人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

先日時代劇で里美浩太朗が月代を剃ってない総髪の武士役(大目付か裏奉行)で江戸城内をうろついてましたが江戸城の中で月代してない武士がうろついてるってありなんでしょうか?学者、医者以外で。

A 回答 (2件)

幕末の混乱期やごく初期ならともかくまず目付にとがめられるでしょうし、乱心者として隠居を命じられかねませんね。


特に大目付は初期を除いては式部官ですから、総髪などということはありえませんが、裏奉行なんてものはありませんのでご随意にとしかいえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2006/08/22 00:43

武士は月代を剃り、髷を結うのが礼儀ですから、江戸城の入り口で、衣髪を改めてお出でくださいと、追い返されるでしょう。

  武士の総髪は浪人や武芸者、旗本の二、三男の一部など無役の者に限られます。  大目付が総髪で江戸城御殿内をうろつく事などありません。   隠密も一部が総髪であったとの話がありますが、大目付が隠密気取りなど、噴飯ものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。参考にします。

お礼日時:2006/08/22 00:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代頃まであった総髪という髪型

昔の男性の髪型の「総髪」というのは、確か学者とか医者などの髪型だったと読んだことがあります。
幕末には、新撰組もそうですが、剣客にも総髪の人が多かったようですが、これはどういう理由からですか?

また、総髪という形で、頭頂部あたりを剃らずに髪を残したのはなぜでしょうか?

Aベストアンサー

武士が月代を剃るのは、「戦の時は兜を被るから」です。実際は兜を一度も被らずに死んでいく武士も多かったでしょうが、武士である以上は「お召しがあればいつでも戦に出る覚悟」を示す象徴として月代を剃りました。

本来「武士以外の人」は月代を剃る合理的な理由はありません。ただ、江戸時代の平民で月代を剃るのはごく普通の風俗であったようです。以前「兜を被るはずのない平民が月代を剃るのは、『まともな人間』であるとアピールするため」という回答がありましたが、当時の平民に聞けば「他の人が剃っているから俺も剃る」と言う回答しか返って来なかったのではないでしょうか。

一方、武士と全く別な社会に生きている、武士の支配下には属さない公家や神官は月代を決して剃りませんでした。これは「武士の習俗は公家や神官には関係ない」からで、当たり前のことです。

「また、総髪という形で、頭頂部あたりを剃らずに髪を残したのはなぜでしょうか?」
質問の意味が良く分かりませんが、月代を剃らないのが総髪ですから…現代の男性で、自由業の方で髪を長くして後ろで結んでいる人がいます。あれをもっと長くして、髪を油で固めて後ろを持ち上げ、上の方で結べば「総髪」になります。

現代の「長髪男性」のように後ろで下向きに結ばないのは、公家や神主は冠(烏帽子)を被るからです。この場合、髪の毛を油で固め、結び目(髷)が上の方にあると、上からスッポリ冠などを被ることができます。

雛人形のお内裏様(親王様)が、冠を被っていない状態の写真
http://images.pingmag.jp/images/article/dolls09.jpg
を見てください。これが要するに「総髪」です。頭がこのような状態になっていないと、冠が上手く載りません。

武士が月代を剃るのは、「戦の時は兜を被るから」です。実際は兜を一度も被らずに死んでいく武士も多かったでしょうが、武士である以上は「お召しがあればいつでも戦に出る覚悟」を示す象徴として月代を剃りました。

本来「武士以外の人」は月代を剃る合理的な理由はありません。ただ、江戸時代の平民で月代を剃るのはごく普通の風俗であったようです。以前「兜を被るはずのない平民が月代を剃るのは、『まともな人間』であるとアピールするため」という回答がありましたが、当時の平民に聞けば「他の人が剃っ...続きを読む


人気Q&Aランキング