日本は法治国家なのにどうして義務教育課程や
高等教育課程に法律の授業が無いのでしょうか?
法治国家の国民たるもの法律をより理解し厳守するの
ことは当たり前なのにそれにもかかわらず自国法律教育に関しては
すこし足が引けているように感じているはadviserでしょうか?
みなさんのご意見をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

 中学3年の社会の授業で、まず憲法と基本的人権から学ぶことを始め、


次に民法、その他政治面で関連する法律を少しずつ勉強するようになりましたが、
中学校の社会の教科書では、せいぜい憲法の全条文と一部の法律の条文があるのみで、
細かくは触れていなかったため、もっと法律を知りたいという衝動から、
しまいにはぶ厚い六法全書を買って読みふけるほどにまでになったことがあります。

 司法試験で法曹界を目指さない限り、特に必要性は感じられないと思いますが、
法律を学ぶには六法全書にある法律の条文だけでは、まだまだ不十分な内容があり、法律に加えて
各裁判所の出す判例についても勉強していく必要があり、法律と判例の両面を見ていくことで
法律の性格というものが浮きぼりになってゆくのではないでしょうか?

 さて、義務教育課程(特に中学校)、高等教育課程で取り扱う主な法律はといえば…
日本国憲法、民法、労働三法(労働基準法、労働組合法、労働関係調整法)、
公職選挙法、etc…などがありますが、
一度教科書を読み直してみないと、どんな法律を取り扱っているのかがよくわかりません。

 ここで気になるのが、なぜか刑法や刑事訴訟法といった、刑事法の教育というのが
ほとんど行われていないのが不思議でなりません。

 中学になって、犯罪は刑法や刑事訴訟法などの刑事法で罰せられる、
と本格的に知るようになり、刑法やその他の犯罪を罰する法律(通称・特別刑法)、刑事訴訟法、
さらに、刑務所のあり方を定めた法律「監獄法」や少年院のあり方を定めた法律「少年院法」、
少年の犯罪の刑事事件の手続きを定めた「少年法」などの条文にまで手を伸ばしてみたのですが、
安易に犯罪に手を出すとこんな刑で罰せられ、しかも刑務所はこんな所だ、という戒めの意味から、
せめて刑事法とその基本的な理念だけでも義務教育課程のうちに、積極的に取り入れるべきではないかと思います。

(特にいろんな面で多感な中学校ではなおさらでしょう)

 六法全書をご覧頂ければおわかりになるかと思いますが、法律の条文は
普段使わないであろう難解な漢字・語句をこれでもかといわんばかりに
使いまくるため、小学校の課程で法律の授業を行うのはとても難しいのではないかと思います。

 特に第2次世界大戦が終戦以前までの法律(特に民法!)や判例なんか、
漢字とカタカナの入り交じった文章で記載され、とても日本語とは思えない堅苦しい文章なのでなおさらでしょう。
(もしかしたら古文の授業よりも難しいかも知れません(苦笑)

 義務教育課程で本格的に法律の授業を行っていないのは、覚えなければならない
難解な用語、字句などが多すぎるあまり、中学生には到底理解されないからではないかと思います。

 どうしても本格的に勉強してみたいのなら、ネットで検索するか、
司法試験の問題集で勉強するか、あるいは大学の法学部に入るなどして、
そこから始めても遅くはないと思います。

参考URL:http://dir.yahoo.co.jp/Government/Law/Collections/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れすいませんでした。
回答ありがとうございました。
とても参考になりました。

adviserも特に刑法・刑事訴訟法は教えるべきだと思います。
もし犯罪を犯したとしてそのときそれが法律違反のことを
知らかったら言い訳になりませんから。

お礼日時:2002/03/21 06:19

義務教育課程では生徒が未熟


正しい判断を下せるだけの社会的知識・判断力不足との理由から法律のように一部解釈の難しかったり、正確な答えが言えないもの(憲法9条など)は
排除されています。
これは、教える人間の認識や話し方によって間違った情報でもそれが本当に
正しいのか判断が下せないし、そのとおりだと思い込んでしまう危険性があるからです。
(危険な宗教団体のようなところがやると偏った考えの危ない人に育ってしまう)
このような理由で行われていません。
教える人間が色々事件を起こしている世の中なのでやらないほうがいいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れすいませんでした。
回答ありがとうございました。
大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/21 06:13

 ご趣意は全くもっともだと思います。

社会ないし公民などの授業が若干憲法などに直接間接に触れているものと思われますが、基礎的な「法学」的なものが義務教育なり高等教育で欲しいところです。
 ただ、法治主義というのは、国家とりわけ行政の活動が憲法や法律等に基づいて行われなければならないという基本的人権尊重に則った概念なので、法治国家イコール国民に対する憲法や法律等の充満ということではないと考えられ、ある意味それが逆に法律等教育不足の原因となっているのかも知れません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご意見ありがとうございます!
とても参考になりました。

お礼日時:2002/03/14 10:33

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q法律系資格取得のステップアップ

私は法律系の知識は全くありませんが、これから勉強していこうと思っております。
そこで法律系資格を目標にしようと考えておりますが、最終的に弁護士資格を目指すとして、資格のステップアップ順を教えてください。

Aベストアンサー

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃるように、一概に無駄という訳ではありませんが、多くの人に当てはまるものだと思います。法律資格を勉強するには、多大な時間と費用と気力を必要とします。これから自分のプライベートの時間は大幅に制限が加わりますし、友達や家族との時間も大幅に制限が加わります。質問者さんが現在どういう立場かは分かりませんが、もし勉強に専念するのならば、その間に仕事(バイト)等をしないとなると、その間に得られるはずだった給料等も得られない(若しくは減る)事になりますし、社会人としての経験も得られない事になります。その間、家族等に扶養してもらうことになると、家族にも負担をかける事になります。

最終目標を達成するまでに時間がかかればかかるほど、それだけ失う利益も大きくなるし、社会との関わりも制限されるし、自分のモチベーションをどう保つかも考えないといけません。途中で脱落して、今までのお金と時間が無駄、というのが最悪のパターンです。ちなみに私はこの最悪のパターンに陥る人を多数見てきました。こういう人は予備校のパンフレットの甘い宣伝文句を見て軽く考えて勉強をはじめた人で、現実問題としてかなり多くを占めています。

3.仮に弁護士資格に途中で脱落しても他の資格への移行ができること。
失礼ですが、仮に弁護士の勉強に挫折したとした場合、弁護士の勉強で得た知識は高度な内容ですから、それは別の法律資格に活用する事ができます。ステップアップならぬ、いい意味でのステップダウンという事ですね。司法書士試験にも応用が利きますし、行政書士や宅建は比較的容易に取得できると思います。法学検定やビジネス実務法務検定の4級・3級あたりなら2~3日の勉強だけで取得できると思います。

ただ、これから法律の勉強をはじめるうえで、いきなり難関資格を目指すことにとまどいがあり、順番にステップアップして行きたいという気持ちはよく分かります。

従って、現実問題としては、法学検定(4級)やビジネス実務法務検定(3級)が一番簡単な法律資格で、たいした勉強時間も必要ありませんから、とりあえずこれらのいずれかを勉強してみて、自分の法律に対する適性や、どのくらい勉強時間が取れそうだとかのシミュレーションを行うというのはいかがでしょうか。ちなみに自分に法律に対する適性があるかどうかを調べる事は個人的には非常に大事なのだと思います。なお、弁護士を目指す以上、法学検定4級やビジ法3級程度の資格には満点近くで合格できないと逆にやばいぐらいだと思って自分を追い込んで勉強するべきだと思います。

最後に、弁護士資格取得には、私が思うに地道な努力もそうですが、他にも頭のよさとか才能とかも必要なのだと思います。従ってもしこれらに自信がなければ、勉強をする前の今の段階できっぱりあきらめて別の道を検討するというのも賢い選択肢のひとつである事を付け加えておきます。弁護士以外にも、質問者さんの目指すべきもっと良い道があるかも知れません。

以上、長くなりましたが参考になりましたら幸いです。

ステップアップの王道としてはNo.1さんの書かれているとおりですね。法律系の資格の本を見るとよく書かれています。

ただし、弁護士取得が最終目的なら、最初から弁護士を目指すべきだと思います。理由は以下に述べます。

1.各スクールとも初学者向けのコースを準備しています。
従って、法律知識が無いからといって、それが直接大きなデメリットになるわけではありません。

2.遠回りする時間が無駄。
これはNo.1さんのようにビジョンがあって、計画どおり勉強し結果を出している方もいらっしゃる...続きを読む

Q義務教育で法律を教えていないのに法律違反で罰せられるのは理不尽では?

義務教育で法律を教えないのは何故なのでしょうか。
法律を教わっていないのに法律違反で罰せられるのは詐欺のように感じます。
説明書がないのに機械の誤操作で怒られるようなものです。
せめてある程度の民法などを、中学校でおしえるべきなのではないでしょうか。

Aベストアンサー

>(まだお気付きになりませんか?)改
これが.行政官とか法律関係者の良く使う詐欺の手段です。
法律の基礎的知識を持たない人間(つまり.弁護士免許を持たない人間, 又は一部の行政免許を除く行政免許取得者においでは該当行政法)には.内容を知っているかどうかが問題になります。漢字とか発音とかが多少間違っていても補う的には問題にならないのです。

ところが.いざ該当内容を指摘すると.この漢字などを指摘して法的能力がないことを指摘して.黙らせます。
政府が過去に行った詐欺行為を教えた教師がことごとく止めていきました。実社会における人としての行き方を教えた人々です。

「憲法の概要」つまり.国権と私権の問題で私権として保証されている内容を否定する回答が数多くなされています。
少なくとも実社会に出ているのですから.私権として保証されている内容を侵害してはならないという.ことを教えられているはずですが.このサイトの回答を見ると私権の侵害や国権の乱用が正当な行為である。
という回答が多いのです。
ですから.法的知識のない方が数多くいるのでこれら人々に対して刑法を適応することは困難であり.刑法の適応を学校教育における成績で制限すべきと思います。

>(まだお気付きになりませんか?)改
これが.行政官とか法律関係者の良く使う詐欺の手段です。
法律の基礎的知識を持たない人間(つまり.弁護士免許を持たない人間, 又は一部の行政免許を除く行政免許取得者においでは該当行政法)には.内容を知っているかどうかが問題になります。漢字とか発音とかが多少間違っていても補う的には問題にならないのです。

ところが.いざ該当内容を指摘すると.この漢字などを指摘して法的能力がないことを指摘して.黙らせます。
政府が過去に行った詐欺行為を教えた教師がこ...続きを読む

Q法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

法律関係の資格で、高校生でもとることができる資格はあるでしょうか。

Aベストアンサー

公務員試験III種、市役所初級、消防・警察III類など。

Q教育課程 について

あなたは「教育課程」について、どのように捉え、考えていますか??

私は、教育課程は学習指導要領と同様、参考すべき基準として、なくては困るものだと思います。
しかし、一方では、法的拘束力によって教師の創造的な精神を抑圧する側面をもつものであるのも事実です。
過去には、例えば、能力主義のもと「落ちこぼし」が問題になり、現在は「生きる力」が求められています。
「生きる力」がいいのかどうか…それもよくわかりません。

「教育課程」について揺れ動いた気持ちがあります。
しかし、私は教師を目指していて、教育課程は切っても切れないものなので、何かまとまった考えをいずれは持つ必要があるように感じています。
あなたの考えを聞かせてください。

Aベストアンサー

この質問、難しいなぁ(笑)。ちなみに私は大学で「教育課程論」【も】教えている教員ですが、半期15回の授業で教える中身を前提として話してからでないと、本来回答はできません。
でも、とても真面目な質問であることも分かりますので、いくつか述べた後でヒントのようなものを回答したいと思います。

・まず「教育課程」という言葉の意味が分かる人は、教育関係者だけ。大部分の人には分かりません。という事実をきちんと知っておくことは大事です。
・教育課程は「参考すべき」ではありませんよ。指導要領の総則をもう一度読み直してご覧なさい。編成主体は学校です。自分たちが編成した内容を「参考すべき」ということはないでしょう。
・したがって、「法的拘束力」という言葉を教育課程に用いること自体が、あまり適切ではありません。間違っているというよりも、ピントがずれています。

ここまでは、教員根性による(笑)注意事項。次は回答らしきもの。

・「教師の創造的な精神を抑圧する側面」という面があるとすれば(学校の現実として否定はしません)それは「教育課程」そのものの問題ではありません。基準としての指導要領、編成の過程や方法の問題です。
・教育課程の内容や編成方法(要するに「何を」「どのように」)を規定(規制?)しているのは、学校教育法であり、指導要領であり、設立主体の教育委員会規則等々の法令です。
・あなたが能力主義、生きる力、等々で「揺れ動いた気持ち」があるなら、それもまた教育課程の問題ではなく、学習指導要領、もっと言えば教育政策の問題です。

あなた自身が述べているように、教育課程そのものは、計画的に教育活動を進める学校という組織において必要不可欠です。それはいかなる国家体制になろうとも(例えば日本が社会主義国になったとしても)変わりません。

となると、あなたが本来「揺れ動く」べき対象は、国家の教育政策であり、その具現化としての各種法令及び指導要領だということです。法は決して中立ではありません。時の政府の政策を反映(教育基本法の改正を見ればそれが分かるでしょう)したものです。能力主義を打ち出したのも、「生きる力」を打ち出したのも文科省であり、それは政治・経済・社会の要請を反映した教育政策の具体化なのです。

*ただし民主国家においては、その根本に国民の意思があることも忘れないこと。

しかし歴史を振り返れば、そうではない時代も日本にありました。昭和22年から26年にかけての教育課程自主編成の時代です。戦後教育史を多少なりとも勉強していれば、当時の教員がどれだけ教育課程編成に力を注いだか、が理解できるはずです。

この時代、それぞれの学校で具体的にどのように教育課程が編成されていったか・その背景となる教育思想は何だったのか等々を調べてみると、回答が見つかるかもしれません。それを支えた当時の政治・経済・社会の状況を併せて理解することも大事でしょう。

そして、何故それが「失敗」したのか、どこに弱点があったのか、今日に生かすべき教訓は何なのか、等々を考察すればあなた自身の教育課程についての「まとまった考え」が生まれると思います。もちろん、その際に、現代日本の政治・経済・社会についての基礎知識は不可欠です。

このテーマはどちらかというと、教育社会学・教育史の範疇かもしれませんし、卒論レベルの考察になりますから、あまり性急に答えを求めるのではなく、じっくりと自分の中で熟成をさせて下さい。「正解」の無い質問なのです。

この質問、難しいなぁ(笑)。ちなみに私は大学で「教育課程論」【も】教えている教員ですが、半期15回の授業で教える中身を前提として話してからでないと、本来回答はできません。
でも、とても真面目な質問であることも分かりますので、いくつか述べた後でヒントのようなものを回答したいと思います。

・まず「教育課程」という言葉の意味が分かる人は、教育関係者だけ。大部分の人には分かりません。という事実をきちんと知っておくことは大事です。
・教育課程は「参考すべき」ではありませんよ。指導要...続きを読む

Q法律系資格への幻想・・・

こんにちは。いつもお世話になります。以前からネットなどを見ていると、掲示板や、通信教育のなどの所に、司法書士、社労士、行政書士は安定の仕事、また、掲示板では、資格をとり転職などど書かれているのを見るのですが、法律系の資格に対する世間一般の幻想ってひどくないでしょうか??法律系資格=安定、仕事がる。と思っている方があまりにも多い気がします。私自身、10年前に社労士の資格を所得しましたが、私の周りで法律系の資格で高級とりの人は1人もいません。テレビなどで出ている方は本当に一握りの方だと思います。事前に仕事の需要があるか調べもせずとりあえず所得と考える方が多いんでしょうか??

Aベストアンサー

確かに年収が500万以上平均とか書いてありますね。40以上の人間なら民間企業の平均賃金のほうが高いです。

ただ企業の中で本部はエリート職種ですし そこで行われている仕事が法務である事が ステイタスとしてはやる仕事としては よい印象になるのでしょうね。

但し これは社員同様 いや 社員よりご都合主義で経営者に雇われている外部の便利屋さんでして 社員がやるより安く効果的に出来なければ雇わないし 必要なときだけでいい。これを質問者さんの言う需要という話であれば 
一番最初にリストラされるのは 実は派遣労働者よりも 外注請負ですよね。しかも みんなが法律知識を得るだけで 資格取得者の経済価値が更に下がる=教育機関は儲かる

つまり 今勝ち組は予備校と学校法人 学生と資格取得者ではありません。

でも社労士を所得?して其の仕事が出来ているならたいしたものですね。

年収400万は個人事業者では勝ち組ですから。

Q思い出に残る教育課程は?

小学校、中学校、高校、大学、大学院・・・と色々あるなかで、
一番有意義に過ごせた教育課程はいつですか?

Aベストアンサー

中高一貫だった中学校と高校。
のびのびとすごせました。
ダラダラという意味でなく、
あの年齢の時に、自分にとってとてもいい環境で
勉強できた事、仲間と共有できたことが幸せでした。

今は大学生ですが、大学編入をし
人生が変わりました。
よって大学も私を大きく変えてくれました。

どれもみんなあの時があって、今の私があるので
有意義にすごせました。
私の場合、優劣は決めれないです。。。

Q法律関係の【入門的な資格】は何でしょう?

こんにちは。
法律を勉強して、生活や就職に役立てていこうと思っています。
そこで質問です。
パソコンのシステムなら「初級シスアド」…のような、
法律関係における「入門的な資格」は何なのでしょうか?
まずはこれから勉強して、そして次にステップアップするような資格です。
資格ってものすごくたくさんの種類があるので、ちょっと混乱して、
このように質問することにしました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

資格試験は、法令に基づいたものが多いので、何らかの法律を勉強することになります。

私は、こんな系統があるのではないかと思います。

総務経営系資格

行政書士<社会保険労務士<中小企業診断士<司法書士

会計系

簿記2級<簿記1級<税理士<公認会計士

建築系

宅地建物取引主任者<マンション管理士<不動産鑑定士

建築そのものなら建築士があります。

参考になれば

Q博士前期課程と修士課程

ある履歴書を見ていましたら、学部卒業の1975年の4月に博士前期課程進学、その2年後に終了と出ています。その昔は修士課程への入学と卒業と言っていました。
いつの時点で制度が変わったのでしょうか?

Aベストアンサー

すでに他の方からも回答がありますが、「修士課程入学/修了」が昔の話であり、「博士課程前期入学/修了」が変更された現在のシステムってことは、ありません。

私は、平成になったばかりの頃に大学を卒業しました……って言っても、なんと20年以上前というか、四半世紀近く前の話ですが(年取ったわけだなあ、自分)、少なくともその頃すでに、博士課程前期に進学した友達はいました。
逆に、今でも、私が卒業した学部では、学科に直結した大学院の専攻科は修士課程しか無いので、いまだに修士課程です。修士課程の上は、各学科を統合的に研究する研究科なので(つまり、研究内容についての関係はあるが、研究科の名称としてはつながっていない)、3年制の博士課程です。

学校によって、昔から、5年制大学院を博士課程として、前半2年めと後半3年めという区切れ目で、単位認定や論文提出がある大学院があったり(マスター課程とドクター課程の両方がある)、2年制のマスター課程のみだったり、修士の学位を取得した人がさらに研究することを想定したドクター課程だけだったり、するわけです

Q法律系資格について教えてください。

質問させて下さい。法律系職業についてです。

司法書士、行政書士、公務員系、裁判所事務官など法律資格職は様々ありますが、自分が目指すとして今、大学生なのでいきなり司法書士はハードルが高いです。

法学検定の存在を知り、次回4級を受けようと思います。

法律系資格として、そのほかにステップアップとなるくらいの難易度のものはどのようなものがありますか?パンフレット等見てもあまり体系的に書かれてないのでわかりにくいです。

法学検定まずは目指して法学の基礎知識付けようと思いますが、そのほかどのような資格があるでしょうか?

法学検定の存在も最近知りました。

Aベストアンサー

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんでした。でも、ステップアップの方法としては悪くなかったように思いますけどネ。宅建を最初にかませたのは私が法学初心者(大学の専攻などは全く違いましたし、、、汗)で独学だったため、全く知識がなくどうしてもかなり低い段階から始める必要があったため民法が比較的易しく入っていた宅建で肩慣らしをした感じです。
ただし、宅建⇒行政書士はかなり難易度に開きがあったので行書の時は結構ヒヤヒヤでした(^^;おそらく行政書士⇒司法書士もかなり難易度に開きがあるので、私には予想でしか言えませんが、行政書士に受かる力があっても司法書士のために相当量の勉強が必要だと思います。
司法書士の前に行政書士あたりでもかませればすこしは自信になったり、自分の力を確認できるんじゃないでしょうかネ。

こんにはです。法律系資格について自分の経験した範囲で書き込みさせていただきますネ。

私の場合は、その法学検定の存在自体を知りませんでした(^^;このサイトに来てからそういうのがあるんだなんて、、、(笑)
で、法律系の資格をどうステップアップしていくかなんですが、もし司法書士に挑戦するならば、、宅建⇒行政書士⇒司法書士で行くかな~なんて。私の場合は宅建(勉強期間3ヶ月)⇒行政書士(勉強期間1年)まで行きました。ただ、司法書士が目的だったわけではないのでそこまでは受験しませんで...続きを読む

Q高校の数学の旧課程と新課程について

旧課程は何年度から何年度までで新課程は何年度からでしょうか?
また旧課程から見て新課程になって新たに出来た項目は何でしょうか?

Aベストアンサー

旧課程は1994年度から2002年度入学生までで新課程は2003年度からです。

新旧対比は参考サイトをご覧下さい。


人気Q&Aランキング