【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

CDが一般的に普及する以前はカセットテープが
主流だったと思いますが、実は今から25年以上も
前のカセットテープが今でも現役で再生されます。
ちなみにその90分テープ。途中(15年程前)に何度
もラジオを重ね取りし、捨てずに今に至りますが
音声もこもらず、早送り巻き戻し動作も機敏です。
しかし同じ90分でも10年前に新品で買った物では
保存環境は変わらないのに、伸びて再生も途中で
停止。巻き戻し早送り動作もノロノロで全部巻き
きったと思ったら、テープが伸びきってカセットの
側面に当たって停止。万事休す。二つのテープを
見比べて思ったのですが、昔のテープは質に光沢が
あり、厚みも硬度もかなりある様な気がします。
最近では少ないでしょうが、カセットテープに収録
して販売される商品はそれなりに丈夫なテープを
使ってると思いますが、ダビング用で劣化に強い
テープって売ってますでしょうか?あるとしたら
勿論通常の空テープより高価だと思いますが、90分
でいくらぐらいするでしょうか?質問に至るまでの
経緯が長くて申し訳ございません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

TDKとマクセルのWebショップで、SAとXLII(ともに海外仕様)を売っています。

組み立ては海外ですが、テープは国産となっています。
http://www.tmac.tdk.co.jp/webshop/
https://www.d-max.net/maxell-mart/

使って見ましたが、普通にSAとXLIIでした。
90分テープより60分テープの方が、ベーステープが厚いはずなので、保存には良いかと思います。これは普通に売られているテープでも同じです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。お返事がおくれて
申し訳ございません。

お礼日時:2006/08/31 22:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカセットテープの耐用年数

恐れ入ります。
ふつうのノーマルのカセットテープ(60分)
は何年くらいもつものなんでしょうか?

どなたか教えていただければ幸いです。

よろしくお願いします!!

Aベストアンサー

だいたい、10年位が平均寿命と思っていてください。(保存場所によって変わりますので、日光が直接当たらない場所で本棚のようなところに立てておいてある場合です)
だから、10年位したら新しいテープにダビングするとか、最近はMDとかCD-Rのようなデジタル録音できる媒体がたくさん出回っているので、そちらに保存することをお勧めします。テープは長年そのままにしておきますと、一部が伸び縮みして、音質が悪くなったり最悪の場合は、再生出来なくなったりします。

Qカセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。

カセットテープの伸びを直方法を教えて下さい。
カセットテープに録音したものをMP3プレイヤー(ダイレクト録音できるもの)に移そうと思い、再生してみたところ音が伸びてしまっているらしく濁って聞こえます。
大分古いテープなので仕方ないのですが、テープ自体は切れてはいません。
何とか自分でこの音の伸びを直す方法はないでしょうか?
また、検索してみたところ「一晩冷蔵庫に入れておくと直る」とあったのですが本当でしょうか?

Aベストアンサー

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので、昔から録音した機体で再生するのがベターと言われています。
再生するデッキの構造によっては、我々素人でも音を聞きながら、そのテープに適したアジマスへ微調整が出来る場合もあります。(個人的には過去のテープをデジタル化するために、過去に経験が有ったテアックのCシリーズをオークションで数台入手しましたよ。)

テープの速度偏差はプロ用機器のように速度が可変出来る機種以外では、素人には手が出せません。 しかし、パソコン用のマスタリングソフトの中には速度やピッチを個別に調整出来る場合が有ります。

録音した磁力は程度の差は大きいのですが、時系列で必ず弱くなって行きます。 経験上、やはり当時高価で高級なランクのテープの方が今でも聞きやすい音を保っているようです。
特に高音域が減衰しやすく、もごもごと濁った感じになりがちです。かと言って単純に高音域を増強しますとカセット特有のヒスノイズ(さー、しーと言う感じのノイズ)も強調されてしまいます。

この点も、パソコンソフトでノイズを減らした上で高音域をチョイ持ち上げると言う方法もあります(私が試したソフトでは、納得出来る様な効果は得られませんでした、安いソフトに任せてはそんな物なのかも、、、)

外部からの磁気による影響も、磁力低下と同じ様な症状が出ますが、部分的に強い影響を受けた場合は周期的に音量変化と高音域の増減が繰り返されるなんて事になります。
パソコンソフトで対応も不可能ではありませんが、数分の曲に数週間の手作業なんて言う気が遠くなる作業が必要になる可能性もあります。(1曲だけがんばりました、さすがに2局目以降はあきらめて、、、 ユーチューブで代替えを、爆笑)

再生イコライザーはノーマルとハイの2種です。 ノイズリダクションは私が知る範囲ではドルビー、B,C,HX, ANRS(ドルビーBと互換性あり)、dbx-II、ADRES、Super-D, 他にも各社の物が有ったようですよ。
どの方式も磁力低下等で周波数特性が変化すると異常動作しますので、手がつけられません。

ドルビーB程度でしたら、ノイズリダクションをパスしてパソコンに取り込んで、その後パソコンの再生ソフトで高音域を少し強め、(何度も試してみます)カセットにノイズリダクション無しで録音し、そのテープをノイズリダクションありで再生します。とても手間と時間がかかりますが、そこそこ妥協出来るサウンドが得られる可能性があります。

私の体験上、dbx-IIの場合、録音レベルや補正等に非常に敏感な為、かなり試しましたが妥協点に至らずあきらめてしまいました。

多分、ノイズ低減効果が高い他の方法の物もかなり難しいのではないのかと想像します。(未体験ですから、わかりませけれど、、、)

ネットで代替えが入手出来ない貴重な録音でしたら、創意工夫して手間をかけて復活させて上げましょう。

中高生の頃に学祭などの録音は、私もがんばってそれなりに復活させましたよ(苦笑)

がんばってくださ~い♪

はじめまして♪

テープが伸びた事が原因なら、治す事はほぼ不可能でしょう。

ただ、「音が濁る」と言う事ですので、違う原因も考えられそうです。

おおまかに、、
1)録音時と再生時のアジマスエラー。
2)経年劣化で磁力が弱くなってしまっている。
3)保管時に外部からの磁気により記録が劣化している。
4)テープの再生イコライザーやノイズリダクションが合っていない。
他に上記の複合的要因もありますね。

テープのスピードとヘッドの角度(アジマス)に関しては、基本的に完全な一致が不可能なので...続きを読む


人気Q&Aランキング