里親制度について知りたいです。実際やっておられる方の体験談、頼まれた方の体験談などどしどし待っております。御存知おられれば何方かお教え下さいよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

参考になると思います。



参考URL:http://homepage1.nifty.com/foster-parent/sub1.html
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCT検査 断りたい

高校生です。今日の11:00にCTをする事になりました。

理由は私が過敏性腸症候群のガス型でげっぷが多いからです。

げっぷが上がって来やすい体なのか見るため医者からCTを進められました。

私は昨日CT検査をOKしたのですが…今日になって「CTは被曝多めだからしないに越した事はない、げっぷ程度でCTなんてナンセンスだ」と知人に言われてしまいました。

「えっ…被曝!?」と思いCTを調べてみて、初めてリスクを知りました。私も知人の言う通りだと思います。どうしてCT検査を了承したのだろうと後悔しました。

周りの人や母はたいした被曝量ではないと言いましたが、Webで調べた所、癌になる可能性が少し高くなるそうですし…今からでもCT検査を断りたいです…。

きちんと断れば良かったです。お医者さんも迷惑するでしょうし、わがままかもしれませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちわ。
まだまだ高校生の方ですから、あまりレントゲン又はCT検査を行う事はありませんが、あなた様が社会人として就職すれば、年1回は必ず健康診断はあります。通常ですと胸部のレントゲンは必ず撮影します。また状況によってはCT撮影もします。私もCT撮影は手術の際2回撮影しました。レントゲン写真では判断できない所もCT撮影は判断できるそうです。自分の健康の為に先生の指示になされた方がよいと思います。
No1の方がおっしゃるようにきりがないと思います。
お焦げを食べると一時期はうわさかどうかわかりませんが癌になる噂もありました。ほんとかどうかわかりませんがきりがないと思います。

Q体外離脱体験(臨死体験時も含む)で、見えないはずのものが見え、実際の事

体外離脱体験(臨死体験時も含む)で、見えないはずのものが見え、実際の事実と一致していたという報告が多数ありますが、これは体験者がESPを発動しているだけの脳内現象でしょうか。また本当に意識(魂)が離脱したのでしょうか。

Aベストアンサー

 体外離脱が出来る者です。
 私は自身の体験として体外(幽体)離脱は脳が作り出す幻覚として捉えております。
 臨死体験は経験がありませんが、体外離脱と同じものだと考えます。 よく臨死体験で、その時に誰が見舞いに来ていたかを空中で見ていたという話がありますが、離脱(臨死)中に耳から入った声の情報でその様な映像を脳が作り出す事はたやすい事なのです。
 様々なオカルト系の実験もありますが、ナントカ研究所や何々大学のナントカ教授が行った等と書かれていますので、思わず信じてしまいますが当然インチキでしょうし、真実だという証明も全くありません。  現在の手品のトリックの凄さは超能力以上(?)ですから、真実だと考える方がむしろ困難です。

 確かに体外離脱中に経験する感覚は現実とほぼ同じです。通常の夢のようにぼんやりしたものではなく、視覚を含む五感は非常に鮮明です。現実以上といっても過言では無いと思います。
 離脱する際には本当に身体からすうっと「抜ける」感覚がハッキリと感じられます。
 目に映る映像も非常にリアルで、自分の手のひらを見ると指紋の1本1本までくっきりと見え、空を飛べば身体全体に風を感じ、上昇する時は飛行機に乗ったときの様なGを感じます。人との会話や、本を読む事もできます。
 私が体外離脱が幻覚であると言う理由は、実際体験すれば良く分かる事なのですが、風景がリアルであると言っても実際は家具の位置が違っていたり、鏡で自分の姿を見ると実際とは異なった服を着ていたり、空を飛び回っている際にも常に自分のイビキが聞こえているといった所でしょうか。
 とにかく余りにもリアルなので、本当に魂が抜け出しているのだと受け取ってしまう人がいても可笑しくは無いと思います。
 貴方も体脱の入り口である金縛りになる機会があればぜひ一度離脱を試みて下さい。

 体外離脱が出来る者です。
 私は自身の体験として体外(幽体)離脱は脳が作り出す幻覚として捉えております。
 臨死体験は経験がありませんが、体外離脱と同じものだと考えます。 よく臨死体験で、その時に誰が見舞いに来ていたかを空中で見ていたという話がありますが、離脱(臨死)中に耳から入った声の情報でその様な映像を脳が作り出す事はたやすい事なのです。
 様々なオカルト系の実験もありますが、ナントカ研究所や何々大学のナントカ教授が行った等と書かれていますので、思わず信じてしまいま...続きを読む

Q肺のCT検査

お世話になります。肺のCT検査をしようとおもっていますが、昨年、影がみつかり経過観をしていましたが、最終的に精神的に持たず、細胞検査をしてもらい、白でした。その,最終CT検査から1年が経ちますが、過去にタバコをすっていましたし、CT検査は初期で発見出来る可能性も高いと聞きます。経過観察をしていた病院は、私ががんでなかったため検査はできないそうです。ガンセンターでしたから。最近原発事故で放射線の影響が、クローズアップされていて、毎年CT検査を受けることは、いいのかなやんでいます。経過観察はCT検査を5回受けてます。それも、しんぱいです。50mシーベルトは年にかるくとっぱしているとおもいます。最後のCT検査から一年がたちますが、リスクとの闘いになり、ずっとなやんでいます。2年に1度くらいがいいのか、X線のみでいいのかもわかりません、あとで、後悔しないためには、うければ、というのが、正解ですかね。

Aベストアンサー

基本的に肺がんが疑われたら、3ヶ月に一回CTを撮って、増大傾向がないかということを確かめます。
そうでなければ、癌という可能性は低いと考えられます。
年に一度CTを撮るようにいわれていなければ、癌の可能性はあまり考えておられないと思います。
癌であったとして、一年で進行するかは正直人によるのでわかりませんが大丈夫ではないでしょうか。
小細胞癌はCTでおおむねわかりますが、やはり組織がわからないと確定診断はできません。

いずれにせよ、早期発見早期治療が一番ですので、勇気を出してCTを受けられるのが一番だと思います。
どんな状態(病期)でも最適な治療が存在します。多くの方が、病気が見つかるかもしれないから、検査はいやだとおっしゃいますが、CTを予約して受けようというだけでも一歩前進です。

末筆ながら、杞憂であればいいですね。

Q人前で倒れた経験のあるかたの 体験談をお聞きしたいです。 最近、公の人がいる場所で 少しフラッとして

人前で倒れた経験のあるかたの
体験談をお聞きしたいです。

最近、公の人がいる場所で
少しフラッとして前にあるテーブルに突っ込み恥ずかしかったです。

そのあとすぐ帰ったのですが
休みが明けてからの周りの反応が怖いです。

私みたいな体験をした方がいらっしゃったら
是非、その後の話まで知りたいです。

Aベストアンサー

他人の事なんてあんま気にもしてないもん
すぐ忘れ去られる。
自意識なんつったっけ?自意識過剰?あってるか?
まあ、気にするなって

Q赤ちゃんのCTとレントゲンは白血病の恐れがある?

生後2ヶ月の女の子の赤ちゃんが頭部の後ろに凹んでる所があることに気づいて、病院へ。CTとレントゲンをとると言われて、少し不安なので、先生に”まだ2ヶ月なので、CTとレントゲンで被曝されて大丈夫?”と聞いた。先生は検査のために必要であれば、普通にとっている。将来的に100%後遺症がないとはいえませんが、基本的には安全だと思うと答えた。
で、CTとレントゲンをとった後に、様子を見ることにした。つまり、凹んでることはどうにもならない、たとえば内部出血があっても、様子を見ることにするしかないって。それで、”最初から様子を見ることにするしかないことであれば、CTとレントゲンをとらないほうがよかったのに”と先生に言った。
今は、とても後悔しています。CTでの被曝はレントゲンの10倍以上もあると聞いたが、将来は子供を生めない体になったり、白血病などのがんにかかる恐れがあり、確率が高くなることってほんとですか?

Aベストアンサー

正直に言って、ナーバスになりすぎです!!

日本は健康診断先進国で、他の国より多くレントゲン検査を受けるため、昨年から盛んにこういうことが言われていますが、
そもそもそんなに簡単に白血病やガンになっていたら、みんなやってられません。
基本的に、今回のCTやレントゲンで病気になる確率はほぼ0%と推定します。

ちなみに、
頭のくぼみは何でしたか?単純に頭蓋骨の融合が進んでいないだけではないですか?それなら、しばらくすると勝手に治りますよ。
なんで、そんな検査の話になったのですか?
はじめに先生は「心配いらない」っていいませんでしたか?
あなたのほうからしつこく「大丈夫ですか?ほんとに大丈夫ですか?」って聞きませんでしたか?
普通なら、ちょっとさわっただけで「様子見て」って言われると思うのですが、いかがですか?

Qみなさんの不思議な体験談

私は小学生の頃、不思議な体験をしました。
 
■小2の時、近所の猫にホットドッグをやったら、本当に『ムシャムシャ』と声をハッキリ出して食べた。
 
■小3の時、学校に行く途中、路地裏で直径50cm長さ1mくらいの巨大な芋虫を見た。
 
■小5の時、学校行事で男子の相撲大会に行く途中、銀杏の木の下にフナ虫のようなグロテスクな見た事のないかなり大きなが、ゴロゴロたくさん散乱していた。
 
なぜか、夢や幻覚やではない自信があります。
しかし、今考えて見てもやはり不思議なんですよね。 

皆さんもこんな不思議な体験ありませんか?幼少期の頃の話じゃなくても構いません。

UFOを見たという話も大歓迎です。
私もUFOにはかなり関心があります。うちの母が、まだUFOの話題がなかった時代に、間近でUFOと遭遇しています。(母はSF映画が苦手な現実的な人です)
 
ただし、私は幽霊系の話は苦手なので、幽霊系のお話は対象外にさせていただきます。すいません。
 
皆さん、よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

妖怪の話は大丈夫ですか? 幽霊じゃありません。

中2くらいの時だったと思います。 私は妹と二段ベッドに寝ていました。 私が上の段です。 横たわった状態で頭側と右手側は壁でした。 
ある朝目覚めると、頭から布団を被っていたので布団から顔を出すと、天井の景色がいつもと違います。 身体を起してみたらビックリ。 両足がそろって枕の上にのっており、足首のところまで布団が掛かっていました。 身体の向きが正反対になっていたのです。  寝相が悪くて半回転した、とは思えないほど、身体はまっすぐで、布団は全く乱れていませんでした。 (ちなみに私は寝相はとても良いので、普段も布団は乱れません。)
妖怪”枕返し”ってご存知ですか? 眠っている人の身体の向きを変えてしまう悪戯妖怪だったと思うのですが・・・小学生の頃、何かの本で読んで面白いなぁと思っていたのですが、実在するとは思っても見ませんでした。
一瞬ゾクッとしましたが、私の隣に寝ていた(50cmくらいの)大きなウサギのぬいぐるみまで、見事に逆さまになっていて(うさぎちゃんもミニ枕に足をのっけて寝てました)笑ってしまいました。 
妖怪”枕返し”がどんな姿をしているのかわかりませんが、仕事はきちんとこなす(隣にぬいぐるみが寝ていたら、それもきちんと逆さにしておく)タイプなんだな、と妙に感心したことを覚えています。

あとは、守護霊を見たことがあります。 が、これは幽霊系の話ですので、やめておきますネ。 

こんにちは。

妖怪の話は大丈夫ですか? 幽霊じゃありません。

中2くらいの時だったと思います。 私は妹と二段ベッドに寝ていました。 私が上の段です。 横たわった状態で頭側と右手側は壁でした。 
ある朝目覚めると、頭から布団を被っていたので布団から顔を出すと、天井の景色がいつもと違います。 身体を起してみたらビックリ。 両足がそろって枕の上にのっており、足首のところまで布団が掛かっていました。 身体の向きが正反対になっていたのです。  寝相が悪くて半回転した、とは思えな...続きを読む

QCTスキャンの画像

先日CTスキャンを取って、数日後検査の結果を聞きに行きました。検査結果は「特に問題なし」だったのですが、医者から画像の説明等が無く、私自身CTスキャンの画像を一切見せてもらっていません。素人なので、見せてもらっても分からなかったかもしれませんが、やっぱり自分の体の画像なので後になって見せてもらえばよかったなーと後悔しています。また「特に問題なし」の結果にもかかわらず、患部が痛むので、他の病院にCT画像を持って行ってセカンドオピニオンも聞きたいと思っているところです。
質問なのですが、CTスキャンの画像は病院から借りることはできますか?また借りる際は受診した科の受付の方にお願いするだけで借りられるのでしょうか?なんとなく診察していただいた先生も申し訳ない気がして、先生に直接画像を借りたいと言いにくいです。。。

病院勤務の方、経験がある方、よろしくお願い致します!

Aベストアンサー

最近の考えではNo.1の方が仰ることが正論なのですが、一昔前までは画像はおろか、カルテさえも患者さんのものと言う考えはありませんでした。カルテも起源は覚え書きであり、現在でも保存義務は患者さんではなく、病院側にありますので、基本的には病院の持ち物なのです。ただ、最近の考え方から、カルテや画像の「情報」そのものは患者さんのものですので、開示も出来れば借り出しも可能なのです。病院によっては画像やカルテのコピーを患者さんに渡している所もあるそうです。この場合でもあくまで「コピー」です。

画像などの借り出しについては、直接医者に頼みにくいと言う方もたくさんおられます。ですから、多くの病院では受付が窓口になってくれます。しかし、先ほど書いたように、保管義務は病院にありますので、病院からの持ち出しに際しては病院の許可が必要です。大抵は主治医に連絡が行って主治医が許可しますので、恐らくは主治医の耳に入ることになります。部長などの管理職の医者が許可することもありますが、この場合は主治医の知るところとはならないかもしれません。

最近ではセカンドオピニオンも普及していますし、画像を持って他院へ行ったと主治医が知ってもそれ程気を悪くする医師は減ってきていると思います。安心してご相談されるといいですよ。

最近の考えではNo.1の方が仰ることが正論なのですが、一昔前までは画像はおろか、カルテさえも患者さんのものと言う考えはありませんでした。カルテも起源は覚え書きであり、現在でも保存義務は患者さんではなく、病院側にありますので、基本的には病院の持ち物なのです。ただ、最近の考え方から、カルテや画像の「情報」そのものは患者さんのものですので、開示も出来れば借り出しも可能なのです。病院によっては画像やカルテのコピーを患者さんに渡している所もあるそうです。この場合でもあくまで「コピー」で...続きを読む

Q原因不明の微熱 体験談

 去年10月に風邪をひいて以来原因不明の微熱がずっと続いています。 熱は37.1℃ほどです。

 病院ではかなりの検査をしましたがまったく異常無しです。健康と診断されます、体温以外は。

 体温が高くてもつらくなければいいのですが、実際は頭がかなりつらい状態です。

 そこで原因不明の微熱、つまり病院で異常が見つからない、病名がつかない、を体験した方、また現在私のように苦しんでいる方、あなたの体験談を聞かせてほしいのですが、実はこんな原因で対処したら治ったなど、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私は去年の4月・5月に腎盂炎で入院したあと、微熱が続き、同時に倦怠感・頭痛・吐き気・めまい等等の体調不良が治りませんでした。
内科でいろいろな検査、婦人科までも行きましたが分からず。
でも、すごくしんどかったので不安な毎日でした。
何箇所目かの病院で「内科・婦人科で異常がなければ、自律神経失調症か心身症かもしれませんね。心療内科へ行ってみたらどうでしょうか。」とのことで、紹介状を書いてもらい、すぐに診療内科へ行きました。
体調不良のおこった状況とか全部お話すると、「典型的な自律神経失調症ですね。」とのことで、お薬が出ました。
薬の調整に時間がかかりましたが、今は微熱も出ることなく過ごしていますよ。
ちなみに、心療内科へ行きたがらない人が多いらしく、なかなか医師の方からはすすめてくれないみたいですよ。
かかりつけの医師に相談してみたらどうでしょうか?

Qアメリカで腹部造影CTを受けました。被爆量が心配です。

アメリカに住む39歳主婦です。今週腹部痛と下痢、体重が減少しているということで腹部造影CTをうけましたが、ネットでいろいろ検索しているうちにCTの被爆量のことがわかり、いまになってすごく後悔している次第です。
血液検査や超音波、大腸検査、小腸生検などもしどれも異常なしでした。
もしかしたら癌ではないかと医者に言ったためにそんなに心配ならということで行われた検査でした。結果はまだわかりませんが、癌やなにか異常があればすぐ電話をくれる医者なのでおそらく大きな問題ではないと思います。
じつは九年前盲腸が重症だったため小腸が壊死し、小腸を切除する手術をしましたが、そのときもたくさんのレントゲンと腹部CTを一回撮りました。
今回のCTで気づいたことなのですが、ドーナツ型のところに数字がふたつ表示されており、ひとつは105.0もうひとつはおぼえてませんが、もっと大きい数字だったと思います。それはわたしがあびた放射線のことでしょうか?もしそうだったらとても高い数値に思えるのですが。
アメリカではCTをするときに、画面がよくみえるようにとジュースのようなものを小さなカップで6回飲みます。それと静脈注射です。これでもっと被爆数はあがるのでしょうか?
じぶんで癌になるリスクを作ってしまったようで心配でたまりません。
やはり癌になる確立はたかくなるのでしょうか?

アメリカに住む39歳主婦です。今週腹部痛と下痢、体重が減少しているということで腹部造影CTをうけましたが、ネットでいろいろ検索しているうちにCTの被爆量のことがわかり、いまになってすごく後悔している次第です。
血液検査や超音波、大腸検査、小腸生検などもしどれも異常なしでした。
もしかしたら癌ではないかと医者に言ったためにそんなに心配ならということで行われた検査でした。結果はまだわかりませんが、癌やなにか異常があればすぐ電話をくれる医者なのでおそらく大きな問題ではないと思いま...続きを読む

Aベストアンサー

そんなに気にすることはないと思います。

レントゲンは一瞬(コンマ何秒レベル)だけ放射線を発するだけなのに対して、CTは放射線を照射しながら体をグルっと機械で回って撮影するので数秒間被爆します。そういった視点からの比較だとCTやMRIの被爆量はレントゲンと比較してとても増えてしまいます。
しかしCTの撮影での被爆量は確か0.5mSVとかそれくらいの少なさだったと思います。(あいまいな記憶ですみません)
それに対して、妊娠可能女性の年間での被爆量上限が10mSVとか、それ位だったと思われます。(こちらも曖昧です、ちなみに日本だと思います)
ひとまず一回やそこらで気にするほどの被爆ではないと思いますよ。
そりゃ何回も撮影するとなると気になりますけど。

CTの部屋に入ったことはないので(機械も会社によって違うでしょうし)はっきりしたことはいえませんが、ドーナツ型の横の値が必ずしも放射線量かどうかはわかりません。気にするものではないでしょう。
ほかにも、たくさんの数値を登録して記録する機械ですしね。
値も、例えば1mSV(ミリシーベルト)=1000μSV(マイクロシーベルト)など単位によっても様々ですし。

画面がよく見えるようにするものというのは多分造影剤だと思います。バリウムなどを飲んでのレントゲンはやや被爆量が上がると聞いたことがあるので、被爆量があがる可能性はありますね。
でも、それこそ1回程度。と考えていいと思います。

ガンになるリスクの増加がゼロとはいえませんが、何かしら癌が発症したとしてその原因が被爆である可能性は極めて低いでしょう。

人の医療ではなく動物医療に携わっていますが、動物はX線を取るときはいつも、人間が手足を抑えてレントゲンをとります。
その関係だと日々、被爆してる獣医さん達はみんな癌になっちゃいますが、そんな話は今のところ聞きません。
他の医療従事者の被爆量と比較したら本当に微々たる量ですよ。
患者の立場で数回被爆したからってたいしたことありません!

気にすることはありませんって!

そんなに気にすることはないと思います。

レントゲンは一瞬(コンマ何秒レベル)だけ放射線を発するだけなのに対して、CTは放射線を照射しながら体をグルっと機械で回って撮影するので数秒間被爆します。そういった視点からの比較だとCTやMRIの被爆量はレントゲンと比較してとても増えてしまいます。
しかしCTの撮影での被爆量は確か0.5mSVとかそれくらいの少なさだったと思います。(あいまいな記憶ですみません)
それに対して、妊娠可能女性の年間での被爆量上限が10mSVとか、それ位だったと思われます。...続きを読む

Q体験談を聞かせてください。

人の印象が180度まるっきり変わった体験談ってありますか?

Aベストアンサー

DVによって、相手から支配され、自分の人格を失っている人。
日常的に暴力になれてない人にとって、暴力は人格変えるほどのバワーを持っているようです。今度は殺されちゃうかも…といった恐怖から、相手の言いなりになるべく、人格を崩壊していきます。


人気Q&Aランキング