【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

よろしくお願いします。
アメリカに駐在になりました。アメリカなので当然車が必要です。(会社は面倒を見てくれません。)
あちらこちらのディーラーを見ていますが、現在ガソリンが高いこともあって、日本車のコンパクトカーやハイブリッドカーは大人気です。私もそういうタイプがほしいのですが、新車にせよ中古車にせよ、とても高いし、ディーラーも強気です。(横柄で腹が立ちます、トヨタなのに!) それにしても、ネットで調べた新車のsuggested価格や市場流通価格よりも高いのはどういう訳でしょう? ディーラーの言い値で買わざるを得ないのでしょうか? キャッシュで買っても値引きしないと言いますし、取り寄せのシステムもないようです。新車を買うのに「今そこにある車」しか買えないらしく、オーダーできないと言います。
また、どうもディーラーではアフターサービスがないようで、何かあったらメーカー保証期間内であれば、メーカーに問い合わせるようです。
アメリカのカーディーラーとは、こんな感じなのでしょうか? 何かアドバイスがありましたら、お願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

小型ハイブリッドカーは同サイズのコンパクトカーに比べて価格が高いので燃料費だけの観点からすれば割高です。

ロスでは1人でもHOVレーン(乗員が2人又は3人以上で走れる優先車線)を走れる権利を申請できるので注目を浴びています。ただ割り当て台数が満杯になりそうなので要注意です。
ディーラーとのネゴは需要と供給のバランスなので強気の場合には何も出来ません。年式の変わる時期だとネゴできるチャンスです。人気が有るのでプレミアで定価+$2000とかで売られている車もあります。「今そこにある車」を買うのは当たり前の事です。ただ言い値で買う気なら入荷予定のリストから選ばしてくれる会社もあります。
アフターサービス=メーカー保証期間内であれば、何処(他州でも)のディーラーに持って行っても同様の修理サービスを受けられます。
現実的なアドバイスでは:
http://www.edmunds.com/  で好きな車種を決める。
http://www.edmunds.com/insideline/do/ForumsLanding  で選んだ車種を調べると「私の購入価格」を投稿している事が多いので参考にする。
http://www.costco.com/ CostcoのメンバーになりディーラーのFleet Serviceと交渉する。コチラでは価格をハッキリと提示してくれます。
http://www.carmax.com    Carmaxは価格を提示するディーラーです。ネゴは出来ません。近くに無くてもサイトで価格の比較は出来ます。
新車の購入時にオプションの7年100,000マイルの保証等とか言われますが、個人の経験では元が取れるような故障は体験していません。友人いわく「そんな心配をする車を保証まで払って買うほうが駄目」って言っていましたね。そう思います。

中古車を買うならAAAで紹介してくれる修理工場や知り合いの紹介の工場で車のチエックを購入前にして貰いましょう。

余談ですが客がインターネットで勉強をして買いに来るので新車を売っても儲けが低く。中古車で「ディーラー保証」等と付加価値をつけて売った方が儲けられるそうです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/18 14:52

◆ディーラーが強気


#1の方が仰っているように、ディーラーが強気なのはその車に対する需要が高いからです。「貴方に売れなくても他に売れる」というのがディーラーの本音。態度は確かに日本に比べたら横柄かもしれませんが、私はむしろ客を神のように扱ってくれる日本の方が希少だと思っています。ここは日本ではなく、アメリカ。文化が違うことを理解し、ディーラーを売り手としてではなく交渉相手として見ながら話し合いを進めていくべきです。Hybridなんかは特に需要が高まっていて割高感が強いですね。Priusを除いては、ガソリン代を差し引いてもNon-Hybrid車の方が最終的に安くつく場合がほとんどです。ガソリン代+ローンで月額いくらになるかを計算してみると、どっちが安いかすぐに分かると思います。お金のことを考えるのなら、当面のあいだ「買い」はハイブリッドではなくガソリン車です。

◆ディーラーの言い値で買わざるを得ないか―
ディーラーは下取り価格にかなりのマークアップをつけて売っているので、言い値でしか買えないということはありません。向こうにとって利益の出る値段までなら、交渉次第で下げることが出来ます。それにはまず買い手側が"Homework"をやっておかなくてはなりません。その車に対する需要や市場価格を把握するということです。ディーラーは交渉のスペシャリストなので、ぼったくれる相手からはとことんぼったくります。Kelley Blue Book (http://www.kbb.com/)などを参考にしながら、相場を調査・理解し、必要以上の金を取られないように注意してください。また、割引の度合いはディーラーによっても違うので最低5箇所は周ってみることをお勧め致します。気に入った車があればVINナンバーを教えてもらい、CARFAXで事故歴を調べる。これも大変重要です。(http://www.carfax.com/

◆キャッシュで買っても値引きできない―
これは、出来ます。渋って高いお金を出させようとしている場合や、他に売れる筋がある場合などは値引きが利きにくいこともありますが、通常100%ダウンであれば15%くらいの値引きも期待できます。が、交渉するときに具体的な数字を出してはいけません。交渉のテクニックは省きますが、100%ダウンであれば有利に話し合いが進められることは間違いありませんよ。

◆新車を買うのに「今そこにある車」しか買えない―
向こうにとってもビジネスなので、在庫から片付けたいのは当たり前です。しかし、中古も捨てたもんじゃないですよ。在庫の中には新車同然の状態で売られているものも多く、表示価格こそ新車並みですが、在庫にある以上は向こうにとっても処分したい売り物であるわけで、交渉次第である程度の値引きが期待できます。在庫=狙い目。私の周りには好んで新車を買う人はほとんどいません。よほどの金持ちか世間知らず、またはカーマニアのみですね。皆、新車こそが最大のぼったくりであることを知っているからです。(年収200Kクラスで経済的に余裕のある方であれば、当然見方は変わってくると思いますが)

◆アフターサービス
アメリカに車検がないことはご存知ですか?基本的に、アメリカでは車のメンテはオーナーの自己責任です。保障期間内であればメーカーへ。保障期間外であればお金を払って最寄のショップで直してもらう。売ったらおしまい。アメリカのディーラーとは、こんな感じです。

その他参考サイト:
http://www.edmunds.com/ (候補車をリストアップする際に便利です)
http://www.autotrader.com/ (欲しい車が決まったらここで探してください。相場を調べる際にも便利です)
 
 

参考URL:http://www.kbb.com/, http://www.carfax.com/, http://www.edmunds.com/, http://www.autotrader.com/
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/18 14:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカでの自動車保険

カリフォルニアに住んでいる21歳のものです。
これから免許を取ろうとしています。日本での運転経験はありません。
日本でもアメリカでも運転経験のない私の場合、やっぱり自動車保険料はすごく高くなってしまうのでしょうか?無知ですみません。友だちにフルカバーだと月200ドル近くすると言われてびっくりしています。
ちなみに運転しようと思っている車は2005年の日本車です。
アメリカでの保険に詳しい方、教えてください。
またオススメの保険会社などがあったら教えていただきたいです。

Aベストアンサー

初免許ですよね。だとするとお友達が月$200だと言うのも分かりますし、メジャーなところならフルカバーとはいえおそらく州で許されている最低限の保障でしょう(対人保障が$5万ドルくらい?)。ちょっと補償額を上げると、半年で$2000くらいは簡単に行きますよ。

いずれにしろ、まずは見積もりをもらう旅に出ましょう。大手でも大きな違いがあります。私が初めて買った保険屋は、米国最大手ところでしたが、15分電話したら数百ドル安くなるはずの爬虫類の保険屋よりもずっと安かったです。ただこれはあなたの条件次第だし、引き受けてくれるところによってかなり違いますから足で確認するしかありません。

それと、安さを売り物にしてる保険屋、特にオンラインの保険屋はどんなに安くても避けましょう。地元にブローカーの事務所があるとは限らないですから、事故ったときに困りますし、詐欺みたいな保険屋も多いですよ。

実際の見積もりをもらう段階で下げる方法はいくつかあります。まずお手持ちの健康保険(留学生だったら旅行保険なども)を確認し、重複があったらそれを契約しないようにします。次に保険を利用する際の自己負担額が$500だったら$1000にあげます(お勧めはしませんが、結構下がります)。また、細かなサービスが必要かをよく考えましょう。例えばロードサイドアシスタンスとか、携帯電話に含まれていることもありますし、AAAの会員だったら要らないです。また、大手保険屋だと別の保険とセットで買うと、まとめた保険料が自動車保険料単体より下がるという不思議なことも起こります。

いずれにしろ、エージェントに「各項目は何を意味しているのか/他の保険と重なっているものは無いか」と「とにかく安くする方法を教えて」と聞くことですね。黙っていると教えてくれないところが多いですから。

初免許ですよね。だとするとお友達が月$200だと言うのも分かりますし、メジャーなところならフルカバーとはいえおそらく州で許されている最低限の保障でしょう(対人保障が$5万ドルくらい?)。ちょっと補償額を上げると、半年で$2000くらいは簡単に行きますよ。

いずれにしろ、まずは見積もりをもらう旅に出ましょう。大手でも大きな違いがあります。私が初めて買った保険屋は、米国最大手ところでしたが、15分電話したら数百ドル安くなるはずの爬虫類の保険屋よりもずっと安かったです。ただこれはあなたの条件...続きを読む

Qディーラーやその家族の方、友人の方、(その他誰でも)教えて下さい!

私は就職活動中の大学生です。
就職先としての自動車ディーラーについての質問です。

車が好きなのでディーラーに就職したいなーと考えていて、もうずいぶん活動してるので業界のことや仕事内容はある程度わかってはいるのですが、いまいち決めかねてます。何が引っかかっているかというと、世間の評判と実状です。
ディーラーというとみんな「大変だぞ」と言います。「休みが少ない」・「給料が安い」・「帰りが遅い」なども言われます。でも、販売職の休みが少ないのは全国大勢の販売職の方みんな同じですし、決まった休みがあるぶん小売業よりはいいと思います。土日が休みじゃないのも気になりません。給料だって、全国何万人も自動車ディーラー社員がいて、ちゃんと家族を養って生活できてるのだから問題ないのではと思うんです。帰宅時間も、残業時間と都内から電車で1時間半以上かけて帰ってくることを考えれば他の企業と変わらないと思うのですが・・・。
また、会社訪問をした際に「○○大学なら、だいたいみんな金融とか他の大手に行ってるのにディーラーなの?」と言われたことも気になります。

「火のないところに煙は立たず」と言います。世間でそういう評判がたつ要素があるのではないかと感じてしまいます。実際はどうなんでしょうか?
そんなに毎日帰りが遅いですか?
お給料は安いですか?
ディーラーの仕事は楽しくないですか?
ディーラーとしての生活に不満を感じていますか?
ある程度有名大学出てやる仕事じゃないんですか? 

就職活動もピークを迎えつつあり、かなり悩んでいます。
自動車販売会社の社員の方だけでなく、その奥さん・子供など家族の方からの意見もお聞きしたいです。よろしくお願いします!

私は就職活動中の大学生です。
就職先としての自動車ディーラーについての質問です。

車が好きなのでディーラーに就職したいなーと考えていて、もうずいぶん活動してるので業界のことや仕事内容はある程度わかってはいるのですが、いまいち決めかねてます。何が引っかかっているかというと、世間の評判と実状です。
ディーラーというとみんな「大変だぞ」と言います。「休みが少ない」・「給料が安い」・「帰りが遅い」なども言われます。でも、販売職の休みが少ないのは全国大勢の販売職の方みんな同じです...続きを読む

Aベストアンサー

No.7の補足に対しての見解です。

ディーラーの社内構造について、少し。
販売、技術、管理の3つの職種で、力関係はそれぞれのディーラーの経営方針で異なります。
販売が力が強い(発言力ある)ところもありますし、直営系なら管理部門が強いところもあります。
私のおかれている環境は
力は管理>販売>技術
収入は販売>技術>管理です。

販売会社では基本的に販売が「はながた」ですから、収入を一番に考えるなら販売職でないと、と言うことになりますね。
就職活動にあたっては当然給与体系の話もすると思いますが、提示されている初任給と言うのはあてになりません。実際に貰える額はそこから保険や税金を差し引いたものです。また、販売職であれば販売マージンが上乗せとして発生しますから、その会社が固定部分と褒賞部分をどのように考えているのかも大事になってくると思います。

将来的には管理を希望されているとお察しします。
管理を希望するならそのことはリクルート時にその希望を伝えたほうが言いと思います。販売で経験をつんでその経験を生かすことが出来ます。
ただし、希望どおりにいくのかどうかはわかりません。先ほども言いましたが花形は営業ですから、力のあるものはそこに集まります。
偉くなっても、営業店勤務である限りはあなたの言うディーラーマンです。

あなたがもし、常に属する組織の全体を見て発言や行動をとることが出来る性格のかたなら、会社にはそれを評価してもらえるでしょう。
管理部門は希望するもの誰でもなれるものではありません。
管理でも、販売で落ちこぼれてまわる下っ端なら誰でもなれますが。
プライドを持って仕事をするのが社会では大事です。

No.7の補足に対しての見解です。

ディーラーの社内構造について、少し。
販売、技術、管理の3つの職種で、力関係はそれぞれのディーラーの経営方針で異なります。
販売が力が強い(発言力ある)ところもありますし、直営系なら管理部門が強いところもあります。
私のおかれている環境は
力は管理>販売>技術
収入は販売>技術>管理です。

販売会社では基本的に販売が「はながた」ですから、収入を一番に考えるなら販売職でないと、と言うことになりますね。
就職活動にあたっては当然給与体系の話も...続きを読む

Q【車の個人輸入】 アメリカから→日本へ

アメリカから一台車を日本へ持って帰ろうと考えています。

車種:TOYOTA COROLLA
年式:2004
エンジン:1.8L 4シリンダー

金額と手順の一から教えてください。あと、いい輸送業者等を教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもよりますが、指定場所まで運んでもらうと15万円程度かかります。これも安いところを探せば、安くなるかもしれません。

問題はここからですね。
アメリカと日本の、公道を走らせるための基準(FMVSSと保安基準)のなかで、相互乗り入れ(非関税障壁にならないように取り決めがある)と異なるところを日本の基準に合わせて改造しなければなりません。熱害警報関係は追加取り付け必要なくなりましたが、排ガス低減装置に関しては、並行輸入車の同一排出低減装置の特例を覗き、一品料理的処理になるので、これが40万円程度かかることになり、その他灯火器周りの改造も必要となるので、これが程度にもよりますが30万円程度かかるでしょう。USAの車両は、リヤコンビランプが後退灯を除いてすべて赤となっている(同一色のほうがコストが安くなるため)車両が多いので、制御系の改造とコンビランプ一式交換となることが多いようですよ。
そして、予備車検を通すか、登録地での新規検査・登録となるわけで、やっとナンバーが取得でき、晴れて公道走行が可能となるのです。ここは法定費用と業者の手数料なので、通常の車検費用と大差はないでしょう。(登録月別の自動車税プラス10万円程度)

いじょう、ざっとですが、130万円はかかることになります。まぁ、一貫してすべてをやってくれる業者を探せば多少は安くなるでしょうが、すべて人間の手にかかることばかりの単品処理なので、大差はないと思います。同一依頼内容の客がたくさんいれば手数料もシェアされますが、それも期待できないでしょう。

私は、以前、新車が2万5千ドル程度(250円/ドルの時代)の逆輸入車を購入しましたが、最初のオーナーは日本での登録に150万円かかったと聞いています。もっとも、この当時は熱害警報関係の追加も必要でしたが・・・。
その後、一度海外に運び日本に再度持って帰り登録しなおしましたが、太平洋を渡すだけで3千ドル以上かかりましたからね。そこから再度保安基準適合作業が必要だったら持って帰るなんてことはしなかったでしょう。私の場合は抹消登録済みだったので、そのまま歯医者の復活をさせる通常の車検だけでナンバーは取れましたが、質問者さんの場合は、保安基準適合のための改造費用が相当かかるでしょうから、No.1の回答者の方のおっしゃるように、USA組み立てのカローラでは現実的ではないような気がします。排ガス低減装置については、制御系がECUのプログラムは当然として、日本使用とは随分異なっていたと思います。
中身は部品(最近は不良品率抜群のメキシコ製も混じりだしている・・・)も含めアメ車ですので、日本製の日本車よりもかなりの確率で壊れます。故障時の部品調達も大変だと思いますが・・・。アメリカでアメ車に乗る分には全く問題ない心配ですが、日本となると事情が違いますから、よく検討しましょう。

参考までに、USAからの輸出代行業者の広告があったので、これをつけておきます。HPの左下に記載があります。なお、私は、こことは何の関係もありません。

参考URL:http://www.autobankla.com/

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもより...続きを読む

Qアメリカでの自動車の売却について

ここ数ヶ月のうちに、アメリカから日本に帰国予定です。
手持ちの自家用車を売却していく予定ですが、選択肢が2つあると考えています。
(1)ディーラーに売る
(2)個人売買
これら二つについて、手続きがどのような流れとなるか、教えていただけないでしょうか。

(1)の場合、相場はケリーブルーブック(Kelley Blue Book;KBB)での価格を参考にして臨むつもりですが、売却見積もりを経て、売却、入金となると思いますが、入金はどのようになされるのでしょうか(チェック?)、また売却後(車譲渡後)から入金(チェック入手)までどれくらいの時間を見ておくべきでしょうか。
またディーラーとの折衝において注意点があれば、合わせて教えていただければ幸いです。

(2)の個人売買については、(1)以上にイメージが湧きません。個人同士で渡すには、折り合いを付けた金額を受け取った後、車を渡して終わりでしょうか?
気になっているのはナンバープレートとタイトルの取り扱いですが、これは買った側が手続きすると考えたらよいのでしょうか。またタイトルもそのまま渡してよいのでしょうか?
ナンバープレートは売った側の誕生日まで有効ですが、これも所有者が変わった時点で無効になると考えているものの、そうすると買い取った方はすぐに乗れないし・・・などと考えて、よく分かりません。

上記(1)、(2)についてよろしくお願いいたします。
(1)について、特にオハイオ州内で過去に経験のある方がいれば、お薦めのディーラー等ご教示いただければ幸いです。
またこれらについて書かれているWEBなどをご教示いただければ幸いです。
よろしくお願いします。

ここ数ヶ月のうちに、アメリカから日本に帰国予定です。
手持ちの自家用車を売却していく予定ですが、選択肢が2つあると考えています。
(1)ディーラーに売る
(2)個人売買
これら二つについて、手続きがどのような流れとなるか、教えていただけないでしょうか。

(1)の場合、相場はケリーブルーブック(Kelley Blue Book;KBB)での価格を参考にして臨むつもりですが、売却見積もりを経て、売却、入金となると思いますが、入金はどのようになされるのでしょうか(チェック?)、また売却後(車譲渡...続きを読む

Aベストアンサー

オハイオ在住です。といっても全く同じ経験はないのですが、帰国した友人家族から聞いた話も含めると、

1)ディーラーについては、その地域のディーラーをいくつか回って見積もりをしてもらうといいと思います。オハイオも広いので、ここのディーラーがいい、というのは言えないんですが、友人家族がここの地域で知られているディーラーをいくつか回ったところ、一番よく知られているところでは足元を見られたとかで、回った中で引き取り額がよかった所で売ったそうです。特に帰国となると売り手にあまり時間がない、売り手も売れればいい、と見るようです。

2)についてですが、私が住む地域ではNo.2の方も書いておられた方法や日本語補習校の校舎の掲示板など、日本人の方に呼びかけるケースが多いです。また支払いはみなさんのおっしゃるようにパーソナルチェックだと不渡りにされかねないので、銀行のCashier's Checkでもらっておくといいと思います。

オハイオのBMVのHPを見ると、タイトルの譲渡はこのようになるようです。
On the back of your current title, complete the new buyers name and address, plus the purchase price. Complete the odometer certification area stating the mileage as it appears on the odometer. Under the mileage area is the seller's notary section, which must be completed and notarized. Next, the buyer must acknowledge the mileage as stated by the seller by filling in his signature and printing his name. Please note that you are attesting to the actual mileage of the vehicle. The seller should make a copy of the front and back of the assigned title and remove the plates from the vehicle.

http://www.bmv.ohio.gov/faq_vehicle_titling.stm

個人で売る場合のアドバイスが下に載っているので、参考になると思います。
http://informationedge.org/tulaneloyolafcu/a-issues/sell-trade-yourself.htm

オハイオ在住です。といっても全く同じ経験はないのですが、帰国した友人家族から聞いた話も含めると、

1)ディーラーについては、その地域のディーラーをいくつか回って見積もりをしてもらうといいと思います。オハイオも広いので、ここのディーラーがいい、というのは言えないんですが、友人家族がここの地域で知られているディーラーをいくつか回ったところ、一番よく知られているところでは足元を見られたとかで、回った中で引き取り額がよかった所で売ったそうです。特に帰国となると売り手にあまり時間...続きを読む


人気Q&Aランキング