リフォームを考えています。
地盤がしっかりしている場合は、基礎が生かせる事もあるというのですが、よく行われている方法なのでしょうか。
古家(築25年、2×4)に手を加えるより、古い基礎の上に新築の方が思い通りにいきますよね。
当然工費も安くなると思うのですが、まったくの新築とどの程度違う事になるのでしょうか。専門家の方、経験者の方宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基礎の技術も進歩しています。


新しい基礎を作ることをお勧め致します。

古い基礎をそのまま使うと、その基礎を調査したり建物に制限加わるケースが多々有るため、思い通りの家が立たない可能性があります。
調査も正確性も欠くことも多いので建物を建てた後問題がでる時もあります。

もちろん地盤や基礎によっても違いますのでいちがいにはいえませんが。

建物のゆがみ等出たときにも基礎のせいにされかねません。多少高くなるかもしれませんが新しい基礎を作った方が良いでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。そうおいしい話って無いんですね。

お礼日時:2002/03/14 22:04

すでに回答が出ているように、きちんとした調査と補強を行えば技術的には問題ないので、新築する場合に発生する土工事の一部と基礎工事の費用が浮きますので、その分を解体工事に回せると思います。




>古い基礎の上に新築の方が思い通りにいきますよね。

確かに思い通り出来ますが、どうしても新規に追加しなければいけない基礎や、束石等が発生すると思いますし、既設の基礎が邪魔になって、一部取り壊さなければいけないと言うような事になると、新築とは違い重機等が使用出来ないので、すべて人力となり費用も日数も余計に掛かるので、施工業者さんや設計が別なら建築士の方に相談しながら計画をした方が良いですよ。

人力と機械・・・予想以上に差が有ると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって、申し訳ありません。
そうですよね。壊したり、新たに作ったりしなければならない部分もできてきますよね。
機械と人力、大変参考になりました。有り難うございます。

お礼日時:2002/03/28 09:37

全くのどんぶり勘定ですが、家を建てるときに古屋の基礎を流用する、躯体を流用する場合などとリフォームを考えました。


前者で100~150万円
後者で600万円程度
浮かせることができるようです。
(本体価格1500万円程度だとしたら)
しかし耐久性などの条件が厳しく、知り合いの大工や建築士(兄と父)に相談した結果、はかなくも全て建て替えと相成りました。建て替えならって事で好きなようにしちゃいましたけれど・・・。

思い通りに行くと考えるのは危ういと思いますよ。
かなりうわ物に制限がつきます。
またお金を借りる時の査定にも相当響きます。
(古屋扱いに近いです。)
    • good
    • 1
この回答へのお礼

有り難うございます。大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/14 22:05

専門家でないので詳しくは分かりませんが


新築中で築28年の家と見比べたら(両方我が家です)
基礎が全然違いました。
耐震性、通気性、強度、比べ物にならなかったです。
地盤はいいとしても最低限の基礎の補強は必要なのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。大変参考になりました。

お礼日時:2002/03/15 09:19

このQ&Aに関連する人気のQ&A

建物 調査」に関するQ&A: 地鎮祭の仕訳

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q木造 杭基礎 構造計算

意匠設計事務所のものです。
昨今の木造構造計算の必要性において
構造計算ソフトを検討していますが、
ほぼ、どのソフトも杭基礎には対応していない事が多いです。

私の地域では、ほぼ杭基礎が多く採用され、
鋼管杭や柱状改良の方が一般的な地域です。(瀬戸内沿岸)
なので、杭基礎の対応は必修です。

しかしながら、木造構造計算の書籍でも、杭基礎
について書いているものは、あまり見た事がないです。

そのままベタ基礎で、計算しても支障ないのかな?
と思う所もあるのですが。

なにかアドヴァイスがあれば教えてください。

Aベストアンサー

補足について。

質問のおおどころはベタ基礎の床版配筋ですか?
補足文より杭の支持力の計算法はお分かりの物としてアドバイスします。

杭基礎の場合、杭の間隔(負担面積)により床版配筋量が変わります。
全ての杭が一定の負担面積で許容応力度以内であれば普通に計算して大丈夫です。
ベタ基礎の配筋などの設計法は、木材技術センター「木造軸組工法住宅の許容応力度設計」2008年版が参考となるでしょう。

木造住宅の基礎設計では、学会「建築基礎構造設計指針」「小規模建築物基礎設計の手引き」に従って設計する事をお勧めします。

構造計算ソフトで対応できない部分は、手計算でやるよりしょうがないです。
木造住宅の基礎設計は小さいですから、手計算で頑張ってください。

ご参考まで

Q軟弱地盤の地盤改良について、おしえて下さい。

 姉が家を建てることになり、先日ボーリング調査をしました。母名義の土地で、ずっと田んぼだったところですので、地盤が悪くてもそこに建てるしかないと思います。この条件に適した地盤改良の方法について知りたいので、よろしくお願いします。

敷地面積100坪 建て坪40坪 一階面積20坪 木造2階建て ベタ基礎 
元水田 昨年8月盛土(約80cm 周囲よう壁なし)
今年夏頃 着工予定
地下14mまで粘土質シルト(N値6以下)
地下14mから泥岩(N値35)

Aベストアンサー

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しなければならなくなります。

 他の工法としては、少々古い物ですが、松杭を打設する物があります。これは、松が腐食しにくく、水分を含むと膨張しるという性質を利用し、土中水分の多い地盤に打ち込むことで、摩擦を大きくして沈下しにくくするという物です(摩擦杭といいます)。昔の丸ビルがこの工法で建てられていて、現在の物に立て替えるとき掘り出した松杭は全く腐っていなかったそうです。
 コンクリート杭や鋼管杭でも摩擦杭は出来ますが、支持地盤までが14mではそこまで打ち込んだ方が確実でしょう。松と違って、これらの杭材は摩擦係数が小さいので、もっと深くないと効果が出ません。

 いずれにせよ、設計施工を行うハウスメーカー(又は工務店)とよく相談することでしょう。軟弱地盤での施工実績が多いところなら、信頼性も高いと思います。いくつかの工法について、概算の見積りと施工上の注意点などをまとめてもらって(比較検討書といいます)、それで検討すると良いかと思います。検討書の作成にお金と時間がかかる、といわれたらそれも仕方ないでしょう。検討段階をおろそかにすると、後で取り返しの付かないことになりかねません。

 支持地盤までが深いので、それだけをみれば杭基礎でしょう。ただ、それだとかなりの高額となります。

 それ以外の方法としては、置換えまたは浅層混合処理があります。これらの工法は、本来支持地盤まで施工するのですが、本件のようなケースの場合だと、改良範囲を大きく取って荷重分散を図り、建物等と改良地盤の自重と在来地盤が持つ反力が釣り合う深さまでを改良するという方法があります。
 ただし、この場合は改良範囲が大きくなるため、建物の周りに十分な余裕がないと、他の敷地を侵して施工しな...続きを読む

Qベタ基礎の構造計算

木造住宅工事仕様書で、ベタ基礎の人通口廻りの補強例が記載してあります。
そこに柱間隔が0.91mを超える場合は構造計算を行い適切な補強を行うとあります。
メーターモジュールの場合は1.0mになると思いますが、その場合は構造計算により適切な補強が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

新築時での住宅瑕疵担保履行法による配筋検査にしても長期優良やらで必要になる書類での
基礎配筋については、
(財)日本住宅・木造技術センター発行の木造住宅・・・・横架材及び基礎スパン表
という書籍中にある【配筋表】どおりであれば別段構造検討することは要しません。
メーターモジュールであろうが、関西間、四国九州間であろうが問題ではありません。

配筋検査でも「配筋表にあるとおりですか?・・・じゃあ、OKですね」という具合です。

この配筋表は、他にもあって『建築知識』2006年9月号(エクスナレッジ)等。
また、基礎の計算は、「実務から見た木構造設計」(学芸出版社)は参考になると思いますが、
補強筋計算例の記載はありませんけどね。

この補強筋についてはどれも計算例はなく、RC造の開口補強に見るように鉄筋径や長さ、範囲を述べているものに終始しています。

Q地盤の地耐力と基礎について

はじめまして。sobagakiと申します。

契約を考えている物件があるのですが、当初は5t基礎の地耐力があると聞いていたものの、いざ契約関係の書類をみたら3t基礎となっていました。

基礎は当初の予定通り、外周布基礎・鉄筋コンクリート造・立ち上がり幅170で、建てるものは軽量鉄骨の家です。

地質的には、上層部が黒ボク層でその下が関東ローム層になっているとのことでした。

ベタ基礎にもせず、地盤改良もせず、このまま当初の予定通りの家が建つことに不安を感じています。

将来的に不同沈下が起こったりしないでしょうか?

アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

基礎の形状を決める前には、当然、地盤調査をしたと思いますが、その結果はどうでしたか? 調査の結果、十分な地耐力があるのであれば、特に地盤改良は必要はないと思いますが・・・・ 心配なら、建築会社の設計担当者に、もう一度確認されてはいかがでしょうか。 ちなみに3t基礎は、標準の5t基礎にくらべて丈夫な仕様の基礎です。(数値だけ見ると、3tの方が5tにくらべて小さいので軟弱に思えますが、実際の意味は、「地耐力3tの軟弱な地盤でも大丈夫な基礎」という意味です。)

Q直接基礎の構造計算で基礎の自重、埋戻し土の重量を含めるか否か

建築士独学中、基礎構造、大苦戦中です。

「独立フーチング基礎の基礎スラブの構造強度の検討では、基礎スラブの自重およびその上の埋め戻し土の自重を含めない」
とありました。
その理由として、
1、フーチングの重量(下向き)は、接地圧(フーチングが地面から上向きに受ける力)で打ち消しあい、フーチングに応力を生じさせない
2、フーチング上の埋め戻し土量は軽微な場合が多いので通常は無視する
http://www.19get.com/user_19get/update/contents/webcourse/06_kozo/14_kiso.html
とあったのですが、1に納得がいきません。全体として力は打ち消しあっても、基礎の断面には自重分の圧縮力の増加があるのではないでしょうか?

一方で、接地圧の計算では逆に「含める」のは何故ですか?

Aベストアンサー

建築の仕事をやっていますが、このごろ実務から遠ざかっているので検討はずれならゴメンなさい。

確かに構造計算の本とか見ると、フーチングの断面算定においては自重と埋め戻し土の重量は考慮しない、と書いてあったりしますね。理由としては質問者さんの挙げている通りのことを掲げているところが多いです。
でも、私の持っている「基礎構造設計指針」(最新じゃないかもしれないですけど)には、断面算定において考慮すべき重量の中にこの二つは含まれているんです。
そうなると、ちゃんと計算するにおいてはこの二つは考慮すべきだけど、よく考えてみるとフーチングの断面算定においては、この二つを抜いたほうが安全側の計算になるから通常無視することになってるのではないでしょうか。
フーチングの断面算定においては接地圧に対して問題ないように鉄筋を入れるわけですよね。ここにこの二つがあると、接地圧を打ち消しちゃうのでキケン側の設計になってしまう…そういうことなのでは。

基礎コンクリート内に自重による圧縮力がかかるのでは、ということにおいては、コンクリートよりも下の地面の方がやわらかい(砕石とか敷いていたとしても、その下の土を考えて)ので、地盤に直接打ち込む基礎においてはその圧縮力もすべて土に伝達されるということで無視できる、ということになるかと思います。
実際に基礎フーチング内にかかる応力というのは、単純に計算できるものではないそうですから、人間が業務として計算するにあたっては、あるていど丸めて考えるので問題ないだろう、という程度のことでは…と思います。

接地圧を計算するにあたっては、埋め戻し土の重量もフーチングの自重も無視しちゃうと危険側になりますから(実際かかってるし)無視できない、ということだと思います。

独学で建築士はいろいろ大変かと思いますが、がんばってくださいね。

建築の仕事をやっていますが、このごろ実務から遠ざかっているので検討はずれならゴメンなさい。

確かに構造計算の本とか見ると、フーチングの断面算定においては自重と埋め戻し土の重量は考慮しない、と書いてあったりしますね。理由としては質問者さんの挙げている通りのことを掲げているところが多いです。
でも、私の持っている「基礎構造設計指針」(最新じゃないかもしれないですけど)には、断面算定において考慮すべき重量の中にこの二つは含まれているんです。
そうなると、ちゃんと計算するにおい...続きを読む

Q住宅新築中の基礎のクラック

現在大手住宅メーカーで新築中です。
最初に基礎にクラック(1本)が入ったのは、工場から資材が運び込まれ、2階までの外壁パネルが組み立てられた時でした。場所は布基礎がT字(平面図上で)になっている角の所で、丁度アンカーボルトの所でした。
現場監督及びその上司は、「この場所は配筋が集中している場所だからかも知れない」と判断し、エポキシ注入、補強工事を行いました。
この時点でこの基礎の将来に不安を感じてきたので、住宅メーカーに誓約書を書かせ工事を再開させましたが、工事が約90%進捗した先日、新たに3ヶ所クラック(4本)を発見しました。(今回もアンカーボルトの所が2ヶ所、計5本のクラックの内4本が裏まで貫通)
住宅メーカーは地盤の再調査、基礎上端レベル測定、メーカーの研究所へ基礎データ照会、生コン工場の出荷伝票確認等誠意を持って対処して頂いています。
当方としては上屋部を取り壊してでも基礎の作り直しを要求したいので、住宅メーカーに言い包められないよう理論武装をしたいと思っております。私自身建築に関する知識が乏しいものですから、第三者(建築士等)による検査を受けたいのですが、今回のようなケースでも検査していただける機関をご存知であれば、教えて頂きたいのですが。
またこのようなクラックが発生する原因としてどのようなことが想定されるでしょうか?(地盤は3t基礎でも十分な所に5t基礎を施工しています)

