AIと戦って、あなたの人生のリスク診断 >>

こんばんは。

私は高校時代(3年ほど前ですが)バレー部のマネージャーをしていたので、
一応一通りのルール・ポジションについての知識はあるのですが…
全日本でのポジション名は
・ウイングスパイカー
・ミドルブロッカー
 (あとスーパーエースなどもあったような…)
となっていますね。

部活の時に使っていたポジションの
・レフト
・センター
・ライト
というポジションと上記はどう違うのでしょうか?

セッター、リベロは呼び方が変わらないので分かるのですが…。

ごちゃごちゃした書き方で申し訳ありませんが、
ご存知の方よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

バレー経験者です。

確かに最近はポジションの呼び方が少し変わってきてますよね。

言葉でうまく言えませんが、レフト、センター、ライトは場所を表していて、前衛レフト(フロントレフト)、後衛レフト(バックレフト)などといいます。
ウイングスパイカーやミドルブロッカーはその人たちの役割を言うのではないでしょうか。

高校生ぐらいまでだと、ほとんどがローテーションしてもレフトの人は常にレフトというように移動するのでポジションはレフト、センター、ライトという呼び方になると思います。
ですので、高校時代に言っていたレフト、ライトがウイングスパイカー、センターがミドルブロッカーということになります。


全日本などになると、ローテーションによってレフトに行ったりライトに行って平行を打ったり、時間差攻撃をしたりします。
レフト、ライトに固定していないという意味で、またどちらのサイドからでも攻撃できるという意味でウイングスパイカーという呼び方をしているのではないでしょうか。
攻撃だけではなく、サーブカットなどリベロと一緒に中心になるポジションです。
ミドルブロッカーはセンターで主にブロックの中心になって、攻撃では速攻などを打つ人のことです。

スーパーエースというのは以前はセッター対角とかライトとか言われていたポジションです。
最近のバレーでは、特に男子だと後衛に下がってもバックアタックで攻撃参加して、チームの得点源になっているのでこういう呼び方になったと思います。


検索してみたら下記のようなサイトがありましたので、参考にしてみてください。

参考URL:http://www.vnc.jp/pukiwiki/?FrontPage
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても分かりやすい回答をありがとうございました。
URLも拝見させていただきました。

確かにそうですね。全日本のウイングスパイカーと呼ばれる選手は
レフト・ライト固定していないように(その時の状態に応じて行動して
いるように)見えますね。

ミドルブロッカーは、では高校時代のセンターとあんまり変わらないのかな?背の高い人が多く、速攻やブロックをしますもんね。

長いこと気になっていたので本当にありがとうございました。
今テレビで放映されているものをまた良く見て、
研究したいと思います。

お礼日時:2006/08/22 13:27

balsa_realさんの参考HPより抜粋です。



  ポジション名        位置          役割
・ウイングスパイカー サイド(レフト/ライト)   サイドからの攻撃
・ミドルブロッカー    センター          速攻やブロード
・スーパーエース    ライト           バックアタック

以前の呼び名は"位置"を表し、現在は"役割"+("位置")を表しているようです。

自分が現役時代は、アメリカが全盛期で"ティモンズ"のバックアタックに
驚愕してました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をありがとうございました。
「位置」から「役割(+位置)」へ。
微妙な違いのようですが、もっともっとバレーを楽しむために
ゼヒ知っておきたいことですね。

今放映されているバレーを見て、よく勉強します。
本当にありがとうございました。

お礼日時:2006/08/22 13:31

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qバレーボールのポジションについて

 バレーボールのポジションは大まかにいって4つ

・センター
・ライト
・レフト
・リベロ

があると思う(ここから間違っているかもしれませんが,その場合は忌憚なくご指摘ください。)のですが,リベロはなんとなくわかるのですが,他の3つについてはよくわかりません。

・どういう役割をするポジションなのか?
・どういう選手がそのポジションに適しているのか?

をご教示いただければありがたいと思います。またリベロについてはなんとなくわかると申しましたが,リベロについても役割,適性についてより詳しいお話をうかがえれば嬉しいです。
 どうかよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

センター・レフト・ライトは基本的に位置がかわるだけです。相手のほうに向いて右からライトセンターレフト(すいません、わかりますよね^^;)

センターはブロックがうまい選手に多いと思います。だいたいのチームではひとつのスパイクに対し、2人のブロッカーが飛びますが、レフトのほうに相手のトスが上がったのを確認し、ライトの選手がレフトの選手のほうまで移動してブロックに飛ぶ時間的余裕はありませんよね?
なので、必然的にセンターの選手がトスを見極め、左右に動いてブロックすることが多くなります。そうなるとセンターの選手がブロックに飛ぶ回数は、他のポジションよりずっと多くなるのです。

ということで、センターの選手に必要なものは
・身長
・ジャンプ力
・相手のトスを見極めてから動いて追いつく俊敏性
といったところです。
また、攻撃の時にはクイックを打つことが多いと思います。


ライトの選手は、だいたいのチームがここにセッターを置いています。その対角にスーパーエースと呼ばれる、ちょっとした切り札的なアタッカーを置いておくチームも最近では見られます。
しかし相手のリターンボールの1段目をセッターが拾う場面ができると、2段目にトスを上げる人がいなくなります。そうしたときにはこのセッターの裏にいるライトの選手がトスを上げることになります。
(レフトのところで解説しますが、基本的に困ったときはレフトに上げるのがバレーボールの定石でして、そうなるとトスは反対側であるライトの方から上がってきたほうが打ちやすい)
なのでこの選手にもある程度のトスの技術も必要です。

ということで、ライトの選手に必要なものは
・高いトスの技術
・トスを上げるときの判断力(相手のブロックが何枚ついているか、相手のポジションに乱れなどがあるかなどをとっさに見て上げるトスを決める)
といったところでしょう。スーパーエースの場合にはやはり決定力も必要です。


レフトの選手は頼れるエースアタッカーを置いておきます。安定して点を取ってくる大砲がここのポジションにいるかいないかで、そのチームの強さが決まるといっても過言ではありません。
だいたいレフトに上がるトスは高く山なりのボールです。
相手からすごいスパイクがきて、「何とか拾ったけどクイックなんか使ってる余裕ない!!」みたいな時にも、「とりあえずレフトに上げてしまえぃ!!」的な感じでトスが上がってくるからです^^;
対角にいる裏エースも、やはりそれと勝るとも劣らないくらいのスパイク力があるのが望ましいです。
ということでレフトに必要なのは
・ジャンプ力
・スパイク決定力(強いだけではなく、コースや角度などを狙ったところに狙った速さで落とすことができる技術)を持っている
・チームがピンチでも、こいつにトスを上げれば何とかしてくれる!!と思わせるようなカリスマ性


簡単に言うとスラムダンクの流川君みたいな人です 笑


リベロというのはレシーブ専用の人のことです。
普段交代をするときには審判の人に交代することを告げ、回数も制限がありますが、リベロプレーヤーはコートとベンチを自由に行き来することができます。

例として、世界一のスパイクが打てる選手がいるとしましょう。
その人が前衛のときに打つスパイクの決定率は100パーセントです。しかしこの人レシーブはからっきしダメで、その人のところにボールがきたら確実に点を取られてしまいます。
これではいくらスパイクがすごくても勝てませんね?±0です。
そこで、前衛にいるとき(攻撃するとき)はそのアタッカーを出して、ローテーションをして後衛に行った時にリベロプレーヤーと交代させます。すると、やはりリベロはレシーブがうまいですから点を取られなくなります。
マイナスの分が減るので当然プラスになりますよね。
こういった具合につかわれるのがリベロプレーヤーです。
この制度がなかったときは、いちいち審判に交代を宣言し、1セットごとに決められている交代の回数の上限を気にしながらゲームを組み立てていったのですが、この制度ができて、ひとつの事に特化したプレーヤー(スパイクに特化してるけど、レシーブができない。レシーブができるけどスパイクが打てないといったような)の活躍の場が広がりました。

ということで、リベロに必要なのは
・ひたすらレーシーブ能力

また、ローテーションのたびにベンチに戻ることができるので監督の指示を仰ぎやすく、コートにいるときも常に後衛にいて全体をみることができるので、サッカーで言うキーパーのような「コート上の第二の監督」的な役割も持っています。


長くなりましたが、これでもなかなか伝わりにくいですね^^;
活字にするとやはり難しいです・・・
うまく斜め読みしてください。失礼します・・・

センター・レフト・ライトは基本的に位置がかわるだけです。相手のほうに向いて右からライトセンターレフト(すいません、わかりますよね^^;)

センターはブロックがうまい選手に多いと思います。だいたいのチームではひとつのスパイクに対し、2人のブロッカーが飛びますが、レフトのほうに相手のトスが上がったのを確認し、ライトの選手がレフトの選手のほうまで移動してブロックに飛ぶ時間的余裕はありませんよね?
なので、必然的にセンターの選手がトスを見極め、左右に動いてブロックすることが多くなり...続きを読む

Qバレーボールのポジション

女子チームが五輪出場決定したのに・・・基本的な質問で申し訳ない。

最近、TVで木村選手みたいなエースをウィングスパイカーとか言っていますし、荒木選手を
ミドルブロッカーとか言っていますよね。

以前は似たような働きをする人をレフトとかセンターとか言っていたと思うんですが・・・

呼称が変わっただけなんでしょうか?それともなんかバレーボールのルールとか戦略が
世界的に変わって似たような働きながら呼称が変わっているのか?

女子よりは男子が先にウィングスパイカーとかミドルブロッカーとか言ってたような気が
します。(気のせいかもしれませんが・・・)

どなたか詳しい方教えていただけますか?

Aベストアンサー

今晩は。
ポジションの呼び名が変わったのではなく、リベロ制が採用された為、戦略が変わってきたので選手の配置が変わりました。
後、オポジットがエースではありません。
・オポジット
 セッターの対角に入り、攻撃専門の選手でなので基本的には守備は行いません。
 ライトに入りますから、サウスポーの選手が有利です。(男子の場合、山本選手や清水選手が行います)
 日本女子の場合は、このポジションの選手はいません。
・ウイングスパイカー(サイドスパイカー)
 このポジションがエースで、サーブカット、スパイク、ブロックなど攻守全てを行うエースのポジションです。
 その為、パワー、というよりもテクニックや器用さが必要なポジションです。(男子の場合、福澤選手や石島選手が行います)
 女子の場合は木村選手が入るため、相手チームにサーブで狙われます。
・ミドルブロッカー(センター)
 クイックやブロックを行い、とにかく速さが必要とされます。
 ブロックの要でもあり、高さが必要とされるポジションです。(男子の場合、松本選手や山村選手が行います)
 後衛になるとリベロと交代することが多く、守備にはほとんど参加しません。

セッター、リベロは分かりますよね。

それと、バックアタックが打てないチームは、オポジットは置くことが出来ないので、普通にライトに選手を配置します。

 

今晩は。
ポジションの呼び名が変わったのではなく、リベロ制が採用された為、戦略が変わってきたので選手の配置が変わりました。
後、オポジットがエースではありません。
・オポジット
 セッターの対角に入り、攻撃専門の選手でなので基本的には守備は行いません。
 ライトに入りますから、サウスポーの選手が有利です。(男子の場合、山本選手や清水選手が行います)
 日本女子の場合は、このポジションの選手はいません。
・ウイングスパイカー(サイドスパイカー)
 このポジションがエースで、サーブカ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング