OCN光で最大124,800円おトク!

一般的に成人では400~500mlくらい肺に入るように
アンビューを揉むのが良いといわれていますよね?
でも私は小児病棟なので患者さん一人ひとりがそれぞれ体形も違い、一般的な数値ではなく
一人ひとりにあった数値を知りたいと思い、色々と文献を探してみました。
すると身長と年齢からおよその患者の肺活量が
分かる式が載っていました。
しかし、そこで疑問が・・・
アンビューで送気する量って「肺活量」を目安に
考えればいいのでしょうか??
換気量じゃなかったっけ?
あれ?なんだっけ?と思い
質問させてもらいました。。
あきれるような内容かもしれませんが
どうぞ回答よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

「肺活量」は換気量、予備吸気量、予備呼気量の和です。


換気量と肺活量は異なります、換気量は安静時の一回あたりの量であり、肺活量は深吸気の後の深呼気量です。
成人の安静時換気量は大体500mlで死腔容量を差し引いた大体350mlが有効換気量です。

アンビュウ・・・正しくはバックバルブマスク、の容量は大体2000mlです。これを片手でもむ時の換気量は成人男性で800mlぐらいでしょう。
女性でも換気量が保てる仕掛けになっています。

以上は成人のクライアントの概念です。
小児は異なると思いますが、呼吸器の解剖あたりから想像してくださいね。
答えになってるのかなぁ。。。
と、身長については外国に「なんとかテープ」(名称を忘れましたm(__)m)というのがあり、これで身長を測ると換気量、回数、他の目安が出るというものがあったと思います。検索しようとしましたが名前が思い出せない。。。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

とても分かりやすく教えてくださってありがとうございました☆勉強不足過ぎました(^^:)
なんとかテープの存在・・・きになりますねぇ(^v^)
たくさん回答してくださってどうもありがとうございました☆

お礼日時:2006/08/20 15:52

全年齢に対して、胸部挙上が確認されかつ腹部膨満しない程度です。



体重(kg)*10ml
という計算式もあります。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます☆この計算式は聴いたことがあります(^v^)これは人工呼吸器で使われる1回換気量の計算式ですね!
ということはアンビューでもんでいる量は肺活量ではなく1回換気量と考えて良いんですかね?
体重だけでなく、身長も考えたうえでの計算式はないでしょうか?
更なる質問すみません(>。<)

お礼日時:2006/08/19 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q人工呼吸器の気管切開患者の緊急時用手換気について

人工呼吸器の看護について勉強しています。

人工呼吸器をつけており自発呼吸のない気管切開患者の気管チューブが抜けた際、
用手換気はどのように行えばいいのですか?
複数の文献を参照していますが、載っていません…。

気管切開孔をふさいで口からバックバルブマスクによる換気をすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

カニューレの種類にもよりますが、人工呼吸器をつけている状況を想定しているならカフ付なのでしょう。この場合、抜けたカニューレをそのまま切開孔に挿入するのは困難です。なぜなら、カフ付カニューレは挿入しにくいので、わざわざ新品のカフ付カニューレは中に内筒みたいなのがあって、ようやく挿入できるのです。内筒がとってあったり、新品が近くにあれば別ですが、内筒なしで入れることはなかなか困難な事が多いです。
もちろん、痩せていれば簡単な場合がありますが、基本は用手喚気で人を呼んで新しいカニューレと医師を呼ぶという事かと思います。
その際は、口にアンビュを押しつけて切開孔は塞がずに(というか両手を使うので塞げない..足で塞げるなら別ですが)喚気という事になります。

Q人工呼吸器について (PPEPとPSについて)

CPAP時のPS(プレッシャーサポート)とPEEP(呼気終末時気道陽圧)の違いがよくわかりません。PSが吸気努力の改善のために最大吸気圧まで吸気を送る、そしてPEEPは呼気の終了とともに吸気呼気の弁を閉めて、気道内圧が大気圧に開放されないように圧力をかけることで、肺胞虚脱を防止し、機能的残器量を増加させる・・・とテキストなどではありますが、なんだかよく分かりません。ご回答お願いします。

Aベストアンサー

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系の障害のため、自分の力だけで十分息を吸うことが出来ない患者さんのために、機械が圧力をかけて息を押し込んでやるという換気の方法ですが(そのため、サポートという名前になってます)、患者さんの自発呼吸を出来るだけ残して呼吸管理をしようとする最近のトレンドに従って、今ではSIMVと同様以上に広く用いられる換気法になりました。
なお、「気管挿管されている患者さんが気管チューブ越しに息を吸うときの抵抗を減らすために」という理由で、3~10cmH2OくらいのPSが従来日常的にかけられてましたが、実際にはチューブの細さや息を吸う速度によって抵抗が異なるわけで、最近の人工呼吸器にはTC/ATCという名称で吸気流速に応じてサポートプレッシャーを変化させる機能がついていたりします。また、もしかしたらあと10年くらいするとPSは過去の換気モードとなっており、そのころはPAVが一般的に行われているかもしれません(詳細はあえて割愛しますが)。
以上、先ずはご参考まで。

参考URL:http://www.ne.jp/asahi/nishi-kobe/masui/lecture.html

さて、昔は自発呼吸の呼気に圧をかけるだけのCPAPしか無かったのですが(一番原始的な装置は、呼気側の蛇管を水の入ったビンに差し込む方法で、その差し込む深さが何センチかでPEEP圧を決めてました・・・・と、閑話休題)、そのうちPS(V)という換気方式が出てきました。これは、「患者さんの吸気の開始に合わせて設定した圧まで空気を送り込み、患者さんが息を吸っている間じゅうその圧を保ち、患者さんの吸気が終わると圧を下げる(その直後患者さんが息を吐いて、呼気相になる)」という仕組みです。呼吸器系...続きを読む

Q心電図で「陰性T波」って何ですか?

とくに自覚症状はありません。(体力がないとは思います)
安静時心電図で陰性T波と書いてあり、気になります。
半年前くらいには、平坦T波といわれましたがとくに気にしなくていいよ。って医師に言われていました。
そういえば、数年前はやや徐脈って言われました。でも経過観察。

コレステロールはやや高めで、血糖値は正常です。BMI=23~24くらい。
まさか、動脈硬化になってきているとか?
食事は不規則で脂っこいの好きです。ファーストフードで済ませることも多いです。運度はほとんどなし。
休みの日は食べては寝ての繰り返し。ストレスは大。
競争心は強い方かなあ。

20代半ば。男性。

まさか、自分ってはやくも虚血性心疾患になりつつあるのでしょうか?
また、今の段階で生活を改善すると、心電図は正常化するでしょうか?

Aベストアンサー

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわからないので生活改善によってなくなるかどうかは断言できません。。。ただそれ自体はとてもよいことなので是非実践してください。
あとタバコですが10本×10年=100、ということで肺がんになる確率は吸わない人の2倍弱というところです。10年禁煙で非喫煙者並になります。

心臓は命に直結する器官ですから不安になりますよね。そういった不安が強いことで色々な症状が起こることもあります(心臓神経症)。「痛い気がする」というのもその可能性があります。
もう一度受診して医師に説明してもらったほうが安心できるかもしれませんね。

V6は「正常でも出る」部位ではないのですが、単独部位で陰性T波がみられる場合も病的とは判断されません。
自覚症状なし、血圧もまったくの正常、
血液検査でもコレステロールがやや高めのみですので様子をみてよいと思います(虚血性心疾患ならば必ず検査値が上がる物質ありますので)。

影響因子として自律神経の緊張も上げられますので緊張状態にあったならば関係あるかもしれませんね。でも「正常ではないけれど、病的ではない」ということはよくあることです。大丈夫ですよ。

原因ははっきりわか...続きを読む

Q採血の順番

新人看護師です。
採血の順番についてききたいのですが、先輩によって採血をするスピッツの順番が違っていて、どれが正しいのか分かりません。最初に生化を採る先輩と血算を先に採る先輩とがいます。これはどちらが正しいのでしょうか?また、シリンジ採血と真空管採血によっても順番が異なるのでしょうか?なにかエビデンスはあるのでしょうか?
採血の順番とその理由も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。
私の病院では、生化⇒赤・血算⇒紫・血糖⇒灰色・凝固⇒黒・アンモニア⇒黄色 となっています。

Aベストアンサー

一応、臨床検査医学で習ったルールですが。

穿刺後、最初の血液は組織や組織液に触れる可能性が高いです。そのため、凝固してはいけないものをその血液で検査するのは好ましくありません。
それゆえに、真空管だと最初に生化のスピッツを入れるのが良いです。そのほかは、適宜ですね。
一方で、後で分注する方式であれば、同じ理由から生化は最後が良いです。そして、凝固させてはいけないスピッツ(抗凝固剤が入っているもの)から急いで分注し、混和します。

Q【医療従事者の方へ】針刺し事故をしてしまいました。。不安です

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。一刻も早く検査とグロブリン投与をしてほしいところですが、専門医がそういわれるので、それに従うしかありません。が、そんなに悠長なことで大丈夫なんでしょうか?
チクっとしか刺していないし、すぐに流水洗浄をしましたが、時間が短くやや不十分であったこと(穿刺部をもっと爪でギュっとしごくようにすればよかった)と、消毒をアルコールで軽くしかしなかったことをすごく後悔しています。
点滴の針なので、血液の付着も(見た目的には)ないと思うので、感染の確率は低いとは思いますが、やはり不安で仕方がありません。

職場には針刺し事故に関するマニュアルがあり、グロブリン投与や今後定期的に肝機能検査を行うことなどの記載があり、体制としてはしっかりしていますので、それに準じていれば安心かなとも思います。ただそれにはHIVのことが一切含まれていないので、自費で抗体検査をするしかないかなと思います。
私の周りで針刺し経験者は何人かおり、みな健在ですが、全国では亡くなった医療従事者も少なからずいるみたいで、不安が募る一方です。
このままだと連休中、ずっと悶々としそうです。
できればちょっと安心できるような回答がいただけたらなあと思って質問してみました。

今日、初めて針刺し事故をやってしまいました。
患者さんの処置の際、点滴中の翼状針が抜けているのに気づかず、私の指にチクっと刺さったのです。すぐに流水で5分程度流し、肝臓内科を受診し、私と患者双方のB・C肝検査をしました。
土曜の時間外でしたのでそれらの結果は週明け、しかも連休中なので、3日後にしか分からないとのことでした。本来、患者側がB(+)の場合、グロブリン投与を48時間以内に行うということですが、1週間以内なら効果は変わらないから、週明けに投与しても問題ないということでした。...続きを読む

Aベストアンサー

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量は少ないので感染する可能性は少ないと思います。また、貴女自身の免疫力も関係しますので、貴女が免疫力が正常で、その時の体調が悪くなければ、それほど問題にはならないと思います。あと、患者さんの疾患名が書いてありませんが、肝疾患患者ではないですね。肝疾患でなければたとえB型、C型が陽性であってもウイルス量が少ないので心配ないと思いますよ。それにHIVが心配と言うことですが、増加しているとはいえ、HIV患者はまだ日本には少なく、針刺し事故に関係した患者がHIV陽性であったという可能性は非常に低いと思います。いずれにしろあまり心配なされない方が良いかと思います。

針刺し事故で医療従事者が感染するかどうかは、患者さんがウイルス保有者であること、患者さんの血液量が多いこと、本人の体調が悪いこと等が関係すると思います。貴女の事故の場合、翼状針が刺さったと言うことですので、おそらく貴女に入った血液量としては非常に少ないのではないでしょうか。量が少なかった場合にはたとえ患者さんがウイルス保有者であったとしても感染する可能性は少ないと考えます。また、患者さんがウイルス保有者であったとしてもそのウイルス量が問題で例えばキャリアであればウイルス量...続きを読む

Qジャクソンリースの使い方

人工呼吸器を使ってる小児二歳の患児へジャクソンリースを使用しないといけないのですが、
どれだけ圧をかけていいか分からないのです
胸の動きやサーチの値を見るのは調べて知っているんですが、
実経験が無いので怖いのです、色々調べたのですが詳しく載っている文献やHPが無かったので
詳しいことが載っているサイトなどが在りましたら教えていただけませんか
実経験がある方の体験なのも教えていただけると大変勉強になるのでよろしくお願いします

Aベストアンサー

そんなものはネットに書いたりしません。実際やってるところをみて、やらせてもらってどつかれて覚えるものです。てっとりばやい話は、麻酔科の医師に聞いてください。

換気量計を着けて、実際に換気してみます。人工呼吸器の一回換気量と同じ換気量になるように、手に覚えさせてください。胸の動き方、リークの音、バッグの抵抗感などを参考にして、毎回同じような換気量になるように、手で覚えるのです。自発呼吸のある場合、バッグの圧がほんの少しでも下がったら、それに合わせるように、バッグを押し込みます。これも手で覚えます。あとは、呼吸回数が多いときには換気量をすこし減らし気味にして、回数が少ないときは換気量を増やし気味にします。こうした用手換気を数時間やっているとだんだん手が覚えてくるのですが。

幼児の場合、換気圧はそれほど高くならないはずですが、人工呼吸器の気道内圧計をみて、ピーク圧がどれくらいだか見当をつけておいてください。短時間の場合はともかく、長時間では、だいたい過換気にしてしまうようです。パルスオキシメータやカプノメータはできるだけつけておきましょう。

何にせよ、一人で始められるものではないです。先輩に教えを請うてください。

そんなものはネットに書いたりしません。実際やってるところをみて、やらせてもらってどつかれて覚えるものです。てっとりばやい話は、麻酔科の医師に聞いてください。

換気量計を着けて、実際に換気してみます。人工呼吸器の一回換気量と同じ換気量になるように、手に覚えさせてください。胸の動き方、リークの音、バッグの抵抗感などを参考にして、毎回同じような換気量になるように、手で覚えるのです。自発呼吸のある場合、バッグの圧がほんの少しでも下がったら、それに合わせるように、バッグを押し込み...続きを読む

Q酸素流量と酸素濃度について

蛇管用の酸素流量計(気管切開していて患者さんに酸素を投与する場合など)には酸素流量と酸素濃度が設定できますが、マスクやカヌラに用いる酸素流量計では酸素流量しか設定できませんよね?なぜそのようになっているのかがわかりません。
また、蛇管用で例えば8L50%と4L100%は同じ酸素濃度なのでしょうか?教えてください!!

Aベストアンサー

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に設定すると、50%の酸素濃度の混合ガスが40.9L/分で流れます。

 ただし、設定した濃度の酸素がきちんと患者さんに行くためには酸素流量をある程度高くしておくことが必要で、例えば酸素濃度を35%に設定したときには酸素は6~8L/分、40%では8~10L/分、50%以上にするときには10~15L/分にしておかなければ、設定どおりの酸素濃度にはならないようです。

 以上よりご質問の8L/分50%と4L/分100%では、前者では50%の濃度の酸素が21.8L/分の流量で患者さんに流れますが、後者では100%の純酸素が蛇管から4L/分の流量でしか流れて来ませんので、呼吸回路が閉鎖回路のときは患者さんは呼吸不全に陥りますし(流量不足のため)、一部が大気に開放された回路であれば、患者さんは不足分を空気から吸入し、濃度のずっと低い酸素が患者さんに入ることになると思います(インスピロンの使い方としては不適切です)。

 また、マスクとカヌラとの違いですが、マスクについては、蛇管を接続してインスピロンを使用することが可能です。ですから流量と酸素濃度を調節するやり方もできます。

 インスピロンを使わなければ一般的には、普通の酸素マスクでは流量が5~6L/分で酸素濃度40%、6~7L/分で50%、7~8L/分でも60%程度の酸素濃度にしかなりません。

 鼻カヌラでは流量1L/分で酸素濃度は24%、2L/分では228%、3L/分では32%、4L/分でも36%程度です。(カヌラで5L/分以上の酸素投与は患者さんにとっては拷問です)。

 以上詳しくは成書を参考にしてください。

 蛇管用の酸素流量計で酸素流量と酸素濃度が設定できるようになっているのは、おそらく酸素濃度調節装置付きネブライザー(インスピロンなど)を質問者さんの施設で用いているからだと思います。

 インスピロンは、吸入酸素濃度(c[%})と設定酸素流量(b[L/分])を調節することで、設定された酸素濃度の混合ガスがある流量(a[L/分])で流れるようにする装置です。

 a,b,c,の間には、

 a[L/分]=b[L/分]×79/(c[%]-21)

 という関係式が成り立ちます。

 例えば、50%の酸素濃度で、流量を15L/分に...続きを読む

Q胃液は何色ですか? 胆汁は胃の中に分泌されますか?

尾篭な話で恐縮ですが、嘔吐を繰り返していて内容物がなくなると液体だけになりますよね。恐らく胃液だと思うのですが、その液体が黄色っぽい時と緑色の時があります。
緑色は胆汁かなと思ったのですが、胆汁は胃の中に分泌されるのでしょうか?記憶違いでなければ、胆汁は胆のうから十二指腸に分泌されると聞いたような…間違いでしょうか?
もし分泌場所が十二指腸で間違いない場合、胃を通過して十二指腸まで行った内容物を戻すことなんてありますか?胃には食べ物が逆流しないような構造があると思うのですが。
ご存知の方いらっしゃいましたらお応えください。

Aベストアンサー

胆汁は肝臓(+胆のう)から十二指腸の比較的胃に近いところに分泌され,胃から流れてきた食事や胃液と混じって,十二指腸の奥に進んでゆきます.
したがって通常では胃を通過して十二指腸まで行った内容物は戻りにくいのですが,心臓のように逆流しないふた(弁)があるわけではなく,胃と十二指腸の境目が円形に狭くなっており,括約筋(締める筋肉)の作用や蠕動により逆流しにくくなっています.
激しい嘔吐では,腹圧がかかり,十二指腸内容物が胃→食道と戻り嘔吐してしまうことがあります.しかし,十二指腸のかなり奥まで進むと,靭帯がありここを超えた場合は,よほど特殊な場合(腸閉塞など)でないと,胃に戻ってくることはありません.

QFFPやMAPとは?

 輸血の用語でFFPとかMAPってありますよね?あれっていったい何のことなのですか? 用語としてどこにも載っていないので…またこうした医療用語、略語の用語集、辞書の類でおすすめのものはありますか?

Aベストアンサー

下記URLの貼り付けで申し訳ありませんが・・・

◆新鮮凍結血漿(Fresh Frozen Plasma:FFP) ・ 採血後6時間以内に血漿を分離して-20℃以下で凍結保存した製剤。有効期間は採血後1年間で使用時は融解して用いられます。血液凝固因子の補給や循環血漿量の減少をきたす疾患などに使われます。

◆赤血球M・A・P(Red Cells M・A・P:RC-M・A・P) ・ 200・400mLの献血血液から遠心操作によって血漿及び白血球層の大部分を除いた後、赤血球を高品質に保存するための溶液(MAP液)を加えた赤血球製剤です。4~6℃で保存され有効期間は採血後21日間です。赤血球製剤の中で最も多く使われている製剤であり、血液中の赤血球の不足や(貧血等)、またはその機能が低下したときなどに使われます。

参考URL:http://www.bc9.org/word/word.html

Q特にNICU勤務の方へ〔アンビューバックによる加圧時の酸素濃度〕

NICUに勤務してまだ浅いものです。
気管内挿管児の気管内吸引前後にアンビューバックで児に酸素を与えますよね?そのときにアンビューバックに流す酸素量、酸素濃度の基準はどうされてますか?たとえば30パーセント酸素使用時だと3リットルくらい(?)とか。
文献で調べてもはっきりとした基準が見当たらなくて…

もし、ご存知の方おられたらお願いします!!

Aベストアンサー

こんにちは。
どなたも回答されていないようなので簡単に。。

基本的に、吸引前後のアンビューの目的は血液を十分に酸素化することにありますよね。
ですからその目的で考えれば100%(通常一般病棟で使われる酸素はこれにあたります)で数回換気するというのがもっとも有効だということはお分かりいただけると思います。

質問者のかたのおっしゃっている、ICUとかNICUにある酸素濃度を調節できる装置は、基本的に挿管患者が呼吸器からウイニングしたあと吹流しにするときに使うためのものです。

ここでは詳しくは述べませんが、酸素濃度と流量、それと患者さんの分時換気量から、理論上のFiO2を計算し、これと患者さんのSATを目安にしながら抜管へむけて条件を下げてゆくわけです。

したがって繰り返しになりますが、吸引前後の酸素化が目的であるならば100%でいいわけですし、逆に患者さんのSATが低下しなければ50%でも30%でもよいということになります。
それは、あくまで患者さんの呼吸状態次第です。
したがって、基準というものはありません。
ですから、心配ならSATモニターをつけっ放しにして数値をモニターしながら吸引されればよろしいと思います。

こんなんで回答になりましたでしょうか?

余談ですが、その装置の設定条件から理論上のFiO2をどのように計算するか、興味があればこの本が役に立つと思います。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4830614153/qid=1112765136/sr=1-1/ref=sr_1_10_1/249-7131329-3259531

こんにちは。
どなたも回答されていないようなので簡単に。。

基本的に、吸引前後のアンビューの目的は血液を十分に酸素化することにありますよね。
ですからその目的で考えれば100%(通常一般病棟で使われる酸素はこれにあたります)で数回換気するというのがもっとも有効だということはお分かりいただけると思います。

質問者のかたのおっしゃっている、ICUとかNICUにある酸素濃度を調節できる装置は、基本的に挿管患者が呼吸器からウイニングしたあと吹流しにするときに使うためのものです。

ここ...続きを読む


人気Q&Aランキング