痔になりやすい生活習慣とは?

先日肝臓がんの宣告を受けました。

結婚当初から難癖付けられ、一年に一回会うか会わないかの関係です。
うちの親の事もけなされた事もあり、正直に簡潔に言うと「大嫌い」な人です。


男は好きに生きて良いという考えで、毎日殆ど飲み屋で飲んでいるようでした。
タバコも本数が多いほど自慢の種のようでした。
行くとしつこく酒を勧められました。
車で来ているから飲めないといっても聞きません。

結婚の時もお金は出さず、自分で生きていけみたいに言って、うちの面子もあるのでうちが殆どを出しました。

うちの子供たちにも殆ど何もしたこともないような舅でも、一応見舞いに行きました。

舅だけでなく、姑も大概勝手な他人です。
その姑が「最近治療費が大変でね~、援助してよ。」って言うので主人が「生命保険は入院方とかどういうの入っているの?」って聞いたら、「生命保険は一つも入っていないよ、だって掛け金勿体無いじゃない、毎月払うんなら遊び代にもなるし・・・。だから一つも入っていないよ。だからお金くれよ」って言われました。

掛け金勿体無い・・・それは皆思うことです。
でも、家族に、特に大黒柱に何かあったときの万が一に備えて皆支出しているんではないでしょうか?
実際、うちも保険の掛け金だけで家族全員で毎月5万円使っています。
堂々とそういう事を言える事に驚き、腹立ちました。

一番の本題ですが、一切援助する気はありません。
今まで掛け金になるはずだったお金を使うべきです。

今までの関係を思うと一円も出せる気持ちではありません。

万が一、でしゃばりの義姉から出そうと言われた時の一番良い断り方などどんなのが良いと思いますか?

人情がないと思われるかもしれませんが私の持病のせいで早く子供を産み、子供が長期入院した時も何もありませんでした。

A 回答 (6件)

No2&No3です。



ご主人も奥様も、苦労しているのですね。
借りを作らない事が一番ですからお年玉×年数は
いい考えですね。

我が家も身内の問題では色々ありました。
もう、30年前になりますが未だしこりはあります。

ここ迄来ると長生きしてやる!
義姉の葬式までは生きるぞ!
今では笑いながら言えますが当時は殺意まで
抱きました。(もう時効だから~ヨシですが!)

ただ、子供は敏感ですからね!
当時、主人に息子達が
義姉宅に行くとママの機嫌が悪くなるから行かない。と
言ったそうです。

私にとってこれが人生最大の汚点になった事もあり
あなたの怒りやイライラが手に取るようにわかるのです。
だから苦言ではありますがこんな時間迄、書き込みしています。

差別用語ではありませんが生き方が違うのですから諦めましょう。
30年掛けて学習した私のアドバイスです。

頑張って下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

こんばんわ。
こんな時間まで書き込みいただいてありがとうございました。

手に取るように分かると書いてくださるとおり、書いておられることも手に取るように分かります。

何故なら、私も自分で義姉宅や義親宅に行った時、自分がどれかけイライラしているか気づいていながら気持ちを落ち付かせる術が分からないからです。
きっと子供たちももう少し大きくなるとそのイライラを感じ取ってしまうのですね。

長男を蹴っても、子供のいたずらだからとやられ放題の息子を止めることを許されなかった時、自分で相手の子を何倍も殴ってやろうと思いました。
昔の言葉で坊主憎けりゃ袈裟まで憎いとはよく言ったものですね。

子供たちの従姉妹になる義兄弟の子供たちとも一切関わらせたくありません。

いないものとして扱うつもりです。

諦めてはいるのです、ただ、関係をこれ以上持ちたくありませんどうすればいいのでしょうか?
私の不安は舅亡き後、姑が今以上に無心や会いに来ることなどの要求をするのではないかと思っています。

舅がいなくなったのだから皆で私を支えるべきだと、お小遣いや仕送り、会いにきて何をしろとかなどを要求するのではないかとまだ言われていない事まで想像し、不安でいっぱいです。

なぜなら、大体あの人たちの性格で予想した事は嫌な事ですが当たっているからです。

聞いていただいただけでも気持ちが少し楽になりました。
私だけでないとは分かっていても、実際の経験者様にお聞きするとそれをより一層思い、憂鬱な気持ちが少し立ち直れました。

ありがとうございました。

お礼日時:2006/08/20 01:49

#1です。



いろいろな方がアドバイスされていますので、いまさら私が付加することもないのですが、所詮は、家庭内文化はそれぞれの家庭で違うということです。
冠婚葬祭、いろいろなお祝い事(含むお年玉)。
どういうわけか、皆さん当然ですが、自分が育った環境を真ん中で考える。

特に、変わった家庭での育ちだと自覚してない限りは、「そっちがおかしい」と思うところから始まるのが誤解の元。
地方でも文化・習慣が違う。
各家庭での資産状況でもちがう。
育った時代でも違う。

それぞれを、して欲しいほうと、してやらなくちゃいけないのかと考えるほうと、かみ合わないから、親族問題が起きる。

どちらに「正論」があるかでなく、あくまでも「自分の正論」なのです。
ですから、説得も、納得も出来ません。

そういう意味で、子供から自分が同じことを返されることを承知の上で
「(ひどいかな?と思われる)正論」を行使するのがいいと申し上げました。

子供が大人になってから、思うことは、両面考えられます。

自分の親が、良かれと思って自分(子)につぎ込んだ。
祖父母(親の親)を犠牲にした。
この場合どんな祖父母であったかは問題ではないのです。
所詮、孫にはわかっていないのですから、事実だけが残ります。
だから・・・自分(子)も、いい親であっても、親は、何もしなくてもいい、と考えることも想像の範疇です。
あるいは、「全部をお前達のためにしてやったのだから」とい恩着せがましい態度・においを嫌うかも知れません。

しかし、一般的には、親はしてやったと思うから、当然、何がしかが
お返しがあると期待する。
期待しても当然とおもう。
そこに、マイナス効果(親にはしなくていいという教え?)がもどされるのでギョッとする。

どんな、親でも、してやったと思っているのですよ。

自分のつけた優先順位が自分の考える好ましい結果として戻る保証が
将来はない。

そういうことです。
ですので、結果として、残したお金は子供のために、使っても
子供は、「どうして、祖父母のために使わなかった」と言うかもしれません。

親の考え方と、子供の考え方は、また時代が変われば、変化するということで、親の思う通りにはならないということです。

だからこそ、自分のつけた優先順位には、絶対の自信を持って
行使すべきで、「正論のための、言い訳を列挙」する必要はないのです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
舅たちに対する子供たちの反応は親戚のオバサン程度しか認識がありません。
今までに会った回数は多くて10回位でしょうか。

パパのパパらしい、とは分かっていますが、○○のおじさんと舅の事を呼んでいます。
まだ舅本人に呼びかけているのは見たことないですが、家でたまに話が出ても上記のような呼び方です。
なので、私達がしてやらなかったとかは感じないのではないかと思います。
それほど接触なく育ってきました。
祖父母の為に使わなかったの?という疑問は大方の確立で考えないと思います・・・。
子供に舅たちの存在を極力感じさせず育ててきましたので子供たちが唯一おじいさん、おばあさんと呼ぶのが敷地内同居のうちの親の事です。

言い忘れていましたが敷地内に家を建てて用意してくれましたので敷地内同居しています。
家は別々になっていますが敷地は同じ敷地内です。
行き来はほぼ毎日当たり前のようにしています。

多分うちの親に使わないようなことがあれば子供は反発するでしょう。
でも、それはありえない事です。
親は老後の為にずっと貯めてきたもの、守ってきたものを私のものにするのでなく、親が貯めたものは親のために使うべきだと思っています。
私の老後は主人と貯めます。

お金だけじゃありません。
気持ちもそうです。
私が持病で妊娠中に具合を悪くして、入院しての管理しか方法がなくなったとき、上の子を預かってもらいました。
その後の産後も体質上体調を崩した時も子供を見てもらいました。
今もそうです。
その気持ち、その恩は返すべきだと思っています。
主人にも、いつも良くしてくれ、娘の私がヤキモチするくらい仲良く晩酌する姿を見ていると微笑ましいものです。

どうして同じ親で、あちらはしてもらう事しか考えないのか分かりません・・・。

なので、お金の亡者で誰にでも出したくないのではない事だけは分かってください。
私の親でなくでも友達でも、親戚でも、して貰った人にはしたいものです。
してもらっていない人にはしたくないのです、貶された覚えしかないのですから・・・。

お礼日時:2006/08/20 13:22

ご主人のご両親はまだまだ生活に余裕があるように感じましたが・・・。

本当にお金がない人の入院・通院ってそれなりにできるものです。そういう制度を探してみてはどうでしょう?

なにもお金を出すだけが援助ではありません。そういう制度を探して申請したり、利用を促したりするのも援助です。今のままではお金を出しても遊興費に使われそうな気がします。

ただ、心配なのはあなたとご主人の仲です。このことが原因となり、夫婦関係に溝が出来ないか心配です。あなたにとって恨みのある相手でも、ご主人にとっては親ですから「助けたい」と思うのは人情でしょう。親のことでギクシャクするなんて本末転倒ですからね。

でも、お金があれば援助できるとは思いますが、子供達への将来のお金を使ってまで、ご両親を助ける必要はないように思います。その辺のところを夫婦二人がきちっと話し合う必要があると思います。家計が「無い袖は振れぬ」状態なのをていねいに説明すれば、ご主人も理解されると思いますよ。
その説明の仕方も「あなたの稼ぎが悪いから」と勝ち誇ったような感じでもなく、また「なんで色々された私がしないとダメなの?」と責めるような感じでもなく、「私も色々されたけど、あなたの助けたいという気持ち、よくわかるわ。してあげたいのは山々だけれど・・・子供の将来があるし・・・」というような殊勝な態度で話すのがよいと思います。ご主人もきっと「ああ、ちゃんと考えてくれているんだなあ。そうだな、俺が守らないとダメなのは今の家族だもんな」と気づいてくれるでしょう。ようは「あなたの親のことも考えているわよ」というアピールをするのです。

実際、出す出さない、出すならどれくらい出せるかなどはそれからです。出さないのが目的ですが、出せない状態なら仕方ないとご主人に本当の意味で納得してもらうのが大切なのです。ご主人が「じゃあ俺の小遣いから出す」となったらしめたもの。「悪いわね・・・私もなるべく協力するから」と弁当を1週間に1回以上作るとかでフォローするのです。もうそれだけでご主人は大満足ですよ。

そういうことをしていると、ご両親や義姉と揉めてもご主人は「でも、俺たちは俺たちなりにやってるし、実際アイツはアイツなりにちゃんと考えてフォローしてくれてるんだ!」と言ってくれますよ。

これはご主人を味方につけるためです。すべてはあなたの将来のためです。「コイツ、変わったなあ」と思わすのです。

私のやり方は腹黒いかもしれません。でも、ご主人の心があなたから離れていってしまっては、元も子もありませんし、ご両親のせいで夫婦関係にまで溝が入るのはやりきれません。

援助しないやり方も直接的ではなく、間接的にやるやり方もあるのです。ご主人だけは絶対に味方につけましょうね。がんばって下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

間接的な援助の事は一切頭にありませんでした。
そういう知識すらありませんでした。
いざとなったらそういう事もあると思うと少しは気持ちが楽になりました。

まだ、余裕がある・・・これは私も思います。
何と癌が発覚してから車を買い替えたらしいのです。
一緒に買ったら易くなると言う事でバイクも一つ追加で甥に買ったそうです。

理由は病院に乗って行くのに買い換えたかったから買い換えたそうです。
はっきり申し上げるとあちらの家はうちの実家に比べるとかなり経済状況はよろしくありません。
でも、使い方はかなり大雑把で、無駄遣いが多く、「貯める」という感覚がないように見えます。

昔は今よりは良い経済状況だったそうですが、バブルの時期に親戚と副業を起こし失敗したそうです。
今でもそのときと同じような感覚でいるのでしょう。

ご心配頂いている夫婦仲は本当にこれ以外の事では喧嘩しないのですが、義親、義兄弟の事については喧嘩が絶えません。
何かの度に喧嘩です。

一時は投げやりになり離婚も考えたこともあります。
でも、間接的なやり方の援助を中心に考えます。

でも、生命保険も年金もかけていないことには辟易しますよね、子供だけを頼りにしているのでしょう、寒気がします・・・。

お礼日時:2006/08/20 13:08

No2です。



ご夫婦で考えが異なるのであればご主人のお小遣いから
捻出させたらいかがですか?

家計費からでは生活が苦しくなるのであれば五千円でも一万円でも
ご主人のお小遣いの中で出来る範囲であれば奥様は関係しなくて
済むでしょう。
義理のご兄弟が沢山いるのであれば纏まった金額になるのでは
無いでしょうか?

これ以上、ご主人の実家とは関係しない方がイライラしないで
済むように考えた方が得策ですよ。

年金加入していないと言うのは凄い事です!
オドロキます!

ご夫婦の関係に迄、ヒビが入らないように
気をつけて下さい。

この回答への補足

ありがとうございます。

ここ数日自分だけでイライラしていました。

主人との考えた違うのではありません。
そこが一番イライラする原因です。

主人は口ではいつも「いいよ、出来ないんだから」と言うような事を言います。

それでも、いかにもして欲しいように言うのです。
遠慮しているのです。
自分でも、自分の親が勝手を言っているのは承知なのです。
それでも、親に子供が義理を返すのが当たり前と育てられたのでそこから抜けられないのでしょう、出さないといけないと思っているようなのです。

そして、それが見ていて分かりすぎるのでイライラしてどうして欲しいの?と言ってしまうのです。
口で言わないくせに顔に出ているのがイライラするのです。

話す内に「言わなくてもわかって欲しい」とか、「優しい人ならじゃあ・・・って言ってくれたり、旦那の為にしてくれるんじゃないのか」と言ってきます。

結局親と私の間になって苦しんでいるのです。

親はそれを知らずにいつも私達夫婦に色々言ってきました。
それを全部我慢してそれでも尽くす女でない事は主人はよくよく分かっています。
恋愛期間も5年とそれなりにありましたので・・・。

親はいつも自分の発言が問題で会った日や電話を掛けて文句を言ってきた日の数日、私達夫婦が一時は「もう別れる?こんな親との付き合いがこれからもあれば上手く行かない」となったことなんて思いもしないと思います。

義親の考えは言いたい時に言いたい事を。
それを我慢して良い顔しているお宅(うちの親です)の両親なんかは腹黒い、何を本当に考えているのか分かったものじゃない。

だそうです。

私は社会人として言いたい時に人を傷つけても言いたい事を言うのが綺麗な事とは思えません。
それで今までどれだけそれ以外では喧嘩のない私達が喧嘩したと思っているのでしょうか。

本当に喧嘩は親、兄弟(主にでしゃばりの長女)の事以外ではない位なのです。

本当に切れるものなら今すぐに縁を切りたいです。
癌の報告を聞いた時も内心これで一つ関わりが消えていくのね、思っていたよりも早かった、主人を交えて揉めたり、離婚する前で私達夫婦は別れなくて済むと思いました。

しかし、延命の報告を聞いた時に、いずれ来るお金の無心が何となくありそうな気がしたのです。
今までの態度を見ているとあるとかなりの確信に近いものがありました。
今、その通りになっています。
実際いくらと金額を指定して求められるのはいつなのか、それが重荷です。
うちにそんな余裕はありません。
渡すとすればお年玉と言って 500円、千円を子供が貰ったものの貰った年数分位はもう「貰ったものを返す」意味で渡そうかとは思っています。
如何でしょうか?

補足日時:2006/08/19 23:47
    • good
    • 0

大変な状況ですね。



所でご主人は何て言ってますか?
嫁の立場で私も同じ環境にあれば見舞いに行く交通費すら
惜しいと思うでしょう。
どんな憎い相手でもご主人にとっては親ですから
よく話しあって見てはいかがでしょうか?

姑さんも嫁に言われるより息子に言われる方が
納得すると思います。(義姉も~!)

縁を切る覚悟が出来ているようですから
こういう時こそ・・ご主人に守って頂いたら
いいのではないでしょうか?

特別個室にでも入らない限り高額医療との差額は
5万~7万位(地域によって異なります)でしょうから
食費や酒やタバコが無い分・・普段と変わらないと
思うんですけどねぇ~。

この回答への補足

主人は出す余裕も、出せるものもないだろう・・・と言いながらなけなしの貯金つぶしても、どうにかしても出してあげたいと思っているのではないでしょうか?
そういう風に育てられたようです。
私はそういう考え方はないので理解できないのですが、子供は親に「生んでもらった」「育ててもらった」恩を返すのが当然。というように育てられたみたいです。

だから、どうやら年金もかけていないようです。

親は年をとった後は子供が助け合って生活させる、そう育てられたみたいです。
会えばいつもたくさんの子供(そんなに多くはありません、今の時代と比べると少し多い位です)を育てて大変だった、オタク(私の実家)みたいに少人数を裕福に育ててきたのとは苦労も大変さも違います~と言われます。
うちは裕福ではありません。
少人数の子育てが簡単と言わんばかりです。
今でも行った時に近所の人に会ったら孫の数ばかり自慢しています。
全員が揃っていない時はたくさん孫がいるねと驚く人に一生懸命「今日はこれでも少ない方で、本当はもっといるんだよ」とアピール、嫌気がさします。

話がそれましたが、今入院はしていません。
状態が良くなっているそうで、何をしても2月と言われたのに年単位で延命しているとか。
通院しているのですが、月に4回、一回分1万2千円だそうです。
それが生命保険も入っていないので通院代も出ないし、先日の入院費も下りないのでお金が欲しいと・・・。
補足書いた上でどう思われますか?

補足日時:2006/08/19 22:54
    • good
    • 0

出したくない理由をあれこれ書かれて、自己を正当化する説明に懸命なのが伺えます。


お金は誰も「無駄」には出したくないものです。

出したら、感謝されたいし、有効な使い方であるべき。

親孝行という言葉は、孝行したいような親であるかどうかが前提。
儒教の教えに縛られる必要は無いでしょう。
ただ、同じことを自分が親になったときに返される覚悟はしたおいたほうがいいです。

私は、50を過ぎた働くおばちゃんです。

(自分の)子供の病気はかわいそうなので出します。
年寄り(親)には出しません。

使うお金の意味が違うから。

あなたのご事情が私なら、絶対に出しませんし、
正直に、「余裕がありませんので、出ません。  そちらで何とかしてください。」
といいます。
「親を殺す気か?」という返しがきたら、
「子供達の将来の方がとても大切です。
これは、助からない病人に出すお金ではなくて、子供達の将来のお金です。 両方には出せません。」

正論を言ってもいいのではないですか?

みんな死ぬんです。
無駄な医療にお金を使う必要はありません。
ソレを自分で出すなら、残るもの(遺産)が無くても当然、好きにしていいことです。

若い者が身を削ってまでする必要はない「親孝行」です。
優先順位と、お金の使い方と、もしかしなくても同じことが自分に帰ってくることも予測して、ポリシーを確立すべきです。

生き残るものが優先。
生きてるお金の使い方がほんと。

自分のお金ならなおさらです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
自己正当する理由・・・そうですね。
お恥ずかしながら、色々されてもいざ病気になったら許して助けるだけの裁量は私は持っていません。

しかし、分かってくださっているように、親孝行したいと思える相手ではないので、文句を言われても私は平気です。
ただ、主人にはあんな親でも親なので思い出もあるでしょうし、それ位しか気がかりはありません。

スパッとしたお答え、読んでいて参考になりました。
濁さす、正直に言うのが良いかも知れませんね。
相手もいつも思った事をこちらに言いたい時に言ってきたような人なので。

今までしてくれた人なら、治らない病気でも、少しでも楽になるように、何か役に立てたら・・・と無駄なお金になろうとも考えたと思います。

しかし、主人の親ながら本当に嫌で仕方がない他人です。
決定的なのはうちの親のしている事=金銭面援助や入院時の子供の世話などのフォローをけなした事です。

自分達は何もしないで、あっちの親のせいで子供がちゃんと育たないとか、他にもたくさん言いました。

そして、子供たちに同じことをされる覚悟・・・との事ですが絶対とは言えませんが、そうならない関係を気付いていますし、舅たちを見ていて、子供の将来に口を出したり、お金も手も出さずにいつまでも自分の支配下みたいな扱いは子供のためにならないと肝に銘じています。
寂しいですが、夫婦仲は良いので将来子供が巣立っても息子に執着しない親にならなければといつも思っています。

他人のフリ見て我がふりなおせという事をあまりに酷い舅たちを見て今から誓っています。

回答者様もお子様には出すと言い切っていらっしゃる、それでも子供にされるような育て方とお思いですか?
これだけのポリシーを持たれている方のお子様、きっと立派にお育ちだろうとお察しします。

もし、言われたら、素直に言います。
無理して出してまた文句言われたら私の気持ちのもって行く場所がないですね。
子供も今からお金のかかる時期ですので、有効にしたいです。
人間としてこういう場合出すのが正当なのか?と迷いが出ていました。
ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/19 22:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング