出産前後の痔にはご注意!

知人に借金をもったまま逃げられました。
しかも、知人と音楽のイベントを企画していまして、
その企画数日前に逃亡。

おかげで借金も返ってこないし、イベントも知人が要だったので中止で、大きな金銭的な損害を受けました。

ようやく居所をつかみましたが、一緒に住んでる両親も
息子の借金やトラブルなので家族には関係ないと言い切り
門前払いです。

もちろん息子は家族にかくまわれ居留守です。

借金は、法的な手段(強制執行など)で支払いを命じるつもりですが、
正当な理由もなしに大事なイベント前で逃亡し
イベント中止になりそれにかかった費用や人件費
もやはり取り立てても合法なんでしょうか?

イベントと言うのは音楽のコンサートです。
中止になり機材のレンタル料金や会場のキャンセル料金など様々です。

それを私が全部支払いました。

迷惑料と言う言葉をよくききます。
このような場合、もしそれを催促できるなら

迷惑料か、慰謝料、どちらが妥当でしょうか?
そしてかかった費用の何割程を請求するべきでしょうか?

何か腑に落ちない感じがしましたので、みなさま助言お願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

迷惑料というのは 慰謝料的な意味を含みますので どちらかというと


損害賠償です。イベントを中止するにあたり現実負担した経費は請求できますし 借金は借金で別に返済を求めるべきでしょう。それには弁護士もいいですが 行政書士で文書にて請求すれば費用も多くは掛りません。ただそれにはテクニックが必要で最初から割り引く事はせず 交渉の中で現金ですぐにもらえるなら(親には請求できなくても本人が親に頼み立て替えてもらうべく頭を下げる事は自由です)そこで手を打つのも早く終わらせるコツです。割引は交渉のカードにしてください。
    • good
    • 1

その法律の場合、親会社などが”その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者”ではないですか?どちらにしろ親は成年した子に対する”監督の義務を負う者”ではありません。

    • good
    • 0

全てきっちり請求すべきでしょう。

知人は未成年ですか?そうでないなら親に請求は難しい話です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

やはり請求できるみたいですね。

>>知人は未成年ですか?そうでないなら親に請求は難しい話です。

成人ですが、賃金の取り立ての際、民法で

●第七百十四条  前二条の規定により責任無能力者がその責任を負わない場合において、その責任無能力者を監督する法定の義務を負う者は、その責任無能力者が第三者に加えた損害を賠償する責任を負う。ただし、監督義務者がその義務を怠らなかったとき、又はその義務を怠らなく?トも損害が生ずべきであったときは、この限りでない。
監督義務者に代わって責任無能力者を監督する者も、前項の責任を負う。


とありますが、やはりこれは相手が未成年の場合でしょうか?

お礼日時:2006/08/19 20:49

イベントが実施できなくなって損害が発生したのなら慰謝料や迷惑料というよりも損害賠償を請求するのが妥当でしょう。


請求は損害額すべてについてOKですが、こちらについても任意で支払うことはなさそうなので裁判によって請求する必要があるでしょう。

この回答への補足

早速ありがとうございます。
損害賠償が妥当ですか。

補足ですが、

イベントと言うのは月に一度定期的にしているもので、
一度このような多大な被害を受けてからは
逃げた知人の代わりを急遽さがして私がバイト、技術料金を支払っています。
10月までは逃げた知人が企画(会場や機材のレンタル済み)してしまってるのでやめるにやめれない状況です。

またキャンセルして損害が発生するなら、他の人間を雇ってやる方が損害が小さいので。

このような場合、知人へ、知人への代わりの技術者への賃金を請求できますか?
これもいたしかたなく私が払っていますが、
知人が逃げる前に企画していたものですので
どうも、逃げた知人の代わりの技術者へ私が賃金を支払うのはおかしいと思います。

実際なら企画をした知人が作業を行い事を終える話だったので。

補足日時:2006/08/19 19:36
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【迷惑料】 というコトバ

慰謝料ではなくて、迷惑料という言葉は
法律上の文言なのでしょうか。

私のお客様が、「対応が不誠実だから迷惑料をよこせ」(金額はいわない)
と主張しています。

慰謝料という言葉は良く聞きますが、
法律上に無い、もしくは迷惑料を要求すること自体は
恐喝にならないのでしょうか。

どれとも慰謝料、迷惑料は同義でしょうか。 

Aベストアンサー

慰謝料も迷惑料も法律上の用語ではないでしょうね。
民法ではあくまで起きた損害は(原則)金で解決しろと定めています。

民法第417条
損害賠償は、別段の意思表示がないときは、金銭をもってその額を定める。

ではその根拠は何なのかというときに出てくるのが慰謝料や迷惑料です。
法律条文に慰謝料や迷惑料の規定が直接的にあるわけではありません。
相手が何かあなたから損害を受けたというのならそれが直ちに恐喝とはなりませんが、
その境目が極めて難しいところです。
もちろん、「テメー払わないと殺すぞ」などの脅しの文言があれば別ですが。

お話の内容だけですと、どちらが悪いという判断は出来ないでしょう。

Q迷惑料を請求されたのですが・・(物損事故)

こんにちは。
1ヶ月ほど前に、物損事故を起こしました。
(自動車対自動車で、私が9:1で加害者です)
先日保険会社から相手方の車の修理が終わったとの連絡を受けた時に、被害者の方のお車にお子さんと妊娠中の奥様が乗られていたのにすぐ謝罪の連絡をしてこない!とご立腹されてるとの話を聞きました。
保険会社に事故直後、一任して下して欲しいと言われ、鵜呑みにした私が悪かったので、お詫びのご挨拶に伺いました。すると、保険会社から聞いていた、奥さんと子供に対する謝罪の姿勢を私が見せなかったことに対するお怒りを言われると思いきや、
いきなり迷惑料としてお金を要求されました。
これは払わなくてはいけないのでしょうか?
事故と謝罪が遅れたことに対しては本当に
申し訳なかったと思っているのですが、脅迫めいた
言い方をされて困っています。

Aベストアンサー

交通事故を起こした運転者には3つの責任があるといわれています。行政上の責任、刑事上の責任、民事上の責任です。最後の民事上の責任というのが損害賠償にまつわる話で、この部分は保険契約があれば本人に代わって保険会社が示談したり、支払いをしたりします。

しかし実際には4つ目の責任があります。道義上の責任、いわゆる「誠意」ってやつです。実はこれが一番難しいですし、その基準もあいまいです。

恐らく説明不足か誤解だとは思いますが、保険会社に一任できるのは民事上の問題についてのみで、道義上責任はあくまでも本人が果たす必要があります。

基本的には人身事故にもなっていないようなので、慰謝料が認められるものではありません。自動車の修理費(のうちの過失割合部分)以上に金銭を負担する必要はありません。しかし菓子折り+α(の現金)を持参する事も考えていいですね。vn-soir21さんが反省しているのであれば、それを形に現したほうがいいかと思いますね。でも、それでも相手の態度が変わらなければ放置した方がいいですね。それでも怒りが収まらないような相手だったらもうそれ以上何かしても変わる事は無いでしょう。何をしても同じです。脅迫めいた事が続くのであれば、それは本当に「恐喝罪」にあたる事も考えられるので、証拠を集め警察に相談に行きましょう。また保険(対物)があれば、それを通じて弁護士に一任する事ができるので、警察の前に保険会社に相談するのもいいですね。

交通事故を起こした運転者には3つの責任があるといわれています。行政上の責任、刑事上の責任、民事上の責任です。最後の民事上の責任というのが損害賠償にまつわる話で、この部分は保険契約があれば本人に代わって保険会社が示談したり、支払いをしたりします。

しかし実際には4つ目の責任があります。道義上の責任、いわゆる「誠意」ってやつです。実はこれが一番難しいですし、その基準もあいまいです。

恐らく説明不足か誤解だとは思いますが、保険会社に一任できるのは民事上の問題についてのみで、...続きを読む


人気Q&Aランキング