人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

母方は真言宗です。父方は臨済宗です。
こういう宗派というのはどうやって決まるのでしょうか?
何世代も前のご先祖様が選んだ宗派が続いているだけなのでしょうか?

途中で変えることとかっていうのも一般的にあるものなのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

寺請け制度(檀家制度)は、正しくは宗派を決められたのではなく、所属すべき(檀家になるべき)寺院(菩提寺)を決められました。


基準は主に地域性です。
つまり、菩提寺の宗派によるということです。
本家を筋をたどれば1612年にたどり着きます(特別な理由がなければ)。

しかし、菩提寺の宗派が変わることもあります。
また、菩提寺自体がなくなることもあり(廃寺、合併等)、菩提寺を変えなければならないこともあります。必然的に宗派が変わることもありえます。

寺請け制度が廃止された後は、菩提寺を変えられるようになりました。
しかし、むやみに宗旨変えはしないほうがいいという考え方も多いです。

一般的ではありませんが、変えたいのなら変えてもいいものです。
仏教でなければならないということもありません。

変えたいんですか?
    • good
    • 1
この回答へのお礼

寺請け制度が廃止後は、菩提寺を変更しても良かったんですね。
一般的ではないみたいですが。

私は宗旨変えしたいというわけではありません。
これまで何気なく自分の宗派を通してきていたので、
いつ、どうやって決まったのか単純に疑問が出てきただけです。

丁寧なご回答ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/19 10:07

檀家制度は#2さんの言う通り幕府によって強制的に決められました。


その際#3さんの言う通り近隣にある寺の宗派に強制的に決められたようです。
江戸時代では質問者のお母さんは、結婚した時に強制的に真言宗から臨済宗に宗派を変更させられます。
そして、江戸時代最初に檀家になった寺に子孫代々、檀家になります。江戸時代は移動の自由が無いので、それで不便はありませんでした。
現在は、遠くに引っ越してしまうと、旦那寺が遠方になって、法事などに中々旦那寺の住職を呼べず不自由をすることになります。
宗派を変えるか否かに関わらず、旦那寺を変える事は、一応可能ですが、実際は困難なことが多いようです。
今までの寺を離檀することは、相応のお布施をすればできますが、新たな旦那寺に入るのに、住職が頑として受け付けない所や檀家会が反対して実質的に入れない場合があり難しいようです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

よくわかる説明ありがとうございました。
檀家制度は1612年に江戸幕府によって強制的に近隣の寺の州はに決められたんですね。

お礼日時:2006/08/19 10:02

途中で変えることとかっていうのも一般的にあるものなのでしょうか?


>有ります。キリストの父は、禅宗で葬式出されました。

参考URL:http://www.jiin.info/order/c_bodaiji.html
    • good
    • 0

私の父の実家は真言宗智山派です。

そこの地域も圧倒的に真言宗智山派です。母の実家は日蓮宗でそこの村も殆どが日蓮宗です。
地域ごとに宗派を別けたのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

No.3さんも1612年からずっと同じ宗派でしょうか?
ってわかりませんよね。そんな昔のことまで。

お礼日時:2006/08/18 20:18

徳川幕府が、キリシタン禁制のため1612年に、寺請け制度により強制的に幕府によって宗派が決められました。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ということは1612年から、宗派がずっと続いているのですね。

そのときはどの宗派にさせるかはどうやって幕府は決めたんですかね?

くじびきではないでしょうしね。
土地柄ですかね?

お礼日時:2006/08/18 20:04

日本では信教の自由が認められています。


坊さんがクリスチャンになったという話もあります。

>何世代も前のご先祖様が選んだ宗派が続いているだけなのでしょうか?

たぶんそうでしょう。

でも、あなたが何を信じようと自由です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q一度、つけてもらった戒名を別の宗派の戒名に変更できますか?

父の葬儀の際、非常に慌てており、よく確認しないで、家の宗派とは別の宗派のお坊様にお願いしました。家の宗派でお経を上げてもらい、新しく戒名をいただきたいのですが、そのようなことは、受け入れてもらえるものなのでしょうか?

Aベストアンサー

granadaさんこんにちは。マリア・フワポヨです。
業界の人です。

まずは、お悔やみ申し上げます。
で、ご質問の件ですがよくあることですよ。大切な家族を亡くして非常にあわててますものね。

granadaさんの家には菩提寺が無いのなら簡単です。ご縁のあるお寺を探して事情を話、希望を伝えてみましょう。良識のあるお寺さんなら快く受け入れてくれるはずです。もちろん、お布施等は必要になりますが宗教上の問題はありませんし、そのお寺の檀家に絶対にならなければならないというものでもありません。もし、話が通じないようだったら、そのような意地悪なお寺とは付き合わないほうがいいです。
お寺が決まったら、葬儀をしてもらったお寺には「間違えました。ありがとうございました。」と言っておけばそれでいいです。

菩提寺があるのなら、やはり事情を話し、菩提寺の意向に従いましょう。一応、謝りながら。ほんとによくあることです。

でも、本来は宗派に縛られる必要はないんです。お葬式のときのお寺さんに仏縁があったと思ってこのままにしておいてもかまいません。
もちろん、菩提寺にお墓があるのならそうは行きませんが。

また、菩提寺側には、このような事態にならないように檀家を教育しておかなければならない義務があったんです。
今回このような問題になったのは、じつは菩提寺に責任があるんです・・・・・って、常連回答者のb.b.さんがいつも述べていらっしゃいます(b.b.さん、最近見かけませんね)。私も同じ考えです。お経を読んだり仏事を執り行うだけなら菩提寺ではなくてもできるのですから。
無責任なお坊さんは自分の非を認めず、逆に檀家を責めたりします。菩提寺なんだから、檀家が確認しなくても自分の家の宗派ぐらいわかるようにしておかなければならないのに。

ナムナム・・・・・

granadaさんこんにちは。マリア・フワポヨです。
業界の人です。

まずは、お悔やみ申し上げます。
で、ご質問の件ですがよくあることですよ。大切な家族を亡くして非常にあわててますものね。

granadaさんの家には菩提寺が無いのなら簡単です。ご縁のあるお寺を探して事情を話、希望を伝えてみましょう。良識のあるお寺さんなら快く受け入れてくれるはずです。もちろん、お布施等は必要になりますが宗教上の問題はありませんし、そのお寺の檀家に絶対にならなければならないというものでもありません。も...続きを読む

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q浄土宗と真言宗の共通点

浄土宗の葬儀に出て真言宗と共通点が多くある事に気が付きました。
それは以下の点でした。

1、浄土宗では子供がなくなった場合なぜお地蔵さんを建てるのですか?
2、亡くなった人には阿弥陀さんが迎えに来るのになぜ追善供養を必要とするのですか?
3、葬儀の時、導師は引導を渡す必要があるのでしょうか?
4、お念仏と阿弥陀経の他に阿弥陀如来根本陀羅尼を読んだりするのは何故ですか?

新義真言宗では亡くなった方は阿弥陀さんがお迎えに来て蓮華座に乗せて西方極楽浄土に旅立つと和尚さんは御法話されました。そして地域によっては阿弥陀経を読んだりお念仏もします。阿弥陀講もあります。まるで浄土宗のようでした。
新義真言宗は浄土宗の影響を受けているのでしょうか?それならば両者ともなぜ塔婆を立てて追善供養したり白装束を着せて三途の川の渡し賃の六文銭を持たせたりするのでしょう?法要ごとに十三仏による裁判とは何でしょう?

さらに浄土宗は浄土真宗と大きく阿弥陀さんの本願についての解釈がことなるようです。
阿弥陀さんの本願に「全ての人を往生させる」と言っているのになぜ癖になるくらい常に口称念仏をしなければならないと法然さんは仰ったのですか?そこまでしなくても臨終には御来迎されるでしょうに。法然さんと親鸞さんでなぜここまで解釈がことなるのでしょう。
この宗派は現世で生きる希望を失った人がせめて来世で救われたいと願う人の為にあるような気がします。元気一杯希望一杯の人には向かない気がしました。

どなたか分かる方宜しくお願いします。

浄土宗の葬儀に出て真言宗と共通点が多くある事に気が付きました。
それは以下の点でした。

1、浄土宗では子供がなくなった場合なぜお地蔵さんを建てるのですか?
2、亡くなった人には阿弥陀さんが迎えに来るのになぜ追善供養を必要とするのですか?
3、葬儀の時、導師は引導を渡す必要があるのでしょうか?
4、お念仏と阿弥陀経の他に阿弥陀如来根本陀羅尼を読んだりするのは何故ですか?

新義真言宗では亡くなった方は阿弥陀さんがお迎えに来て蓮華座に乗せて西方極楽浄土に旅立つと和尚さんは御法話され...続きを読む

Aベストアンサー

本当はかなり難しい問題ですが、素人にとって分かり易いのは、浄土宗は他力本願、真言宗は自力で悟りを得る、点が基本的に違います。

儀式その他は似たところはあるでしょうから、あまり気にすることはありません。
お経はそうでもない。
たとえば般若経は浄土宗では読みません。般若経は自力の御経だからです。
浄土宗、浄土真宗では阿弥陀様のい救っていただくことによりはじめて成仏できる、と教えますので、自力の御経を大切にするなど、とんでもない。ことです。
とはいえ、浄土宗でも般若経を読む例もあるとか最近聞きましたが、何か読めるような屁理屈を作っているのでしょう。


人気Q&Aランキング