痔になりやすい生活習慣とは?

私は現在、看護師で主にX線介助(間接撮影)、造影についての介助をしていますがプロテクターがありません。(週に3~4回 造影の時は数時間にもなります)
以前勤務していた病院では必ずプロテクターを使用していたので考えられない事と思います。ほとんど体に害はないと他サイトでの記載がありますが、本当でしょうか?勤務先に疑問をぶつけても『大丈夫』の一点張りなので、これから結婚出産の事を考えると心配でたまりません。なにかアドバイスをお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。



前提としてX線照射時に、撮影室内で患者さんの介護をしているとして回答します。

質問者さんの場合、「放射線作業従事者」に該当するのか、
或いは「一時立入者」に該当するのかといえば、前者に該当します。

これは、私の職場において、月に数件、透視中の撮影室に立ち入る言語聴覚士が、
「放射線作業従事者に該当する」と、監督官庁より指摘され、
私も色々と調べましたが、どうやら指摘に間違いないようです。

放射線作業従事者は、法律に則って個人線量測定と健康診断をする必要があります。
個人線量測定はフィルムバッジやTLDなどを装着し、測定します。
健康診断は作業従事前と、以後6ヶ月を超えない期間ごとに必要となります。

また、患者さんの介助というのが、どういった形なのか判りませんが、
一般に(直接線ではなく)散乱線の影響が及ぶ範囲は、被写体から2mとされますので、
この範囲内で介助等する場合は、当然プロテクターなどで防護することが必要です。

X線照射時に、撮影室内に居ない場合などは、プロテクターなどは勿論要りません。
「照射時以外にも、放射能が残っている」などと、思い違いをしている方もいるので、
一応、書き加えておきます。

間接撮影という事は、検診などの業務だと思いますが、
施設には当然診療放射線技師が居られると思います。
技師にあなたの心配を質問されたことはありますか?
もしその技師が、照射時に被写体間近で介助することを、
「大丈夫」などといっているのでしたら、同業者として嘆かわしい事です。

実際に「ほとんど害はない」というのも間違いではありませんが、法に従って個人線量を測定し、
科学的に安全を確認し、職員の健康を守るのが、事業者の義務です。
話しても埒があかない場合は、「保健所に相談する」とでも言えば、
職場は対処しない訳にはいかなくなりますが・・・。
    • good
    • 0

自分が直接X線を浴びなくても、透視している間に透視室にいれば、かならず被爆します。


当方も、透視室での仕事は平均週1回やっており、フィルムバッジをつけて仕事していますが、自分自身にX線をあてているわけではないのに、毎月の累積の線量は、0ではありません。同じ病院に長くいる同僚医師の累積線量の数字は結構な数になっています。
少なくとも、プロテクターを着けた部位に関しては、被爆が抑えられるはずですので、つけることに効果はあるでしょう。
特に、男なら精巣,これから妊娠する可能性のある女なら卵巣のある部位は、必ず守っておくべきと思います。透視室内では必ずプロテクターをつけましょう。プロテクターをつけないなんて、自己犠牲的な感じですが、そんなことしたって誰も利益はないですよ。
当院でも、ICUや手術室内で撮影するときなんか、撮影時に患者の横についていなければならない人はプロテクターを着ていますが、それ以外の場合、みんな遠くに逃げます。冗談交じりにですが、特に未婚の方など、「まだ人生先があるから」とか言っていますよ。
    • good
    • 0

介助って透視中に撮影室内に入るのですか?


検査中、中で患者を支えたり?
それは間違いなく被曝してますし、プロテクターは必ず着けなければいけません。(大丈夫とかいう問題ではない!)
ところで、フィルムバッチなど被曝線量を測定するものはつけていますか?
それだけ中に入っているのなら数値として現れているはずです。
線量限度内なら影響は無い事になっていますが・・・

なお、透視中でなければ撮影室にいても平気です。途中で注射を打ちに入るとか、注腸のバルーンを挿入しに入るとか・・・(透視の際には撮影室外に出ること)
あと、エプロンタイプのプロテクターを着けている看護師で装置に背中を向けて仕事している方がいます。
あれってプロテクターの意味ないですよね。背中は無防備です。エプロンタイプなら背中を向けない。背中を向けるなら背中も防護されているタイプのプロテクターを着けること。
    • good
    • 0

被爆を防ぐ3原則は「距離をおく」「遮蔽する」「時間を短く」です。


ここでいうプロテクターは「遮蔽」にあたりますので、「距離をおく」と「時間を短く」ですが、仕事の内容からみるとどちらもそれほど効果のあるものはないかと思います。
しかし、造影にしてもされる患者の被爆に比べるとそれほどありません。レントゲンにしても撮影時には別室にいると思いますので被爆も殆どきにならないと思います。
確かに慣れてしまうとそれほど気になりませんが、閾値を越えていなければ被爆はそれほど問題にはならないと思います。事実、フィルムバッジではほとんど異常は見られないと思いますし、妊娠の可能性がある場合のみそれ相応の対処をすればよいかと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q妊娠中の看護師のレントゲン介助

 よろしくお願いします。
 私は、現在妊娠4週で、内科のクリニックに勤務している看護師です。
 私は、レントゲンの撮影の介助をまかされていて、毎日5~6人、2方向撮影します。
 撮影の準備(レントゲンの高さを合わせて先生を呼び、2方向ある場合は、フィルムを入れ変える。撮影が終わったらすぐにレントゲン室に入り、フィルムを取り出し、現像する)をして、撮影のスイッチは先生が押します。

 私は、レントゲン撮影の直後に何度もレントゲン室に入らないといけないので、レントゲン室に残っている放射線が胎児に影響を与えるんじゃないかと思い、不安です。

 うちのクリニックには看護師が着るプロテクターはありません。

 大丈夫でしょうか?ご存知の方、おりましたら、教えてください。

(ちなみに私は2ヶ月前から派遣社員でそのクリニックで働いているので、妊娠したことをまだ言っていません。経済的な理由から、クリニックを辞めれません。)

Aベストアンサー

miho1979さん、こんOOは。

診療放射線技師をしております。

大雑把にいってレントゲン線すなわちX線は光の一種と考えていただいてかまいません。ですから、レントゲン装置を懐中電灯と置き換えれば、スイッチを入れている時は光が出ているすなわちレントゲンが出ている、スイッチを切れば光が消えるすなわちレントゲンは出ていないと理解していただいてよいかと思います。照射スイッチを先生が押しているときにレントゲン室内部にいなければ全く問題ありません。また、光と同様な性質のものですので室内に残留するなんてことはありませんので、撮影直後にレントゲン室内に入っても被曝はありません。ご安心を。

Qレントゲン・・・どれ位の枚数を撮影したら体に影響が出ますか?(被爆)

子供の頃から体が弱いです。
入院や肺炎、喘息のたびにレントゲンを最低2枚ずつ取っていました。
そのほかに造影剤を使って、長時間機械の下で動かずにじっとする検査や学校の検診など、普通の人よりかなり放射線を浴びています。

中学生になった頃に、あまりにもレントゲンの回数が多いので、主治医から「将来体に影響が出るかも知れないから」といわれて、レントゲンの回数を減らすようにしようと言われ、なるべくとらないようにしてもらっていたのですが、引っ越して他県になってしまったので別の病院に行っています。
前の病院以外では普通にレントゲンを撮ってしまっているのですが、レントゲンってどれくらい危険なんでしょうか?
何枚くらい撮ったら被爆の恐れがあるのでしょうか?
ガンや白血病などが怖いです。

とくにガンは祖母が子宮ガンと大腸ガンをしていますし、親類にも大腸ポリープ、胸部のしこりなどの経験者がいて心配です。
私も26歳にして大腸にポリープがあります。
ガンから逃げられないような気がして怖いです。

被爆について詳しく教えてください。

Aベストアンサー

診療放射線技師です。

ガンや白血病は「確率的影響」とされています。
また、ガンや白血病は200mGy以下の被曝では、
統計学的に有意な発生率増加は、無い事が分かっています。

胸部エックス線写真1枚での照射線量は0.2mGy前後ですから、
1000枚程度では、全く被曝の影響はないといえます。

1000枚を越えたからと言って、すぐに影響がある訳でも勿論無く、
おそらく有意な影響が出てくるのは、何十・何百万枚でしょう。

ですから、質問者さんは、全く心配する必要はありませんし、
またこれからも必要のある検査は、勿論受けてかまいません。


医療被曝には「限度」と言うものはありません。
医療法施行規則第30条の27で定められているのは、
我々のような放射線作業従事者に関する限度であり、
#3の方のリンク先の内容は、全く正しくありません。
また、現在では職業被曝の限度も、全く違った数値となっています。

Qレントゲンの際にカバーは?

先日彼が怪我で日本で初めて病院を受診することになり行きました。

その際に腕のレントゲンを撮りました。
終わってから彼が
「レントゲンの時に下腹部をカバーしなかった、子供ができなくなったらどうするんだ」というようなことを言っていました。

彼の国では歯でもどこでもとにかくレントゲンを取る際は必ず防護カバーをしてくれるそうです。

彼は足を組んで下腹部を隠したそうですが...

そうやって考えたら歯のレントゲンの際に歯医者によってカバーしてくれるとこと何もしないところがありました。

彼は「日本ではこれが普通なの?」
「手だろうが、歯だろうが、男でも女でも必ず下は保護してくれる」と言っていました。

特に神経質にならなくても大丈夫なものなのでしょうか?

彼の国と日本の違いを聞いて少し気になりました。

Aベストアンサー

歯科医師です。腕のレントゲン撮影の場合、骨の太さなどから考えて、歯科用のレントゲンと同程度か、せいぜい2倍程度の強さのエックス線を使います。

大学病院にいた頃、実際に使用しているエックス線でどの程度の害が発生するのか計算してみたことがあります。当時の感度が低く従って強いエックス線が必要な装置で、

連続して600枚撮影すると、火傷で皮膚が赤くなる

という計算結果でした。
この強度ですと、直接股間に照射して不妊になるのは、連続して5万~10万枚程度照射する必要があります。この場合、精子が死滅して不妊でいる期間は1~3ヶ月程度です。

その後の技術の進歩で、使用するエックス線の量は数分の一に減少していますから、腕を撮影するために歯科用の2倍程度のエックス線を使ったとしても、不妊になるためには股間に10万枚程度照射する必要があります。
FUKU925さんのご友人は直接照射したわけではなく、しかも1枚だけですから、不妊になる心配は全くありません。


人気Q&Aランキング