『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜ人々を魅了したのか >>

ひまわり証券の外為証拠金取引を行っている者です。為替レートの推移を予測するのに適した雑誌、本、インターネット情報、有料メルマガなどがあれば紹介して頂けませんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

基本的には、各国の経済指標を見れば分かるのでは?


為替レートの場合は、短期の場合は沢山の指標を見る必要がありますし、非常に難しいです。
しかし、長期では比較的簡単です。
FX会社で各国の経済指標を提供している所は多いと思います。
例えば、ドラゴンFXのマーケット情報は参考URLで見れます。

それから、実質実効為替レートも重要です(日銀のHPにあります)。
現在は、何故ハイパー円安と言われるか?ですが、実質実効為替レートが20年ぶりの円安だからです。
但し、米国高金利時代ほどの円安ではありません。
実質実効為替レート解説↓。
http://www.boj.or.jp/type/exp/stat/exrate.htm

実質実効為替レートの値↓。
http://www.boj.or.jp/type/stat/dlong/fin_stat/ra …
現在の為替は1$=115円と言われても、昔は1$=360円でしたから、本当の円高、円安の水準を知るのは難しいのです。
それを知る簡単な方法は実質実効為替レートを使うのが比較的簡単です。

結局の所、為替を予想するには、情報収集をきちんとやる事でしょう。
又、短期予想と長期予想では、指標の見方が違ってくる点にも注意が必要です。
例えば、米国の物価上昇率が上昇が日本に比べて激しくなれば、日米金利差が開くので、短期的にはドルが強くなりますが、長期ではドルの貨幣価値下落に伴い、ドルが下落し易くなるのです。
日本と海外の物価上昇率は、ちゃんと実質実効為替レートにも反映されるので、分からなければ実質実効為替レートを見る事も考えましょう。

参考URL:http://www.dragonfx24.com/market/world/cal/europ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。考えているのは1ヶ月くらいの短期予測、6ヶ月くらいの中期予測です。あなたのおっしゃた実質実効為替レートについては全く知りませんでした。勉強しようと思います。とても参考になりました。ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/20 05:27

外為どっと○む・・・最悪。



個人の予想屋が一番いいです。

三つほど選び、三人が同じ予想だったら、その通りに取引します。

ちなみに、明日は円高らしいけど、当たるのかなぁ~

当たったら、教えます。
    • good
    • 0

私が参考にしているのは、「為替はポンド円で儲けよう」というメルマガ(無料)です。

売りサイン、買いサイン、仕切りポイントまで、でているのでとても参考になります。

参考URL:http://www.mag2.com/m/0000162666.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速とってみました。情報ありがとうございます。

お礼日時:2006/08/21 20:17

それができたら、うれしいですね。



参考URLは、FX会社のもので、口座開設するとレポートを読めます。
このようなものが、ひまわり証券さんでないのでしょうか。

USDですと、FOMCが何時あるとか、そういうのも把握しておく必要があると思います。

参考URL:https://www.fxcm.co.jp/index.php?CID=&DID=market …

この回答への補足

レポートはないですね。具体的にはどのようなレポートなのでしょうか?

補足日時:2006/08/20 23:12
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング