公共事業というものはかなりいい加減なものだと思うのですが、私の住む町のとなり日野町あたりでしょうか
畑だらけのこの町に空港を作ろうとする者が現れました
政府は儲かると言っていましたが、実際はどうなるんでしょう、

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

びわこ空港の件についてのご質問だと思います。



端的に言うと儲かるのは、
1.その予定地(空港までのアクセス道路を含む)の地主
2.建設を請け負う業者ならびに下請け業者
3.もし地主から土地を借りて農業等を営んでおられた方がおられれば、その方(補償が十分受けられるとして)
だと思います。

これは他の公共事業でもあまり変わらない構図ですが、空港のように大きな話になると国から整備補助金がおりるため、推進派が増えるのも事実です。

じゃあ、実際に空港を作れば(出来上がってしまえば)地域の活性化につながるか、というと今では難しいのが現状です。
そもそもこのような小型ジェット機で主幹空港とつなぐコミューター空港が流行ったのがバブルの時期で、近畿地方でも数多く計画が立てられ、実際に環境アセスメントを経て建設し、実際の運用は1日数便というところがほとんどです。
採算性という点で悪くなるのは仕方が無い、という話もありますが、そもそも空港が必要だったのか、という論議になると口が重くなるようです。

関西国際空港ですら、赤字や2本目の滑走路がどうなるか、という話でスッタモンダしていますが、その影で相次いで外国の航空会社が成田へシフトし、国内便も減便されていることを考えると、「本当に空港が必要か」という論議は徹底的に行なわれてしかるべきです。
その意味で、前回の県議会での知事の判断は、行政としては苦汁の選択ながらも、ある程度の良識を示したのではないでしょうか。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございました、空港をつくっても赤字になるものと思っています、赤字だから税金で運営というのはおかしな話しだと私は思います、昔の農村空港は今どのようになっているんでしょうか?テレビで見たことがありまして…いったい誰が責任を取ってくれるのでしょう?疑問が増えてしまいましたが、このへんで…
ではm(--)m

お礼日時:2001/01/04 05:36

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国内における外貨両替の手数料とレートについて

質問なのですが、国内の銀行において外貨両替ができますよね。
その際各銀行必ず手数料というものが加算されますが、国内において手数料なしで(もしくは銀行よりも安い手数料で)外貨両替する方法というのはあるのでしょうか?
僕が知りたいのは日本円→イギリスポンドと日本円→オーストラリアドルです。
例えば空港のほうが手数料を安くできるとか、そういうのはあるのでしょうか?
「同じレートなら○○○で両替するのが一番安上がり」というのがありましたら教えていただきたいと思っております。

それと、「現地で両替したほうがレートがいい」という例をよく聞きますが、その場合、現地にて帰国時にその国の通貨から日本円へ両替する際にも言えることでしょうか?

Aベストアンサー

理由はともかく
イギリスは日本でポンド建てトラベラーズチェックを発行、アメックスが良い、
電話でUFJなどに申し込み日本の空港で受け取り
時間も交通費も節約できます
イギリス到着時銀行がありますから現金可
現金に換金する手数料はかかりません
アメックスであれば到着荷物引き取り場に窓口があります

オーストラリアドルも同様です
換金は到着ロビーに両替所がありますのでそこでできます

あなたが20歳以上、カジノに興味があるならオーストラリアに関しては裏技もあります

日本における両替レートの設定は仲値に対して手数料を加算し表示されています
例1ドル=90円、ニュースなどで言われている金額
日本の銀行等ではドル売値91円50銭、買値88円50銭です
これがイギリスでは多くの両替所、銀行ではドル売値91円50銭、買値88円50銭、そして一回に付き最低1ドルもしくは1.5%などもう一度手数料をとるところが多い

関西ならば紀陽銀行、泉州銀行などが事前に申し込み空港受け取りでレートを優遇してくれます。
成田は自分で探してください

理由はともかく
イギリスは日本でポンド建てトラベラーズチェックを発行、アメックスが良い、
電話でUFJなどに申し込み日本の空港で受け取り
時間も交通費も節約できます
イギリス到着時銀行がありますから現金可
現金に換金する手数料はかかりません
アメックスであれば到着荷物引き取り場に窓口があります

オーストラリアドルも同様です
換金は到着ロビーに両替所がありますのでそこでできます

あなたが20歳以上、カジノに興味があるならオーストラリアに関しては裏技もあります

日本にお...続きを読む

Q旅籠町=篭町?

京都府亀岡市旅籠町ってなんて読むんですか?
また旅籠町=篭町ですか?

Aベストアンサー

はたごまち ではないのでしょうか。
旅籠、旅篭(旅館) どちらもはたごですかが、篭とはちがうのでは。

Q外貨両替で安い手数料の方法を教えてください。

9月28日にイギリスとフランスに行きますが、外貨両替の手数料が安い方法を知りたいです。英ポンド8万円ユーロ8万円程(2人分)を両替する予定です。

FXで口座を作ると安く両替ができるそうですが、口座を持ってないので連休明けの平日に口座を作って外貨両替は間に合わないようです。

新生銀行、スルガ銀行が比較的安いそうですが、手数料はどのようなものでしょうか?トラベラーズチケットより安いでしょうか?
トラベラーズチケットは既にすたれつつある方法のようですが、方法の一つとしてイギリス、フランスでの手数料を教えていただければ有り難いです。

イーバンク銀行マネーカードではイギリスや他の国のATMも使えるそうですが、手数料はどうでしょう?

利便性なども影響すると思うので、クレジットカード、FX以外で
おすすめ順位などを教えてください。

面倒な質問で申し訳ないですがよろしく御願いいたします。

Aベストアンサー

現金での両替なら大して差はないですよ。
トラベラーズチケット(TC)の方が流動性(利便性)の面で劣ることもあって、手数料は現金の両替よりは多少安く済みます。

アメリカほどカード社会化しては居ないので、現金で十分だと思います。ただ、予定のある大きな買い物があるのであれば、その金額に相当する分に近い単位のTCを用意すれば多少手数料は抑えることは可能です。

手数料の違いと言っても、1ポンド(1ユーロ)あたりその差は10~20銭程度だと思います。
8万円=約520ポンド(600ユーロ)なので、日本円にして1000円前後の違いしかありません。

Q川俣町町議会って馬鹿揃い?

「山田容疑者が川俣町で除染作業をしていた。」という事で馬鹿な住民が騒いだ。
町議会が輪をかけて「除染作業を停止」する処置を取った。
騒いだ町民も町議会も丸で馬鹿。
この騒ぎで2500人もの除染作業員が職を失ったそう。
この考え方を全国規模で適用したら、汚職で捕まった市長が勤めていた市議会は全員失職。
万引きをした警察の巡査がいた交番は閉鎖、5円玉の製造で穴の位置を間違えて開けた造幣局は閉鎖とか考えたら沢山ある。
やはり問題なのは常識の無い田舎者だという事か。
この件ですが皆さん、TV報道などを見てどう思われましたか?

Aベストアンサー

そりゃ自爆するわな。

Q外貨両替 で 手数料・送料無料?

外貨両替で宅配サービスを探していますが
 手数料・送料無料というサイトを探してますが
そんなサイトってあるのでしょうか?

Aベストアンサー

手数料の意味ですが、円から外貨に両替するレートと外貨から円に両替するレートに差があり、これが為替手数料です。これを無料にするということは、業者が慈善事業でないわけですから、ありえないです。
このほかに取扱手数料があるなら、それは別な手数料です。
外貨を手に入れて消費してしまうなら、為替手数料は意識しないことになります。レートが良いところで両替するだけです。

外貨を有利に調達したいようですが、目的が旅行なのか、外貨で支払う買物なのか、資金量にもよります。旅行に行って現地の少額支払程度なら、手間をかけても、大きな効果は期待できにくいでしょう。

Q町行事の記念品として町施設の利用券を贈ること

 市主催の祝い事(敬老会・成人式など)の記念品として、市の施設(公共施設)の利用券(例:市民プール・市民スキー場リフト券など)を贈ろうと考えているところですが、この場合、予算上には歳入・歳出同額で計上すべきなのでしょうか?
 それとも、同じ会計内なので、計上しなくて良いのでしょうか?

 また、減免措置で考えるべきなのでしょうか?

 初歩的な質問ですが、アドバイスを願います!

Aベストアンサー

利用券を発行する部課が、施設を管理する部課に、利用券の持参者に使用料の減免規定を適用して料金を徴収しないように措置するよう依頼するのが一般的です。(条例・規則改正の要否は、個別事例により変わります。)
 ただし、特別会計で運営されている施設の場合、利用料金制を採っている場合(料金が管理者の収入になるため、減免すると管理者の減収になる)などは、減免相当額を支出する(「負担金補助及び交付金」で組むことが多い。)場合があります。

いずれにせよ関係部課の協議が不可欠ですが、18年度当初予算の編成作業はどこの市町村でもすでに始まっているので、18年度事業なら結論を急ぐ必要があるでしょう。

Q外貨両替手数料格安のFXって大丈夫なのでしょうか?

外貨両替手数料格安のFXって大丈夫なのでしょうか?

こんにちは。
何十年かぶりの海外旅行にあと2週間ほどで出発します。
両替をしようと思ってネットで調べていたら、手数料に関して銀行よりも〇黒屋よりもFXが一番安いとあっていろいろ調べてみたのですが、なんだか不安で踏み出せません。
すぐその場で両替できるわけでもないし、いろいろ手続ありそうだし、なによりも大丈夫なのかな?という気持ちでいっぱいです。
利用された方、いかがでしたでしょうか?
それからもうあと2週間しかなかったら時間的に無理ですか?

Aベストアンサー

 FXと言うのは基本的には外国為替証拠金取引で、例えば100万円で1000万円分の外貨を買って取引できるというような危険な取り引きです。

 それを応用すれば両替できるのかもしれませんが、一般人向きではないでしょう。

 数万円~数十万円の両替でそういう危険なところに踏み込むのは止めた方が良いですね。

 そういうものを勧めているサイトはほとんどが口座開設の紹介料目当てのものです。

Qある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

ある町がある市と合併して、のちににその合併された町が合併した市から離脱することはできますか?

Aベストアンサー

自治体は合併するのみではなく、分離することも法的に可能

実際に分離した事例もないでもない

質問が、するかしないかではなく、出来るかどうかなので

答えは「出来る」となる

現実的かどうかは別だけどね

Q外貨両替の手数料はTCより現金の方が安い?

友人と話をしていたのですが、海外旅行に行くので現地通貨を用意する時にTCよりも現金のほうが安くなる、というのです。
今までは、絶対にTCの手数料の方が安いと思っていたので意外でした。
その本人も、はっきりとした情報を持っているようではないので、よく分からずに話が終わってしまったのですが、本当にそのようなことはあるのでしょうか。

可能性としては、現金についてはキャンペーンをやっているので手数料が安くなって、キャンペーンをやっていないTCとの逆転現象が生じている、といったことでしょうか。

話が複雑になると混乱するので、米ドルに限った回答をお願いします。

Aベストアンサー

 日本円から米ドルへの両替に際し、現金に両替した方がトラベラーズチェック(以下TC)より有利になることはあり得ますが限定的な事例だと思います。米ドルへの両替に関する一般論は依然「現金よりTCが有利」と考えます。
 お詳しい方とお見受けしましたので、以下の回答中に万一出過ぎた部分がありましたらご容赦ください。為替用語についても質問者さんはご存じかと思いますが、他にご覧になる方の参考に説明を付記1に記しました。

 日本の銀行における米ドルTCへの両替レートが公示仲値+1円で、発行手数料が1%加算されるのは既にご存じかと思います。現在の相場ですと1%は1円6銭ほどですから、上乗せ分は合計で1ドル当たり2円6銭と計算できます。
 同じく日本の銀行における米ドル現金への両替レートは公示仲値+3円です。三井住友銀行の両替専門店「外貨両替コーナー」は+2円70銭[1]、三菱東京UFJ銀行は+2円80銭[2]で少しだけ安いのですが、TCを逆転するには至りません。

 上記より安く両替する方法には以下が考えられます。
1. トラベラーズチェック
 シティバンク銀行が口座を持っている顧客に対しTC発行手数料を免除しており、公示仲値+1円だけで米ドルTCを入手できるのは先刻ご承知かと思います[3]。このほか東京のさわやか信用金庫[4]も無手数料で米ドルTCを発行しています[5]。「為替手数料割引きキャンペーンを利用する」や「シティバンクでプレミアムデポジットを使う」といった手法を除けば、「公示仲値+1円」が現時点の底だと思います。

2. 現金
(1)金券ショップ
 金券ショップは現金のみの取扱いですが、銀行より有利なレートを出すことで勝負しています。米ドル現金への両替レートは典型的には公示仲値+2円(銀行より1円有利)ですが、中には公示仲値+1円80銭という業者もあります[6]。公示仲値+1円80銭であれば銀行でTCを組んでもらう(1円+1%)より有利です。以前に、公示仲値+1円50銭という業者も見つけたのですが現在は両替を扱っていないようで残念です。
(2)三井住友銀行
 三井住友銀行では、米ドル現金に即時両替する場合のレートは公示仲値+3円(「外貨両替コーナー」は2円70銭)で特に安くはないのですが、外貨預金を経由して米ドル現金に交換する場合は特異的にTCより安く米ドルを入手できます。
 三井住友銀行で、日本円資金を米ドルに振り替えて預金する際のレートは、TC発行レートと同じく公示仲値+1円です。その外貨預金を米ドル現金で払い出すには「外貨現金取扱手数料」(米ドルの場合は1ドル当たり2円)がかかるので、そのままでは1円+2円で米ドル現金への即時両替と変わりません。
 ところが米ドル外貨預金の残高が1万ドル以上あれば外貨現金取扱手数料が免除されるので、結局預入時の公示仲値+1円だけで現金を手にできます。これは同行でTCを組んでもらうレート(公示仲値+1円+手数料1%)より手数料分だけ有利です。「単一の金融機関内での比較で」と条件をつけた場合には、私の知る範囲でTCと現金の逆転が起きる唯一の例です。
(3)シティバンク銀行
 これもご存じかと思いますが、シティバンク銀行では月間平均残高が1千万円以上あると外貨現金取扱手数料が免除され、米ドル外貨預金を米ドル現金で無手数料で払い出せます。結局、公示仲値+1円で米ドル現金を買ったのと同じで、TCと横並びです。

 まとめますと
(A)銀行の一般的なTC両替 公示仲値+1円+1%
(B)銀行の一般的な現金両替 公示仲値+3円
(C)シティバンク/さわやか信金のTC 公示仲値+1円
(D)金券ショップで現金両替 公示仲値+1円80銭~2円
(E)三井住友銀行 外貨預金経由で米ドル現金入手 公示仲値+1円
となります。(A)と(D)の比較、(A)と(E)の比較であれば確かに逆転がおきますが、いずれも限定的な事例とお分かり頂けるかと思います。また(C)を持ち出すと(D)は再び逆転されます。
 このほか「現金がTCより有利になる事例」はいくつかありますが、ご質問の条件(米ドル)から外れますので別記しました。ご興味があれば付記2, 3をご覧下さい。

参考ページ
[1] 三井住友銀行「外貨両替コーナー」 http://www.smbc.co.jp/kojin/sonota/ryougae/ichiran.html 
[2] 三菱東京UFJ銀行 http://www.bk.mufg.jp/gdocs/kinri/list_j/kinri/kawase.html
[3] http://www.citibank.co.jp/ja/deposits_investments/foreigncurrency/merits/smart_way_of_using_currencyy.html
[4] http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/index01.html
[5] http://www.shinkin.co.jp/sawayaka/service/foreign_exchange.html
[6] http://www.ticketzone.jp/
米ドル売り+1円80銭 米ドル買い-2円
[7] 三井住友銀行 外貨普通預金 http://www.smbc.co.jp/kojin/gaika/futsu.html

付記1 為替用語の説明
・銀行間レート 外国為替市場において文字通り金融機関間の取引に使われるレートで、新聞やテレビが「今日の東京外国為替市場、終値は1ドル=105円20銭でした」と報じているレートは特に断りのない限りこの「銀行間レート」です。一般の顧客はこのレートでの取引きはできず、必ずいくらかの手数料を上乗せして支払います。
・公示仲値 銀行間レートは常に変動しているため、両替や送金の基準レートとして使うと処理が煩雑になります。そこで各金融機関は銀行間レートを参照しながら「公示仲値」というレートを定め、その日の取引の基準レートとして用います。
 公示仲値と銀行間レートは厳密には一致しませんが、為替取引の有利不利を考える上では同一視して差し支えありません。また公示仲値は各金融機関が独立に定めるため金融機関間で若干ばらつきがありますが、その差は1ドルあたりせいぜい5銭です。
・対顧客電信売レート(TTS) 外貨現金のやり取りを伴わずに外貨を買う取引きで適用されるレートです。具体的には外貨建てTCの購入、外貨預金、外貨建て国際送金などが該当します。TTSは決まった幅の手数料(為替手数料)を公示仲値に上乗せすることで機械的に計算されます。米ドルでは大半の金融機関が為替手数料を1ドル当たり1円に設定しています。
・外貨現金売りレート 外貨現金の取扱いでは発行国からの輸送コスト、運用に回せないことによる死蔵コスト、為替変動によるリスクが必然的に発生します。そこで外貨現金のやり取りを伴う取引きに「外貨現金取扱手数料」を課すことでコスト/リスク対策をしています。実際の両替ではTTSに外貨現金取扱手数料を加算したレートが「現金売りレート」として発表されます。

付記2 現金がTCより有利な例(ユーロへの両替)
 日本の銀行でのユーロへの両替レートは現金が公示仲値+4円、TCが公示仲値+1円50銭+1%です。これだけならTCが有利に思えます。ところが現地ではTCをそのまま受取ってくれる小売店は少なく、銀行や両替商で換金する必要がああります。その際に換金手数料を1~3%程度引かれるので全体ではTCが不利になります。

付記3 現金がTCより有利な例(米ドルからさらに他の通貨に両替)
 米ドルをさらに現地通貨に両替する場合、TCだとレートが悪かったり手数料が必要だったりして現金より不利になる事例があります。
・TCの方が現金より、米ドル→現地通貨の両替レートが悪い(シンガポールなど)
・米ドル→現地通貨の両替レートはTCの方がよいが、別途手数料を取られて全体では不利(台湾、香港など)
 上で示すシンガポールや台湾、香港は日本円の通用度も高いので、わざわざ米ドルに両替して持ち込むことはないでしょうが、日本円で持ち込むにしてもTCより現金が有利です。

 日本円から米ドルへの両替に際し、現金に両替した方がトラベラーズチェック(以下TC)より有利になることはあり得ますが限定的な事例だと思います。米ドルへの両替に関する一般論は依然「現金よりTCが有利」と考えます。
 お詳しい方とお見受けしましたので、以下の回答中に万一出過ぎた部分がありましたらご容赦ください。為替用語についても質問者さんはご存じかと思いますが、他にご覧になる方の参考に説明を付記1に記しました。

 日本の銀行における米ドルTCへの両替レートが公示仲値+1円で、発行手数料...続きを読む

Q街灯の管理は、いい加減じゃないですか?

最近片側二車線ぐらいの道路の歩道の上に有る街灯のガラス部分が真下に落下するのを見ました。
上に付いているので気が付きませんでしたがかなりの厚みと大きさでした。雪のように落下して粉々になりました。
深夜だったので人はいませんでしたが歩道ですから。子供等も当然通ります。
それで気になって他の街灯を見るとステイの部分からさびている物や腐って落ちたのか電柱に立てかけてある物。
夜に消えて、昼間に点灯している物など。なんか適当です。
あれも税金で東京電力かなんかに管理を委託してるんですよね?
電気が切れるのはまだ我慢できますけど腐るまでとか落下するまでとかの管理はひどいと思います。
信号の電球は、切れる前に必ず取り替えますが、街灯の点検は、間に合わないのかサボっているのか?
街灯の管理って誰がどうやってするんでしょうか?
どのような方法で点検するのかなぁって事です。

Aベストアンサー

国道は、道路管理者が管理をしていますね。

町内の電気は主に、自治会等が管理していますね。
ただ自治会と言っても、いくらかの補助金は市から貰っているので、
危険な物があれば、市役所に言えばいいのでは??

当方、電気屋ですが、点検と言っても夜に見回りに行くだけです。
それで、切れている物があれば、道路管理者に連絡して、依頼があれば、交換しますね。ただ、すぐに取り替えるのは、よほど危険な場所ではない限りないのでは??主に、年に一度くらい大きな点検があるので、そう言うときに交換しますね。

電柱自体は、ほとんどが電力会社の物ですね。
電柱を見ると、番札が付いているので、それを見ればどこの所有かが解りますね。

夜に自動的に電気がつくのは、自動点滅器があるからです。
基本的に、電柱に付いている自動点は電力会社の物で、そこから先に付いている物(ケーブル等)道路管理者の所有です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報