人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

一般のセキュリティ対策(ウイルス対策やファイアウォール)をしているパソコンでチャットによる情報の漏洩などは起こりうるのでしょうか.

例えば,職場のパソコンでMSNなどのソフトが起動している場合や,それを使ってチャットなどをした場合,職場のネットワークに悪影響を及ぼし,第3者に何らかの情報が洩れてしまうようなことは起こりますか?
また,『チャットは通常のインターネットをするための情報の出入り口以外に穴を開けて情報交換をするからキケンだ』という話を耳にしたのですが,これは本当なのでしょうか.

この分野にはあまり詳しくないため,どなたか分かりやすく教えていただけたらと思います.
よろしくお願いいたします.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

# 例えば,職場のパソコンでMSNなどのソフトが起動している場合や,それを使ってチャットなどをした場合,職場のネットワークに悪影響を及ぼし,第3者に何らかの情報が洩れてしまうようなことは起こりますか?



起こります(MSNってMSNメッセンジャーのことですね?)。
電話で情報漏洩が起こり得るというのと同じ意味で起こる可能性、簡易メッセンジャーを対象としたウィルスが存在すること、などですか。
MSNでのチャット程度の通信であればデータ量は極小ですからネットワーク負荷は低いですが、巨大なファイルを送受信したりすると相応にネットワーク負荷がかかります。


# また,『チャットは通常のインターネットをするための情報の出入り口以外に穴を開けて情報交換をするからキケンだ』という話を耳にしたのですが,これは本当なのでしょうか.

穴を開けるというのは適切な表現ではありません。既に開いてるポートを使って情報交換するのでネットワーク管理者がポートを塞げば通信できなくなります。どのポートを使っているのかは知りませんが。

ファイルの送受信の手段として簡易メッセンジャーがキケンと言われるのは、サーバーを経由せずにPeer to Peer(以下「PtoP」)で通信するからじゃないでしょうか。

ある人のパソコンがウィルスに感染しているとして、その感染経路の類型は大きくネットワーク(インターネット、社内LANなど)経由とメディア(USBメモリやDVDやCDなど)経由に分けられます。
このうち前者のネットワーク経由には、電子メールやウィルスに感染したホームページの閲覧などによる場合と、ちょっと前に問題になったウィニーやMSNメッセンジャーをはじめとする簡易メッセンジャーなどによる場合があり、後者がPtoPの通信です。
メールやホームページの場合はメールサーバーやウェブサーバーやDBサーバーといったサーバーコンピューターにいったんデータが格納されて、それを受信者がダウンロードすることになります。このサーバー自体にウィルスソフトを導入していればある程度ウィルスの遮断が期待できるということがあります。
PtoPの場合はそういったサーバーを経由せずにユーザー同士のパソコンとパソコンで直接データのやりとりが行われますので、ウィルス対策などはユーザー個人レベルのモラル、意識、知識量などに依存します。

いずれにしても社内で役職員にMSNメッセンジャーやYahooメッセンジャーなんかを使わせるのは、各自の机の上に勝手に外と出入りできるドアを設置しているのと同じです。ユーザーとしては当然使えれば便利ですが、管理という観点からは肯定できる要素はありません。とにかくキケンです。
    • good
    • 0

ANo.1でも指摘されていますが・・・・・


システム管理者には内容はすべて筒抜けと思って間違いないでしょう。
その上で・・・・・
会社のパソコンでチャット、私的メールの送受信などをすると会社資産の私的使用となり、最悪の場合解雇されても文句は言えません。
会社でのそのような事は止めた方があなたのためですよ。
    • good
    • 0

1.運用上の一般的なリスク



 ちょっとした発言からトラブルに発展しやすい『チャットルーム』
 http://www.netstar-inc.com/family/family_07.html

2.チャットとIRCの関係

 IRCで快適なチャット
 http://www7.big.or.jp/~sosan/html/irc.html#irc

3.IRCボットの危険性

 極悪ウイルス「ボット」の危険性を認識しよう
 http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/OPINION/2006 …

今、ネット上の最大の脅威がBotウィルスに汚染された多数のPCと、それらをリモートコントロールしてDDos攻撃(特定のサイトに連続アクセスを繰り返して接続不能にする)や大量のスパムメールの発信に利用されます。

また他人のパスワードを盗むために金融機関等のサイトに似せた偽サイトを造ることがあります。

この場合、犯人自身のサイトに偽サイトを作るとすぐにばれてしまいますが、Botウィルスを忍び込ませた他人のサイトに偽サイトを作ることで、足がつかないようにすることもあります。

今までにFBIなどがウィルスメールやDDos攻撃の発信源をつきとめても、そのほとんどが、犯人とはなにの関係もない、Botウィルスに汚染された第三者のパソコンであったため真犯人を捕まえることができないということです。。

これら一連の悪行三昧に利用されているのがIRCです。

ということで、私は、チャットやメッセンジャーを利用しないことにしています。
    • good
    • 0

>チャットによる情報の漏洩などは起こりうるのでしょうか


起こりえますね。パソコンから直接漏れなくてもインターネット上の経路から漏れる可能性はあります。
>職場のパソコンでMSN
社内でトラフィック監視等をしている所では端末まで特定出来て
管理者なら「盗聴」も可能です。メッセンジャー探知専用のソフト
もプロ向けに販売されています。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング