ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

姉より相談を受けて、この場で質問させて頂きます。
41歳の主人ですが、昨年2月に直腸癌が見つかりました。腫瘍はさほど大きくなかったのですが、リンパ節の方が腫れ上がり転移がひどく、腸を大きく削除しました。術後、縫合不全になりましたが1ヵ月半後無事退院。その後も抗がん剤(5-FU錠)を服用し、3ヶ月ごとにCTやMRIを行い、検査も順調でした。
しかし先月、腫瘍マーカーCA19-9の値が123.4と高値となり、造影MRI検査で大動脈リンパ節に17ミリの腫瘍のリンパ行性の転移が見つかりました。小さいものも含め広い範囲と局所の為、抗がん剤オキサロプラチン(FuLFOX)2泊3日の入院で、2週間おきの化学治療しかないと主治医に言われました。

セカンドオピニオンも考えておりますが、本当にこの方法しかないのでしょうか?
抗がん剤で腫瘍は小さくなっていくのでしょうか?
副作用はひどいのでしょうか?

余命1年と言われてしまい、本人、家族は辛く苦しい毎日です。どんな事でも構いませんので教えて下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

おつらい状況ですね。



直接の回答ではないのですが、ここよりもAskDoctorsというサイトのほうが、たくさんのお医者様が答えてくださいますので、どこかの病院にセカンドオピニオンを求めに行く前に、まずこちらで質問してみてはいかがでしょうか。登録して月額300円くらいかかりますがひと月に3つまで質問ができます。いろいろな専門カテゴリがありますので、きっとアドバイスをくれる先生方がいるはずです。私も父の病気(糖尿で合併症がたくさんありかなり複雑な状況でした)について質問して貴重なアドバイスをいただけましたよ。

どうぞご家族の方も悔いの残らないよう、できるだけのことをして差し上げてください。

http://www.askdoctors.jp/public/showTopPage.do?p …

参考URL:http://www.askdoctors.jp/public/showTopPage.do?p …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

非常に貴重なご回答有難うございます。早速、AskDoctorsへ相談してみます。最後まで諦めず頑張ります。

お礼日時:2006/08/19 13:08

http://homepage3.nifty.com/LEXUS-GS/main_pronoun …

できることはやってあげたい、と思っていらっしゃるならば騙されたと思ってのぞいて見てください。

私の母にもワラをも掴む思いで試してみました。

参考URL:http://homepage3.nifty.com/LEXUS-GS/main_pronoun …
    • good
    • 2
この回答へのお礼

早々のご回答、有難うございます。私もワラをも掴む思いです。姉に紹介してみます。

お礼日時:2006/08/19 13:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

  • 直腸がん<直腸・肛門の病気>の症状や原因・診断と治療方法

    直腸がんとはどんな病気か  大腸がんは結腸(けっちょう)がんと直腸がんとに分類されていますが、頻度、原因に大きな違いはありません。日本の新たな大腸がんの患者さんは年間約6万人で、男女比は5対4でやや男性に多くみられます。大腸がんの約5分の2が直腸がんです。  大腸がんは、すべてのがんによる死亡率からみると、男性では肺がん、胃がん、肝がんに次いで4位であり、女性では1位になっています。しかし、がん死...続きを読む

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q腹部奥のリンパが腫れてると言われました。

本日CT検査の結果を聴きに行きました。

すると腹部奥のリンパ(特に左側)が腫れているので、
早急に血管内科を受診すようにと言われました。

すごい心配です。

リンパが腫れていて血管内科を受診と言うことは
リンパ腫ですよね。
俗に言う血液のガンて事なんでしょうか?

教えてください宜しくお願いします。。

Aベストアンサー

血液内科なら、悪性リンパ腫を考えているのでしょうが...

腹部傍大動脈リンパ節なのかと想像しますが、これが腫れる疾患はたくさんあるので、何とも言えません。

Q大腸がんからリンパへ転移した場合について

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
と言われ安心していました。

10日間ほど入院し、3月末に退院しました。

そして、今日の外来でリンパに転移していた…と。

これって、手術の時には
リンパに転移していることがわからなかったということですよね?

リンパというのがいまいちわからず、色々調べても私には理解できません。
どうして手術の時にはわからなかったのでしょうか?

ゼローダという抗がん剤を処方されたようなのですが
やはり抗がん剤というのは副作用がきついものですか?

リンパへの転移というのは手術できないものなのでしょうか?
抗がん剤で「完治」というのはありえますか?

質問が多くて申し訳ありませんが、何か一つでもわかることがあれば教えて下さい。
お医者さんにもっと詳しく聞けばいい話なのでしょうが
父から聞いた話だけだと不安で、眠れなくて困っています。
私は来月に出産予定があり、ここのところ色々あって不安でたまらないのです。

お勧めの本などあれば、それも教えて下さい。
知識に乏しい人にもわかりやすく書いてあるものをお願いします。

あと、次の外来の時に、お医者さんに聞いておいた方がよいことなどあれば
それもアドバイスいただけると助かります。

今日、父が病院の外来へ行って
大腸がんからリンパへ転移していたという話を聞きました。

色々考えてしまって、寝られそうにないので質問させていただきます。
話にまとまりがないかもしれませんが、宜しくお願いします。

まずは父の病気の経緯からお話します。

3月の半ばに、お腹がパンパンにはれて
病院へ行くと、今日中に手術しないと危険という状態で
緊急手術をしました。

大腸がんの腸閉塞で、腸が破裂寸前だったそうです。

手術は無事成功し、その時にお医者さんに
「転移もなく、全部取れました」
...続きを読む

Aベストアンサー

私もリンパ節に転移があった大腸癌患者です。

他の回答者の方もおっしゃっていますが、リンパ節は手術時に多めに切り取り、それを検査に出し2週間くらいして転移しているかどうかが初めて分かります。

そしてリンパ節転移があった場合は補助的に抗がん剤治療をします。

肝臓や肺などの遠い臓器に5年間転移しなければ、ほぼ完治したと言えます。リンパ節までなら大丈夫です。

オススメの本とかはありませんが、私はネットで大腸癌のサイトをよく読むようにしています。

Qガンのリンパへの転移とは

身内で胃がんが見つかり、胃を全部摘出した後、リンパへの転移が見られると言われました。詳しい話は来週あるのですが、どうしても心配でなりません。
リンパへの転移とは一体どういった状態でしょう。
リンパは全身にめぐっているもの。
全身に転移している訳ではないですよね?心配でなりません。
ご存知の方教えてください。

Aベストアンサー

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います.
リンパ節への転移は楽観視できるものではありませんが,血行性転移などよりは危険は少ないと聞きます.
私の母親はステージIVの子宮癌でしたが,全摘手術とリンパ節廓清を受けてもうすぐ6年が経ちます.癌ではよく5年生存率というのを聞かれると思いますが,5年再発が無ければほぼ完治したと言える状態だそうです.
癌の種類は違いますが,ステージIVでリンパ節廓清を行って完治している人も居るというのは事実ですから,今は治ることを信じてくださいね.
ご本人も心細い思いをしていることと思いますので,どうか励ましてあげてください.

身内が癌に罹られているとのこと,私の母親も胃癌ではありませんが過去に癌に罹って手術していますので,心情お察しします.
さて,リンパ節転移についてですが,癌細胞がリンパ節に転移した状態であることはご存知のとおりです.リンパ節は全身にあるものですから,放っておけばこれを伝っていろいろなところに癌細胞が広がります.
リンパ節にどの程度転移しているのかというのは主治医から聞かなければ判らないことですが,大抵は「リンパ節廓清」といって癌細胞が転移したリンパ節を取り除く手術を行います...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q大腸ガンからリンパ節転移の治療法について

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…」と感じる。

・7月に一回トイレに行ったら大量の血が出てさすがに病院に行こうと思って、肛門科を受診。
検査の結果、腫瘍が発見されて大病院へ受診。検査の結果、8月に大腸がん宣告。
この時私はかなり結果を聞くのを怖がってて、医者もそれに配慮して、「直腸がんで、リンパが弱くなってるから抗がん剤と放射線の治療をする」という言い方をした。
つまりこの時にはすでにリンパへの転移発覚。

・8月から放射線と抗がん剤治療開始。放射線は直腸への腫瘍に対して。
ちなみに抗がん剤名は、オキサリプラチン・レボホリナート・フルオロウラシスを使用する、FOLFOX6という方式です。
ポッドを埋め込んでそこから抗がん剤の点滴。なぜ、手術せずにこの治療なのかは人工肛門を避けるための他に、リンパへ転移した腫瘍をなくすため。リンパの腫瘍は大腸の大動脈にあって、これは手術も放射線も出来ないから今の所、抗がん剤治療しかない。一番何とかしたいのは、この大動脈の腫瘍。

・とにかくリンパへ転移した腫瘍が何とかなれば直腸の腫瘍は手術で何とかなる。

以上が本人からの説明です。

--------------------

最初の段階では手術をする方向で治療を始めたのですが、リンパ節転移が発見されたところで、手術は当分見送りで、現在は抗がん剤の治療のみをしております。
手術を見送った理由は、ガンが大動脈の近くに出来てしまったのが問題のようです。
抗がん剤の副作用もかなり強いようなので、抗がん剤の副作用を軽減できる方法などもあればお聞かせください。
リンパ節には3箇所くらいの転移があるようで、特に大動脈の近くにガンが転移してしまったのだ一番の問題のようです。
現在このような病状ですが、良いアドバイスがあったらお願いします。

大腸がんリンパ節転移について知りたいのですが。
私の親しい友人が、今年7月頃に下血があり病院へ行ったところ、大腸(直腸)ガンと診断されました。

治療を開始した頃は、治療すれば治ると言われていたようですが、その後の検査でリンパ節に転移が認められたとの事で、主治医からは『今の状態からだと完治の可能性は低い』と告げられました。
しかし、本人は先進医療も視野に入れ、やはり完治を望んでいます。

-------------
本人からの病状説明ですが↓


・5、6月頃、便をしたら血が紙について、「おかしい…...続きを読む

Aベストアンサー

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避けることが可能ということは、腫瘍が肛門から離れている
ということです。
大動脈周辺のリンパ節郭清と低位前方切除術(人工肛門を造らずに、直腸を
肛門を繋ぐ手術)とは、基本的に無関係です。
ですが、大動脈周辺の腫瘍が、低位前方切除術をするか、しないかの
問題になっているということは、そこを何とかしなければ、
低位前方切除術をしても、意味がない
ということだと思います。

つまり、状況は、かなり厳しいということが想像されます。

ご参考になれば、幸いです。

まずは、大腸がんの基礎を勉強してください。
http://ganjoho.ncc.go.jp/public/cancer/data/colon.html
http://www.jsccr.jp/guideline2009/guideline_2.html

ポートについては……
http://www.gsic.jp/cancer/cc_15/acd/index.html

大動脈周辺のリンパ節郭清……
上記の説明で、大動脈周辺のリンパ節郭清が
一般的には、可能であることが分かると思います。
しかし、今回は、医師が、「それができない」と言っているのは、
それなりの理由があるからです。
文面からでは、その理由がわかりません。

人工肛門を避...続きを読む

Q大腸癌のリンパ節転移について

平成22年の9月に、父親が大腸癌の手術をしました。癌は1箇所で、他の臓器への転移は無かったのですが、術後、リンパ節への転移が確認され、抗がん剤治療を行っています。

現在自宅療養中で、35日毎に通院し、飲み薬の抗がん剤を服用していますが、抗がん剤の効果が現在確認されていないようです。現在までに抗がん剤は2種類使用しています。

担当の医師の説明では、効果が確認されていないが、このまま抗がん剤治療を続けるということです。

このまま、抗がん剤の効果が無い場合、他に治療法はあるのでしょうか?

また、リンパ節への転移が確認された場合、ステージIIIで、5年生存率6~70%と書いてありましたが、大腸癌のリンパ節転移を完治することは出来るのでしょうか?

Aベストアンサー

抗がん剤の効果が確認されていないというのはおそらく正しい表現ではないでしょう。
術前にリンパ節転移が検査で見つけられないくらいのものであったこと、そしてそれは手術の際に摘出されてしまったことから、現在の状況で、検査を行ってもはっきりと転移があるといえる病変は存在しないということになるのではないでしょうか。
そして、抗癌剤治療の対象は検査では検出できないレベルの小さな癌なのでしょうから、効果があるかどうかを判定することは誰にも出来ないと思います。
そして、抗がん剤を使っても腫瘍マーカーが増加してきたり、CTなどで転移がはっきりしてきたときに初めて、今使用している抗がん剤の効果がなかったと判断できるといえます。

なぜ、効果判定が出来ないにもかかわらず、抗がん剤を使うのかといえば、過去に治療を受けてきた同じような手術でリンパ節転移があった患者に抗癌剤治療を行えば、抗癌剤治療を行わなかった患者よりも長生きしているというデータがあるので、抗癌剤治療を行っているのです。

そして再発してしまった場合には、より強力な抗癌剤治療を行うことになるでしょう。

>大腸癌のリンパ節転移を完治することは出来るのでしょうか?
生存率6-70%ならば、その中のいくらかの人は完治しているといってよいと思います。

抗がん剤の効果が確認されていないというのはおそらく正しい表現ではないでしょう。
術前にリンパ節転移が検査で見つけられないくらいのものであったこと、そしてそれは手術の際に摘出されてしまったことから、現在の状況で、検査を行ってもはっきりと転移があるといえる病変は存在しないということになるのではないでしょうか。
そして、抗癌剤治療の対象は検査では検出できないレベルの小さな癌なのでしょうから、効果があるかどうかを判定することは誰にも出来ないと思います。
そして、抗がん剤を使っても腫瘍...続きを読む

Q術後数ヶ月で転移?リンパ節腫大は増大しています

父のことで質問させていただきます。
昨年4月に大学病院で肺がんの手術(右下葉、右リンパ節切除。
もともと間質性肺炎持ち)しました。
リンパ節転移もなくステージはIBでした。
腫瘍の大きさが3cm以上(4cm)のためBとなりました。
半年後の10月にCT検査をしたところ「上縦隔リンパ節腫大が目立ちます」とのこと。
左側のリンパ節が腫れているとのことでした。
念のため3ヶ月後の1月にCT検査をしたら「上縦隔リンパ節腫大は
増大(2.3mm)しています」とのこと。
「転移なら数ヶ所になるけど一ヶ所だけだから転移ということは考えにくい。
右側のリンパ節を切除してあるから流れるリンパが、その場所に溜まっているのかもしれない。
2.3mmなら撮影の向きで大きさの誤差かもしれない」が、念のため来月、
PET検査をすることになりました。
「PET検査で、もし光れば悪いもの・・・転移ということになるので抗がん剤治療を」と言われましたが
術前にPET検査で光っていた右リンパ節へのガン転移はなかったので
PET検査の結果を本当に信じていいものかどうか悩んでいます。
「光っているから抗がん剤治療を」と言われたら気管支鏡検査や縦隔鏡検査を
お願いしてみるつもりです。
ステージIで術後数ヶ月で(術後3ヶ月ではCT検査をしていないので、その時点での
リンパ節腫大はわかりません)転移というのはありえることでしょうか?
自分でもネットでできる限りのことを調べましたが、どういう状況が考えられるのか
わらかず気持ちもスッキリしないままです。
もちろん検査してみなければわからないと言われると思いますが
検査後、いきなり告知、いきなり治療のレールに乗せられるのは父も私も望んで
いないので、心の準備をしておきたいのです。
同じ経験をされた方、専門家の方、アドバイスお願いいたします。
長文、失礼しました。

父のことで質問させていただきます。
昨年4月に大学病院で肺がんの手術(右下葉、右リンパ節切除。
もともと間質性肺炎持ち)しました。
リンパ節転移もなくステージはIBでした。
腫瘍の大きさが3cm以上(4cm)のためBとなりました。
半年後の10月にCT検査をしたところ「上縦隔リンパ節腫大が目立ちます」とのこと。
左側のリンパ節が腫れているとのことでした。
念のため3ヶ月後の1月にCT検査をしたら「上縦隔リンパ節腫大は
増大(2.3mm)しています」とのこと。
「転移なら数ヶ所になるけど一ヶ所だけだから転...続きを読む

Aベストアンサー

>ステージIで術後数ヶ月で(術後3ヶ月ではCT検査をしていないので、その時点での
>リンパ節腫大はわかりません)転移というのはありえることでしょうか?

あり得ます。
というか、その場合は、正確には既に手術時に目に見えない転移があったことを意味します。

わが国では肺がんの検診はレントゲンで行っていますので、発見時に既に7割以上の人が手後れの状態になっています。
ステージIで早期発見される人は、ごく一部だと考えて下さい。

ただし、仮にそのリンパ節の陰影ががんの転移であったとしても、まだ、望みはある状況のように思いますので、方々、セカンドオピニオンに行くなどして治療法を検討された方がよいと思います。

Qガンとリンパ節への転移について

「ガンとリンパ節への転移」については過去にも何人かの方が質問をされていらっしゃるようなのですが、知りたい回答とは若干のズレがあるように思いましたので改めて質問させていただきたいと思います。

3週間ほど前、義父が胆石が原因で胆管閉塞をおこしてしまい黄疸の症状が出たことで緊急入院を余儀なくされました。その後閉塞させていた胆石も取り除かれ、ひとまずは黄疸の症状も治まりました。その手術のあと医師からの説明があり、胆石を詰まらせた原因は実は胆管にできたガンが原因であると言われました。

内科の医師が申すには(患者本人が同席のもとでの説明でした)、「外科の先生が切ってくださるという判断をしていますので、開腹して治療することをおすすめします」と告げられました。

胆石の手術の後、我々が見舞いに行っても表面的には義父のガンそのものの症状もないと見え、すこぶる食欲もあり、調子も良さそうなので、私自身の中では(勝手な自己判断ですが)これはレーザーや腹腔鏡などを使って遠隔に手術を施す程度なのかと考えておりました。

ですが現実に医師から告げられたのは「もうそんなレベルではありません。リンパへの転移(血行性転移はナシ)も確認できます。」「それでもまだ外科の先生が切ってくださると仰っていますので治療の余地は残されているとお考えください。」ということでした。

私たちも患者本人が同席しておりますので、正直のところ「初期なんですか末期なんですか?」とか「一体ステージどれぐらいなのですか?」「どれぐらい難しいガンなんですか?」のような質問も出来ませんでしたし、少なくてもあの場ではこちらが質問をしない限りは、なにも知りたい情報が引き出せない状況でした。

「リンパへの転移って何だ・・・?」「どれぐらい難しい状況なのか?」など悶々としたまま戻ってまいりましたので、とりとめもなくこちらで質問をさせていただきました。

宜しくお願いいたします。

「ガンとリンパ節への転移」については過去にも何人かの方が質問をされていらっしゃるようなのですが、知りたい回答とは若干のズレがあるように思いましたので改めて質問させていただきたいと思います。

3週間ほど前、義父が胆石が原因で胆管閉塞をおこしてしまい黄疸の症状が出たことで緊急入院を余儀なくされました。その後閉塞させていた胆石も取り除かれ、ひとまずは黄疸の症状も治まりました。その手術のあと医師からの説明があり、胆石を詰まらせた原因は実は胆管にできたガンが原因であると言われまし...続きを読む

Aベストアンサー

まずリンク先は愛知県がんセンターと国立がんセンターの情報サイトです。ためになると思います。
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/200/210/several-cancers/iroiro-na-gan-05.html
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/bile_duct.html
>一体ステージどれぐらいなのですか?
転移がリンパ節のみということであれば、II期以上です。
>初期なんですか末期なんですか?
これはこの情報だけでは分かりません。リンパ節転移がある以上、初期ではないですが、リンパ節転移以外になければ、末期とも言えないでしょう。進行がんではありますが、末期がんではない状況としか推定できません。

>どれぐらい難しいガンなんですか?
放射線治療や抗がん剤治療は効きにくいです。手術がもっともよい治療法ですが、以前に胃癌を手術していること(癒着が想定される)や肝臓や十二指腸、膵臓など多くの臓器が密集している部分であり、手術は容易ではない部位であることから、手術自体は難しい手術となるでしょうし、合併症も起こりやすいと思います。ただし、外科医が手術可能と言っている以上は、それを信じるほかないでしょう。
手術がうまくいかなければ、長期生存が難しいと言わざるを得ないがんだと思います。

>逆に家族側の「口封じ」になってしまうのではないか
ちょっと前までは家族を優先に話をしていましたが、現在は本人中心とならざるを得ない世情です。患者の権利意識の向上の副反応でしょう。状況はある程度揺り戻しもあるでしょうけれど、現状では本人が同意しない以上、家族のみに説明することも困難な状況です。
病気になる前から、本人と常々「病気になったら家族も個別に説明を受ける」等の話し合いがひつようかもしれませんね。

まずリンク先は愛知県がんセンターと国立がんセンターの情報サイトです。ためになると思います。
http://www.pref.aichi.jp/cancer-center/200/210/several-cancers/iroiro-na-gan-05.html
http://ganjoho.jp/public/cancer/data/bile_duct.html
>一体ステージどれぐらいなのですか?
転移がリンパ節のみということであれば、II期以上です。
>初期なんですか末期なんですか?
これはこの情報だけでは分かりません。リンパ節転移がある以上、初期ではないですが、リンパ節転移以外になければ、末期とも言えな...続きを読む

Q癌の「リンパに転移」はどうやってわかるのですか

癌がリンパに転移するということをよく聞きますが、それはどうやって検査してわかるのでしょうか。知人が肝臓がんで、他の臓器には転移はないのですが、今後リンパに転移すると大変だと・・・といわれて、心配しています。、ガンマーカーの何が高くなったらそうなのか、病理組織検査もあわせなくてはわからないものなのか、できれば専門知識のある方、教えてください。

Aベストアンサー

一般に癌のリンパ節転移は、首や腋の下などの外から触れることができる部位の転移は触診で診断できます。超音波検査(エコー)を補助診断とします。
 胸部や腹部の奥深くのリンパ節転移はエコー、CT、MRI、最近ではPETで診断されます。 以前に撮影された画像と比較して新しいリンパ節がみられるか、リンパ節のサイズが大きくなっているかなどで診断可能です。
 肝臓癌の場合、肝細胞癌ではリンパ節転移はまれですが、胆管細胞癌ではリンパ節転移が多く見られます。
 転移の診断として血液中の腫瘍マーカー値の上昇が参考になります。肝細胞癌であればAFP,PIVKA、胆管細胞癌であればCEA,CA19-9などです。

Q悪性リンパ腫と腹部大動脈瘤の関連について

父が悪性リンパ腫で治療を受け、腰が悪くなったり、血圧が高くなったりしました。主治医からは「悪性リンパ腫の治療の結果、腹部大動脈瘤と腰部脊柱管狭窄症を来たした」との説明でしたが、状況がよくわかりません。
お聞きしたいのは、
1、悪性リンパ腫の放射線治療や化学療法でこのような後遺症?をきたすことがあるのか?(あれば、どのような経過によって起こりうるのかが知りたいです)
2、腹部大動脈瘤は悪性リンパ腫自体のことなのか?リンパ腫によって脊柱が圧迫されているのか?
の2点です。
細かいことを主治医に聞けない状況が問題だとは思いますが、田舎の病院では、まだまだ、先生様様の風潮があり、余計なことを聞けない雰囲気があります。外来の看護師さんに聞きましたら、よくわからないので、直接先生に聞くように言われましたが、とてもじゃないが、先生に余計なことを聞けるような診察状況ではなく、時間もとってもらえません。
当方の説明がわかりづらく、もしかしたら、見当違いと思われるかもしれません。回答しづらいこととは思いますが、宜しく回答して頂けますようお願い致します。

Aベストアンサー

大きな病気をされた後にご心配な事と存じます。

腹部大動脈瘤と悪性リンパ腫とは全く別物です。
ここから先はあくまで推測の域ですがご了承ください。

悪性リンパ腫の治療の際、大量のステロイド剤を使われたと思うのですが、
ステロイド剤の副作用に、高血圧・狭心症・骨粗鬆症などがあります。
その影響により腹部大動脈瘤と腰部脊柱管狭窄症を来したのではないかと思います。

また抗がん剤や放射線療法で血管が脆くなっていたのかも知れません。

腹部大動脈瘤は高血圧・狭心症の影響
腰部脊柱管狭窄症は骨粗鬆症の影響かと考えられます。

腹部大動脈瘤は大きくなると腰痛を引き起こす事があります。

大きな病気の治療を乗り越えられたのですから、また乗り越えられると思います。
どうぞお大事になさって下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング