こんにちは。

先日、新聞で永世中立国のスイスが国際連合に加盟したと書いてあったのですが
あまりちゃんと見ていなかったので、ホントかどうか教えて下さい。

又、スイスは何故永世中立国になったのでしょうか。
時代背景なども知っている方は、詳しく教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

永世中立国のスイス三月三日、国連加盟の是非を問う国民投票が十六年ぶりに行われ、即日開票の結果、小差で加盟が可決された。

スイスは百九十番目、主権国家としては事実上最後の新規加盟国となります。

今回の国民投票は、市民団体が一昨年、国民発議に必要な十万人以上の署名を集めて提起。連邦政府、経済団体、労働組合など幅広い組織が「冷戦終結で、国連に加盟しても中立を維持できる環境が整った」などとして国連加盟の支持を呼び掛けたためです。

スイスと言えば世界的に有名な永世中立国。その意味を”軍隊を持たない国”と思っていませんか。
その実態は国民全体の1割近くの軍隊を保持し 、核シェルターの普及率がなんと95%。第二次世界大戦では国境に配備しているスイス軍を見てヒットラーが侵略を見送ったというほどです。
永世中立とは、自らは戦争を開始せず、他国間の戦争にも参加しないことを宣言し、他の国がその地位を承認した場合に永世中立国として認められます。スイスは1815年、ウィーン会議で中立を承認(EFTA加盟)されました。
しかし、逆を言えば、もし他国が侵略してきたとしても、援助を要請することが出来ず、自国で侵略国を撃退する力が必要になるということです。そのため、強大な軍事力が必要となるのです。
また、永世中立国とはスイスだけではありません。隣国のオーストリアも1955年に永世中立を宣言しています。

時代背景は参考URLに詳しく書いてあります。

参考URL:http://www.tcp-ip.or.jp/~sugi-96/swiss/slink/FUS …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

kxluさん、こんにちは。
アドバイス有難う御座いました。
御礼が遅れてしまって申し分ありません。

とても詳しく教えて下さって有難う御座います!!
とても勉強になりました。
永世中立国に関する勘違いには驚きました。
まさか強大な軍事力を要するとはっ!Σ( ̄□ ̄;)

参考URLの方にも飛びました。
またまた勉強になりまして、kxluさんのお陰です。

本当に有難う御座いました。

お礼日時:2002/03/26 15:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q永世中立国。

こんにちは。

先日、新聞で永世中立国のスイスが国際連合に加盟したと書いてあったのですが
あまりちゃんと見ていなかったので、ホントかどうか教えて下さい。

又、スイスは何故永世中立国になったのでしょうか。
時代背景なども知っている方は、詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

永世中立国のスイス三月三日、国連加盟の是非を問う国民投票が十六年ぶりに行われ、即日開票の結果、小差で加盟が可決された。スイスは百九十番目、主権国家としては事実上最後の新規加盟国となります。

今回の国民投票は、市民団体が一昨年、国民発議に必要な十万人以上の署名を集めて提起。連邦政府、経済団体、労働組合など幅広い組織が「冷戦終結で、国連に加盟しても中立を維持できる環境が整った」などとして国連加盟の支持を呼び掛けたためです。

スイスと言えば世界的に有名な永世中立国。その意味を”軍隊を持たない国”と思っていませんか。
その実態は国民全体の1割近くの軍隊を保持し 、核シェルターの普及率がなんと95%。第二次世界大戦では国境に配備しているスイス軍を見てヒットラーが侵略を見送ったというほどです。
永世中立とは、自らは戦争を開始せず、他国間の戦争にも参加しないことを宣言し、他の国がその地位を承認した場合に永世中立国として認められます。スイスは1815年、ウィーン会議で中立を承認(EFTA加盟)されました。
しかし、逆を言えば、もし他国が侵略してきたとしても、援助を要請することが出来ず、自国で侵略国を撃退する力が必要になるということです。そのため、強大な軍事力が必要となるのです。
また、永世中立国とはスイスだけではありません。隣国のオーストリアも1955年に永世中立を宣言しています。

時代背景は参考URLに詳しく書いてあります。

参考URL:http://www.tcp-ip.or.jp/~sugi-96/swiss/slink/FUSHI.htm

永世中立国のスイス三月三日、国連加盟の是非を問う国民投票が十六年ぶりに行われ、即日開票の結果、小差で加盟が可決された。スイスは百九十番目、主権国家としては事実上最後の新規加盟国となります。

今回の国民投票は、市民団体が一昨年、国民発議に必要な十万人以上の署名を集めて提起。連邦政府、経済団体、労働組合など幅広い組織が「冷戦終結で、国連に加盟しても中立を維持できる環境が整った」などとして国連加盟の支持を呼び掛けたためです。

スイスと言えば世界的に有名な永世中立国。その意味...続きを読む

Q中立国なのに攻められたベルギーとスイスの違い

中立国で、よくわからないところがあるんですが、
どうしてベルギーは第二次大戦時に中立国だったにも関わらず攻められてしまったんですか?
また、同じ中立国であり、ベルギーと同じくドイツ・フランス両方に接しているスイスが攻められなかったのは何故ですか?

Aベストアンサー

当時、ベルギーは中立国を宣言していましたが、
実質は英仏との反独軍事同盟を結んでいました。
ドイツ側からみたら、当然のようにベルギーは敵性国家であり
ドイツに軍事的脅威を与える国でもあったのです。

もし、ドイツがベルギーに侵攻した場合、
ベルギー軍は、要塞等で数日間ドイツ軍を足止めして、その間に
北フランスにいた英仏軍がベルギー国内に進撃。
ベルギー国内に流れるディール河沿いに展開して、ドイツ軍の進撃を
完全に阻止するという「ディール計画」がなかば公然として存在して
いたのです。
ベルギーは、国内が戦場になるこの危険な計画をあえて英仏と共有し
ドイツに、自国を侵攻させない「捨て身の」カードとしていたのですが
かえって、ドイツ側に「ベルギーはドイツの敵対国家」と認識させる
ことになってしまったのですね。

スイスは、おおよそどちら側とも組みせず、ドイツ側に協力する一面
もありました。
地勢的、戦略的にベルギーがドイツに侵攻される要素があったのも
大きな事実ですが、ベルギーのドイツへの敵対行動があったのも事実
だったのです。

ベルギーよりも、同じように中立宣言をしていたオランダのほうが
ドイツに攻められ大きな被害を出しました。
ロッテルダム空爆、ドイツの圧政、国内の分裂、植民地の喪失、
44年の際には戦場となり、同年の冬には酷寒のため1万人が死傷して
います。

当時、ベルギーは中立国を宣言していましたが、
実質は英仏との反独軍事同盟を結んでいました。
ドイツ側からみたら、当然のようにベルギーは敵性国家であり
ドイツに軍事的脅威を与える国でもあったのです。

もし、ドイツがベルギーに侵攻した場合、
ベルギー軍は、要塞等で数日間ドイツ軍を足止めして、その間に
北フランスにいた英仏軍がベルギー国内に進撃。
ベルギー国内に流れるディール河沿いに展開して、ドイツ軍の進撃を
完全に阻止するという「ディール計画」がなかば公然として存在して
い...続きを読む

Q日本は永世中立国になれない?

小泉さんが、憲法9条改正について言及したことで、
ふと思ったんですが、
日本はなぜ永世中立国にならないんですか?

永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
(気のせいだったらゴメンなさい)
ということは、自衛隊は、海外に行かなければ、いいんですよね。

多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?

それから、永世中立国になると、経済的、政治的に不利になるのでしょうか。
スイスとかオーストリアは、あまり発言力がないですよね。
なにも輸出入まで制限されるわけじゃないから、
少なくとも、経済的に発言力があってもよさそうです。

これだけ「平和」を叫びつづける日本のくせに、
なぜ先頭を切って永世中立国の宣言をしないのか、
不思議でなりません。

明確な回答は存在しないかもしれませんが、
みなさんのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要となります。
軍事力に金をつぎ込むぐらいならば、外交で国を守る方が遥かに安上がりで現実的です。
(過去のODAの様に安易に金をばらまくのが国を守る外交だとは言いませんが)

> 多分ネックになっているのは、アメリカとの条約だと思うんです。
> 日米安保は、いわゆる「軍事協力」ですから、
> これを破棄すれば、永世中立国になれるのでは?
たぶん、これが一番難しいと思いますよ。
9条を改正して自衛隊を合法化するよりも、(あるいは9条に従い自衛隊という名の軍事力を廃するよりも)日米安保を破棄することの方が難しいんじゃないかな?
元々、日米安保自体、国民多数の反対を押し切って結ばれ、今や完全に依存してますからね。
日米安保を破棄すれば、今までのようにアジア諸国の感情を無視した自己中心的で無神経な政治は出来なくなります。(内政・外交問わず)
アメリカという強引で凶暴な大国が日本のバックに付いているために身を引き裂かれるほどの屈辱に耐えている人々はアジア全体では少なくありません。
正しい歴史教育を受けていない無知な政治家の不用意な発言が即深刻な国際問題になってしまうでしょう。
近隣諸国とあまり仲が良くないことにさほどの危機感を感じない日本が日米安保を破棄するのは極めて危険です。

経済的、政治的にいかに不利か、については既に他の方の説明で御納得のことと思います。

> 永世中立には自衛のための軍隊は、OKだったような気がします。
逆に言うと、永世中立国には他国に頼らずに自衛するための強力な軍隊が必要になります。
現在の日本がその様な軍事力を保有することは経済的に不可能です。
(自衛隊は災害救助とアメリカの使い走りで精一杯の軍隊です。)
日本は地理的に攻めやすく守りにくい国であり、本気で他国の侵略に備えるならば長期の徴兵制や莫大なコストの兵器が大量に必要...続きを読む

Q国連加盟国で併合されてしまった国ってありますか?

国連加盟国だったけどなくなっちゃった国ってありますか?
中華民国は中華人民共和国にとってかわられたから別として
東ドイツも統一されただけだから
他国に併合された加盟国ってありますか?
たとえばクウェートがイラクに併合された(失敗)…みたいな
イラクにしてみればイギリスに奪われたのを取り戻しただけだけど

Aベストアンサー

なくなった国ね

 インドのように英領インド帝国→英自治領インド→インド連邦と体制・政体・国名変更になったのは計算にいれないとなると
大物としては、ソ連(ソビエト社会主義共和国連邦)が解散で、ソ連の権利はロシアが相続、最初からソ連と別に加盟していた白ロシア・ウクライナとロシア以外の国は、新加盟。
※東ドイツも、形式としては消滅して、各州が、いわゆる西ドイツに加盟です。
チエコ・スロバキア、1992年末、解散、チェコとスロバキアとして新加盟

ユーゴスラビア社会主義連邦共和国からクロアチア、ボスニア、マケドニア、スロベニア分離、国連に加盟。残ったセルビア・モンテネグロから成るユーゴは、ユーゴスラビア連邦共和国と改称したが、国連は、かってのユーゴの正当な継承者と認めず、新加盟となり、国連原加盟国のユーゴは消滅とされた。ユーゴ連邦はセルビア・モンテネグロに改称したのち、セルビアとモンテネグロが分離し、国連の議席はセルビアが継承し、モンテネグロが新加盟する形となった。

Q永世中立国になるには?

スイスのような永世中立国になるにはどうすればいいんでしょうか?
過去の歴史を振り返るに、ベルギーのように永世中立国であるにもかかわらず侵略された国もありますが、
現在のスイスの発展を見るに最強の選択に思えます。
国連に申し出ればいいのでしょうか?
もっとも日本は領土問題や、台湾問題により不可能でしょうが・・・

Aベストアンサー

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできません。
PKOやPKFへの参加もできません。
つまり戦争がおきても、しらんぷりしてなければなりません。
国連の要請があると軍を出す必要があるので、国連からも脱退が必要ですね。
2003年までスイスは国連に加盟していませんでした。

こうなると貿易相手が居なくなる可能性もありますので、エネルギー、資源、食糧自給の手段も考えておく必要があります。

さらに「日本が中立を保ってくれないと困る」状況を成立させる必要があります。
スイスの場合は銀行が役目を果たしてくれました。
現在の日本にはそういうものがありません。

簡単に言えば永世中立というのは「どこにも誰も味方が居ない」状況になるのです。

永世中立を保つ場合、他国から喧嘩を売られても受けて立つだけの力が必要です。
つまり軍備増強が必要です。
スイスなどは、そのために核兵器所有も検討されました。
常備軍を持ち、一定の兵力と質を保つ必要があるため、徴兵は必須でしょう。
それだけの軍を養う予算も必要です。
それがゆえに、スイスは税金がすんごく高いです。

また中立ですから、どこかに紛争があっても、隣の国が占領されても何一つ発言は出来ません。「遺憾だ」すらも。
中国VS亜米利加の戦争が起きても、どちらの味方もできま...続きを読む

Q第二次大戦中、日本軍が撤退まぎわに台湾軍属のアキレス腱を切って連合軍が使えないようにしたってホント?

昨日ネットで見た連合軍兵士の手記によると、「ニューギニアに上陸し、攻撃すると日本軍は撤退していった。 その跡に杭に縛り付けられている人間がいて、生きていて台湾人と分かった。労働力として連れてこられたと思われる。足首(lower leg)を切られていて、たぶん、連合軍に労働力として使われないようにしたんだろう」と書いてありました。でも、当時、台湾は日本領土で、台湾人は日本人だったはずです。 連合軍に救出されれば、台湾に帰って「日本軍にひどいことをされた」といいふらすでしょうから、そんなバカげたことを日本軍がしたでしょうか? もし、中国語が分かれば自分で調べるのですが、分かりません。 で、質問は、1)史実かどうか 2)日本人の台湾人に対する考えは、そのようなものだったのか? の2点です。

Aベストアンサー

1)史実かどうか

おそらく史実ではありません。
他の方が述べられたように、あえて拘束してアキレス腱を切るより
殺害した方が簡単です。普通に考察すれば、負傷で後送できないので
置いて行かれたと考えるのが妥当です。
ただし、日本軍にも多くの人員がいたので絶対に無いとは言えません。

歴史を検証するうえで、検証を経ていない証言は資料ではなく
あくまでも参考にすぎません。
本気で史実かどうか検証するためには、本人や第三者への聞き取り、
当時その付近に展開していた日本軍と徴用された台湾人軍属から
該当すると思われる人物など調べる必要があります。
そのような検証をしないうちは、あくまでも一つの証言です。



2)日本人の台湾人に対する考えは、そのようなものだったのか?

台湾人への蔑視はありました。
近年の台湾は一般的に親日といえますし、日本は台湾統治時代に
それなりの政策を行っていました。八田與一や六氏先生、
明石元二郎、後藤新平のアヘン対策などなど、よく見かけます。
では、台湾人が日本人として扱われたかというと違います。

台湾統治と朝鮮では、同じ植民地統治として明確に差別されました。
帝国大学である京城帝国大は併合後14年に対し台北帝国大は33年、
朝鮮王には皇女が嫁ぎ、伯爵(宋秉畯)に叙せられた人もいます。
志願兵の受け入れは朝鮮が1937年で台湾が1941年、朝鮮人には
許可された陸軍士官学校は台湾人は入学できない(海兵は両方不可)、
悪名高い(当時は日本人になりたくて請願された)創氏改名も、
台湾では(改姓令)許可制で3%しか認められないなど
(注:朝鮮では姓の扱いが日本と違うので創氏は強制ですが、
申告制の改名は20%)多くの待遇の差が挙げられます。
台湾では発展に取り残された民族も多く、それに対する差別も
それなりにありました。
その中で起こったのが有名な「霧社事件」です。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9C%A7%E7%A4%BE%E4%BA%8B%E4%BB%B6
(Wikiですが閲覧注意です。残虐な写真があります)
朝鮮で有名な三一事件では、警官が惨殺されたり役場が焼き討ちに
あいましたが、死刑判決は無く、ほぼ全員が数年で釈放されましたが、
霧社事件は逮捕された者は全員留置中に死亡し、生き残った300人弱は
僻地へ移住させられるなどで、天皇陛下が事件の根本に原住民への
侮蔑があるともらしたとされています。

台湾では、二二八事件以後戒厳令が敷かれ、外省人による統治が
行われました。このことを「犬(日本のこと)が去って豚が来た」
と揶揄されたように、中華民国よりましだけど日本の統治も
良い点ばかりでは無いと思われていると考えます。
(他国の植民地政策よりは良かったと思います)



手記の記述について考察するなら、戦時中でも日本に協力的な部族も
敵対する部族もありましたが、徴用は高砂義勇隊に代表される
親日派が多く、献身的な働きをしたとされています。
よほど差別主義の隊長か怠惰な台湾人でない限り考えにくく、
この意味なら、ご質問の回答は(ニューギニアの戦地で)
「台湾人を差別した行為とは考えにくい」ということになります。

1)史実かどうか

おそらく史実ではありません。
他の方が述べられたように、あえて拘束してアキレス腱を切るより
殺害した方が簡単です。普通に考察すれば、負傷で後送できないので
置いて行かれたと考えるのが妥当です。
ただし、日本軍にも多くの人員がいたので絶対に無いとは言えません。

歴史を検証するうえで、検証を経ていない証言は資料ではなく
あくまでも参考にすぎません。
本気で史実かどうか検証するためには、本人や第三者への聞き取り、
当時その付近に展開していた日本軍と徴用された台湾人軍属...続きを読む

Q永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

スイスのような永世中立国は自国に軍隊もってないんですか?

Aベストアンサー

「永世」に「中立」ってことは、「永久」に「誰とも組まない」、つまり、永久に誰と組まなくても独立を保ている、すなわち、「永久に一人で最強」でいるってことですよ。

例えば、あなたはボブ・サップとケンカしようと思いますか?
つまり、強い人は自ら動かなければずっと平和でいられるんです。
では、あなたに仲間が10人いたら、あるいは、あなたが銃を持っていたら?今度はボブ・サップの方がケンカしようとは思いませんね。
ですから、永世中立国とは永久に一人で誰よりも強くならなければなりません。

ただ、何も国防には軍事だけでもないんです。例えば、スイスは税金が安いです。そして有名なスイス銀行がありますよね。こうすることで、世界中の金持ちがスイスに財産を移します。そのスイスが侵略されて銀行などが凍結したら、世界中の金持ちが困ります。そこで、世界中の金持ちがスイスとは戦争しないように圧力をかけるかもしれません。
では、日本もそうすればいいと思うかもしれませんが、なかなか単純にそうはいかないようです。

Q国際連合と冷戦

国際連合と冷戦について、よい資料を探しているのですが、よいサイトはありませんか?

Aベストアンサー

 こんばんは。

 こんなサイトはどうでしょうか?

http://www.php.co.jp/THE21/kokusai/un.html

参考URL:http://www.php.co.jp/THE21/kokusai/un.html

Q戦争が起きたら永世中立国に行けばいいと思いませんか?

戦争が起きたら永世中立国に行けばいいと思いませんか?
そこにいけば戦争のターゲットにされないし中立国は戦争しないし参加しないし

Aベストアンサー

何という情けない態度・・・あぁ・・・。。。.....___(脱力

 宇宙に行けばいいのです! まったく(--;)

Q第二次世界大戦中の「連合国」英訳について。

「反枢軸連合国」の英訳は“the United Nations”と“the Allied Powers”、どちらなのでしょうか? また、それぞれの言葉が使われている文献などがありましたらお教えください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

#3です。用法の相違としては、
the Allied Powers

the Axis Powers
(枢軸国)
との対比を明確にする場合に、用いられやすい言葉で、
the United Nations
と、どちらが正式、というものではないのではないかと思われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報