人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

英会話ができるようにと英会話スクールに通ってる者です。授業の始めにいろいろなフレーズで挨拶されます。が、意味合いがピンとこなくて、とりあえずお決まりのgood、I'm good!になっちゃいます。日本語に訳するのが間違いと指摘する方もいらっしゃると思いますが、私には置き換えたほうが返事に感情移入しやすく、同じgoodでもfeelingが変って来ます。
また最近what's upに対して→good は間違いもしくは△と知りました。not muchが普通との事。日本語でも挨拶のパターンみたいのがあって「調子どうよ?」「いいんじゃん」「ぼちぼち」などあると思います。
このように、挨拶の核となってるのは何なのか挨拶事に教えてほしいです。またその返答のポピュラーなものも合わせてお願いします。
例)how are you? good!
how's it going? pretty good
what's up? not much
他いろいろです。上記もコアとなる尋ねられてることがわかりません。だから返事も棒読みになっちゃいます。   長くなりましたが質問の意味を理解していただけたでしょうか?よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

「How are you?」と聞かれたら、「Very good. Thanks.」とか「I'm fine. Thank you.」などでいいんですよ。


「尋ねられてることがわかりません」とのことですが、ただの挨拶です。日本語で「元気?」って聞くのと一緒です。意味も似たようなもので、本気で今日の気分を聞いてるわけではありません。
それに対する返答も、日本語で「元気?」って聞かれたら「元気、元気~。」って答えるように、特にバリエーションないし、軽い挨拶だからここでこだわる必要もないわけです。

とりあえず、思いつく限りですが、ご参考までに。

質問
How are you? 
How are you doing?
How's going?
How have you been? (久しぶりのときに「どうしてた?」という意味で)
How have you been doing? (上と同じ)
What's up?
What's new? (What's up?と同じような意味です)

返事
Very good, Good, Fine, Okay, Just okay, Pretty good, I'm fineなど。
What's upの方は、not muchで十分です。

「Very good, thanks.」や「I'm fine. Thank you.」が最も無難です。

ただの挨拶で、会話のそのあとから始まるものですから、そこで変にこだわらない方が良いですよ。
    • good
    • 1

こんにちは。

 

会話学校で挨拶に『what's up?』と聞かれたら、長い文章で、いろいろと近況を語る事が期待されています. 会話学校は英語のお喋りを造る学校であって、英語の文法をテストするところではありません。

もし、私がそう聞かれたら

Well, nothing particular these days but I have received my physical examination report from the hospital this morning saying it is okay. I am now much released from it.

これくらいのお喋りが期待されていると思います。 折角、お金を払って通っているのに、ミスを恐れていては、時間の無駄になりませんか?

会話学校は『喋ってナンボ』の世界です。 ジョークにこんなのがあります。 『日本人は I can not speak English と実に完璧な英語で喋る不思議な国民です。』 これって馬鹿にされているのですよ。
    • good
    • 1

 私の住んでいるここイギリスでは様々ですね。



 一般的な;
How are you? I'm fine thank you.もありますが、よくある、フレンドリーな感じで意外なのが以下;

Are you alright? 日本語にすると大丈夫?っていう感じに受け取られると思うのですが、こっちでは、よくyou alright?って感じで尋ねHow are youという感じで使われてます。答え方は様々ですが、I'm fineかI'm alright thank youって感じです。

 返答の仕方ですが、イギリス人はアメリカ人と違って、ややシャイというか、思ったことをずばっということはどちらかというとあまりしない方です。

 よって、I'm fineということもありますが、Not too bad thank youとかNot too bad at allとかいう、なんだそれは?!という感じのものもあります。
Very well thank youやSplendid!という場合もありますね。

 アイルランドの方の方は、I'm doing gland my dearとかただ単にgland my dear, gland.ってよくいいます。

 オーストラリアでは「ぐ・だい・めい」といいます。これはgood day mateなのですが、発音的には上記のようになります。返答は同じくgood dayです。どちらかというと、これはこんにちはみたいな感じですが...。

 さて、fineじゃない場合、ぼちぼちなんかは;
so soと言ったり、I'm coping Ok I supposeやCould be betterなんていう言い方もあります。
    • good
    • 0

>how are you? good!



失礼な言い方だそうです。(How are you, Taro ?と相手の名を入れる)

参考URL:http://plaza.rakuten.co.jp/niten/15005
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング