出産前後の痔にはご注意!

PCRの理論について勉強しているのですが今ひとつよくわかりません。次のことについて教えてください。
(1)プライマーの伸張が5’→3’の方向になる理由?
 3’末端がGCrichなのでという記述があったのですが意味がよくわ かりません。
(2)加える試薬でdーNTPとは何ですか?
 何のため加えるのですか。

A 回答 (3件)

DNAはA-T間・G-C間の水素結合によって二本鎖を形成しています。

水素結合はA-T間では2カ所、G-C間では3カ所形成されるため、GC richな領域は結合が強くなります。PCRはまず高温(95℃前後)で鋳型DNAの二本鎖を解離させたあと、温度を下げて鋳型とプライマーを結合させます(これをアニーリングといいます)。
アニーリングの温度が低いと、配列が部分的に相補的なだけでも鋳型中の想定外の部分とプライマーが結合してしまい、目的とは異なるPCR産物が現れることがあります。伸長反応が起こるプライマー3’末端をGCとすることで、その部分の二本鎖がアニーリングの温度を上げても維持されやすくなり、より特異的なPCR反応が期待できます。アニーリングの温度はプライマーのGC含有量が高いほど、またプライマーが長いほど、高く設定できます。ただしプライマー全体がGC richだと、プライマー同士やプライマーの分子内で結合してしまい、PCR反応が進まなくなることがあります。また遺伝子の構造上GC richな領域も存在するので、そちらに結合してしまうこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい分かりやすい説明で大変よくわかりました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/08/21 23:16

> 3’末端がGCrichなのでという



詳細はわかりませんが、2本鎖DNAのGCリッチな部分は鎖同士の相互作用が強く、増やしたいDNAがそのような配列を持っている場合は、PCRが難しくなることがあります。またプライマーの 3’末端にGCrichなところを選べば、プライマーと増やしたいDNAとの相互作用(特に伸長反応が起こる3’末端側)が安定化するためPCRに有利だと考えられています。


PCRについて説明しているサイトを紹介しておきます。
http://www.pitt.edu/~heh1/PCR.jpg
http://www.jpo.go.jp/shiryou/s_sonota/hyoujun_gi …
http://www.kochi-u.ac.jp/~tatukawa/edu/semc3/200 …
http://www.nippongene.com/pages/products/pcr/taq …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
PCR説明のサイトとても参考になりました。

お礼日時:2006/08/20 22:22

(1)


>3’末端がGCrichなので
どういう文脈で使われているのか分かりませんが、これは伸張方向には関係ありません。伸張が5'→3'なのは簡単に言ってしまえばDNAポリメラーゼがその方向にしか働かないからです。今のところ3'→5'にDNA、RNAを合成する酵素は発見されていません。dNTPから酵素反応に必要なエネルギーをとるのに5'→3'のほうが都合がいいらしいです。

(2)
dNTPはdATP,dTTP,dCTP,dGTPを混ぜたもののことです。プライマーの3'末端にくっついてDNA鎖を作る材料です。

よけいなことかもしれませんが、PCRの理論の前に、軽くDNAについて勉強されたほうが近道だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
生物が専門でなく遺伝子の知識があまりないもので、もう少し基礎知識をつけようと思います。

お礼日時:2006/08/20 22:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QゲノムDNAライブラリーとcDNAライブラリーの違い

ゲノムDNAライブラリーとcDNAライブラリーの違いって何でしょうか?

また、これらのライブラリー中にクローン化されている遺伝子の構造の大きな違いって?

よろしくお願いします

Aベストアンサー

まず、DNA=遺伝子ではないということと、「遺伝子<ゲノム」なのを考えればわかると思いますが、ゲノムライブラリーは、ゲノムを制限酵素で切断したもの全てをライブラリー化したものです。つまり、遺伝子だけでなく、遺伝子ではない部分も取り込みます。
それに対してcDNAライブラリーは、mRNAからcDNAを合成し、ライブラリー化するので、そこには、遺伝子のみが含まれます。
つまり、遺伝子のタンパク発現・機能解析を行いたい時に、cDNAライブラリーを用いる場合が多いです。
クローン化されているものに、違いはありませんよ。ミューテーションを除いて、全く同じものが複製されます。

QGCパーセントで生物を分類する意味

GCパーセントで生物を分類する意味を教えて下さい。また、ATは水素の二重結合である一方、GCは三重結合であるためGCパーセントが高い生物ほど遺伝的変異が起きにくく、また高等生物と判断してよろしいのでしょうか。

Aベストアンサー

GC含量と生物の複雑性とは関係がないと考えて良いとおもいます。しかし、GC含量を測定することは現在でも重要な意味を持つ場合があります。詳細なシーケンスデータの蓄積がない場合には、その生物の染色体組成を特徴づける一つの指標になります。シーケンシングには時間と費用がかかる一方、生化学的手法によるGC測定は簡便で、非常に安上がりだからです。
 モデル生物のようなメジャーな生物のゲノムはすでに配列決定されていますが、未だに配列決定されていない種が大多数です。そのような生物学的に重要視されていない種の配列をすべて決定するほど、シーケンシング技術は簡便ではありません。これは微生物学分野のような、未知の種が多い場合に特に言えることです。そのような理由から、現在でも新種の微生物を論文発表する際にはGC含量を記載します。他の回答者のおっしゃる通り、GCは指標の一つでしかありません。同一属の生物でもGC含量が違う場合(これは例外だが)があるのです。しかし、GC含量が異なっていれば間違いなく別種といえます。微生物を分類するにはさらに、一部のDNA(16S rRNA遺伝子)や脂肪酸組成や増殖環境などを詳細に調べます。
 またヒトのような高等生物では、全ゲノムが明らかになる以前から染色体のGC含量の局所的なLowとHigh領域が注目を集めました。ゲノムのGCモザイクによるバンド構造は、チンパンジーなどのそれと酷似しています。
 以前読んだ本に、GC圧という説が載っていました。生化学実験講座だったかな?GCはATより結合力が強いので、高温環境などの変異性環境での進化で保存されてきたという説です。そして生物が高温から低温に移行するとGC圧から解放されAT含量が増すという説で、実験データもそれなりにしっかりしたものでした。ずいぶん前の本で、今の説は違うかもしれませんが、私はその研究に大変感銘を受けた記憶があります。GCは奥の深い世界だと思いますよ。

GC含量と生物の複雑性とは関係がないと考えて良いとおもいます。しかし、GC含量を測定することは現在でも重要な意味を持つ場合があります。詳細なシーケンスデータの蓄積がない場合には、その生物の染色体組成を特徴づける一つの指標になります。シーケンシングには時間と費用がかかる一方、生化学的手法によるGC測定は簡便で、非常に安上がりだからです。
 モデル生物のようなメジャーな生物のゲノムはすでに配列決定されていますが、未だに配列決定されていない種が大多数です。そのような生物学的に重要視さ...続きを読む

QPCR後の遺伝子の安定性について教えてください。

最近、研究室の友人がPCR後の増幅された遺伝子のサンプルを翌日、翌々日に電気泳動させています。
PCR後の遺伝子は凍結保存してどのくらい持つのでしょうか?お願いします。

Aベストアンサー

核酸は字のごとく酸です。
従って、水のなかで長期保存した場合、分解します。
長期保存する場合は、緩衝液(TE)などに保存することが必要です。
特にプライマーはTE中に保存しないと数年後に同じ条件でPCRが掛からないなってことが起こります。
分解が起こる他の条件としては
凍結融解もあります。
凍結融解を繰り返すと確実にDNAは壊れます。

理由はわかりませんが、経験上濃度の薄いDNAほど分解しやすいようです。

Qなぜ、肝硬変でグロブリンの値があがるのですか。

肝硬変では、アルブミンというたんぱく質は低下しますが、グロブリンというたんぱく質は増えると聞きました。
それがどうしてなのか、知りたいのですが、どなたかご存知の方教えてくださいませんか。 

Aベストアンサー

まず、グロブリンについてですが。
4種あるグロブリンのうち、肝硬変で増加するのはγグロブリンといい、免疫グロブリンともいいます。
これはリンパ球などで作られます。

肝硬変というのは、元は肝臓の炎症(=ウイルスや菌に侵されている)です。
グロブリンは「免疫」ですから、肝臓内のウイルスを破壊しようとしてどんどん生産され、つまり増加するわけです。

次に、アルブミンの方についてですが。
アルブミンは、肝臓で作られます。
肝硬変で肝臓の機能がガタ落ちしているのですから、そもそもそんなに作られないわけです。

QGCリッチなプライマーを使用してのPCR

PCRで目的物が増えてこなくて困っています。

Oligo Calculatorによる計算では、片方のプライマーが23mer, GC率70%, Tm値64℃で、もう一方は30mer, GC率53%, Tm値64℃です。アニーリング温度を変えたり、サイクル数を増やしたり、template量を変えたり、これより短いプライマーを試した(これより長くしても前者のGC含有量は減らない)のですが、アガロース電気泳動でバンドは検出できませんでした。

原因として考えているのは、
(1)これらの2つのプライマーには、各々のプライマーの中央付近に7bp程度、相補的な部分が存在しているので、プライマーどうしでくっついてしまっている。
(2)前者のプラマーがGC含有量が多いので、プライマー内でGC結合してしまっている。
(3)ポリメラーゼが適切でない(New England Biolabs Vent Polymerase)。
ということです。

(1)の解決策として、相補的な領域が少ない短いプライマーを試したのですが、バンドは検出されませんでした。

この問題の解決法を教えてください。お願いします。

PCRで目的物が増えてこなくて困っています。

Oligo Calculatorによる計算では、片方のプライマーが23mer, GC率70%, Tm値64℃で、もう一方は30mer, GC率53%, Tm値64℃です。アニーリング温度を変えたり、サイクル数を増やしたり、template量を変えたり、これより短いプライマーを試した(これより長くしても前者のGC含有量は減らない)のですが、アガロース電気泳動でバンドは検出できませんでした。

原因として考えているのは、
(1)これらの2つのプライマーには、各々のプライマーの中央付近に7bp程度、相...続きを読む

Aベストアンサー

PCRで増幅させたい領域のGC-Contentは高いですか?あるいは、その領域にGC-Richな部位はありませんか? 

1)Invitrogenから出ているGC-Richによく働くPolymeraseを試す。
2)反応液にDMSOを5%(V/V)添加する。
3)最初の95Cのステップを3分にする。
4)2-Step PCR-Reactionを試す。

このあたりから反応条件をOptimizeしたら如何でしょうか?

Q 大学の実験でPCR法というのをやりました。

 大学の実験でPCR法というのをやりました。
PCR法はホット・スタート法呼ばれる方法で、どのような利点があるのですか?
 
 また、最近のホット・スタート法は高温の反応液中にDNAポリメラーゼを加えることで反応を開始する必要がなくなっている。DNAポリメラーゼを含むすべて材料を室温で混合し、サーマル・サイクラーの設定だけでホット・スタートが可能となっている。その技術がどのようなものなのかを教えて下さい。

Aベストアンサー

サーマルサイクラーで温度が上がるまでの低い温度ではプライマーが非特異的にDNAとアニーリングします。そのようなDNAに対してDNAポリメラーゼの酵素活性により伸長し、非特異的なDNAが増幅されたり、プライマーダイマーが形成されたりしてしまいます。
ホットスタート法では温度が高くなった状態で酵素を入れるために、そのような非特異的な増幅を防ぐことができます。
温度が上がって初めて活性のある酵素とDNAが会えばよいので、抗体などでDNAポリメラーゼ活性を抑えておき、サーマルサイクラーで高温になったら抗体が不活化することにより初めて活性のある状態になる、あるいは、DNAポリメラーゼをビーズに埋め込み、物理的にDNAから遮断しておいて、高温になったらビーズが融けることによりDNAポリメラーゼとDNAが出会える、などの方法を用いることによってサーマルサイクラーのみでホットスタートと同様の効果を得ているようです。

QKm値について

Km値について

Km値は基質に対する酵素の親和性だと習いました。
Km値が大きくなるほど、親和性が上がるということでしょうか。
ミカエリスメンテンのグラフからはKm値が小さくなるほうが、親和性が上がる気がするのですが。

わかる方、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>>Km値が大きくなるほど、親和性が上がるということでしょうか。

逆です。
ミカエリス定数はV=(Vmax・C)/(Km + C)で表されます。(Vは反応速度、Vmaxは最大反応速度、Cは基質濃度)

ミカエリス定数Kmが大きいと、分母が大きくなり、反応速度Vは小さくなります。

反応速度が小さいと言うことは、基質との親和性が小さいということを意味します。


人気Q&Aランキング