メダカを飼っています。
水槽の中にはメダカが10匹…だけのはずだったのですが、最近、小さな巻き貝らしき生き物が多数うごめいています。メダカの目ほどの小さいものから小指の先ほどの大きさのものまでいて、日毎に増えているようです。どこからやってきたのでしょう? 1ヶ月ほど前に水草を購入して水槽に入れたので、そこに付いていたのでしょうか? なんという貝なのでしょうか?

水槽がきれいになるので、別に貝がいても構わないのですが、このまま、増えるに任せててよいものなのでしょうか?
貝が増えるとともに、疑問も増えます。教えてください。

A 回答 (5件)

 貝もあまり増えると糞による水質の悪化を招き、藻がつくようになります。

また、柔らかい葉の水草表面をなめ取ってしまうので、水草にもよくありません。増殖が著しいので見苦しく感じ、個人的には好きではありません。
 貝を捕ってくれる魚がいます。メダカなので混泳が難しいかもしれませんが、下記URLを参考にしてみてください。
 貝を放流するのはやめてください。外国産の貝かもしれず、生態系を狂わせます。
 一度入った貝はいくら取り除き作業をしても、水槽を洗ったり、床砂を入れ替えても除去が困難です。
 貝のゴキブリホイホイのようなものは、実際効果がありません。
 オトシンクルスは小さいうちはこけ食いで、貝は食べてくれないと思いましたが...。
 貝の卵が水草に付着していることがありますので、今後、水草は、購入後流水でよく流して洗ってください。(落としきれるものでもありませんが)

参考URL:http://www2.vc-net.ne.jp/~yoshiwo/question/q0014 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
よくわかりました。

お礼日時:2002/03/14 20:18

熱帯魚カテゴリの方に似たような質問がありました。


http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=232264

水草にくっついてきちゃったみたいですね。
対処方法は・・・水槽のお掃除!だそうです。(^-^;)

参考URL:http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=232264
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
早速、gooのほうにいってみました。
うん、掃除ですね。がんばります。

お礼日時:2002/03/14 20:14

写真でもあれば回答しやすいのですが、おそらく水草に卵が付着していたと思われます。


水草がやられているようでしたら、貝のゴキブリホイホイのような物が
市販されていますので使ってみてください。
(ピラミットに似た形で真中に餌を置き、貝をおびき寄せる装置。水槽内に置くだけです。)500円くらいだったと思います。
水温があまり低くなければ、オトシンを入れるのも良いですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
貝ホイホイなんてあるんですね。驚きです。

お礼日時:2002/03/14 20:05

モノアライカイだと推測されます。


凄まじく繁殖力が良いので削除しかないと思います。
もしデジカメをお持ちなら写真にとって
http://www.bigai.ne.jp/index.html
鑑定してくれるそうです。

参考になれば幸いです

参考URL:http://www.bigai.ne.jp/index.html

この回答への補足

教えていただいたURL、楽しかったです。

補足日時:2002/03/14 20:20
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
撮影しようと試みたのですが、ちょいと小さすぎて断念しました。まだデジカメ使い慣れていないんで。

お礼日時:2002/03/14 20:03

おそらくヒメタニシの一種だと思われます。


特に問題は無いと思います。
水草に卵が付着していたと考えられます。
おっしゃるようにタニシがいると水槽がきれいになります。

数が増えすぎたと思ったら適度に川に返すと言うのが良いかもしれません。
めだかの卵や稚魚を食べてしまうかどうかは不明ですけどね。
タニシで検索すると昔は食用だったとか…
あまりお勧めしませんが食べる事も可能かもしれませんね…

参考URL:http://www.apeo.co.jp/yamadaworld/tansui/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
たぶん、食べないとは思います。たぶん。

お礼日時:2002/03/14 20:00

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q水槽の貝はそのままで大丈夫?

超初心者です。60センチ水槽にネオンテトラとグッピーを飼っているのですが貝が繁殖しています。人に聞くと「有害だから潰してる」とか「無害だからほっとけばいい」と言われました。本当のところどうなんでしょうか?
この前水槽の中で潰したのですがそれをグッピーが食べていました。大丈夫ですか?

Aベストアンサー

結論からいうと、全く問題無し。
<人に聞くと「有害だから潰してる」とか…
有害だとしたら、水草を食べ尽す事くらいでしょう。
あとは、「見ていて『気持ち悪い』し、ドンドン増える」事と「貝による、水槽内の水質悪化(貝も排泄しますし、死んだ貝の分解過程で付随して起きる腐敗・有機蛋白質の溶解など」

ちなみに、あなたの貝は、サイズが超ビッグなら(直径3センチ以上)で黄色っぽかったら「ゴールデンアップルスネイル」(通称名です)。小サイズの貝なら、巻貝系や並みの「タニシ」系でしょう。(高値で売買される「カノコ・フネママ」なら驚くが)、水槽内のクリーニングを繰返せば「退治」できます。

もともと水草導入時に、水草の一部に付着してて、そこから繁殖して増えるケースが一般的でしょう。(水草購入後は、よーく洗ってチエックすれば防止可能)

<グッピーが食べていました。大丈夫ですか?
普通はOKです。(貝が病原体を持ってるケースまでは予測不可能)

最後に、「ゴキブリホイゴイ」状の器具は「全く効果無いので」逆に有名なくらいダメです。効き目ゼロ。
普通なら、「トーマシー」(A・トーマシー)なる通称名の魚が『水槽内の貝を食べます!』とよく販売してます。たしかに効果ありも、何ていっても「シクリッド」。性格キツクあなたの水槽のテトラとグッピーとの相性は「良くない」。また、繁殖が容易な為(子供を守る親の観察向き)万が一「繁殖したら、ネオン&グッピーは全滅」でしょう。
あと、最近よく目にする「パファー(淡水『ふぐ』)」。貝の天敵は、このフグなのですが、可愛い外見に似合わず「(とにかく)何でも『齧る』・好奇心旺盛で何でもまずは、食べてみる」癖から、単独飼育しか不可能なので無理。
以上から、「水質保持の為に掃除と排除の繰り返し」を進めます!!

P.S.「かえる」は、文章から控えた方が無難でしょう。

結論からいうと、全く問題無し。
<人に聞くと「有害だから潰してる」とか…
有害だとしたら、水草を食べ尽す事くらいでしょう。
あとは、「見ていて『気持ち悪い』し、ドンドン増える」事と「貝による、水槽内の水質悪化(貝も排泄しますし、死んだ貝の分解過程で付随して起きる腐敗・有機蛋白質の溶解など」

ちなみに、あなたの貝は、サイズが超ビッグなら(直径3センチ以上)で黄色っぽかったら「ゴールデンアップルスネイル」(通称名です)。小サイズの貝なら、巻貝系や並みの「タニシ」系でしょう。(...続きを読む

Qたまに水替えしてのショックよりも頻繁な水替えできれいな水にした方が良い?

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日きれいな水を1/4入れ替えています。

それからは魚、エビ(の動き)がとても安定しているように見えて、
今のところ死魚が一匹も出ないようになりました。
水替えにも、魚は「また来たか」て感じで(魚の気持ちは、わかわないけど・・・)、毎日の行事にしています。

たまの水替えペースのために、水が汚れてしまうより、あるいは、その時に水質が突然変わり、ショックを与えるよりも、、、
頻繁な水替えできれいな水になるべくしていた(これも魚にとってショックを与える)方が良いのでしょうか?

でも、頻繁な水替えはバクテリアを減らしていることなので
良くないのかな・・・とも思うのですが、、、

いまのところ(水替えしなかった時よりも)調子いいですが。。。?

わかりずらい質問、書き方で申し訳ありません。

素朴な質問です。
まだ2~3ヵ月のビギナーですが、よろしくお願い致します。
水槽は30cmと20cmの小さいものばかりです。

最初の頃、2週間以上に一度ぐらい1/4の水替えしてたのですが、
エビがよく☆になり、クラウンキリーやスカーレットジェムやパンダが☆になりました・・・。
(水ができてなかったのかもしれませんが)

ある時、ここのある方のアドバイスで、
「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」
と言われてから、毎日き...続きを読む

Aベストアンサー

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをしていると疲れるんですよね...
もうちっと、論理的にいきたいところです。
===========================

ビギナーなら「正しい水替え」を知りたいところでしょう。
が、「正しい水替え」って、どこのサイトさんでも詳しく解説されていないんですよ。
私としても、解説できるかな?なんて思ったのですが、ほぼ飼育法全てを解説するほどのもの凄い分量になります。
なので、さわりだけは説明させて頂きます。

■水替えする目的
(1)pH(アルカリ度)を適正範囲に戻す。
(2)水の濃さ(浸透圧,硬度etc.)を適正範囲に戻す。
(3)余剰汚泥の除去。
(4)微量元素の補給。
(5)飼育水の富栄養化を防止。(コケの栄養源を取り除く)
<特別なケース>
(6)アンモニア,亜硝酸を除去。(水槽立ち上げ時など濾過不足の場合only)

≪残り餌,排泄物→アンモニア(猛毒)→亜硝酸(有毒)→硝酸(ほぼ無毒)≫
というのが生物濾過の構図ですが、最終生成物の硝酸はpHを酸性に傾けます。
水棲生物には生物毎に、生存可能なpHの範囲があり、その範囲を外すと体調を崩し、死んでしまいます。
そこで、pHを定期的に計測しながら、硝酸(塩)の蓄積を追っていくわけです。

この時の前提条件として、水槽内に水質を変化させるようなものを入れないことが挙げられます。
水質を安定化する底床,濾材は全部NG。思わぬ水質急変を引き起こすキッカケとなり得ます。
現実として、水質を変化させるもの(特に底床)は沢山あるわけですが、
それを使用する場合、それぞれの性質を熟知して使う必要があり、
特に不都合な環境を引き起こすトリガー条件を把握する必要があります。
これは、いちいち解説していられません。ゴメンネ。

基本的に水道水はアルカリ性(1日放置して計測)で、餌が硝酸塩に変化することにより、pHは徐々に低下します。
ある程度下がったら、水替えでpHを引き上げます。
この下がる周期が個々の水槽の水替え周期と言えますね。(あくまで基本)

期間が経つと、pHの下がる周期が早くなってきます。
これは硝酸が硝酸塩として濾材や底床に入り込んでいるためだと思われます。
よって、水を換えてpHを上げてもすぐに硝酸が溶け出してpHを下げるわけです。
ここで、底床クリーナーで掃除,もしくは軽くリセットを掛け、硝酸塩を洗い流すと、またpHの下がる速度が遅くなります。

もう一つは、水の濃さです。
餌をやることで、様々な物質が水の中に溶け込み、水は濃くなっていきます。
魚は飼育水の浸透圧に合わせて適応していきますが、濃くなり過ぎると代謝機能が不健全化します。
で、水替えで濃くなり過ぎた飼育水を薄めてやることになります。
この時、大量換水で、あまり濃度差を付けてしまうと、魚が急激な変化に対し、
浸透圧の調整に対応しきれず、細胞が破壊され大やけどと相成ります。

--
ついでに、複合パターンの一例を出しておきます。
底床に大磯砂を使っていたとします。
未処理の大磯砂にはサンゴや貝殻が入っていて、主成分が炭酸カルシウムです。
ここに硝酸が加わると、炭酸カルシウムと硝酸が反応して、硝酸カルシウムが生成されます。
すると、本来、硝酸が増えたことにより下がるはずであったpHが下がらずに弱アルカリ性で固定されます。(pHの緩衝作用)
その代わりに、カルシウムの溶出により全硬度GH(これも濃度を示す一指標)が上昇します。
この場合、GHの動向を追うことで、水替えを行うことが出来ます。

まあ、こんな感じで、水槽内の状況を推測していくことができるわけです。

なお、pHを単発で計測しても、それほど意味はありません。
雑誌に最適pH6.5~6.8と書いてあるからと言って、そこに合わせる必要などないわけです。
pH7.5であっても、魚が調子良ければ、全く問題ありません。
しかし、継続してグラフ化して変化を追っていくことで、異変を事前に察知することができるようになります。

そのうち、魚よりもさらに生育条件が厳しい水草の育ち具合や、泡の消え方、
魚の様子,貝の様子などで、徐々になんとなく水槽内の状態を掴めていけます。
「数値に拘りすぎると良くない」とも言われますが、目安となる物差しがないと、経験も蓄積していかないということです。

さわりだけでしたが、pHベースの飼育法でした。
週○回1/○の換水なんていう、初心者仕様の水替え方法からの脱却です。
取り敢えずは、pHを定期的に計測していくことでしょう。
ペーパーでは大まかな数値が取れないので、試薬かpHメーターをお求め下さい。
http://aquamindlaboratory.com/products/new.html
pHが予定より下がった時だけ水替えすれば良いので楽ですよ。

>「魚に水を合わせるんじゃなくて、それぞれの水槽(水質)にお魚をなじませる(合わせる)て考えた方がいいよ。」

http://question.excite.co.jp/qa3160343.html
↑これでしたよね?
別に毎日の水替えを推奨したつもりはないのですが...
でもまあ、毎日の水替えというのも、ひとつの維持手法ではあります。
水質の変動幅が小さく、少量の換水の条件であれば、
濾材や底床にしっかりとバクテリアが根付いていますので、成り立ちます。
それが結果として良好に働いたのでしょう。

ただ、そんなことをし...続きを読む

Qめだかと金魚を同じ水槽で飼ったらダメですか?

以前からめだかを水槽に入れて飼っております。
水草も入れておりますし、空気も送ってます。お部屋に置いてあるので決まった時間に餌をあげたり水が濁れば取り替えるなどして、めだかは元気でした。

しかし、数日前子供が金魚すくいをしてきまして、3匹だったので同じ水槽に入れてしまいました。
ただし、水槽の真ん中にネットを張って魚どうしが喧嘩等しないように気を使ってました。
ところがだんだんとめだかの元気が無くなり、餌もあまり食べなくなったんです。そして今日めだかが数匹死んでました。
金魚に変わった様子は見られないのですが、網を張ってあったとしても同じ水ではめだかと金魚は飼えないのでしょうか?このままにしておくとめだかが全滅してしまうのではないか心配です。アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境等で、ある程度飼育できる魚の数やサイズ
が決定します。一定の数を超えての飼育は著しく環境を悪化させることがあるため、
それが原因の可能性があります。このサイズの水槽なら何匹といった、絶対的な数
値はありませんが、下記URLを目安に考えてみてください。
参考URL http://www.koketaisaku.com/sakananokazu.html

次に寿命、めだかの寿命は一般的に二夏一冬といわれ、一年程度です。5年近く生
きる事もありますが、環境がよくても2~3年程度が普通ですので、去年生まれた
めだかであれば、寿命を全うしたと考えることも出来ます。

他にも、ネットを張ったとありますが、ネット付近に近づいためだかが、金魚につ
つかれた可能性も考えられますね。(すみません、勝手に柔らかいネットを想像し
てます)

私が思いつく原因はこれぐらいでしょうか・・・

こんにちは

他の回答にもありますが、基本的には一緒に飼う事が可能です。が、金魚のサイズ
によってはめだかを餌と判断する可能性もありますし、色々な原因が考えられます
ね。病気や水質が原因の可能性ももちろんあります。
以下、私の考える原因をいくつかあげておきますね。

まず病気、これについては説明の必要はないかと思います。うつる可能性は充分に
考えられますね。

次に水質の悪化、飼育環境がわかりませんのでなんともいえませんが、魚を飼育す
る場合、水槽の大きさや濾過装置の環境...続きを読む

Qネオンテトラの様子がおかしいです。

60cm水槽にネオンテトラ30匹とグッピー2匹を入れています。

今日水槽を見てみたら、テトラの体の色が一部なくなっている子が2匹いました。
何かが着いているというより、その部分の色素がなくなっているといった感じです。
餌も食べますし、元気に泳いでいます。
泳ぐ姿は他の子と変わりませんが、口をパクパクさせる回数が多いかな?
これはなんていう病気なのでしょうか?
対処方法を至急教えて下さい。

実は2週間くらい前に、1日でテトラが半分くらい死んでしまって、水槽をリセットし
アグテンで薬浴させました。
今水槽にいるのは、その時の生き残りです。
その後、新しい魚を入れたりはしていません。
水替えは週に1度、3分の1くらいで行っています。

Aベストアンサー

病気の判断は、文字では断定し難いのが難点です。
と言っても写真でも判断し難いですし。

まずネオン病と判断してるようですが、違うと思いますよ。
先に回答されてる方も誤解してるようですが、ネオン病は大抵ショップで発病する事が大半なので、一般の水槽での発病は無いに等しいんです。
既に発症してる個体を購入してしまったのでしたら、話しは変わりますけどね。
ネオン病の感染力は、驚異的ですからね。
気がついた時点で、ほぼ100%感染してます。
発病して、大体72時間以内には死亡に至るケースが殆どですから、数ヶ月生きてると言うのは、単なる細菌感染症です。
この細菌の難点は、筋中組織感染が殆どなので、薬浴での治療が不可能と言われてる由縁です。
治療法はあるのですが、初心者には無理な方法なので、ここでは省略します。

次に考えられるのは、エロモナス病です。
この病気も感染力が強い、感染症なのですが、そんなに発病する物でも無いんです。
色素が薄れると、この病気の名前が出ますが、大抵は間違い。
こちらは、体表粘膜感染なので、薬浴で治療可能なのですが、市販薬での治療は効果無しです。
抗生剤での治療は可能なのですが、処方箋が必要。

大抵は、細菌感染症に寄る物なのですが、輸出国の管理状況が悪い場合は、遺伝的な物もあって、免疫力が低いブリード個体が流通する訳です。
市販されてる、抗菌剤系を投薬して薬浴し経過治療するしか無いでしょう。
色素が薄れるのは、内臓疾患や遺伝病もありますし、ストレスや老化、筋肉の炎症もあります。

ネオン病もエロモナス病も原因菌は、実は白点病と同じく水道水に普通に存在してますよ。

病気の判断は、文字では断定し難いのが難点です。
と言っても写真でも判断し難いですし。

まずネオン病と判断してるようですが、違うと思いますよ。
先に回答されてる方も誤解してるようですが、ネオン病は大抵ショップで発病する事が大半なので、一般の水槽での発病は無いに等しいんです。
既に発症してる個体を購入してしまったのでしたら、話しは変わりますけどね。
ネオン病の感染力は、驚異的ですからね。
気がついた時点で、ほぼ100%感染してます。
発病して、大体72時間以内には死亡に至る...続きを読む

Q水槽水表面の泡は何でしょうか

水槽を立ち上げて約3週間が経過した初心者です。この間、煮沸であく抜きした流木を水槽内に入れました。水槽水が薄茶色に着色したので、昨日、袋に入った活性炭(観賞魚用)を水槽内に入れました。一晩経過したところ、水槽水表面に泡がたくさん出てきました。ろ過は上部フィルターです。魚には、今のところ異常はないような気がします。このような泡が発生する原因は、何でしょうか。このまは放置して、魚には影響ないでしょうか。また自然消滅するでしょうか。ご教示・指導戴ければと思い、初歩的な質問で強縮ですがよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

泡に関してですが、良い物と悪い物が存在します。
見分け方としては、すぐに弾けてしまったり、細かい泡なら問題ないです。
逆に悪い物は、すぐに弾けない、粒が大きい、石けん泡のように塊となって成長する。
消えない泡が出来る場合は、水質の悪化や粘度が高い水に見られます。

水槽のフタを開け、まず臭いを嗅いでみる。
臭くないですか?生臭いような不快な臭いがしませんか?
水槽内のガラス面を触ってみる。
ぬるぬるしてませんか?
こんな症状があれば、水槽内が崩壊してますので、半リセットする必要があります。
これは、暑さによってフィルターや水槽内のバランスが崩壊してしまった為。

次に、流木のアクに関して。
確かにアクが強いと、水面が泡立ちます。
出来れば、安定するまでこまめに水換えが必要ですね。
流木にも個体差があるので、すぐに出なくなる物もあれば、酷く出続ける物もあります。
アク自体は無害なので、放置でも良いのですが見た目が良くないですよね。
先の方々も言ってるように、1ヶ月くらいバケツなどで、自然にあく抜きをしてから、再度投入でも良いと思います。
それと、アクは永遠に出続けます。
抜けきる事は無いので、透明になったと思っていても、実際は微妙に黄ばみがあります。

無難な対処として、流木の再あく抜き。
水槽の簡単なリセット。
3ヶ月ですから、やっと安定期初期に突入した時期なので、完全なリセットじゃなく、簡単にです。
そのままでだと、時間が掛かりすぎると思います。

泡に関してですが、良い物と悪い物が存在します。
見分け方としては、すぐに弾けてしまったり、細かい泡なら問題ないです。
逆に悪い物は、すぐに弾けない、粒が大きい、石けん泡のように塊となって成長する。
消えない泡が出来る場合は、水質の悪化や粘度が高い水に見られます。

水槽のフタを開け、まず臭いを嗅いでみる。
臭くないですか?生臭いような不快な臭いがしませんか?
水槽内のガラス面を触ってみる。
ぬるぬるしてませんか?
こんな症状があれば、水槽内が崩壊してますので、半リセットす...続きを読む

Qタニシ(らしいもの)はめだかを食べるのでしょうか。

睡蓮鉢にめだかを飼っています。最初(7月10日)は10匹だったのが、8月8日に2匹死んで沈んでいました。その後注意していると7匹になり、今は6匹しか確認できません。
最初の2匹の他は死骸もないのです。エサは足りているので共食いとは思えません。
睡蓮にタニシのような小さな貝(8mm位)がついていて、結構繁殖しています。これに食べられちゃったのでしょうか?貝の色は黒で、活発に動いています。
残りのめだかは元気ですが、分離した方が良いでしょうか。

Aベストアンサー

本題とズレますが、ひとつ補足を。

藻類は、水に溶けている栄養分を吸収して育ちます。
貝類は、主に植物を食べて育ちます。なかには肉食性や雑食性の貝類もいます。

つまり、餌を与えすぎて窒素・リン・カリウムなどが増えた富栄養状態になると、これを吸収して藻類がすくすく育ちます。言い換えれば、藻類が水質を浄化してくれている事になりますので、

> 藻が大発生していますが、貝のおかげ(だと思うのですが)で、水はとってもきれいです。

というのは誤りです。水をキレイにしているのは藻です。貝はその藻を食べてフンを出したり、呼吸して二酸化炭素を出すので、逆に水を汚していることになります。

あまりにも藻類が大繁殖しているときは水が汚れすぎているのだと思います。こういうときは水を定期的に交換するか、直射日光が当たらないように日陰を作ってやると藻類の生長を抑えることができます。

Q熱帯魚のエサの回数は一日一回or二日に一回?

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわけではありません)
・いいや、熱帯魚は栄養も行き届いて生体が元気な時が一番美しい
などの意見を聞きました。

私は現在、一日一回少量のエサを与えていますが、
もし、美しくきれいなスタイルで、長生きするなら
二日に一回にしようかとも思います。

売られているほとんどのショップのお魚はガリガリにやせていますね。
(いわゆる、しぼっていると言うのでしょうか?)
体を大きくさせないためもあるでしょうが(成長を遅らせる)。。

自分で実際に経験(実験)すれば済むことですが、
皆様の意見を聞きたく、よろしくお願い致します。
(今回は金魚は含まれてません)

いつもここにお世話になってるアクアリストビギナーです。
素朴な質問です。
ここのベテランやショップの方に、
熱帯魚のエサの回数をお伺いすると、

・一日一回の方が良い(昨日のショップの方)
・二日に一回で十分(ここのベテランさんや、あるショップの方)
・自然界では、いつもエサがあるのが不自然で、よってたまに抜いてもよい
・人間と同じく腹8分目が生体に良い(いつも少しだけお腹をすかしている状態)
・熱帯魚は餓死する前ぐらいのあたりが一番美しく輝く
(誤解しないで。餓死させるわ...続きを読む

Aベストアンサー

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギンテトラ1匹を2年間飼育していましたが、水草とコケはえまくりの汚らしい(?)水槽でしたが、餌やらずともパトッロが大きくなりました。(ペンギンテトラを食べたわけではありません)

ちょっと話はずれるのですが、カージナルテトラがネオン病にかかった際に、ショップの人に相談したら「感染すると不治の病。延命措置として、なるべく魚に体力をつけさせる為にも、お腹がぽっこり膨れる位にして、魚本来の抵抗力を引き出してあげてください。」と言われました。現在もエロモナス症のモーリーを隔離中ですが、餌を少しずつこまめに与えています。

ある程度魚に体力をつけさせたい、早く大きくしたい…という場合は餌は多めで、水質の変化や魚の体型を気になさるなら少なめで…というのはいかがでしょう。もちろん「多め」といっても、1度に沢山ではなく、何回にも分けて与えることで、残り餌が出ないようにします)

ショップから来た魚は輸送ストレスなどもあるので、トリートメントしながら、その期間にお腹ぽっこりにしてあげて、本水槽ではそこまで気にせず…でやっています。

立ち上げ初期だったこともあり、水質の悪化を懸念して、2日1回にしていた時期があるのですが、その時期はある程度草食・雑食系の小型魚はコケや水草を食べていたので、ガリガリにはなりませんでした。

ただし、餌をやった際に上手く全ての魚に行き渡らない(強い魚が先に食べてしまう)というのを見て、現在は1日2回にしています。

ベテランの方は給餌回数が少ないようですね。ある意味水槽内の生態系が出来上がっていると、草食~雑食の魚は餌をやらずとも飼えます。(私は以前パロット2匹とペンギン...続きを読む

Qカワニナが異常繁殖して困っています

カワニナが異常繁殖して困っています

10トンほどの池で錦鯉を飼っています
1年くらい前からカワニナ(?)のような下部が
巻き状態の小貝が異常繁殖しています
目についたもので大きいものは全長5mmくらい
指でつぶすと簡単につぶれます

ざっと1000匹以上はいると思いますので、駆除は
手作業ではとても無理です

排水用の塩ビ管にゼリー状のぬるっとした、白いものが
よく付着しています
おそらく卵??

また、このためかどうか、よくわかりませんが、池面が
いつも泡だらけです
ねばっとした泡で、濾過槽をいくら掃除しても
濾材、水の入れ替え、餌、循環工夫をしても収まりません
最近は、この貝のせいではと、思っています

池水を排水するときに、目についたものは、駆除していますが
とても、とてもおいつきません

鯉に影響を与えず、駆除できる方法をご存じの方、お助け
願います

Aベストアンサー

カワニナは、卵胎生で直接稚貝が生まれるので、卵は産みません。
カワニナならば、蛍の幼虫の餌ですから、kGいくらで全国の蛍を観光に育てている自治体に販売できるのですが、、、
ゼリー状の卵を産卵するのならば、カワニナ以外の貝だと思います。

この貝の殲滅には、トリクロルホンを主成分とする有機リン系殺虫剤を使用する方法があります。
この薬は、魚への受容性は低く影響は少ないが、貝やエビは受容性が高く死滅します。
ただ、夏場の高水温では、魚毒性も強くなるので注意が必要です。

製品名
・マゾテン液
・リフィッシュ
・トロピカル-N
・トロピカルゴールド

トリクロルホン
http://www7.ocn.ne.jp/~ranncyuu/torikuroru.html

Q室内で飼っているメダカの水槽に蛭(?)が・・・

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、外から入って来たから発生したんでしょうけれど・・・。大元が見当たる訳でもないので。。

特にメダカにくっついているということもないので(メダカ以外にタニシなどはいません。)、個人的にはもしかしたら蛭とは違うのかも・・・とも思います。

蛭であろうとなかろうと、とにかく水換えなど、するべきことをすることに変わりはないのですが、とにかく気持ち悪いので、同じような状況になったことのある方がいらっしゃったら、そのとき、どういった対処をしたかなど、教えていただきたいなと思って質問しました。

ちなみに、他にも3つほど水槽やタッパーでメダカ(別種)を飼っているのですが、こちらには発生していません。

 室内でメダカ(黒メダカ)を飼って3年目になるのですが、先日、ふと見ると、黒い1cmくらいの芋虫のようなものが、水面にいました。
「気持ち悪いなぁ」と思いながらも、自分では何なのか分からず、母に見せてみると、「もしかして蛭じゃない?」と言われ、駆除を始めると、20匹以上水槽内から出てきました。

 家族が友人宅からもらって来て、今回に至るまで、ずっと室内で飼っており、最近新しい水草を入れたなどということもないのですが、室内でも蛭が発生するものなのでしょうか?
普通に考えたら、...続きを読む

Aベストアンサー

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアに寿命はありません。
巨大に成長するわけではありませんが、プラナリアにとって環境が適正ならば、永遠に細胞は分裂し続けます。

蛭の特徴は、
http://oo.spokon.net/yasu/kai/hiru.htm
・口は頭にあります。
・蛭は極一部の吸血種以外はメダカの卵は捕食しますが、稚魚や成魚を襲うことはありません。
ヒルの種類は、日本では約60種ほど確認されています。
動物の血を吸う蛭は、ごく一部です。
淡水(池、沼、川)、海、陸上のいたる所に生息していますが、大多数が淡水で暮らしています。
蛭は、卵嚢が産み付けられてた水草を購入することにより水槽へやってきます。
蛭の寿命は平均2~3年です。

プラナリア、蛭は高水温に弱く、温度調整の出来るヒーターを用いて水温を30℃で3ヶ月ほど保てば、かなりの数を減らすことが可能です。
プラナリア、蛭とも水槽に数匹程度の発生ならば問題ありませんが、大量発生した場合は水槽のリセット(新しい水槽の立ち上げ)が必要だと思います。
水槽のリセットの際に、旧水槽の水草を新水槽へ持ち込んではいけません。
濾過器の清掃も忘れずに。

メダカを観賞魚店で購入したものならば、プラナリアの可能性が高く、蛭の可能性は低くなります。

プラナリアの特徴は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%8A%E3%83%AA%E3%82%A2
・頭部に目のような二つの点があります。
・口は胴体の中央部分にあります。
プラナリアならば、水草やメダカを水槽へ放つ際の飼育水の中に卵や幼生が混じってやってきます。
プラナリアは、肉食食性が強く、メダカの卵や稚魚、成魚を襲うことがあります。
プラナリアは、水草やメダカを水槽へ放つ際の...続きを読む

Qおとなしかったドジョウが水槽で暴れています!

昨年溝掃除で見つけたドジョウを水槽でメダカと一緒に
飼っています。
これまで、砂の中でジーっと顔だけ出しているだけの
シャイな奴でしたが、ここ数日、水槽を上へ下への大暴れ。
ほとんど砂にも潜らず際限なく暴れているので
「元気!」を通り越して、「ストレスか?」と心配になってきました。
1匹だけで飼っているのは問題ありますかね。
でも性別も分からないし・・・。
ああ心配です・・・。
このような行動についてご存知の方教えてください!!!

Aベストアンサー

うちのドジョウさんも毎年、春になるとあまり砂に潜らなくなって、よく動き回ります。
砂に潜らなくなったということは、もう暖かくなったから(春になったから)でしょう。
寒いときはよく潜ったりしますが。
ストレス(病気)ではないと思います。
私はフクドジョウのオスメス一匹ずつ飼ってますが、性別は関係なく2匹ともよく動き回っていますよ。


もしかしたら、隠れ場所がなくて暴れているのかもしれません。
もう一度ドジョウさんの様子をチェックしてみてはどうでしょうか。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報