痔になりやすい生活習慣とは?

カテに迷いましたがお願いします。何から書けばいいのか。

両親を受け入れられません。職場の上司や先輩同僚に家族的な事を望んでしまう事さえあります。色んな意味で甘い親です。

学生時の就職や正社員退職を悩んだ時等「これは親に」という相談をしても、心に響いたり手応えを感じた事はなく、悪く言えば、「傍観者・事なかれ主義・他人事」な感じです。叱って育てるという部分も少ないです。 

退職前までは敢えて自分自身でコントロールし乗り越えてましたが、
退職に関して (精神的に限界だった為か) 親に相談してしまい、
自分の弱い部分と自律心が逆転し退職。
派遣でつなぎながらも再就職は上手くいきません。

結婚前に安定した業種の軌道にものっていた正規雇用を手放した自分を受け入れられなかったんです。
最近やっと、退職後がダメだったと思えますが、
年齢や社会情勢もあり将来 (再就職と結婚) を悩み、
その度、育った環境や親と似た自分の嫌な性格、体質が悔しいです。

優柔不断で受け身で腰の低すぎる性格、
(家族皆)先入観をもつ癖や逃げ腰な部分、
真剣に相談しても同じ土俵に入ってこない家族関係、
この環境に甘んじてきてしまった自分、
妹(私)が反面教師なのか自由奔放に自分の人生を歩んでいる姉。

別居して自分を追い込むにも派遣でさえ就業が難しい今は非現実的。
(お見合いで知り合った)彼がいるのですが、
求職中でアトピーも持っているのに、
結婚して親から逃げたいと不純な動機の自分。
喘息を隠して結婚した父に対し怒りに似た感情も最近強いです。

退職前なら1人暮らしや結婚の事も柔軟に考えられるけれどと、
当時何故あとひと踏ん張りできなかったんだ、
甘い助言に流されたんだ、アレルギーまで抱えて、
と処理しきれない葛藤で以前の様に前進しきれません。

上手く書けませんが、こんな状況で何から光を見い出していけると思いますか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

話を聞いていると(読んでいると)自分のマイナス面ばかり気にしている様子ですね。


過去の自分や自分のマイナス面ばかり見ていても何も前に進みませんよ。
一番大事なのは今自分が何をしたいか、どんな人間になりたいかであり、その為に自分がすべき事、努力する事を見つめる事だと思います。
マイナス面を直そう(改善しよう)と思っても、人間なかなかうまくいきません。
逆に自分のやりたい事に神経を使う事の方が楽しくもあり、気力が沸いてくるものです。
この際両親は関係ありません。
一番大事なのは自分であり、前を向いていれば自然と周りの声など気にならなくなるものです。
人間的に強い弱いとかは関係ありません。
前を向くか向かないかです。
それで人間は成長するものだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにそうですね。
このマイナス思考、悲観的、ウジウジした性格も父に似ています。
紆余曲折あり、やっと退職後の自分がダメだったとほんの僅か進歩できたんですが。

退職した自分を受け入れられず、そんな自分の親に対する恥ずかしさもありました。家族で落ちこぼれだと。
その頃一緒にやっていきたいと思える方と(お見合いですが)知り合ったのですが、まだ今ほどそういう自分を受け入れられておらず本来の自分が彼の前で出せませんでした(勿論断られました)。

今は退職を受け入れる為には必要な時間だったと思えますが、あまりにも極端に時間がかかりすぎました。

再就職と結婚(お付き合い)と同時進行は難しいです。というか、こんな事が許されるのか、まず何でもいいから仕事を見つけることじゃないか、と思うのですが、上手くいきません。

前向きさが足りないでしょうね。事ある毎に振り返って、未練がましくて。

足だけは止めずにいたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 13:56

#7、#8です。


少し冷たい文章になってしまったため、誤解されたかもしれませんが、
怒っているわけではありませんよ(^_^)
自分の殻を破って、前向きに頑張ってくれるといいな、と思っています。
がんばってくださいね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方の質問を読んでいて、その方はとっても過去の事を悔やんでおられて尚且つ今でも自分を責めたりする自分が嫌だという方だったのですが、その回答の中で、「とっても感受性が強く、完璧主義で、真面目で嘘がつけない人、そこまで過去を引きずり執着するという事は人生のテーマが隠されているかもしれない」というものがありました。
それを見て、全く私とそっくりだと思った一方、見ず知らずの方だけれども同じ悩みに苦しんでいる人がいる事やその回答者の方々に救われた部分もありました。
勝手に一人よがりに書いていますが、私にとっては「いい加減(良い加減)」「何があってもケセラセラ」位の気持ちで一般的な人並みになるのかも、そうして殻を破る事が出来た時、パッと目の前が明るくなる気がします。
仕事やプライベートでのあらゆる事を受け入れ、勇気もって仕事にしろ結婚にしろ一歩踏み出し、他人から見れば微々たる歩みでも自分なりに努力していきたいと思います。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/26 18:29

失業中でもアトピーがあっても、結婚したい人がいて、相手もそう思ってくれるなら


何も遠慮することなく、結婚すればいいと思うのですけど。
なんだかご自分で勝手に決め付けて、可能性の目をぼこぼこ踏みつぶして歩いているように感じます。
質問者さまの考える「理想の人生」からはずれてしまっているから許せないだけなのでは?

結婚すれば、職業選択の幅が広がって、あっさり仕事が見つかるのかもしれません。
たとえば、パートでもアルバイトでもいいとか、お給料が少なくても構わないとか。
あれもこれもいっぺんに解決しようなんてうまくいかないものですよ。

いくつか前のIDから気になっていたのですが、
(同じ方なんじゃないかと勝手に思っているのですが、違ったら申し訳ありません。質問の内容や文章の特徴からそう思いました。)
数年前から悩みがあまり変わっていないように思います。
このままでは、5年後も10年後も同じことで悩んでいるような気がします。
結婚するには失業中ではいけない、などの先入観はどこかで見切りをつけないと。
もう少し周囲を信用してみるというのも必要なんじゃないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

別に結婚に拘っている訳ではありませんが、確かに複数の事を考えてはいます。
文面から察するに少し怒りを買ったようですね、いつまでも悩んでいる為に。
普通の人より気持ちの切り替えなど時間がかかってしまう部分はあります。悪気はないのですが、逆の立場なら「いい加減にしろ」と思うのも無理はありません。

>(同じ方なんじゃないかと勝手に思っているのですが、違ったら申し訳ありません。質問の内容や文章の特徴からそう思いました。)

過去にお世話になった事はありました。今回2度目のIDです。
客観的・先入観のない意見をうかがいたく一度退会しました。
また、このサイトに頼る事なく自分で乗り越えようと思った事も事実ですが。
私より確かお若く苦労もされていたように記憶しています。もっと違う視点から自分を変えていく必要がありそうです。内面的には少しは変わったと思っているのですが、信憑性ないですよね。
ありがとうございました。申し訳ありませんでした。

お礼日時:2006/08/24 21:32

私の兄は軽めのアトピーがあり、他にもいろいろとアレルギー体質のような感じで、たまに通院しています。


私も持病があり、子供の頃からずっと薬を飲み続けています。
薬のおかげで完璧に症状は押さえられているので、日常困ることはありませんが、
この病気に偏見を持っている人もいるようですし、生命保険や医療保険に入ることもできません。
両親は2人とも持病のようなものはありません。体が弱いということもないですし、とても健康です。
親戚にも思い当たる人はいません。
まったく原因がなかった(と思われる)私たち兄妹ですが、それでもこのような体質に産まれました。
その逆だってあるでしょうし、持病や体質の原因なんて考えてもしかたないんじゃないかと思います。

ですが、私たち兄妹は基本的にはとても元気なのです。
風邪もめったに引かないので、周囲の人たちには健康な人だと思われているでしょうね。
何らかの持病があって、密かに悩んでいたり、治療を受けたりしている人は、意外に多いのかもしれませんよ。
(症状の重さは様々でしょうけど)
多くの人が似たようなものだと思えば、少しは気が楽になりませんか?

質問者さまが好きでアトピーになったわけじゃないのと同じように、
お父様だって好きで喘息になったわけじゃないのです。
隠して結婚したことについて、ちょっと気持ちがわかるところ、ありませんか?
それが良いことかどうかは別にして、自分がそうするかどうかも置いておいて、ですけれど。
アトピーだから、おそらく外見上わかってしまうのでしょうし、隠すなんて現実的じゃないのかもしれませんが、
隠せるものなら隠したい、って思ったことはありませんか?

アトピーが今すぐ治る見込みがないのであれば、原因をあれこれ想像して、
それを責めてもなにも良いことはないと思います。
うまく付き合って生きていくことを考えたほうが、建設的ですし、精神的にも良いと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

隠して結婚したと聞いて、今まで信じていたり尊敬する存在だった親に対してなんか失望ではないけれど、(結婚に至る当時の考えなども聞き) 残念に思いました。
嘘はダメ、どんな時も堂々としろ、と言いながら、いつも暗くウジウジした性格に拒否感があります。なんか思春期の子が抱く子供みたいな感情で頭では情けないと思うのですが。
子供への遺伝等大した事ではないと考えていたようです。

こんな求職中で大人になりきれていない私が言うのは許されない事ですが、
ここにいてはダメだと思う気持ちが強く、とにかく親から逃げないと始まらないと思うのですが、仕事が安定しないだけにそれは不可能に近くその葛藤に苦しんでいるという感じです。
退職しなければ今頃は結婚の事を集中して真剣に考えられていたか、もしかしたら結婚していたかもしれないのに(プローポーズもお断りしてばかりでした)、それどころか職探しからつまずいている状態では何もできません。
実際、派遣等フリーターに近い今の状況に陥ってから、お見合いや男性とのお付き合いも上手くいきません。年齢もあると思いますが、自分の気持ちが「無職でお付き合い・結婚」という事に追いつかなく、早々にお断りしてしまいます。

自分のアトピーはある意味慣れているのでいいのですが、結婚の事や子供の事を考えると、「それに加えて歳も重ねたし、仕事もなくしたし」と一生1人で生きていく事に対しても結婚に対してもハードルが高く壁が厚く、絶望感に襲われます。
どうしようもないこの葛藤が親や自分の育った環境への逆恨みになっているのかもしれません。
お礼にまで弱音をはいてすみませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/24 12:41

大変でしたね。


私も30代の休職中に、紹介で夫と知り合い結婚いたしました。夫は花粉症アレルギー、私も肌が弱いです。長男長女でなにかとありましたが、夫はそれでもプロポーズしてくれました。

仮に、今お付き合いなさっている彼と別々の道を歩いたとして、人生最後の時のとき、後悔されませんか?わたしは迷った時<後悔しない>と判断したら行動しません。
ただ結婚すれば、相手を支えることもありますので、<彼だからこそ、一緒に生活したい>という感情が必要かと思います。

答えを出す前に、ゆっくりお休みになってください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お局脱出できたのですね。退職していなければ、今頃は私もお局です。
派遣でも「独身30過ぎ」を見る目は、正社員より厳しいですが。
30代の休職中に知り合われたのですね。もしかして求職中でしょうか。

実は私ももう30過ぎているんです。写真写りも悪く、大抵職場でも誰でも話しをして第一印象と違うと言われます。
顔が地味で、「笑み」が口元上できないんです(要は軽い受け口です)。
若ければ少々写真が悪くてもお会いしていただけますが、30過ぎるとそれだけでも不利なのに、写真や無職という書類ではなかなかです。

今の彼は、アトピーの辛さは本人としても親の立場としても痛い程わかっているので、気持ちが追いつきません。
一方、アトピーが原因でお断りするなんて(本当の理由は言いませんが)、いつか自分に返ってくるのでは、心が狭すぎるのでは、とふん切れない自分がいます。

家庭を守る立場として、夫の身の回りの世話も含め最大限努めたい気持ちは確かにあります。
自分の体質や無職であること、年齢も考えると、立場もわきまえねばとも確かに思っています。
でも、一生の事、受験・就職よりも人生最大の決断なだけに躊躇します。

これは、アトピーを持っている今の彼だけに対する気持ちではなく、
男性に自然に入っていくというか寄り添っていく、という事が自分ではまだ現実味を帯びないんです。
お見合いだからかもしれませんが、人に慣れていくこと、遠慮なく自然な関係に発展させていくこと、が苦手なんです。

これも受け身、控えめ、自信のなさ、人見知り、の表れなんでしょうか。

結婚よりやはり仕事を見つけて、窮屈なく、自由に行動できる環境作りが必要なのでしょうか。
一方、仕事選択、働き方選択の悩みが沸いてくるという、どうしようもない状況です。

先を心配しすぎず、未来の自分を信じることを意識してみます。
自分を好きにならないと人からも受け入れられないとも頭でわかっているだけに、気持ちのコントロールが上手くいきません。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 14:26

喘息を隠して結婚した父に対し怒りに似た感情も最近強いです。


父親を否定してしまうと、自分自身の存在も否定することになりますよ。なんらかの、アレルギーの方が増えているのですから。
過去に学ことは、いいことですが。同じ失敗しないためにね。
過去は変えたいけれど変えられない。のですから、今を大切に生きてください。楽しく前向きに。プラス思考で。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

退職した自分を受け入れられた今は、何とか仕事(今は求職ですが)オンリーではなく、趣味や他へ目を向けることも出来るようになりました。

ただ、皮肉ですね。求職中の (或いは結婚の当てもない) 身では、手放しで楽しめていないというか、決まって深い孤独感と危機感と寂しさに襲われます。

仕事が先に決まれば上手くいくのか、共に生きていきたい相手と自分の人生のスタートを切れると今のモヤモヤや振り返るクセはなくなるのか。

アトピー持ちで無職。結婚相手としてはあまりにも問題が大きすぎて、でももう年齢も限界です。
後ろを向き出したら、強引にでも考える事をやめるように意識してみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 14:04

びしっと叱って欲しいときもあるんですよね。


ご質問者さんの感情は理解できます。

私は、今、1歳の子の子育て中なのですが、しつけの本をいろいろ読んでいる中で、そういう記述もたくさんあり、ご質問者さんの葛藤は自然だと思います。

今、悩んでいらっしゃるとのことで、人間、そういう時期も必要があるんだと思います。
今は悩む時期なんですね。
いろいろ、紙に書き出して、悩むといいと思います。

簡単にアドバイスできないので、詳しくは、家族問題の本を読んでみてくださいね。

家族依存症
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4101442215/24 …

参考URL
http://homepage3.nifty.com/bansoukou/
http://www.iff.or.jp/index_j.html

参考URL:http://homepage3.nifty.com/bansoukou/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URL涙が出ました。本も低価格で手を出しやすいので一度読んで見ようと思います。

>今は悩む時期なんですね。

そう思い在職時(正社員)は本を読んだり、病院の門を叩いたり、日記書いたり、もちろん友達にも相談し話も聞いてくれました。
心療内科受診では、親も来て欲しいみたいで、そこで挫折し、
(転校先の小学校でのアトピーでのイジメが自分の中で暗い影を落としている事にも気づかず(?)、私本人には内緒で親の勝手な判断で精神病院へ連れて行かれた事があります。後でそれに気づいた時安易に他人・外部頼りする親に違和感を覚えた事と、どこか親には知られたくないという感情がありました)、
カウンセリングでは「自分で解決していける人」ともう1人の自分が思っていた事と同じ事を言われ、長くは続きませんでした。

上司に相談したのも私にとっては勇気のいる事でしたが、外部(他部署の同僚や職場外の友人等)で言っていてもある程度以上はラチのあかない事、と意を決して相談したんです。上司特有の欠点はありましたが人間的には他部署でも信頼を集めている方だったし。

皮肉にも病院という職場だった為、心療内科等への受診もどこか冷めた眼で見ていた自分と、職場内では他よりも隠す事が難しい、などと
自分1人で孤軍奮闘していたように今、思い返しています。
最近メディアでうつに対しての支援や偏見をなくす記事、克服したという記事を見る度、「私にはもう遅い」という気持ちに似た複雑な気持ちになります。

再就職で立ち直るより、結婚して環境をかえ窮屈なく行動できるようになれば、再就職も上手くいくのでは、と思う一方、
結婚の動機としては不純すぎる、本当に今のまま結婚できても仕事面で悔いが残ったり自分を責めたりしないか、と自問自答する自分もいます。それ以前に無職でお付き合い・結婚自体敬遠されそうですが。
(バリバリ仕事する事は特に望みませんが、適度に社会と繋がってはいたいと思います。将来経済的にも必要になるだろうし)。

色々先を考えるより、今の歩み(求職と自己学習)を止める事なく、良い方がいればお会いさせて頂いて、という「今を生きる」事が先決なのでしょうか。

分岐的な年齢なだけに、何から手をつけるべきかさえ分からなくなっている感じです。
ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 13:41

そんなに親が嫌いなら、どうして正社員でいる間に一人暮らしをしなかったんですか?


たぶん、正社員でいる間は、家事なんかも楽だし、家賃もいらないしで、あなたも親と暮らす恩恵は受けていたんでしょう?実際、今も、親と住んでいるなら、同じですよね。
一人暮らしと簡単に考えているようですが、家賃から光熱費、家事まで、一人分とはいえ全部やるのはきついですよ。

退職して、そのあとがうまくいかないから、理想の親を誰かにどこかに求めてしまうのかもしれませんが、そんな理想の親は、転がっていません。
むしろ、珍しいでしょう。

効き目は期待できませんが、ちょうど夏です。
本屋さんに行って、戦時中の生活の記録とか、手記とかを読んでみたらどうでしょうね?
食べるものもなく、安心して眠れる夜もない生活、常に自分の意思と関係なく死にさらされる恐怖。
たぶん、現実にそんな生活になれば、あなたは、今のアトピー生活・失業生活でさえ、いとおしく、懐かしく思うことでしょう。
眼をつぶっていたら、光なんか見えなくて当然です。
眼を開けていたら、どこかに光はさしてます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>そんなに親が嫌いなら、どうして正社員でいる間に一人暮らしをしなかったんですか?

失って気づく、というと言い訳になりますが、
当時いつまでも実家暮らしも情けない、と賃貸の抽選へ申込んだり、
雑誌で最低限の知識を得たり、購入の必要のある物実家から持ち出せる物を書き出したり、シュミレーションもしました。
が、通勤できる距離なのに敢えて1人暮らししてお金を使うより、その分貯金へ回そうという考えが強かったです(家にお金は入れていました)。
"あんたできるかぁ"という親の言葉やその職場で辞めざるを得ない状況になった時の不安に負けてしまった自分が、甘かったと反省です。
そこを押し切っていれば、職場で辛くなっても解決の糸口を見つけたり、仕事オンリーだった自分が意外に他へ眼を向ける余裕が生まれたかもです。

家族的な事を無意識に求めていたのは退職した職場での事です。

コネ入社の多い職場で私は公募で採用されました(ハローワークで)。
「ここで本気で頑張る」とこんな私を採用してくれたこの上ない嬉しさも手伝って、控えめな性格に積極的さも加わって自分なりに頑張りました。
が、これも若さ故の"生き急ぎ"みたいな感じで、空回り・裏目・一人相撲に過ぎませんでした。

結局精神的に限界になりましたが、
都度素直に上司に相談していた中での
「色々考えてくれて嬉しい」
「○○さん(私)の立場では出来ない事だから肩の力を抜いて背伸びせず気楽に頑張って」
「○○さん(私)だけが頑張ってもダメ」との言葉と、
退職の意思表示で
"もう少し女性としての仕事ができれば彼(直属の先輩)も歩み寄ってくれたかもしれないですね"との私の言葉に、上司がうっすら目を赤くされた事だけがその後の支えでした。
(女性一人の部署で、依存心の強い裏表のある彼との関係が最大の悩みでした)

再就職、結婚が上手くいかない焦りや不安が、
アトピーの原因である父が喘息を隠して結婚した事実を知って余計、逆恨み的に色々責めてしまっていると頭ではわかっているのですが。

再就職・結婚。ともに限界に近い年齢でどちらかに集中してひとつずつという訳にもいかず、
でも何に糸口を見い出せるか分からなくなり、という感じです。

求職と自己学習(今は簿記2級)は継続していますが足を止めずにいたいです。

お礼日時:2006/08/20 13:03

上記の悩みを飾らず全て、冷静に語り、彼にわかって貰い、受け止めてもらうことかと思いますが、いかがでしょうか?



親離れ、と言いながら、親と依存関係になっている様子も覗えますので、ここは彼と良く話し合うのがよろしいかと思いますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご指摘の通り親離れしきれていない自分が情けなく恥ずかしく思います。
結婚を望んでいるものの、再就職の希望も同じ位持っており、
その点でも(年齢・スキル・気持ち・案件面で)突破口が見い出せません。

悪い思考回路の始まりなのですが、
正社員のままならとりあえず1人暮らしする事も出来た、
否、退職は仕方なかったんだ、生真面目に全て原因を自分に当てはめて責めてばかりで結局うつ病みたいになって…、否、正社員の時仕事以外の事に目を向ける余裕を自分自身が持っていれば(プロポーズを受けた事もあります)、等と堂々巡りです。

結婚に対する不純な動機とアトピー(外見上彼もです)、仕事。

辛さを分かっているだけにアトピーの彼とのお付き合いにも気持ちがついていっていない部分も多少あります。
でも、正直再就職と結婚では結婚したいです。
でも、求職中のお付き合いや実際に結婚するなんてありえるだろうかと、疑問に思う自分もいます。

親が厳しくする事は経験上難しいと思うので、自分が離れていかなくてはという思いが強いです。
恥ずかしい限りです。

お礼日時:2006/08/18 19:52

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング