友人(女性)の話です。

1年間、友人は妻のいる男性と不倫をしていました。今は別れたのですが、相手の奥さんから精神的苦痛を受けたということで、慰謝料を350万円請求されました。請求は奥さんの個人名で、郵送で届いたのですが、どうしたらいいのでしょうか。請求されれば払わなければいけない立場にあるのはわかっているのですが、350万円という金額はとても払えません。
夫婦は離婚はしません。相手の男性は妻が慰謝料を請求していることは知っていますが、詳しい内容は知らないと答えるそうです。

・350万円の慰謝料が妥当なものなのか。
 もっと少ないのであれば、どうやって交渉したらいいのか。
・支払うとして、友人は誓約書などを書くべきなのか。
・この慰謝料の支払いは相手の男性にも負うところがないのか。

を知りたいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

友人の方をA子さん、不倫相手をB夫さん、その妻をC妻さんとしますと。

。。

A子さんの行為:
不貞行為によりC妻さんの妻としての権利を侵害し、その結果精神的な損害を与えた。
→慰謝料請求の対象

B夫さんの行為:
不貞行為により、C妻さんに精神的な損害を与えた。
→慰謝料請求の対象

となると思います。
よって、C妻さんの精神的損害の程度に応じ、A子さん及びB夫さん両方とも、C妻さんに慰謝料を支払わなければならないと思います。
このとき、C妻さんは、A子さんを原因とする損害はいくら、B夫さんを原因とする損害はいくらと、個別に見積もることも可能だと思います。
よって、C妻さんとしては、例えば「私の精神的損害は700万だが、そのうち半分の責任はA子さんにある」と主張すれば、350万をA子さんに請求できる理論となります。

ただし、不倫の始まりがB夫さんの強引な要求によるものであったとしたら、A子さんは慰謝料請求請求に応じる必要がない場合もあります。(交際に至るまでの状況によります。)(判例)

さて、350万という額ですが、離婚にまでは発展しなかったということですので、これはいささか高額なのではないかと思います。
この額も、結婚年数や不倫の期間、様態等の状況によりますので何とも言えませんが、50~100万程度が妥当かなぁと個人的には思います。(状況により大きく変わる可能性があります。)
減額の請求は、やはり「350万もの額はとても払いきれないので、なんとかこの額でお願いします」といった形でもっていくしかないのかなと思います。
また、一括払いではなく、分割払いにしてもらうという手もあります。

慰謝料支払について、A子さんとC妻さんの間で話し合いがまとまったならば、示談書や和解契約書等の形で書面に残しておいた方が、後々のトラブル防止のためにも良いでしょう。(書面は専門家に作ってもらった方がなお良いでしょう。)

もし、慰謝料額でどうしても話がまとまらないのであれば、最終的には裁判所の判断を仰ぐほかないと思います。


このような件は、状況により慰謝料額等の要素が変動しますので、弁護士や行政書士などの専門家に関連する資料をもってご相談行くと良いのではないでしょうか。
    • good
    • 0

はじめまして。



慰謝料の金額ですが、相手が請求する分には相手が決めることになりますので、♯1さんもおっしゃっていますが、いくらでもいいんです。
おそらく350万円という金額は、弁護士か知恵者のアドバイスを受けて提示してきている可能性があります。
ただし、その金額に対して、ご友人さんが不服ならば、話し合いをして取り決めることも可能です。
それでも納得できない場合には裁判所の出番となります。

支払いに際しては、確約書等を交わしておいたほうがいいでしょう。
内容としては、「この件に関しては、慰謝料の支払いをもって、いかなる関与・要求もしないこと」等明示しておけば、一件落着です。
当然領収書は忘れずに貰っておいた方がいいでしょう。

相手の男性と奥さんは、生計(家計)を一にしているものと考えられますので、友人の慰謝料を負担してもらうことは、相手の奥さんが支払うとう矛盾した状況が生じますので、無理じゃないかと考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
友人も決心をつけていろいろ動きだしたようです。

お礼日時:2002/03/18 18:35

これは不倫をしていた期間から三年間は慰謝料請求権があるといいます。

ただし自分だけが払うなんて不公平ですから相手の男性も支払わなければいけません。自分たちの行動が一人の人に消えない傷を作ってしまったのですから。金額については誠意を持って減額をお願いするしかないでしょう。誓約書等も書いて事実を認めましょう。そして反省してください。私も被害者です。自分がしたとき、されたとき、自分がどうゆう気持ちになるか、行動に責任をもち誠意を持って対処してください。
    • good
    • 0

こんにちわ。


身近に実在した例での体験談を参考にすると離婚しないなら払わなくても大丈夫でしょう。これは裁判になったとしても離婚してない以上払いなさいという結果になるのは難しいと思います。また金額ですが請求するのはいくらでもいいはずなんで妥当かどうかは本人以外分かりませんが請求は可能でしょう。
確実にいえることは実際に「離婚してないと不倫相手に請求して実際に払わせることは難しい」といわれたという事実です。ただし、難しいだけであって不可能ではないと思います。請求が郵送できたみたいですが内容証明でないなら無視してもいいかとも思いますが。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q夫または妻の不倫相手に慰謝料請求の調停を起こしたことある方いらっしゃいますか?私は夫の不倫相手に

夫または妻の不倫相手に慰謝料請求の調停を起こしたことある方いらっしゃいますか?

私は夫の不倫相手に慰謝料請求の調停を申し立てしました。
調停は裁判ではないので、双方の意見を聞いて解決に導くものだと認識してますが、実際はどのような雰囲気で、調停員はどんな方たちでしょうか?
また、印象が大切だと思うのでスーツを着て行こうと思っていますが、間違ってますか?
何かアドバイスをいただけたら嬉しいです。よろしくお願いします。、

Aベストアンサー

別のコーナーでも質問されたでしょうか。ご質問と同じ質問に私は答えたのですが何故か、回答ゼロになっています。再びアドバイスをさせていただきます。

調停は通常、男女各1名の2名の調停員と審判の裁判官が1名、書記官の合計4名でひとつの調停を担当します。調停の事務の全てを取り仕切っているのが書記官です。調停の受付から調停の日時の通知、調停の進行の一切を取り仕切っています。この書記官と仲良くしておく方が何かと便利というよりも分からない事を聞くと親切に教えてくれます。顔を覚えて貰っておくといいです。

調停に備えて準備するものは、証拠となる物と、あなたの主張を書いた書面です。この書面がなくても良いのですが、あると無いとでは雲泥の差があります。書面とは、あなたが慰謝料を請求するに至った経緯の全てを記述した物です。ご主人と結婚に至った経緯から結婚を決めた理由。結婚生活の実情。不倫を感じた原因。ご主人の不倫に気づきどの様に対応したのか。その結果、今日に至っている経緯等々を、A4用紙にワープロ打ちで50枚から100枚書ければほぼあなたの希望は達成される確率が高くなります。

1枚のA4用紙の行数は26行、1行の文字数は35文字、文字の大きさのポイントは12ポイント、用紙の上は下よりも少しだけ多く空白を設けます。30㍉程度。裁判所に出す文書は前記のような書式で出すと裁判官は読んでくれます。裁判官は言葉で説明するよりも文書を読んで理解する能力はどの裁判官も長けています。(裁判官は調停の現場に顔を出すのは少ないのですが、調停の責任者です。結果は裁判官が決めます。)前記の細かく実情を説明する用紙の他に、それを箇条書きにしたものと2通作成します。

あなたの主張を書いた文書を調停が始まる4日~5日くらい前に、調停を担当する書記官宛に送るか直接届けるといいです。書記官の名前は調停の日にちを知らせてきた手紙に書いてあります。その人宛に送ります。もちろんコピーを取って当日証拠と一緒に持って行きます。(証拠を調停委員は見ませんが持っていると言うことを証明するために必要です。)

調停が始まる前に、あなたの申し出られた調停を担当する前記の4人は、調停の申立書に書かれた簡単な申し立ての趣旨に基づいて、調停の方向性をある程度事前に協議します。それは、時間の無駄を省くためです。しかし、あなたの主張が詳しく書かれた書面があると、あなたの申し立ての趣旨にそった、というよりもその申し立てを受けた形で調停は進行する確率が高くなります。つまり、調停は、あなたの申し出が主導する感じで進められます。

調停における注意事項です。調停員は双方のバランスを取るために、あなたの申し出を非難したり受け付けられないという感じであなたにいう場合があります。こう言うことは相手にもいいます。肝心なことは、間違ったことを言われても、あなたの言うことを否定されても腹を立てたり、納得してはいけません。不都合なことをいわれた場合、即反応せずに、そういうことを言われるのは侵害ですが、私が至らなかったのかも知れませんので、今お伺いしたことのお返事は次回させていただきます。と、言って次回は当初のあなたの主張が正しいのである。と、言うことを何かのデーターとか、あなたが請求すべ事由があることを丁寧に説明すれば分かってくれます。

あなたの主張を認めてもらえる要素のひとつに、服装はもちろん、言葉遣い、礼儀正しさ、これらはその人の人格を表しますので、調停委員に与える印象が違ってきます。信用できる感じの人が主張するのと、そうでない人が主張するのでは、どちらの言い分に正当性があるかの判断を迫られたとき、どうしても人格的に信用できそうな人の方を取ります。調停の場面で発言する場合のコツは、優しく丁寧な言葉で、言っている内容はきついことを言う、がベストなのです。

別のコーナーでも質問されたでしょうか。ご質問と同じ質問に私は答えたのですが何故か、回答ゼロになっています。再びアドバイスをさせていただきます。

調停は通常、男女各1名の2名の調停員と審判の裁判官が1名、書記官の合計4名でひとつの調停を担当します。調停の事務の全てを取り仕切っているのが書記官です。調停の受付から調停の日時の通知、調停の進行の一切を取り仕切っています。この書記官と仲良くしておく方が何かと便利というよりも分からない事を聞くと親切に教えてくれます。顔を覚えて貰っておく...続きを読む

Q元妻の不倫相手に対する慰謝料の請求

最近、妻の不倫が原因で離婚しました。(結婚後15年)
それまで夫婦間には何のトラブルもなく、
既に関係が破綻していた、ということはありません。

元妻が、出会い系サイトで知り合った不倫相手の男に慰謝料を請求したいのですが、
元妻と不倫相手との肉体関係の証拠はなく、元妻、不倫相手ともに肉体関係は否認しています。

ただ、確認できたこととして、
「キス・抱擁・衣服の中に手を入れてお互いの体を触る」といったことがあり、
「元妻と不倫相手が会った回数は3回で、そのような行為があったのは2回。不倫期間は一ヶ月。」で、
それらのことについては、元妻、不倫相手の双方ともに完全に認めており、
それを認める会話をテープに録音して、証拠を取っております。

元妻は、謝罪しており慰謝料を取るつもりはありません。
しかし、まともな謝罪がない不倫相手からは、慰謝料を請求したいのです。

ここからがご質問です。
この場合、不倫相手と元妻が上記の行為のみを認めるという前程でしたら、
不倫相手から慰謝料を請求することは可能ですか?可能ならば、その額はどの程度ですか?

またもし、不倫相手に「未婚だと思っていた」と言い切られた場合はどうなりますか?
(元妻が実際に書き込んだ出会い系サイトを確認したら、
元妻は、自分が既婚であることを書いていましたし、元妻の携帯の送信済みのメールを確認したら、
自分が既婚であることを書いて相手に送っていたので、知らなかったはずはないと思いますが。)

ちなみに「慰謝料ドットコム」というサイトで慰謝料を計算してみたら、
肉体関係があったときでも、思っていたより低額(20~30万)で驚きました。
(http://www.isyaryou.com/furin/furin.html「慰謝料ドットコム」)

このような件や法律に詳しい方からのご回答をお待ちしております。
当然のこととして、ご回答に対するコメントは必ずさせて頂きます。
それでは、よろしくお願い致します。

最近、妻の不倫が原因で離婚しました。(結婚後15年)
それまで夫婦間には何のトラブルもなく、
既に関係が破綻していた、ということはありません。

元妻が、出会い系サイトで知り合った不倫相手の男に慰謝料を請求したいのですが、
元妻と不倫相手との肉体関係の証拠はなく、元妻、不倫相手ともに肉体関係は否認しています。

ただ、確認できたこととして、
「キス・抱擁・衣服の中に手を入れてお互いの体を触る」といったことがあり、
「元妻と不倫相手が会った回数は3回で、そのような行為があっ...続きを読む

Aベストアンサー

まず、慰謝料というのはそれにより婚姻が破綻したのかしていないのかで大きく変わります。
法律上の考えは損害賠償請求であり、日本では懲罰的な損害賠償は認めていませんから、婚姻が破綻していないのであれば損害はきわめて小さいわけです。ご質問者が調べたように数十万がいいところです。これも円満な夫婦生活にひびが入ったという部分に対する損害額ということですね。

婚姻が破綻していれば損害は大きいわけですから数百万ということもありえます。

不貞行為自体はないというのであれば、慰謝料請求できないこともないのですけど、認められたとしてもごく小額でしょう。これも婚姻が破綻しているのかいないのかでかなり変わります。

先方に不倫であるという認識がなかったのであれば共同不法行為者にはなりえませんからそもそも賠償請求は出来ません。

Q妻の不倫相手に対する慰謝料請求

質問させていただきます。
昨年6月、一度離婚した元の妻と再婚しました。
再婚はしたのですが、彼女が「最初からやり直したいので、ゆっくり2人の関係を修復しましょう」と言うので、結婚しているのに同居もせず、肉体関係も持たずに今年1月まで一応の結婚生活を続けてきました。
私の名義でアパートを借り、そこに彼女が住んで2人は週末に会う(肉体関係無し)という生活を続けていました。
私としては彼女とどうしても関係を戻したかったのでその希望を受け入れていたのですが、今年一月年明け早々に彼女から「妊娠した」と告白を受けました。
もちろん私ではなく、別の男の子供です。
本当に馬鹿な話なのですが、これを機に完全に彼女と縁を切ることを決め、先々週離婚を済ませました。
子供を私の戸籍に入れられては困るので、お互いに署名を行い子供の父親は私ではないという文章を作りました。
(弁護士の先生に相談したところ、そういう書類はもしも戸籍に入ってしまった場合に起こす「嫡出否認の訴え」に有効とのことでした。なので、戸籍に入れるという馬鹿なことをしないように保険で書類作成をしました。)
離婚と自分の戸籍に関係ない子供が紛れ込むかもしれない問題はなんとかクリアしたと思うのですが、問題は相手の男が誰なのか彼女が一切明かさないことです。
自分としては付き合いきれないので離婚を行ったので慰謝料の請求とかは考えていなかったのですが、最近彼女と話したところによると相手の男にきちんと父親として責任を取ってもらうように動いているとのことでした。
しかし、相変わらず相手のことはだんまりです。
もしも相手の男が自分の子と認める行動を起こした場合、親子関係不存在確認等の方法で働きかけてくることが考えられますが、そのときこちらから相手の男に慰謝料の請求をすることはできるのでしょうか?
別にお金がほしいわけではないのですが、相手に社会的責任を負ってもらうため、請求できるのならきっちり請求しようと思ってます。
よろしければ知恵を貸していただけると助かります。
よろしくお願いします。

質問させていただきます。
昨年6月、一度離婚した元の妻と再婚しました。
再婚はしたのですが、彼女が「最初からやり直したいので、ゆっくり2人の関係を修復しましょう」と言うので、結婚しているのに同居もせず、肉体関係も持たずに今年1月まで一応の結婚生活を続けてきました。
私の名義でアパートを借り、そこに彼女が住んで2人は週末に会う(肉体関係無し)という生活を続けていました。
私としては彼女とどうしても関係を戻したかったのでその希望を受け入れていたのですが、今年一月年明け早々に彼女...続きを読む

Aベストアンサー

まず、請求できるのが原則です。
しかし、その事情(あなたと元の奥さんの結婚生活)ですと、実質的な夫婦関係がなかったとも考えられるので、請求が認められない可能性もあります。
なぜなら、慰謝料を請求できる根拠は、夫婦関係を破壊させたことにあります。しかし、実質的に夫婦関係がなかった場合には、その根拠がなく、法的な保護に値しないかたです。

Q内縁の妻として不倫相手の女へ慰謝料請求

不倫相手への慰謝料請求について教えて下さい。

私は5年以上一緒に暮らしている男性がいて、将来的には結婚するという約束もしています。
その男性が他の女性と肉体関係をもちました。私が知ったときにはすでにその関係は終わっていたのですが、2年近くそのような関係があったようです。
その事実を知ったのは2ヶ月前で相手は私も知っている女性です。
2度直接女性と話をして相手の女性も不貞行為があったことを認めました。
それで慰謝料を50万円請求し、支払うということで口約束はしました。
しかし、振込むと言った日になっても振込がなく、メールでどういうことかを聞いたら、「弁護士に相談した結果、法的根拠がないので支払わない。この件で裁判を起こせば恐喝案件になる」というのです。
相手の女性は私と彼が一緒に生活していたことは知っています。
また、彼と私が左手の薬指に指輪をしていることを知っていると認めています。
内縁関係にあったかどうかということなのですが、私と彼には結婚の意志があり、私の両親にも結婚すると言っていましたし、私の姉の結婚式にも彼は親族側の席に出席しています。
以上のことから私は内縁の妻と認められるでしょうか?認められれば相手の女性へ慰謝料の請求はできるでしょうか。

不倫相手への慰謝料請求について教えて下さい。

私は5年以上一緒に暮らしている男性がいて、将来的には結婚するという約束もしています。
その男性が他の女性と肉体関係をもちました。私が知ったときにはすでにその関係は終わっていたのですが、2年近くそのような関係があったようです。
その事実を知ったのは2ヶ月前で相手は私も知っている女性です。
2度直接女性と話をして相手の女性も不貞行為があったことを認めました。
それで慰謝料を50万円請求し、支払うということで口約束はしました。
し...続きを読む

Aベストアンサー

No.3です。
細かい事情がわからなかったので、余計な心配をしてしまったようですね。失礼しました。

一応、基本的な考え方を念の為ご説明すると、慰謝料を取る為には、

1.あなたと同居男性が、単なる同棲でなく、内縁関係(事実上の結婚)にあった事
2.相手方が、内縁関係を知っていた事
3.それを知りながら、同居男性と関係を持った事

の3つが、事実として必要な条件です。そして、実際に慰謝料を取る為には、この3点を、相手に認めさせるか、(裁判まで行ったら)裁判官に認めさせる事が必要です。
1については、お姉さまの結婚式に親族側として出席した事、2&3については、「左手の薬指に指輪をしていたのを相手方は知っていた」という共通の友人からの証言が期待できる事(関係を持ったという事自体も、きっと、そういう話しの中で話題に出ただろうと推測します。)などを考えると、「内縁関係にあり、それと知りながら関係をもった」と言う主張は、第三者から見ても説得力があると思います。共通の友人の方は、「質問者の方とその男性の同居」を相手方が知っていた事も、おそらく証言できるのではないでしょうか?想像するに、他にも補強材料がたくさんあるような気がします。一度、ご自分で整理されてみては如何でしょうか?

このサイトは、個々の質問に回答する形をとりながら、知識の蓄積をしていく所で、普通の『人生相談』や『法律相談』とは少し異なると思っていますので、一般論を書かせて頂きます。
・上に書いた「相手もしくは裁判官に認めさせる事」という点がしばしば忘れられがちです。事実であっても、それを認めさせなければ、意味がありません。裁判まで行かないにしろ、相手が事実を認めない場合は、相手が認めさせる為の『材料』が必要です。
・内容証明自身の効果は、「そんな事を通知された覚えはない、と相手が言えなくなる」、「確定日付を得る」、「相手に心理的圧迫を与える」の3つです。最初の2つは、クーリングオフとか債権譲渡とか、『通知するという行為自体』や『日付』がとても重要になる時の話であって、ご質問の例では、「心理的圧迫」だけが効果です。

相手が精神的に無防備な場合は、内容証明が効果を発揮する事はままありますが、反対に防御体制をとらせる事につながる事もあります。ご質問の例では、既に口頭とは言え、慰謝料支払いに相手方が一旦は同意し、それが「弁護士に相談したら、支払いの義務は無いと言われた」という理由で、反故にされようとしている訳ですから、それ程効果も期待できないかも知れません。しかし、質問者の側にもそれなりの証拠はお持ちのようなので、デメリットもたいしてなさそうです。
裁判にする為には、かなりの手間と費用がかかるので、ダメ元でも、出してみる価値はあるように思います。

内容証明の書き方は、大きな本屋に行けば解説本もあるでしょう。行政書士に頼んで、行政書士名で出すと、2~2.5万円ぐらいじゃないかと思います。

尚、以下は言わずもがなの事ですが…

慰謝料の額は○○万円といえる様な明確な相場がありませんが、離婚の場合でも2~4百万円という説があります。離婚に至らない場合は、これよりも少ないでしょうから、裁判を起こされる場合は、手間と金(弁護士費用)と、金銭的&精神的なメリットを充分比較される事をお勧めします。(ちゃんとした弁護士なら、相談時にそこら辺も話してくれるはずです。)

できれば、裁判に持ち込まずに慰謝料を取る方が望ましいので、内容証明を出す前でも後でも、一度は相手がどういう論理構成で「払う義務は無い」と主張するつもりなのかを聞く努力はした方がいいです。それに対して、説得力のある反論ができれば、ひょっとしたら、相手も折れるかもしれません。裁判の大変さを考えると、無駄かも知れない内容証明を出すのと同じ意味で、その程度の努力はする価値があると思います。

以上、素人はここらへんにしておきます。

No.3です。
細かい事情がわからなかったので、余計な心配をしてしまったようですね。失礼しました。

一応、基本的な考え方を念の為ご説明すると、慰謝料を取る為には、

1.あなたと同居男性が、単なる同棲でなく、内縁関係(事実上の結婚)にあった事
2.相手方が、内縁関係を知っていた事
3.それを知りながら、同居男性と関係を持った事

の3つが、事実として必要な条件です。そして、実際に慰謝料を取る為には、この3点を、相手に認めさせるか、(裁判まで行ったら)裁判官に認めさせる事が必要...続きを読む

Q不倫相手に妻が慰謝料を請求するとすれば?

すいません。情けない話ですが私は不倫(浮気)をしていました。(結婚5年目・相手は25歳、妻は28歳)で、それが妻にばれたのですが、今のところ、妻は気がついてないのですが妻が不倫相手に慰謝料を請求することが可能なはずです。
1.その場合、その慰謝料とは妻の資産(財産)に応じて金額が変動するのでしょうか?妻というか、私の家自体が一般的にいう、資産家です。
2.不倫によって、妻と離婚する場合と不倫相手と別れる場合で妻の不倫相手への慰謝料は変わるのでしょうか?
3.また、一般的にこの場合の妻が不倫相手に請求できる慰謝料とはどのように計算され判断されるものなのでしょうか?

大変、情けない質問で恐縮ですが宜しくお願いします。

Aベストアンサー

それが原因で離婚ということになっているのでしょうか?なっていないのなら貴方が妻に謝罪をし、誠意をみせることで不倫相手への慰謝料請求を阻止することも可能です。慰謝料の額は不倫相手の収入、または妻の心情が関係してきます。妥当額は前の方が書いているぐらいです。今回の不倫が原因で妻の精神的苦痛またはそれが原因で家庭が崩壊した場合は慰謝料額が変わります。そして不倫が原因で離婚になった場合は貴方にも慰謝料が発生します。この場合貴方の家は資産家だと言うことなので慰謝料の額が世間一般の方より高い可能性が大です。一般的な支払額は300万ぐらいが妥当ではありますがその時のお互いの言い分によって額が変わる事や収入に応じて変わってきます。もしも離婚協議になっていて、お互いの言い分が違う場合や慰謝料額に貴方が不服があるのなら家庭裁判所で審判を受けるのがいいかも知れません。家裁は弁護士と違って家裁の使用料のみの支払いでいいので金銭的には重荷にはなりません。しかもお互いの言い分をきちんと聞いてくれます。別々の日にちに調書を取るのでお互いが顔を合わせず、貴方の過失を大きい場合でも一応貴方の言い分は主張することができます。不倫に至った原因が妻に少しでもある場合など・・私が思うに貴方は妻と離婚する気はなさそうな気がしますので、不倫相手の慰謝料を気にするより妻と今からやり直すことを考えた方がいいのではないでしょうか?ひとつ補足をしておきますと不倫相手が貴方に対して慰謝料を請求することも可能です。なぜなら不倫は不倫相手一人でできるものではないのでそういう心情を逆手に請求可です。貴方に捨てられた精神的苦痛を理由にすることはいくらでも可能です。でもお金を払えばすべて解決するわけではないので貴方は妻と不倫相手対し、誠心誠意を尽くし謝罪をする義務を負っているのです。

それが原因で離婚ということになっているのでしょうか?なっていないのなら貴方が妻に謝罪をし、誠意をみせることで不倫相手への慰謝料請求を阻止することも可能です。慰謝料の額は不倫相手の収入、または妻の心情が関係してきます。妥当額は前の方が書いているぐらいです。今回の不倫が原因で妻の精神的苦痛またはそれが原因で家庭が崩壊した場合は慰謝料額が変わります。そして不倫が原因で離婚になった場合は貴方にも慰謝料が発生します。この場合貴方の家は資産家だと言うことなので慰謝料の額が世間一般の方...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報