人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

よろしくお願いします。

パワーポイントでの上手な資料の作り方の
指南書を教えていただけませんか?

いくつか読んだのですが、他の人から
色使いが派手、だとかいわれたり、他の資料と比べても自分で納得のいくほど上手に作れません。

いい本、サイトがあったら教えてください。


よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

初めまして。

スコンチョといいます。(^_^)

>パワーポイントでの上手な資料の作り方の
>指南書を教えていただけませんか?

まず、この発想を改めた方がよいかもしれませんね。プレゼンを
やるときに、パワポは絶対的多数派のツールではありますが、所詮
は道具の一つにすぎません。例えば、プロジェクターやPCが使え
ないときには、手元の紙資料だけでプレゼンすることになるはず
です。この資料がぱっと見て理解しづらいものでは、いくらカラー
や動き(アニメーション)をパワポ上で駆使したとしても良い資料
にはなっていないと思います。

まずは、プレゼン資料~企画書の基本的な書き方をマスターして
から、パワポの強調力や画面展開を利用するように考えた方が、
結果的に近道だと思いますし、本当の意味での力がついてくると
思いますよ。

オススメの書籍は、以下の二冊です。

「プレゼンテーションのノウハウ・ドゥハウ」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/456961244X/sr …
*最初はちょっと難しいかもしれませんが、かなり本格的にいろ
んな項目を網羅してあります

「企画魂」
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4756146163/sr …
*「図考力」の項目はパワポの図表の作り方を基本に解説して
あります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/08/29 22:42

過去、類似質問回答がありました。

参考までに。

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2058946
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/08/29 22:43

SE、実験職、医者、コンサルが作るプレゼン・マニュアルにまじかで触れる事が一番ですね・・・彼らが作る資料は芸術の域に達しており、日経BPのマニュアル書いてる人が初級レベルに見えてきます。


学生時代から応用力が優れてる人にヒントを聞く事が一番です。
マニュアル最高峰は、日経BP社のPP本でしょう。
色彩感覚は、絵かカラーリングを習う事です。
以前上司が、PPで実質すごろくなフローチャートを作った時、えらく感動した経験が有ります。PPマニュアル本には、すごろくの描き方なんて、一切載ってません。結局は、使う人のセンスなんですよね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました

お礼日時:2006/08/29 22:43

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qすごいパワーポイント

こんにちは。
会社で、4月から自分と周りの人間の、スキルアップを考えています。
特に、通信のサービス系で、印象の良い綺麗なパワーポイントを作成できるようになりたいです。
それにあたり、応用研修を受けたいと考えております。
google/gooで検索したのですが、今ひとつ完全にマッチするのが見つかっておりません。
もちろん最後は経験値だと思っていますが、何かアドバイスがあります方、ご教授いただけますと幸いです。
ベーススキルはあります。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

プレゼンテーションスキルとして、綺麗なパワーポイントの作成がテーマになっているとのこと。

ちょっと気になるのは、「印象が良い」=「綺麗」と考えておられる節があることです。プレゼンテーションの質は総合的に捉えられるべきで、「綺麗なスライド」はそのごく一部を構成するものに過ぎない、ということをご確認ください。

プレゼンテーションにおいて何よりも重要なのはロジックであり、「わかりやすく、筋の通った話」がプレゼンテーションの質を決定づけます。

したがって、スキルアップのためには、パワーポイントの作成にとらわれるよりは、説得を主眼に置いたプレゼンの総合的な講座で、その中で説得の手段としてパワーポイントの図表について触れているものを受講されるのが良いかと思います。それが私の最大のアドバイスです。

参考として、次のようなものがあります。(ただし、私はこの講座の受講経験がありません)
http://www.marken.co.jp/seminar/0171.html?ppc=g&kw=060328

なお、説得の技術に優れ、明快で印象に残るチャートを利用したプレゼンテーションのお手本として、スティーブ・ジョブスの数々のプレゼンテーションがあります。彼の話のタイミングに、プレゼンチャートがシンクロしてとても効果的です。しかも、ごちゃごちゃしておらず、シンプルでわかりやすい、図としても優れたものです。

彼のプレゼンは、参考URLで見ることができます。英語ですが、話の調子、聴衆の反応、スライド提示のタイミング、ユーモアなどとても参考になります。是非一度ご覧ください。

参考URL:http://japan.cnet.com/news/tech/story/0,2000047674,20094188,00.htm

プレゼンテーションスキルとして、綺麗なパワーポイントの作成がテーマになっているとのこと。

ちょっと気になるのは、「印象が良い」=「綺麗」と考えておられる節があることです。プレゼンテーションの質は総合的に捉えられるべきで、「綺麗なスライド」はそのごく一部を構成するものに過ぎない、ということをご確認ください。

プレゼンテーションにおいて何よりも重要なのはロジックであり、「わかりやすく、筋の通った話」がプレゼンテーションの質を決定づけます。

したがって、スキルアップのため...続きを読む


人気Q&Aランキング