【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

私の旦那はアメリカ人で、私は日本人。そして私たちは今、日本に住んでいます。今、妊娠8ヵ月です。
ハーフの子でも全くの英語は話さず日本語だけの子もいるし、お父さんには英語で話し、お母さんには日本語で話すといったように、色々なハーフの子たちを目にします。実際ハーフの子を持つ親は、どうしているのでしょうか?お父さんが全く日本語が出来ず、子供も全く英語が出来ず、親子でコミュニケーションが取れないハーフの子もいると聞きました。それも悲しいですよね。実際経験のある方ぜひ、お話聞かせてください

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

うちの子もハーフ、日本在住です。


パパは母国語で、私は日本語で話しかけ、夫婦の会話はどちらも使います。
たまに相手の言語で話してしまうときもあり、結構いい加減ですけどね。
やっぱり?なのか、言葉は遅れていますが、一応どちらも話します。
まぁまだ2歳なので、気長に見ていますが。
「いっぺんに2言語を教えないで、一つの言語の言い方を覚えてからもう一つの言い方を教えると良い」
と聞いたことがありますが、
例えば「いぬ」という言葉でも、まず「いぬ」が言えるようになってから、
「dog」と教えるといいみたいです。

それとは別に、友達の話ですが。
やはり、外国籍かどうかにかかわらず、両親のどちらかが日本語が得意でない(もしくはわざと母国語で話している)場合、
子どもはどちらの言葉も話すようになるようです。
どうせ日本にいるんだから、と日本語のみにしてしまうと、全く話せなくなります。

話すだけなら、ご主人に英語で話すようにしてもらえば、どちらも話せるようになると思います。
でも、読み書きはまた別で、これはもう努力しだい。アルファベットだから、漢字よりも簡単~と思っていると、とんでもない。
ローマ字を日本の学校で習っても、単語として認識し、慣れるためにはまたそれは別問題のようです。
英語ならなおさらそうでしょうね。

日本に住むのならば、旦那さんにも協力してもらって、英語の読み書きを教えたり、英語の絵本を用意したりするといいと思いますよ。
    • good
    • 0

いろいろな方がいますが、やはり、日本にいる日米カップルでも、周りの環境により、変えたほうがいいのでは?



米軍基地にいてアメリカンスクールに通えば、日本語に触れる機会がほとんどないでしょうし、日本に溶け込んだ生活をしている場合は、日本語のテレビ、会話が 普通に耳に入ってくると思います。

どちらかの欠けている部分に力を入れて あげることが大事なのでは?

私の友人たちの例では、子供は アメリカの現地校、日本語補習校に通わせ、夏は 日本の祖父母のもとへ。
自宅では日本語を主に話す、これで かなり完璧なバイリンガル(小学生)です。

どのカップルを見ても子供は、結構親をみて、こちらは 英語、こちらは日本語と 使い分けてます。
お子さんの能力と、親のやり方次第なんでしょうね。

うちの場合、私が父親方の言葉ができないので、日英だけになってしまいそうです。
    • good
    • 0

教育学と心理学をちょっと勉強していたときに習ったことですが、子供をバイリンガルにするには、片方の親とは○○語を話し、もう片方の親とは××語を話す、というのがベストらしいです。

親が徹底してその言葉しか使わないことが大事だそうです(親同士で話すときも同じです)。

No.3様の回答にあるように、子供が小さい頃は言葉が遅れる場合があるそうですが、小学校までには周りの子に追いつくので心配ないとのことです。

教育学の教授が娘を二人そのように育てていました(スペイン語・英語)。上のお嬢さんが6歳のときに会いましたが、完璧なバイリンガルでした。
    • good
    • 0

仕事の関係で国際結婚が多いので、その知人達の話。



1.ご主人→ペルー人、奥さん→日本人、日本在住、子供→普通の日本の学校

ご主人も日本語がペラペラだけど、子供にはひたすらスペイン語で話しかけていたら、ご主人のペルーの家族が遊びに来た時、子供は普通にスペイン語を話したそうです。
それには奥さんもビックリ!奥さんは日本語しか話せないから、孤独を味わったとか。

2.ご主人→日本人、奥さん→韓国人、日本在住、子供→まだ4才

奥さんは韓国語で話しかけ、旦那さんは日本語で話しかけていたが、なかなか言葉を喋らなかったので、医者にみせたところ、赤ちゃんが2つの言語に混乱していると言われたそうです。
それからは日本語だけで話しているそう。。。(奥さんも日本語がペラペラ)
せっかくバイリンガルになれると思ったのに~と奥さんは嘆いていました。でも子供が日本語覚えたら、韓国語も覚えさせると意気込んでました。

3.ご主人→イギリス人、奥さん→日本人、イギリス在住、子供→イギリスの幼稚園

奥さんはペラペラではないのですが、英語を話します。子供には日本語で話しかけるときもあるけど、家庭でのメインは英語。
子供は日本語もわかるけど、英語のレベルはお母さんよりすでに上らしい。。。
子供はすごい!

などなど、色々聞きますが、
子供は両親とは会話できるけど、家庭での共通の言語がない、ということが多くあるようです。
    • good
    • 0

 娘の父親が、全く日本語の出来ないアメリカ人でした(今は離婚しています)。

我が家では、生まれたときから、私は日本語、お父さんは英語で通していました。子供って賢いもので、ちゃんと切り替えて使い分けできるんですよ。

 生まれたのは日本で、日本語がメインの環境だったため、家では私との会話も英語を使うこともありました。その後、アメリカに居住したのですが、そちらでは逆に、意識して日本語を忘れないように私との会話は日本語のみ。外では英語。
 きちんと両方の言葉を使い分けしていました。ハーフの子供は言葉が混乱すると聞きましたが、そのようなことはまったくなかったです。

 周りにはハーフ・アメリカンの子供はとても多かったのですが、相手をみて(日本語を使う人か、英語を使う人か)言語を使い分けができる子供がほとんどでしたよ。

 難しい点・・・例えば、アメリカに住んでいる場合、日本語は母親としか使わないとします。その際、つい母親が根負けして英語を使い始めると子供はあっと言う間に日本語を忘れてしまいます。逆もいえますよね。
 いずれにしてもキープするのは親が頑張らないと難しいのですが、もし、質問者さまが日本にずっと居住するつもりなら、家での会話は英語をメインにするのがよいと思いますよ。
 
 
    • good
    • 0

私ではなく従姉の話。



従姉は日本人、ご主人ドイツ人、知り合ったところはカナダでお互い英語を学ぶ為留学中でした。遠距離恋愛中はお互いコミュニケーションは英語、でも、お互い余り上手ではなくなかなかFAXでも通じ合えなかったとか・・。出来ちゃった結婚ですぐに結婚して今はスイス在住、スイスはドイツ語らしく従姉はしばらくドイツ語学校に通っていました。

子供は二人、お父さんとはドイツ語で、お母さんとは日本語で夫婦は英語で、という生活をしばらくしていたらしいです。
従姉の親(私にとってはおばさん)は、時々電話で話していたそうですが子供は全部中途半端な理解度だったらしいです。

でももうあれから8年が過ぎ、幼稚園もドイツの園に通い小学校もきっと現地の学校でしょう。ドイツ語は家族全員の言葉として、日本語はお母さんとの言葉として、英語は消滅、ご主人は未だに日本語はしゃべれないらしい。

家族全員のやる気と理解がないとみんなで同じ言葉、両親それぞれの言葉でみんなで喋るというのはなかなか難しいのかもしれませんね。

うちの場合は従姉が折れて頑張ったということになるんでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qペルー人ってどんな人??

突然ですが、ペルー人ってどんな人ですか?"こんな人!"と一言で言うのは難しいと思いますが、例えば、アメリカ人はいつでもどんな人にでもフレンドリーで・・と言うようにペルー人でありがち?な性格など教えてください!あと、ペルーの習慣、日本とこれが全く違う!などと言うことがあったら是非教えてください!以前アメリカに住んでいたのですが、その時の友人でペルー人の友達が数人居ます。でも、アメリカに居たせいか、ペルーの人がどう言う人なのかいまいち分かりません・・・女性は・・男性は・・と言う感じでも結構です!(アメリカのように男女平等の国ですか?それとも、日本のようにまだ男性社会?)どんなことでも結構ですので、教えてください!

Aベストアンサー

数人のペルー人の友人がいますが、皆誠実な人たちです。ペルー人といっても際立って違うところはありません。スペイン人の血(大家族主義、カトリックで信心深い、アラブの影響で友達を大事にする)と先住民の血(一口で言えば縄文時代の日本人です。自然を大切にする、万物に霊が宿ると信じる)の混血が多い。中南米の中ではメキシコ、グアテマラ、エクアドール、パラグアイと並んで先住民の割合が高い国です。

男女同権の国で女性を大事にします。(彼らの目から見ると日本人はカトリックでもないし、女性を大事にしない文化的には自分たちより遅れた民族かも知れません)ラテン系の人は法律は人生の潤滑油と考え楽しく人生が送れるために最低の規準として法律があると考えます。従って、楽しい人生の邪魔をする法律は生活の知恵で何とかしようと考えます。友人の出番です。友人(日本語より範囲が広い)のためには何でもします。少なくとも何かしてあげる努力をします。日本人は出来ないものは出来ないと考えるので、彼らの目には冷たく映ります(アメリカ人も日本人に似ている)しかし、アメリカ人以上に日本人が評価されるのは同じモンゴロイドの血を引くものとして、合理性だけではない、アジア人的人間くささともいえる
共通するものを感じ取るからでしょう。ペルー人が特に変わっていると感じたことはありません。明治時代までの日本人的なところがありますが、現代日本人の価値観に合わない点が違和感を与えるかも知れません。oscaroscarさんが、具体的に
差を感じる点があったのなら補足ください。

数人のペルー人の友人がいますが、皆誠実な人たちです。ペルー人といっても際立って違うところはありません。スペイン人の血(大家族主義、カトリックで信心深い、アラブの影響で友達を大事にする)と先住民の血(一口で言えば縄文時代の日本人です。自然を大切にする、万物に霊が宿ると信じる)の混血が多い。中南米の中ではメキシコ、グアテマラ、エクアドール、パラグアイと並んで先住民の割合が高い国です。

男女同権の国で女性を大事にします。(彼らの目から見ると日本人はカトリックでもないし、女性を...続きを読む


人気Q&Aランキング