)と突っ込んでおりました。
  つまり、道路を掘り返す工事すべてが税金を使用している工事ではないということは知っておいていただきたいと思います。
2、現在、景気対策のための補正予算が組まれております。公共工事等を行うことにより沢山の失業者に仕事を供給することができます(緊急雇用対策事業)。経済は風が吹けば桶屋が儲かる的なものです。公共工事により一部の人間・業者だけがおいしい思いをするということはないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。私もNHKで似たような番組を見たことがありますが、特に行政に携わっていない我々一市民は長年の疑問や誤解で「ウソでしょ!」と言ってしまいますね。少なくても嘘と言われないようなシステムにしてもらいたいですね。難しいでしょうが!

お礼日時:2002/03/15 12:49

 このような予算の使い方とは余った予算の消化のために年度末に工事が集中してしまうという意味でしょうか。

であれば、次の点を指摘させていただきます。
1 予算は年度当初に全部決まってしまうものではありません、補正予算といって年度途中に決まるものもあります。特に近年は景気対策などとして2月・3月の補正予算もあります。
2 年度当初に予算がついても、調査・設計をした上でないと工事にかかれないものもあります。
3 そもそも、パプル期ならいざしらず、現在予算は削減される一方で消化しきれない予算などというものはなくなりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
>3 そもそも、パプル期ならいざしらず、現在予算は削減される一方で消化しきれない予算などというものはなくなりました

そうでしょうか?それはタテマエじゃないですかね。仕事柄、毎日車を乗りますが2・3・4月には目に見えて舗装工事の箇所が増えます。ポイントは何の障害もなかった状態の良い道路を工事している点です。もちろん下水道やガス管工事ではないので、もし本当に必要な工事箇所であればもっと早いシーズンに出来るのではないでしょうか?

お礼日時:2002/03/15 12:34

年度末の道路の集中掘り返しのような事例は,直接目にふれているので目立っているだけであり,実は,見えていないところでも当然の如く行なわれているのですヨ。



親しくしていただいている某官庁の方の場合,予算が下りてからの配分を消化するために3月は80日~90日あるということです。
3月は31日で終わらないのですネ。
単年度予算,実績・前例主義という日本の予算制度のマイナス面が露骨に現れているのです。

本来は割り当てられた予算を使い残した上で,当初の予想成果を達成するということが評価に値するものであるはずです。
民間では当然のことでしょう(そうして利益をあげるものですから)。
けれども,何事も前例に従うという,江戸時代からの悪癖を引きずっている現状では‥

私自身の経験から言いますと,科研費のように有効に使っている予算もありますが‥
一部の研究予算などの場合(最大1000万程度のものですが)‥
某研究予算の場合は例年,12月~2月に次年度分の申請をし,7月に認定を受けるのですが,実際にお金が手元に入ってくるのは12月末~翌年の1月‥そして,それを3月末日には完全消化しなければならないのです‥
実際には手持ち資金でやりくりしなければならず,大変なのですけどネ。
経理上の書類の調整は恐ろしく大変です(現在進行形)。
このように予算配分が非常識な程に遅いものであった場合で,手持ち資金で補うことができない場合,どうしても,予算が実際に手元に着いてから行動に取り掛かるという例もあると考えられます。
でも,やっぱり間違っていると言えますよネ‥
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。予算に関しては大変勉強になりました。私の周りでは知らない人がほとんどで腹を立てている方が多いので!やはり予算に対しては時代に合ったシステムを考えて欲しいものです。

お礼日時:2002/03/15 12:18

自分は道路に携わったことはありませんが、他の人が答えているようなどこかで聞いたことがあるような、そんな話だけではないです。

答えている人はどれくらい行政のことを知っているのでしょうか。おそらくフィーリングで言っているに過ぎないと思われます。そもそも行政と一言にいってもすごく分野は広いし、やり方も色々とあるし、所々で色んな事情もあるかもしれないと思うけど、それを全て”行政の”という一般化した質問自体がナンセンスであります。このことは予算の使い方だけではなく、行政に対するいろんなことにも言えることです。間違っていることであれば批判も当然であるけれど、なんだか知りもしないくせに批判めいたことを言っている人が多いのが事実ではないのでしょうか。世の中の民間は好き勝手にやっているけど、どこかの会社が不祥事を起こしたからといって”民間は云々”といった言い方はしないのはなぜでしょう? マスコミ報道自体がそうであるから国民もそういう風になるのも仕方ないかもしれないけど、そろそろまともな批判がほしいものです。それが真に世の中をよくすることだと思います。(注)決して行政がいいといっているわけではありません。悪いところはたくさんあります。
答えになってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。今回は教えてGooを掲示板のような使い方をさせてもらい大変申し訳なく思います。narumyさんのような視点で意見をいただけると大変に勉強になりますよ!私は、ジャーナリストでもなければ行政に精通しているわけでもなく、あくまでも身近な我々の税金の使われ方で誰もが疑問に感じているであろう事の例に皆さんのご意見を拝聴したいと思っていますので、narumyさんのように色んな角度から皆さんと意見を交わせたら良いと思っています!

お礼日時:2002/03/13 23:40

大学の法学部で地方自治論を専門にしていました。

民間企業で働いていますが。
結論:予算のムダ遣いは、なくならない。
理由:(1)職員の地位・給与は安泰で、大きな汚職・犯罪をしない限り、大丈夫。ムダ遣いしても、叱られない仕組み。だって、つぶれないんだもん!(2)今までの実績が重視される。予算消化が少ない=必要がない、と取られるのを恐れている。(3)収入を自分たちが苦労して集めておらず、お金の価値がわかっていない。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。今回は教えてGooを掲示板のような使い方をさせてもらい大変申し訳なく思います。
>結論:予算のムダ遣いは、なくならない。
私は無駄遣いは、無くす事は出来なくても減らす、もしくは有効に使うことが出来ると考えていますので結論を出すと言うことであればmaisonfloraさんとは反対意見ですね!しかし、今回の質問では結論が出ない質問をしたつもりなので結論を求めるのではなく、あくまでも行政の実態や実情を教えて頂くのではなく、出来ればmaisonfloraさんのこれ等に対するお気持ちも聞かせてほしいところです。

お礼日時:2002/03/13 23:23

こんばんわ



最近は、行政の建設予算も少なくなったので、私の住んでいるところは、年度末の道路工事は少なくなりましたね。
やはり、官公庁というのは予算を使い切らないといけないと、いけないと言う古い考えがあるみたいですね。いつも思うのですが、民間を見習って予算執行で無駄な使い方をしないで、もっと充実した使い方をして欲しいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご意見ありがとうございます。今回は教えてGooを掲示板のような使い方をさせてもらい大変申し訳なく思います。
>もっと充実した使い方をして欲しいと思います。
具体的にどんな方法が良いと思いますか?宜しければ、まだ締め切りませんのでご意見お待ちしております。

お礼日時:2002/03/13 22:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本の予算はなぜ単年度予算?

単年度予算の日本では予算作成時に決めた歳出額を執行すべく年度末には不必要な工事・調達の類が数多く行われています。一方歳入に関しては、予算作成時と状況が変わり当初予定の歳入額が得られないこともままあり、これは国債発行などにより穴埋めされています。
単年度予算でなければ少しはこうした無駄を減らせると思うのですが、なぜ単年度予算にこだわる必要があるのでしょうか。

Aベストアンサー

 国や地方自治体の予算は、当然ながら、歳入と歳出額が一致しなければなれません。つまり、歳出予算を決めるためには、歳入額が確定しなければなりません。その歳入は、主として国民の税金ですので、前年所得や前年決算に対して課税をしていきますので、当該年度分の歳入しか確実には見込めません。したがって、単年度ごとの予算を計上することになってしまいます。

 年度末の予算消化は単年度予算とは別問題で、予算を獲得したからには全額を使ってしまわないと、翌年度の予算獲得に影響するという、役所の体質からのことでしょう。これも、必要なものだけの執行にすれば、穴埋めの額も少なくて済むことになります。

 単年度予算の例外として、継続費、債務負担行為、繰越明許費などの制度があります。

Q行政?行政ですって?国民??え??いや~ん

こんなこといっていいかわからないけど、
警察なんか国民の為といいながら、本当は金と地位の為しか思ってないよ。認めさせれば「事件解決」ということになっていい評価がもらえる。(Aさんは無実と仮定して)警察こそ嘘の塊だよ。俺、窃盗してないのに何の根拠もないのに、ただ友達とその場所に居ただけで疑われて署に呼ばれた。すっごく怒鳴られて認めろ的なことばっかり言われた。正直に「やっていない」といえば「本当のことを言え」の連続。友達とは別室で、お互いその日の朝からの行動と、使った道のり、地図まで出されて疑われた。人間の記憶、少しくらい食い違いは必ずあるのに、そこを揚げ足にとって無理やり不利な立場にさせられた。
俺は警察官に「たった今、友達は窃盗をしたって認めて白状したんだから、お前も認めろ」といわれた。俺は素直に「なんでやってないのに何で認めなきゃいけなんだ」といった。実のところ友達は認めても白状もしてなくて、ただ俺は警察官にカマをかけられただけだった。
俺に、嘘をついてまで認めさせようとした。
友達も俺同様にカマをかけられたらしい。結局もちろんのこと俺らがやった証拠がないから解放されたけど、、後味悪いし、警察って汚ねえーです。そりゃいい人もいるとは思いますが・・・・・・。
半信半疑が一番なんでしょうか??????

こんなこといっていいかわからないけど、
警察なんか国民の為といいながら、本当は金と地位の為しか思ってないよ。認めさせれば「事件解決」ということになっていい評価がもらえる。(Aさんは無実と仮定して)警察こそ嘘の塊だよ。俺、窃盗してないのに何の根拠もないのに、ただ友達とその場所に居ただけで疑われて署に呼ばれた。すっごく怒鳴られて認めろ的なことばっかり言われた。正直に「やっていない」といえば「本当のことを言え」の連続。友達とは別室で、お互いその日の朝からの行動と、使った道のり、...続きを読む

Aベストアンサー

警察はそうした卑怯な尋問を良くするので、
裁判で無罪になる例が多いのです。
最近のとんでもない警察の暴走は鹿児島県警の行った「踏み字」です。
親戚の名前を書いた紙を強制的に踏まされ、自白させたのです。
やっていないものはやっていないときっぱりと言うことが大切です。

http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1410856999

Q府と市は二重行政、都と区は二重行政では無い?

府と市で二重行政らしいですが、都と区は二重行政では無いのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)府 市 区
(2)都 区

Q「行政行為」と「行政の行為」の違いについて

急募です。
「行政行為」と「行政の行為」は同じではない。このことをできるだけわかりやすく説明しなさい。
↑のような課題を出されました。しかし、教科書やネットでも見つかりません。
誰か教えていただきませんか?

Aベストアンサー

「行政行為」という言葉を、日常用語として理解した場合、どういう意味になるでしょうか。何となく、行政(機関)がする行為という意味にとらえられますようね。しかし、行政法のテキストで書かれている「行政行為」は、そんな漠然とした日常用語の概念ではないですよね。
 「行政の行為」を、行政(機関)がする行為の意味であるとするならば、行政の行為は、すべて「行政行為」に該当するわけではありません。したがって行政行為の意義を述べて、行政行為に該当する具体的事例とならない事例を示せば良いと思います。具体的な事例が思い浮かべなければ、身近な行政機関、たとえば市町村で考えてみてください。住民票を発行することは行政行為でしょうか。民間の土地を購入することは行政行為でしょうか。

Q役所はなぜ予算を使いきらないと、翌年の予算が減らされるのですか??

この時期あちこちで道路工事をしていて困っているんですが、毎年この時期に工事が増えるのは、予算を使いたい役所発注のいわゆる公共工事のせいですよね??

国にしろ都道府県にしろ市役所にしろ、なぜ役所は予算を使いきらないと翌年の予算が減らされるんでしょうか?その仕組みの根拠を、どなたかご教授願えませんか??

Aベストアンサー

役所の場合、原則として予算は単年度主義となっています。
ですので、今年度に予定した工事は年度内に執行する必要があり、準備段階も含めるとどうしても工期が年度末になってしまいます。

良く、「予算が余ったから道路を掘っている」と言われますが、実際には不可能です。
陥没などの応急措置ならば可能ですが、舗装では事前段階から関係機関と協議を行う必要があるので、少なくとも5年前から計画を行います。
関係機関では、上下水道・ガス・通信・電気・バス・清掃・警察・消防などがあり、定期的な連絡会議を行っています。
舗装を行うと最低でも2年間は掘削禁止になるので、道路に埋設している配管類が老朽化している場合は、各事業者が事前に工事を行い、バス・ゴミ回収の影響が少ない方法を選択しますし、消防等に支障が出ないプランを選びます。

実際に工事をしているのは、建築がらみのガス・水道等の引き込み工事が大半を占めていて、民間工事になります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報