T4ファージについての特徴や性質を教えてください。

A 回答 (3件)

大腸菌に寄生する、最も有名なバクテリオファージですネ。

構造は非常に単純で、月面着陸船のような形をしています。本質は外皮蛋白と、その器(頭部)に包まれているDNAで、寄生したファージは外皮蛋白の器から大腸菌体内に中身のDNAだけを注入します。そして、注入されたDNAは大腸菌の蛋白合成遺伝子を利用してファージの蛋白を合成します。そして、自分の複製が大量に出来上がったところで、寄生主である大腸菌は死滅します。そして菌が崩壊するとファージの大群が飛び出し、次の菌に感染するという行為を繰り返すものです。
ものすごく、簡単な解説にしましたが、どれ位の内容をお望みでしょうか?
以上kawakawaでした
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとにありがとうございます。ただいまレポート作成に悪戦苦闘しています。まだ専門で学んでいないので詳しいことがわからないので、とてもうれしかったです。なんですが、また質問させてください。T4ファージの生命活動のなかでの3つの特徴とはなんですか?必ず大腸菌に寄生して宿主を殺して、増殖することですのね?教えてください。

お礼日時:2001/01/01 09:35

 kawakawaさんの素晴らしい回答がありますが、蛇足説明をひとつ。


 尾線維で大腸菌に取り付いたT4ファージは、尾鞘という蛋白質からなるチューブを縮ませて大腸菌の細胞内に挿入し、頭部に格納したDNAを大腸菌に注入します。まるでT4ファージ全体が注射器のような働きをするわけで、この機械のような精緻な機構を知ったときには感動したものです。

参考URL:http://www.bio.titech.ac.jp/~farisaka/T4/what%60 …
    • good
    • 0

以下のサイトが参考になりますでしょうか?


1.http://www.bio.titech.ac.jp/~farisaka/T4/
(実験材料T4ファージについて)
このページのリンク先が参考になります。
2.http://village.infoweb.ne.jp/~creature/gallery/T …
(バクテリオファージ(T4ファージ))
3.http://www.nig.ac.jp/museum/history/kindai/kinda …
(細菌の形質導入 )
4.http://www.nig.ac.jp/museum/history/kindai/kinda …
(遺伝子の微細構造)
5.http://www.bio.sci.osaka-u.ac.jp/~yonesaki/index …
(米崎哲朗の活動報告)

これら以外にも沢山のHPがあります。

ご参考まで。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QDynaBook T4/495CMEのタッチパッド無効化方法

DynaBook T4/495CMEモデルでXPを動作させています。
タッチパッドの機能を停止させたいのですが、マウス設定でもON/OFFが無く、BIOS設定の確認方法も不明です。(F1,F2,F8,F10等を起動時に連打して起動を試みています。)

タッチパッドの停止方法を教えてください。

Aベストアンサー

PS/2マウスを接続するとタッチパッドは使用できなくなるのが基本の設定です。
コントロールパネルのプリンタとその他のハードウェア - 東芝HWセットアップ - ポインティング装置タブでポインティング装置の内部/外部を同時使用が設定されているためと思われます。
今はFn+F9で簡単なんですけどね。

QT2ファージを上から見たら五角形? 六角形?

DNAの本体についての研究材料となったT2ファージを
最近ではペーパークラフトで作る人がいるようです。
http://www.k4.dion.ne.jp/~soilshop/papeclft/fageT2new.pdf
これを作ると、T2ファージを上(頭部のあるほうを上とします)から
見た場合、6角形になるように思います。

しかし、
http://books.google.co.jp/books?id=2OgDAAAAMBAJ&pg=PA1206&lpg=PA1206&dq=t2+phage+icosahedral&source=bl&ots=fx2xZbaSKs&sig=_5ue6v6fVN5_tIRG-WQRFIk_uKQ&hl=ja&ei=XerkTPfKKoGKuAPe6v3dDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&resnum=4&ved=0CCsQ6AEwAw#v=onepage&q=t2%20phage%20icosahedral&f=false
等を見ると、T2ファージの頭部は正二十面体(の対称にした形?)と
書いてあるので、上から見たら五角形になるように思います。

T2ファージの頭部はどんな形をしているのでしょうか?

DNAの本体についての研究材料となったT2ファージを
最近ではペーパークラフトで作る人がいるようです。
http://www.k4.dion.ne.jp/~soilshop/papeclft/fageT2new.pdf
これを作ると、T2ファージを上(頭部のあるほうを上とします)から
見た場合、6角形になるように思います。

しかし、
http://books.google.co.jp/books?id=2OgDAAAAMBAJ&pg=PA1206&lpg=PA1206&dq=t2+phage+icosahedral&source=bl&ots=fx2xZbaSKs&sig=_5ue6v6fVN5_tIRG-WQRFIk_uKQ&hl=ja&ei=XerkTPfKKoGKuAPe6v3dDA&sa=X&oi=book_result&ct=result&r...続きを読む

Aベストアンサー

T2ファージの頭部は正二十面体の頂部にあたるので、面となる三角形は5つであるはずです。また側面には三角形が10個あるはずです。(正二十面体を縦に2つ重ねたような形なので、側面全体では三角形20個になります。)
ペーパークラフトの方は頂部が三角形6つで側面が12個なので、T2ファージの設計図としては誤りだと思います。

QT2,T4,T6ファージなどのTって

夏休みの自由研究で今バクテリオファージについて調べているのですが、T2,T4,T6ファージなどについているTとはどういう意味か教えてくださる人がいればよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Tは単にTypeのTです。
T2,T4などTと番号で呼ばれるファージは大腸菌病原ファージにかぎられ、T系ファージともよばれています。
T1~T7までの7種があります。

QT2ファージ(2)

T2ファージの実験について内容はわかるのですが
気になる事があるので回答お願いします。

最初に放射線同位体に感染していないT2ファージを
実験でしようしますがその成分は
たんぱく質の構成元素は(C・H・O・N・S)
DNAの構成元素は(D・H・O・N・P)
でいいのでしょうか?




それと実験終盤
SまたはPの放射線同位体に感染したT2ファージと
放射線同位体に感染していない大腸菌を
一緒にしておくとDNAが大腸菌に進入したことで
子ファージを生成します。

その子ファージは放射線同位体を含むものなのか?
放射線同位体S,Pそれぞれで実験したときの
子ファージについて教えてください。

Aベストアンサー

 DNAと蛋白の構成元素は(DNAのところでDとあるのはCの間違いですね?)質問に書かれた通りです。DNAにはSがなく、蛋白にはPがないところがミソです。ちなみに#1の方はシステインおよびシスチンのことをお忘れのようです。

 この実験で判ったことから先回りしますと、ファージは核酸を大腸菌に注入しますが、その外殻は大腸菌の細胞表面に残ります。子ファージの生産は大腸菌の細胞内の原料を使って行われるので外殻蛋白に含まれるSは子ファージには引き継がれません(まったくのゼロかどうかは断言できませんが)。一方核酸は親ファージの核酸を鋳型として合成されるので核酸中のPは子ファージに引き継がれます。

 したがって、
Sの同位体を含む親ファージ→子ファージはSの同位体を含まない
Pの同位体を含む親ファージ→子ファージはPの同位体を含む
ということになります。

Q平滑化;klenowかT4DNA polymeraseか

宜しくお願いします。
ライゲーションを目的として、2本鎖DNAを平滑化する場合、成書にはクレノーを用いた例が殆どですが、なぜT4DNA polymeraseが第一選択ではないのでしょうか?
以前から疑問だったのですが、この度質問するにあたり、複数の業者に問い合わせてみたところ、クレノーはfill inと同時に1塩基される為不向きなので、T4DNA polymeraseを用いて下さいとの回答でした。
それならば何故、教科書にはクレノーの例ばかりなのでしょうか。勿論クレノーを用いても平滑化が可能な事は、理解出来ますが、第一選択としては、T4DNA polymeraseの強力なエキソヌクレアーゼを考慮したとしても、こちらの方が良いと思われるのですが。
上記の様な理由を、どなたかご存知でしたら教えていただければありがたく思います。

Aベストアンサー

まあ用途(polish活性も必要かなど)と用法が間違っていなければどちらを使ってもちゃんと出来るんですけれど。Klenowがfirst choiceになっている成書が多いのはどうしてかという質問に答えるなら、前期のような回答になります。

>↑これですが、失活させるには激しいボルテックスを行う、と説明書にありますが、

説明書にあるならそれでもいいのでしょうけれど、あまり一般的とは言えませんね。フェノールをぶち込んで反応を止めろというのは確かTakaraのkitがそうなっていたと思います。加熱(70℃前後)で止めるというのも割と一般的なようですが、先に書いたようにフェノールが安全だと思います。

>↑温度を下げた場合、T4およびクレノーの反応時間は何分位でしょうか。またdNTPは、標準でもかなり濃いですが、更に2倍3倍入れるという事ですか。入れすぎて問題は無いのでしょうが、どれくらい入れたら良いのでしょうか。

Molecular Cloningによると、T4は100 uM dNTP, 12℃, 15 min、Klenowは50 uM dNTP, r.t., 15 minです。

通常の実験スケールだと酵素過剰になって失敗することが多いので注意です。5 ug以下のDNA量なら通常1 unitもあれば十分です(キットを使うと少量のDNAには酵素が多すぎる場合がある)。DNA量に対して酵素量が多い場合は反応時間はもっと短くていいかもしれません。
Taq polなどと違って、dNTPの濃度は高すぎても問題ないと思います。
ただ、上記の濃度は上記の反応条件の場合ならということで、たとえば反応時間を延ばしたりすると、dNTPがどんどんdNMPに分解されて濃度が下がってきて、削れこみ反応がおこりやすくなる可能性はあります。

>1個人の、1研究室の意見より、メーカーの答えは遥かに信用出来ると思われるんですけどねえ。。

>>これは、いろいろな成書の記載や、経験上からも非常に疑問がある見解だと思います。

と書いたように、決して一個人の意見というのではなく、数々の成書や参考文献から学び、実際にやってみてきたことです。

メーカーの情報も役立ちますが、ちゃんと根拠になる文献がトレースできる実験書(たとえばMolecular Cloning)をそばに置いておくことをおすすめします。

先にも書いたように、Klenowに一塩基付加の活性があるという文献はあります。しかし、だからbluntingにはKenowよりT4 polのほうが優れているということを実際比べてみているわけでもないし、結論わけでもないです。なのにメーカーがそういうことを言っているというのがうさんくさいと思うわけで。

まあ用途(polish活性も必要かなど)と用法が間違っていなければどちらを使ってもちゃんと出来るんですけれど。Klenowがfirst choiceになっている成書が多いのはどうしてかという質問に答えるなら、前期のような回答になります。

>↑これですが、失活させるには激しいボルテックスを行う、と説明書にありますが、

説明書にあるならそれでもいいのでしょうけれど、あまり一般的とは言えませんね。フェノールをぶち込んで反応を止めろというのは確かTakaraのkitがそうなっていたと思います。加熱(70℃前後)で...続きを読む

Q心臓や筋肉や脳から出る電流は同じ性質のものでしょうか。

心臓や筋肉や脳から出る電流は同じ性質のものでしょうか。
これらはすべて一個の細胞から出る活動電位が総合されたものによるものなのでしょうか。説明によっては細胞が活動するから出てくるというように因果関係が逆のようなものもあります。ご教示いただければ幸いです。

Aベストアンサー

細胞の活動によって発生する膜電位ですから、基本的には同じ性質と考えていいと思います。


>>これらはすべて一個の細胞から出る活動電位が総合されたものによるものなのでしょうか。説明によっては細胞が活動するから出てくるというように因果関係が逆のようなものもあります。

意味不明です。因果関係が逆とはこの文章からは読み取れません。
細胞が活動(化学反応)をしなければ電位が発生しようがありません。


それとも、電位が発生するから細胞が活動すると考えられているのでしょうか?
だとすればそれは間違いですね。
細胞から発生する電気は細胞内の各化学反応によって発生します。

QT4ファージについて

T4ファージについての特徴や性質を教えてください。

Aベストアンサー

大腸菌に寄生する、最も有名なバクテリオファージですネ。構造は非常に単純で、月面着陸船のような形をしています。本質は外皮蛋白と、その器(頭部)に包まれているDNAで、寄生したファージは外皮蛋白の器から大腸菌体内に中身のDNAだけを注入します。そして、注入されたDNAは大腸菌の蛋白合成遺伝子を利用してファージの蛋白を合成します。そして、自分の複製が大量に出来上がったところで、寄生主である大腸菌は死滅します。そして菌が崩壊するとファージの大群が飛び出し、次の菌に感染するという行為を繰り返すものです。
ものすごく、簡単な解説にしましたが、どれ位の内容をお望みでしょうか?
以上kawakawaでした

Qファージディスプレイ法

ファージディスプレイ法とは(繊維状ファージを使う場合)ファージ先端にタンパク質を提示させることを指すのですか?それともバイオパニングして増幅させることを指しますか?それともファージによる提示を利用して目的のペプチド配列を同定することを指しますか?

Aベストアンサー

元々、ファージディスプレイとは、ファージに目的のタンパクをディスプレイ(表示もしくは提示)させる手法のことです。よって、質問者さんの最初の答えになると思います。

ただ、それだけでは、本来の実験の体を保つ事ができません。結局はその次にパニング(砂利の中から砂金をすくい取る事の意味)を行ない、最終的には、目的のファージをスクリーニングする事が目的であります。

一連の作業を称して、「ファージディスプレイ法を用いて目的の遺伝子をスクリーニングし・・・」などと記載するのかと思います。

QPanasonic CF-T4

Panasonic CF-T4は2GBにできますか?

Aベストアンサー

残念ながら無理です。

CF-T4のマザーボードで使われているチップセットの仕様上、メモリスロットは2本までで、搭載可能なメモリは1GB×2枚で計2GBまでです。
ですが、CF-T4シリーズの場合、マザーボード上に交換不可能なオンボードメモリが512MB搭載されていて、そのため搭載可能なメモリは1GB×1枚が限界です。
つまり、CF-T4シリーズの最大メモリは、オンボード512MB+1GBで計1.5GBまでとなります。

ちなみに、メーカー仕様では最大1GB(オンボード512MB+512MB)までとなっているため、1.5GB搭載して正常に動作しなかったとしても自己責任です。
一応、数人の動作報告がありますので、大丈夫だとは思いますけどね。

Q形質導入とファージ変換

大学の微生物学で習う内容について質問です。
形質導入とファージ変換の違いがよくわかりません。

教科書ではファージ変換の説明を
「完全なファージ遺伝子に、菌の遺伝子と思われるものが
取り込まれた場合である。」としているのですが
「完全なファージ遺伝子」とは何なのでしょうか?

分かりやすく教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

形質導入とは、細菌の遺伝子の一部がファージ粒子に取り込まれた形で別の細菌に伝達させること
ファージ変換とは、ファージ遺伝子そのものの形質発現によって細菌の性質が変化することです
「完全な」は「欠損してない」と言い換えると理解しやすいと思います


人気Q&Aランキング