出産前後の痔にはご注意!

最近かなりPCの調子が悪く、動作がとても遅かったのですが
なにやらタスクマネージャのプロセスで見るとoptserv.exeとかいうものがCPUをめちゃくちゃ使っていました。
CPU使用率も100%でした。
焦って終了させましたが、そしたら快適になりました。

optserv.exeとは何なのでしょうか?
またウィルスやスパイウェアだった場合どう対処すればいいでしょうか。
宜しくお願いします。
あとMshta.exeというのも気になります。

最近やったことはフリーソフトをダウンロードしたことと
変なスパイウェアに感染したことです。
http://www.higaitaisaku.com/fakewarning.html
これに感染しました。対処しましたがまだ
自動更新のロゴがちょくちょく出てきます。

聞きたい事は
1)optserv.exeとは何か
2)mshta.exeとは何か
3)自動更新のロゴはなぜでるのか
です。本当に支離滅裂な文章で申し訳ありません。
どなたか宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

>1)optserv.exeとは何か



情報がありません。

こういう場合はオンラインファイルスキャンを利用してみてください。

カスペルスキーファイルスキャナ
http://www.kaspersky.co.jp/scanforvirus/

1.下のほうのバナーをクリックすると「オンラインウイルススキャン」の画面になります。

2.「参照」ボタンをクリックするとファイルの選択画面になります。

3.ファイルを選択して「送信」を押してください。

>2)mshta.exeとは何か

 マイクロソフトの正規のプログラムです。

 「HTA」というスクリプト言語を使うときに自動的に呼び出されます。

 「HTA」(HTML Applications)は比較的簡単に作成できるスクリプトで、ホームページのソースに書き込むだけでいろいろな作業を実行できてしまいます。

 例えば「HTA」が書き込まれたページを閲覧するだけで閲覧者のパソコンに有害なファイルをインストールできてしまいます。

 しかも、WindowsやIEは「HTA」が実行されファイルがインストールされようとしても、何の警告も出しません。

 驚いた欧米のスパイウエア専門家は「HTA DOWNLOAD EXPLOIT」としてユーザーの注意を喚起しました。

 参考:Internet Explorer が危ない
 http://park10.wakwak.com/~heto2/911/MSHTA/001.ht …

 最近ではほとんどのアンティウィルスソフトには「スクリプトブロッカー」が装備されていて、スクリプトファイルが実行されようとすると警告を発するようになっています。

 また、よく使われる言語に「VBS」を言うスクリプトファイルがありますが、この場合は「WScript.exe」や「CScript.exe」が呼び出されます。

 この種のスクリプトはスタートアップで起動され、広告の表示に使われることがよくあり、タスクマネージャの「プロセス」画面で、これらのファイルが実行されていれば、なんらかのスクリプトが実行されていることになります。

>3)自動更新のロゴはなぜでるのか

 何の自動更新かがわからないので、お答えできません。

この回答への補足

ごめんなさい。
自動更新はwindowsの自動更新です。
あの地球とウィンドウズみたいなマークのヤツです。

補足日時:2006/08/18 22:18
    • good
    • 0

>自動更新はwindowsの自動更新です。


>あの地球とウィンドウズみたいなマークのヤツです。

私の場合、確か、「アップデートの準備ができました」というような小さなポップアップが出るだけです

それも月に一回だけですから、気になるものでもありません。

詳しい情報がないのでなんともいえませんが、マイクロソフトに見せかけた情報を表示してスパイウエアをインストールさせるケースもあるので注意してください。
    • good
    • 0

No1ですけど、僕もgoogle検索したら、次のブログで気になるソフトが書き込みされてました。



yk-style Blog 2006年07月21日 00時57分30秒
CPU 使用率100%
http://blog.goo.ne.jp/yk-style-net/e/e75d974fe30 …

このプログを書いている人も同様の症状が出て、結局フリーツールをアンインストールしたそうです。
他でも、同様の事があるので、そこに書かれているソフトを使用していれば、止めた方がよいでしょう。
    • good
    • 0

>正体は分かったので大丈夫です。


ということなので書かなくてもいいかな、と思ったんですが…一応。

いや、大したことはやってません。"optserve.exe"でGoogle検索しただけ。

http://d.hatena.ne.jp/hishida/
ここの2006-07-22の日記でこれについて触れられているみたいですね。

要するにフリーウェアやシェアウェアに同梱され、同時にインストールされるもので、インストールされたパソコンに広告が表示されるようになると同時にそのソフト作者にお金が出る、というようなものらしいです。

今日日ソフトの開発にはいろいろ費用もかかります。ちょっと人気のあるソフトを開発してしまうと、ユーザーから改善やバージョンアップの要求も殺到してしまい、逆にそれに答えようとして金銭面でも苦しくなる…なんて話も聞こえて来ます。寄付を募ってもそれ程は期待出来ないだろうし…そういう中でこういったものをバンドルすることで少しでも金銭面での負担を軽くしたい、と考えるソフト作者さんは増えていると思います。

ということで…最近インストールされたソフトウェアの中にoptserve.exeを同梱されたものが必ず存在する筈です。まずはそれを探すことですね。見つかったら、readmeなどに利用規約として広告表示のためのプログラムが同時にインストールされることなどがきちんと書かれているでしょうから、それを確認してみてください。optserve.exeをインストールしないと使い続けてはいけないものなのかどうかとか…よく読めば書かれてある可能性もあります。場合によってはそのソフトのアンインストールも考えるべきでしょう。

どうしても自動更新のロゴ、とかが消えないようであれば、全く現状が不明ですのでやはり『アダ被』さんの質問掲示板の利用を推奨します。
http://bbs.higaitaisaku.com/wizard/wizard.cgi

なお、optserve.exeに関しての関連情報が『アダ被』さんの質問掲示板の過去ログにもあります。最初に紹介したページからの直リンクでは閲覧出来ませんので、次のようにしてください。

『アダ被』さんのトップページから質問掲示板に飛び、『検索』をクリックします。『ログ内検索』のページ上で『キーワード』に"82479"を入力し『検索範囲』を『全過去ログ』に、そして『記事No検索』にチェックを入れて検索を開始すると、"optserve.exe"が記述中に含まれる発言1件が表示されます。ツリー全体を閲覧する場合には、ページのお終いのほうにある『関連記事表示』をクリックします。
    • good
    • 0

1)optserv.exeとは何か


これについては、google他で検索しましたけれど、情報は無しです。
2)mshta.exeとは何か
これについては、ウイルスの可能性とマイクロソフトの実行ファイルの可能性があります。
でも、以前にスパイウェアに感染していて、改善されていないと言うことから、ウイルスの可能性が高いです。

StartPage-FT(マカフィー)
http://www.mcafee.com/japan/security/virS2004.as …

ウイルス解析情報(VBS/Haptime.A-m)
http://www.jcsa.or.jp/vi-vbsHaptm.html

3)自動更新のロゴはなぜでるのか
これについては、レジストリ部分での改善か、スパイウェアが残っている可能性が非常に高いです。

結論としては、リカバリを推奨します。

これ以上の対処策もなく、改善の見込み無しと言うことで、リカバリすることを勧めます。

この回答への補足

ごめんなさい。間違えがありました。
optserv.exeではなくoptserve.exeでした。
eが抜けていました。ごめんなさい。
ただ正体は分かったので大丈夫です。

補足日時:2006/08/18 11:41
    • good
    • 0
この回答へのお礼

どうにかCPU100%を抑えることができました。
原因はoptserve.exeだったみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/25 15:49

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング