私はペットの美容師をしています。
最近、シャンプーなどに入っている合成界面活性剤がによる経皮毒のことを知り、毎日使っている犬用のシャンプーも安全なものに変えたいと思っています。
ですが、色々調べたところ合成界面活性剤を使っていないという商品もありますが、正直本当なのか心配です。
天然系の合成界面活性剤・界面活性剤未使用など確実に見分ける方法をご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

裏の成分表示をご覧ください。

界面活性剤のURLを載せておきます。
また、余程の粗悪品(外国製等・特に発展途上国製)出ない限り、現在使用されている合成界面活性剤は安全性の高いもので、皮膚からの浸透率も0,53%と低く、特に心配要りません。肌の弱い子や生まれて間もない子であれば、獣医に相談された方がよいでしょう。
また、純石鹸も毒性が無いわけでありません。それに、洗浄力で合成界面活性剤入りの洗剤に劣るため、使用量が多くなれば結局同じことです。
界面活性剤の毒性?…http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%95%8C%E9%9D%A2% …

参考URL:http://www.live-science.com/bekkan/intro/hyouji. …
    • good
    • 0

やはり 純石鹸を使った方が良いと思います。



人間のシャンプーも動物用のシャンプーも合成界面活性剤を使っているものがほとんどです。

純石鹸は 一般的に 布巾洗い石鹸などと呼ばれていますが
体を洗っても 髪を洗ってももちろん大丈夫です、

最初は きしむ感じがしますが
使っているうちに つやつやになってきます。

もちろん 手の荒れも 断然少ないですよ。

毛の長い犬の場合 もつれる事があるので
市販のリンスの代わりに クエンサン・レモン汁・お酢などを水に溶かして使うと
きしみも無くなります。

お酢の匂いは 乾かせば気にならなくなります。

何よりも 洗うほうも 洗われる方も
健康でいられます。

ただ 難点を言えば
高級感がない・事くらいでしょうか・・
    • good
    • 0

合成界面活性剤を使わないのなら純石鹸(脂肪酸ナトリウム、脂肪酸カリウム)しかありません。



合成界面活性剤の代表がドデシル硫酸ナトリウム(ラウリル硫酸ナトリウム)なのでこれをいやがられるのであれば純石鹸を使うしかありません。

「界面活性剤を使わない」となった場合は純石鹸も使用不可になります。

製品を選び買えるより、今のメーカーに安全性試験データーを見せて貰った方が早いかもしれませんよ。
一般人が見ただけで解るような量でないので、本社か支社で説明を受ける形になると思いますが経費毒性についても実験されているはずです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング