よくコマメにCO2を削減しようというのに
テレビを1時間みるのをへらそうというのが
ありますよね。
私はテレビをみるかわりに読書してたのですが
1時間で文庫本なら半分くらいは読めます。
文庫本を新規に買ってる場合どちらが環境負荷が
大きいのでしょうか?
なんとなくテレビをつけっぱなしにするなという意味だとは
思うのですが。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

うーん、面白い考えですね。


ちょっと興味が湧いたので、素人ながら考えてみました。

まず、テレビですが、どうやら一日一時間テレビを見ないことによって、
年間40.84kWhの電力をおさえることができるようです。(参考URL上)

次に、本ですが、なかなかいい資料を見つけられなかったので、かなり適当で、まわりくどいです。
2000年の統計(参考URL中)を見ると、紙・板紙の合計生産高は31,828,058トンで、
紙・パルプ製造工程での消費エネルギー(参考URL下)は559,533*10^6MJですから、
紙1Kgあたりの消費エネルギーは約17.58MJ。
文庫本をだいたい200gとすると、一日で半分読むので、
一年では182.5冊、つまり、36.5kgの紙となります。
ですから、一年間にテレビの代わりに読んだ本の紙の生産に要したエネルギーは641.67MJです。

1kWh=3.6MJなので、テレビの電力を換算すると、147.024MJ。

どうやら、この場合、テレビのほうが省エネですね。

ですが、これは、この計算式で比べるべきものなのか分かりませんし、
そもそも環境負荷ではなく使用エネルギーで比べてますから、考える方向を少々間違えたようです。
やっぱり専門の人の意見を聞いたほうがいいみたいですね。

それでは。

参考URL:http://www.eccj.or.jp/dict/10.html,http://www.jp …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

テレビっていつも見ないようにしようとか
いわれてて(環境問題以外にも)
今回のコマメに節電もいちばんあげやすい例で
あげてるみたいですね。
計算のしかたとか若干違うかもしれませんが
参考になりました。
あんまり環境問題について考えすぎると
人間がいなくなることが最善の環境対策だみたいになりますよね。

できる範囲で頑張ります 

お礼日時:2002/03/14 23:27

環境に対するコスト的な計算はともかくとして。


mihuyu さんの問いを読んで、人間の生き方として、ちょっぴり感動しました。

テレビを控えるという生活態度は凄いと思う。
テレビを控えるという事は、レンタルビデオを控えるし、TVゲームも控える
という事にどんどん繋がっていくのではないでしょうか?一方、読書は図書館
もあるし古本屋もあるし、工夫しだいでどんどんコストを抑える可能性を秘め
てる気がします。

テレビは今や個人的ツールへ、でも読書は人類共有的な財産へという方向性に
向かってる気がする。

でもパソコンで電子文庫とかCD版百科事典とかの場合、いわゆる電子ディス
プレーでペーパーレス・メディアの場合はどうなるんだろう?
ディスプレー消費電力と紙メディアの森林伐採の負荷と比べたら?

その人の読書スタイルにもよるし、僕の場合は気に入った作品を何度も
じっくり読み返すけど、忙しくて頭の良い人は読み捨てでどんどん新作を
消化していく様な気もするし。

まあディスプレーメディアもパソコンに限らず、携帯型・手帳型さまざま
だろうし今後の開発も未知数だし、難しい問題ですね。でも今後われわれ
が避けて通れない問題なのでしょう。僕はゲームといいビデオといい
現代エンターティメントにどっぷり漬かってしまっていますが、少しでも
mihuyu さんを見習いたいです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q節電してCO2を削減?原発ってCO2を出さない?ホントですか?

節電してCO2を削減?原発ってCO2を出さない?ホントですか?

ふと、気になりました。
よく「節電してCO2を削減」と聞きますが、一方で「原子力発電はCO2を出さない」とも聞きます。
原発を推進している電力会社として何か矛盾しているような気もします。
(まぁ、火力発電もあるのでしょうが・・・)

ところで原発ってCO2を出さないのは発電時だけで、「燃料」に該当するウランを製造する過程でCO2出すんですよね?良いことしか聞きませんし、
「2重3重の安全設計」って、それだけ危険だったことですよね?


綺麗事だけでは済まない現実があるのであれば、いっそうの事
「節電して放射性廃棄物を削減」の方が正直で良いのではないでしょうか?

Aベストアンサー

原発は基本的に常に定格運転です。
だから節電で需要が減った分は、火力発電が削減されます。
節電しても放射性は廃棄物は減りません。

Q今どきCO2削減目的で原発推進なんて言うだろうか

福島第1原発事故の影響により、原発の新規建設はもとより稼働中の原発がゼロの事態に陥ってから久しいですね。
今後はボチボチと再稼働する原発も出てくるかもしれませんが、以前に戻ることはありません。
こういう状況下で地球温暖化防止目的で原発推進を真正面から主張する人はほとんど見かけなくなりました。もしいれば異常だと思います。

原発によって地球温暖化を多少なりとも防止した方が良かったのか、
原発を減少させて人間の住環境を危険にさらさない方が良いのか、

どちらが環境負荷が低いのでしょう?

Aベストアンサー

IPCCは、盛んにCO2による温暖化があ~っと大騒ぎしていますが、
原子力については、「成熟した低炭素技術だが、世界的なシェアは1993年から減少している。安全性や廃棄物処理など未解決の課題を挙げた。」とあり、原発には期待していません。

原発推進したい人は、CO2削減を脅し材料に使って、原発利権にからんだ人だけがやりたいだけだと思いますよ。

QCO2削減について

環境問題に興味をもって、これからいろいろと学んでいこうと思っています。
それで、たとえば夏の間に一つの家庭でクーラーの温度設定を28度にしたら、どの程度CO2の削減ができるのか・日本人全員がもし28度設定にしたらどの程度削減具体的な数字を知りたいのですが。。。

あと、1990年のCO2排出量も知りたいです。

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

CO2排出量は
 IPCC、京都議定書で検索をすれば分かります。

28度Cの効果は
 クールビズで検索をすれば分かります。

 

Q環境問題 CO2削減方法

はじめまして。
素人考えで申し訳ないですが、CO2を何らかの方法で他の気体に変化させる方法はないのでしょうか?
例えば自動車のマフラーにその変換装置を取り付ければ、CO2削減にかなりの効果が期待できると思います。
その分野で詳しい方がおりましたら、是非是非教えて頂きたいと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

炭素と酸素を結合させてエネルギーを取り出しています
これを元に戻すには取り出したエネルギーよりも大きなエネルギーを必要とします
ですから環境に影響しないでCO2を分解することは出来ません
植物は太陽からの膨大なエネルギーを利用して生命活動をしています
その廃棄物が酸素なのです
植物が出す酸素だって見方によれば産業廃棄物です
動けばエネルギーを消費する
エネルギーを手に入れるには何らかの環境破壊を伴う
自然の摂理です

QCO2削減効果について

日本は、京都議定書で6%削減義務(EUは8%、米国等は批准拒否)を受け入れましたが、経済成長に伴い、排出量は増えています。
世界の人口大国、中国とインドの国民1人あたりの排出量が、先進国の現在の排出量の1/2に増えた場合の増加量と、日本とEUの削減量とどちらが大きいのでしょうか。
※発展途上国は、現在の先進国並みの経済水準を目指すだろうし、それを押さえるのは先進国のエゴだと思うので、増加量の方がはるかに大きいのなら、京都議定書は空しい努力のような気がします。

Aベストアンサー

京都議定書の目標を達成すれば地球全体の排出量が減るかといえば、
短期的には減少するわけではありません。
日本自体もマイカーの利用拡大に伴って排出量は増大していますが、
グローバルな視野で考えないといけない必要性は確かにあります。
1990年から2005年にかけて、
中国で増加した二酸化炭素排出量は日本の全排出量の三個分に近く、
インドでは日本の半分程度の量が増加したようです(1)。
そういった面がアメリカの不満となり、対立の軸にもなっていますが、
アメリカ自体でも15年で日本の総排出量一個分が増加していたり、
人口1人当たりの排出量が日本や欧州の2倍もあったりもします。
当面の間は世界の総排出量増大が見込まれており、
全体に対する効果は「緩和」に留まります(2)。

しかし問題は、超長期的に「抑制」できる目処が立てられるかどうかでもあります。
地球温暖化は、1年や5年の問題ではなく、2050年や2100年以降までを想定しています。
非常に少ない排出量で豊かな暮らしができる技術や法的な枠組みを、
まず先行して先進国が整えることができたとします。
そうすると、超長期的に、途上国が豊かになったとしても、
限界に直面する事にならず、先進国の経験を活かせる目処が立つことになります。

国際機関の方でも、クーラーの温度を調整するといった、
エネルギーを節約する個人の努力だけで、
全体量を何%か削減できたらお終いといっているわけではないのです。
(そうした心がけが無駄だといっているわけではありませんが)
日本が先行して技術革新を達することが求めている面もあります(3)。
世界中の電化製品の多くは日本から中国・東南アジアにかけての
東アジア一帯で作られており、日本では多くの重要な部品が作られています。
日本でエネルギー消費量の少ない電化製品や部品が開発されれば、
欧米や中国・インドのエネルギー消費量にも効果が現れます。
自動車に関しても、日本以外で広く使われるようになっています。
日本の発電効率がアメリカ、中国、インドの石炭発電に適応されれば、
日本の総排出量の1.1倍に相当する削減が可能だとも言われています(4)。
さらに効率の良い発電技術を開発できれば、大きい削減に繋がる可能性があります。

諦めムードに対しては、地球温暖化というのは○か×かという問題ではなく、
何度上がるかによって被害が大いに変わりうるということを指摘できます。
2度上がった際だと現れない被害が4度上がると現れ、
4度上がった際だと現れない被害が6度上がると現れ、
6度上がった際だと現れない被害が8度上がると現れるということになります。
細かい点は大いに論争の対象になるでしょうが、
全く対策をしなかった場合の損失は超長期的に膨大なものとなり、
対策コストを大きく上回るのではないかとも言われています。

今日の目標に掲げられているのは、地球の温度を「下げる」ことではなく、
地球の温度の「上昇幅」を何度までに抑えられるかということです。
また、ある程度までの地球温暖化の進行はもはや避けられないため、
対策といっても「温暖化対策」ではなく「防災対策」の方が、
大量に必要になることが想定されています。

なお、途上国の中でも、中国とそれ以外の国の位置づけはかなり異なります。
中国の1人当たりの二酸化炭素排出量は、近いうちに
先進国の半分の水準に迫りそうな勢いを示していますが、
他の途上国では中国ほど急に増えているわけではありません。

インドに関しては、依然1人当たりの二酸化炭素排出量は先進国の1割程度で、
まだ電気のない生活をしている人もたくさんいます(5)。
中国と一括りにして叩かれるのは酷なところもあります。
もしかしたら、2030年になってもそれほど増大しないかもしれませんが、
まだ先の見通しがよく分からない状態です。

中国についても、所得水準に関しては先進国の1~2割程度であり、
経済水準はそう早い時期に先進国に追いつくことができそうな状態ではありません。
中国は、経済水準の割に二酸化炭素排出量が多いという特徴があります。
これは、建設需要が大きく大量の資材が作られていることや、
輸出産業でもある重化学工業が大量のエネルギーを使うことに依存しており、
家計の消費による排出量の寄与はまだ小さかったりもします。
もちろん、今後は中国の対策が非常に重要になってくるでしょうが。

(1)
1990年から2005年までの二酸化炭素排出量の増加
(米国エネルギー情報局より)
中国 1990年22億トン→2005年53億トン(31億トン増加)
アメリカ 1990年50億トン→2005年60億トン(10億トン増加)
インド 1990年6億トン→2005年12億トン(6億トン増加)
欧州 1990年41億トン→2005年44億トン(3億トン増加)
日本 1990年10億トン→2005年12億トン(2億トン増加)

(2)
二酸化炭素排出量の増加見通し
(米国エネルギー省情報局より、ここの先進国はOECD諸国を指す)
1990年  先進国114億トン+中国22億トン+中国以外の途上国76億トン = 212億トン
2005年  先進国136億トン+中国53億トン+中国以外の途上国92億トン = 281億トン
2010年予 先進国138億トン+中国69億トン+中国以外の途上国104億トン = 311億トン
2020年予 先進国147億トン+中国95億トン+中国以外の途上国128億トン = 370億トン
2030年予 先進国155億トン+中国120億トン+中国以外の途上国148億トン = 423億トン

(3)
「パチャウリIPCC議長が語る温暖化対策、日本への期待」
http://premium.nikkeibp.co.jp/em/report/32/index.shtml
なども参考に

(4)
経済産業省「エネルギー白書2008」より
http://www.enecho.meti.go.jp/topics/hakusho/2008/outline.pdf#page=37

(5)
人口1人当たりの二酸化炭素排出量の増加見通し
(米国エネルギー省情報局より)
1990年
先進国平均10.9トン アメリカ19.6トン 日本8.1トン 欧州8.3トン
途上国平均2.3トン 中国2.0トン インド0.7トン アフリカ1.0トン
2005年
先進国平均11.6トン アメリカ20.1トン 日本9.6トン 欧州8.2トン
途上国平均2.6トン 中国4.1トン インド1.0トン アフリカ1.0トン
2010年予想
先進国平均11.5トン アメリカ19.3トン 日本9.3トン 欧州8.2トン
途上国平均2.7トン 中国5.1トン インド1.1トン アフリカ1.1トン
2030年予想
先進国平均12.0トン アメリカ18.7トン 日本9.9トン 欧州8.5トン
途上国平均3.8トン 中国8.2トン インド1.5トン アフリカ1.0トン

京都議定書の目標を達成すれば地球全体の排出量が減るかといえば、
短期的には減少するわけではありません。
日本自体もマイカーの利用拡大に伴って排出量は増大していますが、
グローバルな視野で考えないといけない必要性は確かにあります。
1990年から2005年にかけて、
中国で増加した二酸化炭素排出量は日本の全排出量の三個分に近く、
インドでは日本の半分程度の量が増加したようです(1)。
そういった面がアメリカの不満となり、対立の軸にもなっていますが、
アメリカ自体でも15年で日本の総排出量...続きを読む


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報