庭(エクステリア)のリフォーム(?)をしたいと思っております。
現在和風の庭で、大きな庭石がいくつかあり、まずはそれをなくして更地にしたいと考えています。
そしてラティスのようなフェンスと車用のアコーディオンゲート(?)をつけて、あと玄関ドアに室内から取れるポストを付けたいと思っています(よくアパートのドアにあるようなものです、防犯性や気密性のことは了承したうえです)。

いくつか造園業者にあたってみたところ、石を買い取ってくれそうな業者さんがありました。そちらではエクステリアの施工も洋風和風共にされているようです。
石を買い取ってくれそうな業者さんはあまり他にはないので、石はそちらにお願いするのがよいかな、と思うのですが、他のフェンスやゲートの施工も、そちらにまとめてお願いした方が、色々手間が省ける分、別の業者に頼むよりお安くすむのかな?と思ってしまうのですが、そんなに変わらないでしょうか。
施工をそれぞれ別の業者に頼むのは、高くついてしまうのか、それともやはりきちんといくつかの業者に見積もりをとってもらって比較するべきでしょうか。

あるいは、以前室内の水廻り全般のリフォームをお願いした工務店さんが、エクステリアもやっているようなので、そちらにお願いするのが無難でしょうか…
でもエクステリアは工務店さんでなくエクステリア専門の業者さんの方がよいでしょうか?
たまにフェンスやゲートの広告とか入っているので、安い商品を見つけて施工してもらうのが一番安いような気もするのですが…
(もちろん安いだけでは判断してはいけないと思いますけどね)

どなたかアドバイスいただけましたら幸いです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

◆エクステリア専門店で数社見積もりを取ることをお勧めします。



コンクリート塀などの大幅な建築工事を伴うものであるなら工務店の技術が必要ですが、そうでなければ経費が上乗せされるだけです。
工務店で紹介された造園業者で決めても紹介料が裏で上乗せされているかもしれません。
石の買取も含めて工事の全般を細かく文章にして(図面が最適ですが)同じ条件で数社に見積もりしたらいかがでしょうか?

なお、設計などを快く引き受けてくれる庭園士・設計士がいればそちらにお願いして代行してもらうのもいいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

もし庭を“大改造”するのなら、設計のセンスや施工の技術も必要かと思いますが、そんなに大掛かりに庭を改造するわけでもなくただ取り付け工事といった感じかと思うので(あまり予算もないですし…(^^;)、商品自体が安く手に入りそうな専門の業者さん、という目線で探すのもアリかなぁ…と思ったのです。

やはりなるべく同じ条件で、エクステリア専門業者数社に見積もってもらうのが良さそうですね。
以前お願いした工務店さんにはチョット申し訳ない気もしますが…

どうもありがとうございました!

お礼日時:2006/08/22 00:50

工務店でよいと考えます、自社が弱い分は同業者に依頼し施行します、建築業界は持ちつ持たれつです。

(別の業者を紹介ではなくあくまで依頼した業者が責任を持ってやってくれます)、したがって業者は1社に絞られたほうが何かにつけ便宜がはかられ何かと便利だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>業者は1社に絞られたほうが何かにつけ便宜がはかられ何かと便利

確かにそういう魅力はありますよね、その点で以前お願いした工務店さんも捨てがたいです(^^;

お礼日時:2006/08/22 00:31

>エクステリアは工務店さんでなくエクステリア専門の業者さんの方がよいでしょうか?


結論から言えばどちらでもいいと思います。工務店はいろんな業者とつながりがありますから、自社でエクステリアを取り扱っていなかったとしても、専門の業者さんを紹介してくれます。「家のかかりつけ医」的な工務店を見つけ、そこでお願いすればいいと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます!

工務店さんから紹介、というカタチになると、割高になってしまうのでは…?!と思っていたのですが、そんなことはないのでしょうか。

また、その工務店さんは色んなことをなるべく自分たちでやれるようにしているようで(下請けに頼まない?)、扱っている内容が広いのですが、そうするとその分質が落ちるのでは…?とも思ってしまいます。
でも実際に施工されるのは職人さんなので、そんなことは関係ないのでしょうか・・・

再度質問になってしまい、申し訳ありませんが、アドバイスいただけましたら幸いです。

補足日時:2006/08/20 10:15
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリフォームの業者選び・別々の業者にほぼ同時期に施工してもらうのは不合理ですか?

以前もリフォーム業者のことで質問させていただいたのですが、また困っているので質問させていただきます。

うまく説明できないのですが・・・

実は、リフォームする家の地域で今、集落排水の整備をしていて、トイレもやっと水洗にできるようになりました。
それでトイレの水洗工事を希望している家に、町の指定(紹介?)の業者さんが、見積りを出すからと何度か来てくれました。
しかし私はトイレだけでなく、全体的にリフォーム(特にお風呂の増築)を考えています。
この場合、お風呂のリフォームの方も、まとめてその業者にお願いした方が良いのでしょうか。
しかしそれだと、見積もりも一社だけになってしまって不安です。。。
トイレはその業者に頼むとして、他の部分は別の業者に施工してもらうのは、ほぼ同時期の施工だとやっぱりマズイでしょうか?(もちろん時期はずらしますが)
排水管の関係もあり、お風呂増築予定の事を業者に話したら、ではお風呂の方の見積もりも…と、言われました。

そもそもリフォームを別々に施工にしてしまうのはコスト的にも不合理、みたいな事を耳にしたのですが(いっぺんにやった方がコストもかからないという事らしい)、やはり実際そうなのでしょうか。
このさい、町の紹介業者ではなく、別の業者にトイレも全部頼んだ方がよいのでは…とも考えたのですが、そんなことをしてよいのかどうか…(わざわざ紹介された業者を断るのも申し訳ない気がしますし…(><;)

なんだか、どうしてよいのか分からず戸惑っております。
どなたかアドバイスいただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

以前もリフォーム業者のことで質問させていただいたのですが、また困っているので質問させていただきます。

うまく説明できないのですが・・・

実は、リフォームする家の地域で今、集落排水の整備をしていて、トイレもやっと水洗にできるようになりました。
それでトイレの水洗工事を希望している家に、町の指定(紹介?)の業者さんが、見積りを出すからと何度か来てくれました。
しかし私はトイレだけでなく、全体的にリフォーム(特にお風呂の増築)を考えています。
この場合、お風呂のリフォームの方も...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちわ。
集落排水ということは公共下水道が布設されるということでしょうか?

水洗トイレになるということですが、浄化槽を使うので無ければ公共下水道の事かと思います。

まず、工事費が重複してしまう可能性があるので、や
はり同じ業者さんに両方施工してもらうことをおすすめします。

ただ、町から紹介された業者さんと言っても、そこに
頼まなければいけないというわけでは無いと思います。

「○○設備」とか「○○水道設備店」など、水道工事
が出来る業者さんであれば問題なく両方とも工事が出来る
はずなので、あなたが信用できる業者さんにお願いするのが
一番だと思います。

看板に「○○町指定水道工事店」
等書いてあればなお安心だと思います。

また、見積もりはこの業界ではただの見積もりで
工事までたどり着かないものも多数ありますから、
発注主だという事を強みにして、いくつかの業者に
見積もりを依頼してから決めるのもありだと思いますよ。

Q免震住宅の施工工務店について

 親戚が家の新築を検討中で、免震住宅が絶対条件です。限りある予算のため、ハウスメーカーではなく、IAU型免震装置を施工できる工務店で施工しようかと考えているそうです。その工務店は、実際に免震装置を施工したことはまだありません。大丈夫だという話ですが、少し心配です。IAU型免震装置を施工し、その上に住宅を建てるのは簡単なことなのでしょうか? それとも、やはり施工実績のある工務店またはハウスメーカーを探した方がいいのでしょうか。ご意見、聞かせてください。

Aベストアンサー

その工務店が勉強家であり、熱心であれば初めてでも問題はないでしょう。
物自体と施工方法、必要部材調達などはIAUの指導の下で行われますので免震機構についてはOKです。
あと事前に講習会なども行われて勉強させられます。

ただ現実に作り始めると...結構問題も出てきます。
IAUのタイプは地震時に上物が動き、それが50cmはずれたりするので、ガス・上下水道の配管取り回しをどうするのかとか、バスをどうしようとか、玄関ポーチとの接続をどうしようかとか、色々問題を抱えるわけです。
あとプロパンとかエコキュート・電気温水器、エアコン室外機なども、地震で動作したときに、家がそれらをなぎ倒すということになるので、動くほうの本体側の鉄骨土台にプラットフォームを設けてその上に乗せるなど、結構面倒です。
もちろん隣地との境界があまり取れない場合には採用自体が困難ですし。

某工務店が初挑戦して、戸建住宅に導入した現物を見たことがありますが、、、、そこまでするか?というのが正直な感想です。

IAUの基準で作る基礎コンクリートがこれまたすごくて、それだけの基礎を作るのであればなにもその上免震にしなくても...というのが正直な感想です。
まあIAU免震の目的は家を守るためではなく、家の中の家財道具の倒壊を防ぐためなんでしょうけど。

その工務店が勉強家であり、熱心であれば初めてでも問題はないでしょう。
物自体と施工方法、必要部材調達などはIAUの指導の下で行われますので免震機構についてはOKです。
あと事前に講習会なども行われて勉強させられます。

ただ現実に作り始めると...結構問題も出てきます。
IAUのタイプは地震時に上物が動き、それが50cmはずれたりするので、ガス・上下水道の配管取り回しをどうするのかとか、バスをどうしようとか、玄関ポーチとの接続をどうしようかとか、色々問題を抱えるわけです。
...続きを読む

Q家の境界のフェンスを外開き扉に変えようとしたら、工務店から民法卯上問題

家の境界のフェンスを外開き扉に変えようとしたら、工務店から民法卯上問題があるかもしれずやめたほうがよいと言われました。フェンスの外側は共用道路となっており、私道負担もしております。
10件ほどの新分譲地で2ヶ月前に越してきました。家の間口の一部が私道負担している土地でも外に開くのはNGなのでしょうか?
 共用道路部分は隣人が車の出し入れに使用していますが、当家からは裏側に当たるので私道負担していてもほとんど通ることのない部分でもあり、扉を開くときぐらいしか使わない道路でもあり、なぜいけないのか納得いかず、アドバイスをお願いしたい次第です。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

厳密に言えば、私有地(自宅敷地)に定着した造作物の一部が隣地(共有地)へはみ出した場合は、隣地の空中権を侵害している事になる。

空中権は実際に売買される事もある立派な権利。
一般的にみかける例では、送電線などが私有地の上を通っている場合で、これは電力会社がその私有地の所有者へ賃料を支払っている。
他には、金銭的な例ではないが、隣地の木の枝が自分の敷地へ伸びてきた場合、隣地の所有者へ枝を切るように要求できる。(勝手には切れない)

本件では門扉のケースなので、そこまでの話にはならないと思うが、他の共有者から撤去または金銭を要求される可能性もゼロではない。

権利関係とは別に、敷地の外へ扉を開閉する場合、通行人や車両などにぶつかりトラブルになる恐れも。
工務店などは敷地の外へはみでる扉は作りたがらないはず。(あとで難癖をつけられるから)

Q既存住宅流通活性化等事業補助金とは、施工する業者(不動産業者等)の為の

既存住宅流通活性化等事業補助金とは、施工する業者(不動産業者等)の為の支援でしょうか。
または依頼する側(お客様)の為の支援ですか。

Aベストアンサー

事業者が対象です。
こちらご参考に
制度利用の例をみると、
売主(宅建業者)とリフォーム工事業者兼仲介宅建業者になっており、
個人とは明確に線引きをしています。
http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/jutaku-kentiku.files/kashitanpocorner/hojyo-index.html.files/hojo-handbill-new.pdf

Q建築士の施工監理で工務店との癒着は無いものでしょうか?

建築士や設計事務所に設計を依頼し、工務店での施工の監理をお願いするという話しをよく耳にします。

「設計士の方に設計を依頼し、そのつながりでの工務店・・・」などという話しもよく聞くのですがひとつ不安に感じることがあります。

例えば同じ市内の業者や、つながりの工務店などという場合に顔なじみであることや、普段から付き合いのある関係であることから馴れ合いになったりしないものなのでしょうか?

そもそも市内などになったら狭い業界内でのことでしょうし、ましてや設計士の方の紹介の工務店などとなったら、それこそ「同じ穴のむじな」なんてことになってても全然不思議ではないような気がするのですが・・・

Aベストアンサー

建設会社 営業やってます。
癒着という言葉が、どの範囲かというのが疑問ですが、
設計事務所が、業者を推薦するのは、基本的な考えとしては、

『自分が使い易い』

という事かと思います。

これにも、いろいろあるかと思いますが、
 
 ・自分が線を引いたモノをしっかり形にしてくれる。
 ・対応がしっかりしている。
 ・自分のイメージを形にでき、お客さんの予算に合わせられる。
 ・お金の調達(キックバック)ができる。等々

癒着とはっきり言えるのは、最後のお金の融通ですかねぇ。
つまり請負金に乗せて、設計料をカバーできなかった分を施工者からキックバックさせる
というパターンが多いかと思います。

設計者と施工者は、独立した立場ではありますが、数ヶ月にわたり、ひとつのモノ
を造るチームみないなものなので、自然と仲間意識的なものは芽生るものです。
その中で、増額の交渉において、施工者からいうよりも、設計者から説明して
貰った方が、承認されやすいので、お願いしたりということはあります。
これが、癒着かというと、どうなのでしょうか?
法外な金額を請求するわけではなく、正当な金額であれば、問題ないかと思うのですが。
施工者と設計者とが、近づくということは、一概に偽造や、手抜きや不利益なことを
生み出すとも言いきれないのではないかと思います。

つまり、
イイ場合もあるし、ワルイ場合もあるということです。

なんか、回答になってなくてスミマセン。

建設会社 営業やってます。
癒着という言葉が、どの範囲かというのが疑問ですが、
設計事務所が、業者を推薦するのは、基本的な考えとしては、

『自分が使い易い』

という事かと思います。

これにも、いろいろあるかと思いますが、
 
 ・自分が線を引いたモノをしっかり形にしてくれる。
 ・対応がしっかりしている。
 ・自分のイメージを形にでき、お客さんの予算に合わせられる。
 ・お金の調達(キックバック)ができる。等々

癒着とはっきり言えるのは、最後のお金の融通ですかねぇ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報