現在大手住宅メーカーで新築中です。
最初に基礎にクラック(1本)が入ったのは、工場から資材が運び込まれ、2階までの外壁パネルが組み立てられた時でした。場所は布基礎がT字(平面図上で)になっている角の所で、丁度アンカーボルトの所でした。
現場監督及びその上司は、「この場所は配筋が集中している場所だからかも知れない」と判断し、エポキシ注入、補強工事を行いました。
この時点でこの基礎の将来に不安を感じてきたので、住宅メーカーに誓約書を書かせ工事を再開させましたが、工事が約90%進捗...続きを読む

Aベストアンサー

>> 地盤が不同沈下を起こしているのかもしれません。
>基礎上端のレベル測定では±1mm程度でしたので問題は無いのではないかと考えておりますがどうでしょうか?

ANo.1の者です。

不同沈下の前兆なのかもしれません。
今はまだ基礎梁ががんばって水平に支えていますが、
クラックのところから脆くなって、少しずつ落ち込んでいくことも考えられます。

20年持つ場合もありますが、もたない場合もあります。
建設中からそんな希望的可能性にかけるリスクは避けるべきでしょう。

正直、クラックにも種類があるので現地を見てみないと分からないです。
充填材で直せる場合もありますし、直せない場合もあります。

Q木造3階建構造計算の土台に生じる引抜の計算はHD以外の引抜ですか?

木造3階建構造計算の土台に生じる引抜の計算はHD以外の引抜ですか?

HDは基礎から直結すると考えると座付き金物、その他の金物に対しての計算ということですか?

Aベストアンサー

木造三階建の構造計算及び金物の算定については、木材技術センター編「木造軸組工法住宅の許容応力度計算」という別名グレー本の中に記載されています。
お買い求めに成って、良く読んで理解して下さい。
計算ソフトにばっかり頼っていてはいけませんからね。
ご参考まで

Q新築の基礎工事について

このたび家を新築しているのですが、基礎工事のコンクリート流し込みについて教えてください。

昨日コンクリートを基礎に流し込んでいたのですが、特に私たちは見ていませんでした、しばらくして見に行くと途中でコンクリートが足りなくなっていたようで、聞くと、今急いで注文して連絡まちなんです・・・、と答えが返ってきました。

こんなことってよくあることでしょうか?今朝見てみると昨日足りなくなっていたところに、コンクリートが流し込まれていましたが、明らかに周りのコンクリートとはそこだけなんか違うように見えます。そこだけヒビが入っています。クレームをつけたほうがいいのでしょうか?

信頼していただけに、いきなり不安になってしまいまして、どうすればいいのか分かりません。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

>こんなことってよくあることでしょうか?
 数量を間違えたことも考えられますが、
 生コン車(ミキサー車)で運んでいる場合、交通事情で遅れたりして、たまにあります。 また早く頼みすぎると、流し込む前に車の中で固まってしまうので(生コンは混ぜてから1時間以内に打ち込むのが原則)、調整が難しいです。
 現場で練っている場合は、完全な積算ミスです。

>明らかに周りのコンクリートとはそこだけなんか違うように見えます。
 コンクリートは練り混ぜ単位ごとに色合いが微妙に違うのが普通ですので、色合いが違うことについては問題ありません。
 その部分の表面に石が見えるような状況では、補修が必要です。

>そこだけヒビが入っています。
 打ち継ぎ部分は構造的欠陥になりやすい場所です。
ひび割れの大きさによっては水が侵入し、中にある鉄筋を錆びさせますので、ひび割れはきちんと補修させた方がよいです(特に基礎は水は侵入しやすいので)。
 また、打ち継いだ部分は適切に処理をしないと、コンクリートが一体化していないこともあります(打ち継ぎにかかった時間とそのときの気温も関係しますす))。
 中の方まで大丈夫かどうかは素人で判断できませんので心配なら、専門家(施工会社と別に建築士を雇っている場合は、仕事の範囲内ですので、その建築士)に相談してみてください。
 生コン車で搬入している場合は、記録がきちんと残っているはずなので(生コン会社から施工会社に渡して納品確認を行う)、あいた時間は調べられますので、その資料があった方が判断しやすいと思います。

>こんなことってよくあることでしょうか?
 数量を間違えたことも考えられますが、
 生コン車(ミキサー車)で運んでいる場合、交通事情で遅れたりして、たまにあります。 また早く頼みすぎると、流し込む前に車の中で固まってしまうので(生コンは混ぜてから1時間以内に打ち込むのが原則)、調整が難しいです。
 現場で練っている場合は、完全な積算ミスです。

>明らかに周りのコンクリートとはそこだけなんか違うように見えます。
 コンクリートは練り混ぜ単位ごとに色合いが微妙に違うのが普通...続きを読む

Q構造計算書の設計計算のスキルは広く役に立ちますか?

特定派遣で未経験から構造計算書の設計計算をする仕事に決まったのですが、構造計算書の計算のスキルの需要って高いですか?他の会社の転職するとき役に立ちますか?

Aベストアンサー

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就職市場が絞られます。

また、構造設計を行うのは一部の大手設計事務所・ゼネコン以外は社員数人の零細企業が多く、その数も一般の建築設計事務所の1/10ぐらいしかありません。そんな状況ですから、転職先としての市場は小さく、単に構造計算補助のスキルだけでは難しいのではないでしょうか?

また使用するソフト(手計算で行うわけではないですよね。手計算だとそれなりの知識がないとできませんので)によって、データ作成技術が異なりますので、同じソフトを使用しているところではないと、ベースとなる構造計算の理論などを理解する必要のない補助作業者では、技術があると認められるのは難しいと思います。
すなわち経験者と見なせるのはそのソフトの利用技術であり、スキルを認めてもらうには、同じソフトを使用しているところに限定されてきてしまいます。

ところで、この業界ですが、耐震偽造の姉歯さん(1級建築士をもっていた)なんかは一人で切り盛りしてたみたいで、その上ダンピングした結果ああなったようです。
札幌の浅沼さんも2級しか持っていないのに1級でなければ設計できないものにまで手を出して、免許取り消しになっています。

資格を持っている人ですらそんな状況になっているような業界ですから、あまり期待しない方がよいのではないかと思います。

建築設計のでしょうか? それを前提に

質問内容からいって業界の人ではないようなので、資格や専門学歴がないという仮定で回答します。

まず、建築設計を業として行うには建築士の資格と設計事務所登録が必要です。建築士の指導の元、作業を補助するには資格はいりません。
すなわち資格がなければ構造計算はできず、実務で行っていたとしても、それはあくまで構造計算「補助」業務の経験としか見られませんし、就職先としては建築設計事務所登録を受けた企業でなければなりません。すなわち法律により就...続きを読む

Q新築基礎工事、土から水が…

新築で家を購入して最近工事がはじまりました。
現場を見に行ったのですが、掘ってあるところから水がチョロチョロと流れているのです。
土地は湿地帯で、土質は粘土のようでした。
補強の柱のようなものを地中に何本も埋めて砂利をひく作業をしていました。
湿地だからなのでしょうか。
大丈夫なものなのでしょうか。
わかる方がいましたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

NO.2 の norikon777です。

もう一つ気になる点です。
基礎の方は万全のようですね。
しかし今気になされている、「水」の問題です。
その辺に川はありますか?その土地は斜面の中腹ですか?
もしそうだと注意が必要です。
「水」は多分、雨水の流れか地下水の流れではないかと思いますが、水の流れとともに砂も運んでいってしまいます。平坦な場所であればそう心配はないのですが、周囲が急な斜面だとか谷間にあるとかだと、雨のたびに地下に水の流れができて土砂も一緒に流してしまい、ひどい場合、地下に空隙が出来、地盤が陥没したりするケースがあります。
私は仕事の関係で、社員の住宅の問題に関わる事があったのですが家の後背地はがけ、全面は川というところにあった家で、周辺の雨水が全てその家の地下を通った関係で7年ほどで地面が陥没し、家が傾いた(この場合は、基礎に金をケチったため杭を全く打っていなかった)ケースがありました。
この場合、基礎をしっかりして家は大丈夫でも、周囲の土地がさらわれ徐々に基礎が剥き出しになってくることがありえます。


人気Q&Aランキング