反物質について調べているのですが、
CERNのホームページに掲載されている反物質発見の大まかな歴史のなかで
URL: http://press.web.cern.ch/CERN/Announcements/2000 …
"designer equation"という言葉がでてくるのですが、
これは日本語で言うとどういう言葉になるのでしょうか?「デザイナー方程式」?
またこの言葉は、どういう意味なのでしょうか?
以上、アドバイスいただけますようよろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

ほとんど、それについての知識がないのですが、誰も答えていないので思い付いた事をいってみます。



The designer equation

Nobody had been able to write down an equation for the electron that obeyed both quantum mechanics and the laws of special relativity. Then in 1927 Paul Dirac wrote down his new equation for the electron. But this equation needed electrons with four, not two, components. These extra components moreover carried positive, rather than negative, electric charge. What did these extra labels mean?

で、要するにディラックは誰も思い付かなかった「equation for the electron that obeyed both quantum mechanics and the laws of special relativity」を思い付いたわけだけど、この式には「these extra labels」が入ってて、これが(当時の彼等には)よく分からなかったんだけど、とりあえずは、両方の式をみたす方程式を作る事ができた。(この、「these extra labels」はのちのディラックによる陽電子の存在の予想につながる、、、んだとおもう)

このように、ディラックはよけいな項を含むけれども、例の式の両方をみたすような都合の良い式を作る事ができた。

んで、designer(design)は[designer]のEXCEED英和辞典からの検索結果によると「[[戯言]] かっこうよく見せている積りの; 遺伝子操作で作り変えた.」という意味もあるみたいなので、このdesignerは「(ディラックが)うまくいくように作った」、「謀られた」という形容詞的な意味で使われているように思いました。

1928年に電子の相対性理論を定式化し、それに、もとづいて正の電荷をもつ電子、つまり陽電子の存在を予言したこの理論のもとになった、電子の相対性理論の式の事を、「The designer equation(ディラックに謀られた式)」で表しているのではないでしょうか?

でも全然自信ないです。  (>_<)
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qこの問題解いていただけないでしょうか? 解説もしていただけるとありがたいです! 問題が多いですが、回

この問題解いていただけないでしょうか?
解説もしていただけるとありがたいです!
問題が多いですが、回答のほど宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

これまた、画像が荒くて文章も図も読めません。
鮮明な画像にするか、文章をテキストで入力してください。

Qどなたかこの問題解いていただけないでしょうか? 解説もしていただけるとありがたいです! 問題が多いで

どなたかこの問題解いていただけないでしょうか?
解説もしていただけるとありがたいです!
問題が多いですが、回答のほど宜しくお願い致します。

問1、画像にあります。

Aさんが前、Bさんが後ろになって同じ速度で走っているとき、Bさんが観測する振動数f2はどうなるか。AさんとBさんで意見が分かれた。Aさんは音源と観測者の位置関係が変わらないのだから、f2=f0になると考えたが、Bさんは媒質である空気に対して運動しているのだから、f2ノットイコールf0になると考えた。Bさんが観測する音波の速さV2と波長λ2を求め、f2を計算すれば、V2○V0、λ2△λ0であり、f2□f0であることがわかる。

問2、「上の文の○、△、□に入る記号はつぎのどれか。」

○、△: 「<」or 「>」
□:「= 」or 「ノットイコール」

問3、「いま、V0=3.40×10^2 m/s、f0=5.00×10^2 Hz、|va|=4.0 m/s, |vb|=8.0 m/sであるとする。
次のa,bの2つの場合では、Bさんが観測する音波の振動数が、Aさんとすれ違う。もしくは、追い抜く前後で変化する。その振動数の変化が大きいのはどちらの場合か。また、その場合の振動数の変化はいくらか。ただし、すれ違うときも、追い抜くときも、A,Bは一直線上にあると考える。」

a:AさんとBさんが向かい合わせに走ってきてすれ違う場合。
b:BさんがAさんの後ろから走ってきてAさんを追い抜く場合。

答え 「a」or「b」、振動数の変化:「11Hz」or「23Hz」or「24」or「25」

どなたかこの問題解いていただけないでしょうか?
解説もしていただけるとありがたいです!
問題が多いですが、回答のほど宜しくお願い致します。

問1、画像にあります。

Aさんが前、Bさんが後ろになって同じ速度で走っているとき、Bさんが観測する振動数f2はどうなるか。AさんとBさんで意見が分かれた。Aさんは音源と観測者の位置関係が変わらないのだから、f2=f0になると考えたが、Bさんは媒質である空気に対して運動しているのだから、f2ノットイコールf0になると考えた。Bさんが観測する音波の速さV2と波...続きを読む

Aベストアンサー

「ドップラー効果」の基本を勉強した上で、ご自分で解いて、その結果が妥当かどうかを質問した方が自分のためになりますよ。

人の解いたものを「ああ、そう」とぼっと読んだって何も身に付きません。自分で苦労する、「それってどう考えればそうなるんだ?」というのを必死に真剣に考えることが重要なのです。
決して「公式」を覚えて理解したつもりになってはいけません。「考え方」を理解するのです。

ドップラー効果は、ここが分かりやすいかな。「音源」が動いている場合、「観測者」が動いている場合の2つに分けて理解するのがポイントです。(問題のケースでは、この両方が動いている)
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/doppura-.html
http://wakariyasui.sakura.ne.jp/p/wave/dopp/doppura-2.html

Q反物質?

反物質についてやさしく解説して下さい。

Aベストアンサー

相対論と量子論から、ディラック方程式という電子を規定する方程式が導けます。ところが、この方程式を解くと、解が二つあるのです。この二つの解は、エネルギーが正と負の電子の存在を示唆します。このことから、陽電子(電子の反物質)の存在が予言され、実際に発見されたのです。あらゆる素粒子は、それと対をなす反物質を持っています。電子に対しては陽電子、クォークに対しては反クォークなどです。物質と反物質には、それらが合わさると、光に変わってしまうという性質があります。

Q反物質の時間

反物質の時間の向きは逆なのでしょうか?
 
もし逆だった場合、重力場での振る舞いも逆?…

Aベストアンサー

 相対論的量子力学で電子の解の時間を反転させると、陽電子の解が得られます。これをもとに陽電子が発見され、反物質発見ブームに火がつきました。

 陽電子は本当に時間を逆行する電子だと考える人はいます。しかし数学的に時間反転で得られた解であっても、陽電子の時間は普通に順行だと考える人のほうが多いでしょうね。でも、これは解釈ですから、人それぞれ自由です。

 敷衍して、反物質全般もそうです。ただ、反物質により未来から情報を送れると考える人は事実上皆無です。

 重力加速度は位置の2階微分です。陽電子などの反物質とは無関係に、時間を反転させても、速度は反対になりますが、重力加速度は反転の反転になって、やはり普通に重力が働きます。

Q反物質には反重力?

地球と月の間には引力が働きます。

月を反陽子と反中性子と陽電子とで作ってしまうと地球と反月の間には引力が働くのでしょうか?斥力なのでしょうか?

えっと、つまり、反物質と物質の間に働く重力は斥力だったりしないのかな?というのが私の疑問です。
引力であると実験で証明されてはいないはず。理論的には予測されているのでしょうか?

もし斥力が働くのだとしたら反物質を何らかの方法で結晶の中に閉じこめる事ができれば天空の城ラピュタに出てきた飛行石(飛翔石?)が完成します。そんな夢は実現できないでしょうか?

Aベストアンサー

>強いのと弱いのはちょっと宇宙のサイズが大きくなれば届かないし
>電気的に中性であれば電磁力(クーロン力)関係なくなるので
>残るは重力だけだと思います。
物質、反物質という言葉に合わせて重力は弱すぎるとかいてしまいましたが、
上のように u13 さんが仰っておられる状態より
もっと高エネルギーの状態で起こっている出来事に可能性があるかもしれません。

要するに、インフレーションのタイミングということですが、
我々の近くに反粒子が飛び交っていないためには
重力相互作用による反発の後、電磁相互作用などが出てくる前に
インフレーションが起こってくれないと困りますね。
ちょっと宇宙のサイズが大きくなれば、と書かれていますが
大統一の相転移が起きる段階では強いのも弱いのも届いてしまいます。
ですから、重力相互作用が生まれて粒子反粒子が反発し合い、
その後でインフレーションが起こって宇宙が薄められた後で
現在のような物質が出来るということになりそうです。

しかし、大統一に基づいたシナリオでは
スファレロン効果などいろいろ問題もありますから
今の段階ではあまりこうだとは言い切れません。
まだまだ研究の必要な分野ですね。

>強いのと弱いのはちょっと宇宙のサイズが大きくなれば届かないし
>電気的に中性であれば電磁力(クーロン力)関係なくなるので
>残るは重力だけだと思います。
物質、反物質という言葉に合わせて重力は弱すぎるとかいてしまいましたが、
上のように u13 さんが仰っておられる状態より
もっと高エネルギーの状態で起こっている出来事に可能性があるかもしれません。

要するに、インフレーションのタイミングということですが、
我々の近くに反粒子が飛び交っていないためには
重力相互作用による反発の...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報