春から再就職するので給料を天引きで財形に預けようと思っているのですが、ある知人から「保険会社の財形の方がいいよ。」という話を聞いたことがあります。ちなみに、以前はろうきんの財形をしていたことがありますが、銀行等と比較して、保険会社の財形は何か違うところがあるんでしょうか?また、プラス面があるのなら、それはどういうことなのでしょうか?よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

財形は労金・銀行・証券会社・生損保険会社で取扱えます。


各金融機関の知ってる限りの違いは以下のとおりです。

・利率は銀行<労金<生保・損保(大体0.1%位の差)
・労金は払い出し等の手続きに時間がかかる。全部、自分で
 郵送で手続きすることになる。
・銀行は各支店で取り扱い可。
・生保は生保レディが手続きの一切をしてくれますし、利率も
 高い。でも、積立最初の頃は人件費のため、貯まりが悪い。
・たしか、住宅財形や年金財形など非課税枠が設定されている
 財形の場合、生保は元金で非課税枠以内だけど、銀行は利息も
 含めて非課税枠以内って決まってたと思う。
・一般財形で550万以上貯まると生保では全額おろさなくちゃ
 いけなくて、労金ならおろす必要はないと聞いた。     

住宅資金借りるのに有利等についてはわかりませんが、住宅財形で
いくら貯まってると、その何倍借りれるという特典はありますよ。
でも、金融機関別に有利不利ってないと思う。
    • good
    • 2

>銀行等と比較して、保険会社の財形は何か違うところがあるんでしょうか?



一番重要なことを記載します。
銀行の財形は預金保険機構により保証されるものですが(私の知る限りはそうですが、要確認)、保険会社の財形はこのような保証がありません。つまり保険会社が倒産するとマイナスを被る可能性が高く、信用リスクが高いと言えます。より多くのリスクを負うのですから利回りが高いのは当然だと思います。
    • good
    • 0

 確かに昔はかなり利率がよくてびっくりしたんですが


最近はどうなんでしょう。
うちの場合、会社の中を回っている保険会社のおばちゃん、失礼レディーの方がいらっしゃるので
何か手続をしたいときにはその方に頼めば教えてくれるという利点があります。
これは確かではないのですが、死んだらいくらかもらえるはずです。
でも死ぬ予定はないのであんまり気にしたことがないので詳しくは知りません。

 逆にろうきんですが、
利率が銀行、保険会社に比べて悪いのにろうきんを選択している男性がいたので
どうしてろうきんなの?と聞いたら
住宅ローンを借りるとき、優遇してもらえるからと答えたのでびっくりしました。
その当時、入社したてのころだったので、私たちは家を建てるなんて考えてもいなかったので。
ということは、銀行に積み立てすればローンの優遇があるのでしょうか?
保険会社に積み立てたからといって、保険加入で有利になるということはありません。
    • good
    • 0

確か金利が若干良かったと記憶しています。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q財形奨励金って課税?非課税?

給与や賞与から財形を天引きで積み立てる際に、会社から「財形奨励金」という名目で5%ほどの奨励金がつきます。
これは課税対象なのでしょうか?それとも非課税なのでしょうか。
どなたかご存知の方がいらっしゃいましたら、教えてください。

Aベストアンサー

財形奨励金は経済的利益として課税対象となります。

Q現在45歳です。31歳の時に生保会社の個人年金保険(毎月給与天引き)に

現在45歳です。31歳の時に生保会社の個人年金保険(毎月給与天引き)に入りました。
60歳から10年間、毎年年金が出るタイプのものです。

その年金保険にの医療特約をつけることができたので、毎月、特約部分も3500円ほどの
掛金が年金掛金にプラスされ給与天引きされてきました(年末調整で生保の控除をしています)。

最近、他の医療保険商品を色々見て、15年前とは違い、安い保険料でも保障内容がよいものが
増えてきているようで、この医療保険の特約を解約し、別の医療保険にはいろうとしています。

生保会社の外交レディー(契約した時の人は退職していて、別の人)に説明を受けたところ
医療保険部分解約に伴い「返戻金」が17万円ほどあるそうです。

一時金で今貰えるのかと思っていましたが、「税制適格特約付保」となっているため
その17万円は60歳で年金を受け取る初年度の年金にプラスされて支払われる、と説明ありました。
証券上には「預り金」として記載されるそうです。

正直言って、生保レディーがおぼつかない人で、説明も会社にその場で携帯で確認しながらの
状態で「税制適格特約付保」がどんなものだとか、説明がありません。

【質問】
(1)一時金で受け取れるものなら、今受け取りたいとも思うのですが、この場合本当に
60歳までまたないとならないでしょうか?

(2)「預り金」扱いということは、運用はしてもらえないのですよね?
そうであれば、なおさら一時金で今受け取りたいです。

(3)一時金で、今受け取ることができた場合、来年の確定申告ではどのようなことをすれば
よいのでしょうか?(何か当方に取ってお得なことがありますか)

よろしくお願い致します。

現在45歳です。31歳の時に生保会社の個人年金保険(毎月給与天引き)に入りました。
60歳から10年間、毎年年金が出るタイプのものです。

その年金保険にの医療特約をつけることができたので、毎月、特約部分も3500円ほどの
掛金が年金掛金にプラスされ給与天引きされてきました(年末調整で生保の控除をしています)。

最近、他の医療保険商品を色々見て、15年前とは違い、安い保険料でも保障内容がよいものが
増えてきているようで、この医療保険の特約を解約し、別の医療保険にはいろうとしています。

生保会...続きを読む

Aベストアンサー

税制適格年金特約は、税法上の問題なので、各社共通です。
下記の説明が分りやすいと思います。
http://hokenjiten.exblog.jp/10333286/

質問1
一時金で受け取れるものなら、今受け取りたいとも思うのですが、この場合本当に
60歳までまたないとならないでしょうか?

はい。受け取れません。

質問2
「預り金」扱いということは、運用はしてもらえないのですよね?
そうであれば、なおさら一時金で今受け取りたいです。

いいえ。保険会社の定めた利率で運用されます。

質問3
一時金で、今受け取ることができた場合、来年の確定申告ではどのようなことをすれば
よいのでしょうか?

そもそも受け取れないので、確定申告の問題は生じません。

ご参考になれば、幸いです。

Q財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう か? 奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として

財形貯蓄ってやる意味あるんでしょう
か?

奨励金や財形融資制度が利用できる財形貯蓄は別として


財形貯蓄というのは給与から強制天引きにして、お金の流動性を低くしているだけですよね?

流動性を低くしているのに、金利は低く(0.01〜0.04%ほど)、財形住宅貯蓄などの非課税のメリットはほぼないように思えます。

財形をやるくらいなら、普通預金にいれておいていざというときにすぐ使えるようにしたほうが有用だと思うのです。

それをふまえて、財形貯蓄のメリットを教えていただけないでしょうか?

Aベストアンサー

財形貯蓄ははっきり言えば、現在の
政府政策からすれば、前時代的で、
邪魔な存在ではあると思います。

ですから、個人型の確定拠出年金の
改正など、推し進められているんだと
思います。

強いてメリットを上げるなら、
①住宅財形は税制上の優遇がある。
②国債運用などの証券会社の財形は
 パフォーマンスがよい。
③元本保証などの規定が定められて
 いたりするので、より安全ではある。

といったところですかね。

私は時代もあって②でかなり得を
しました。
20年以上1.5%のパフォーマンス
を維持できました。

会社にもよるんでしょうかね?

今では住宅財形でちょこっと
頭金ができたら、すぐ家買えよ。
って位の使い道でしょうね。

そんなに制約はないと思うんで、
現在の政策や経済動向にあった
財形貯蓄を考えるべきだと思います。

いかがでしょう?

Q銀行に預けるか、保険に預けるか?

質問させてください。例えば、900万円を銀行に普通預金に預けた場合、ペイオフ解禁で保証されると思います。しかし、息子に相続させる場合、相続税でかなり引かれると思うのですがどうなのでしょうか?
それと、保険に預けるという選択肢を考えているのですが、保険にはペイオフ制度みたいなものがあるのでしょうか?倒産、または、なんらかの事情で元本がもどってこないことなどあったりするのでしょうか?どうぞご意見聞かせて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。
私なら変額終身保険か投資信託で運用しますね。
皆さんが仰るように、銀行の預金も保険の定額物も今は低金利です。
株の単体買いも怖いです。誰も予想しなかった大手の会社が破綻した・・・ということも珍しくないご時世です。
今、業績が好調でも、なにか一つの不祥事が出るだけで倒産に追い込まれることもあります。
投資信託であれば、間に入る会社が倒産しても、自分の財産は保護されますし、一つの会社が倒産してもリスクを軽減、吸収、回避することも可能です。
変額保険だと保険会社の破綻が在れば若干削減される可能性はありますね。
ただ、投資信託なら何でもいい訳ではありませんし、正直一時金で全て預けるというのも怖い。
独立系の証券会社に相談するか(日本では数少ないですが)、FPに相談されてはいかがでしょう。

Q助成金と奨励金の違い。

助成金と奨励金の違い。
ハローワーク等で雇用や会社設立し条件があえば助成金がもらえますが、助成金と奨励金と
名称がちがっています。
これはなにか理由があるのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)助成金とは,事業や研究などに助けて成就させること。力を添えて成功させること。
(2)奨励金とは特定の事業などに促進・発達を帰するたねに交付する金銭的給付。補助金。助成金。

Q医療保険の審査結果について 通販系外資保険会社と国内大手保険会社の違い

医療保険の審査結果について 通販系外資保険会社と国内大手保険会社の違いについて

先日、医療保険を申し込みました。

通販系外資大手保険会社の結果はお引き受けできませんとのことでした。

ところが、告知書に同一の内容で申し込みをしたところ、国内大手保険会社の
回答は無条件でお引き受けしますとのことです。(保険料アップもなし、保険料払い
込み免除特約もOKとのことでした)

告知書で外資系保険会社にお断りの理由を聞いたところ、教えてくれました。

健康診断にて指摘された、多発性胆嚢ポリープです。

なぜ審査結果にこんなにも極端に違いがでるのでしょうか?

Aベストアンサー

生命保険専門のFPです。

ご指摘のような事は、良くあることで、不思議でも何でもありません。
審査の基準が、保険会社によって違うからです。
また、その基準は非公開なので、審査を受けてみないと結果は
わかりません。

ですが、今回の件については、ちょっと疑問があります。
「要経過観察」または「要精密検査」が付いたと思うのですが、
それは、なかったのでしょうか?
多発性胆嚢ポリープという診断をして、
何もないとは、ちょっと考えられないので……

多発性胆嚢ポリープならば、契約不可という判断をしても
何の不思議もなく、逆に、無条件というのがとても不思議です。

となると、確率としては非常に低いのですが、
No.1の方がコメントで指摘したように、「見落とし」の可能性があります。
ただし、見落としをしても、保険会社は、契約をした以上は、
保障をしなければなりません。
見落としを理由にして、保障を免れる事は許されません。

申し込み時の告知書の写しをもらえるはずですから、
告知書の内容を、今一度、確認して、
多発性胆嚢ポリープの告知について、何のモレもないようにしてください。
「要経過観察なのに、それを告知しなかった」というような
単純なミスでも、それを理由に告知義務違反とされる可能性が
ゼロとは言えません。
なので、ミスがないことをしっかりと確認しておいてください。

さて、話はまったく異なりますが、
是非、消化器内科、または消化器外科、それも胆嚢・肝臓・膵臓の
専門医の診断を受けて、経過観察をしてください。
多発性胆嚢ポリープは、癌化する可能性があるからです。

ご参考になれば、幸いです。

生命保険専門のFPです。

ご指摘のような事は、良くあることで、不思議でも何でもありません。
審査の基準が、保険会社によって違うからです。
また、その基準は非公開なので、審査を受けてみないと結果は
わかりません。

ですが、今回の件については、ちょっと疑問があります。
「要経過観察」または「要精密検査」が付いたと思うのですが、
それは、なかったのでしょうか?
多発性胆嚢ポリープという診断をして、
何もないとは、ちょっと考えられないので……

多発性胆嚢ポリープならば、契約不可という判断を...続きを読む

Q携帯電話のワンセグ・GPS機能等と販売奨励金の関係について

携帯電話のワンセグやGPS機能(座標測位のみ)は、ドコモなどキャリアとの通信を行いません。(番組表取得や地図取得などでは通信しますが)
なのに、契約を解約するとワンセグが使えなくなったり、GPSは契約中でも携帯電波の圏外では測位自体を行ってくれません。

1円端末など販売奨励金があった時代は、月々の料金から端末代(販売奨励金)を捻出していたので、早期に解約されると端末代が回収できなくなるため、このような制約を課していたと思うのです。

ところが昨今、販売奨励金の廃止が相次いでいます。ドコモも905iから始めました。おかげで端末代が5万円台にまで急騰しています。
販売奨励金を廃止したのであれば、端末代は全額消費者が払っているので、上記制約を課し続けるのはおかしいと思うのですが、みなさんはいかがお考えでしょうか?

Aベストアンサー

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話機単体販売を行っているところがありますが、それは「携帯電話会社」の了解を取っているわけではありません(黙認はされているようですが)。

「自社の会員に限り、搭載されたサービス(機能)をすべて利用可能」という形式は、会員制○○(スポーツクラブ等)の様に世間一般に広く普及しているものですので、「制約を課し続けるのはおかしい」とも思えません。

NOKIA E61の様に「端末はメーカから購入し、SIMカードは好きなものを(といっても国内ではドコモとソフトバンクのみですが)使用可能」という機械は「(契約ナシで)初めからすべての機能が使える」様になっていますよ。

一部勘違いがあります。

販売奨励金に関しては1番の方と2番の方が指摘していますので省略します。
要は「無くなったわけではない」です。

もうひとつ、購入時の契約があります。
携帯電話会社は「端末単体」の販売はしません。
必ず回線契約とセット売りになります。
「機種変更」でも「買い増し」でも購入時には「契約電話番号」と「機種の製造番号」を記録します。
それがセットになっている場合に機体の機能が使えることになります。

携帯電話「販売」会社によっては、「白ロム」として、電話...続きを読む

Q財形生命保険?

退職にあたり
貯蓄形?なのか よく 分かりませんが

380万一括支払い→五百万ほどの 死亡金がつきます。
解約金は 支払い金額より減る事はないようで
解約も 何年以降からかは自由みたいなんですが

銀行に預けるより
死亡金もついていて
いいようですが

いい話しすぎて
何か 落とし穴はないのか?って 疑ってます。

主人が 職場から 持ってきたパンフレットで
まだ 詳しくは 分からないのですが

何かしら 知ってるかた
教えてください。

Aベストアンサー

死亡保険金1000万円で契約した場合の一時払い保険料が780万円という意味です。従いまして加入に際して780万円を払い込みます。
満期がありませんから、いつ被保険者が死んでも死亡保険金は支払われます。
一方年齢が上がる程(天寿や病気で)死ぬ確率は上がりますから当然責任準備金(解約返戻金)は上がる訳です(此処が貯蓄と保険の違い)。
夫妻揃って長生きしたら保険を減額したり解約したりして生前に使うのも有効ですし、早く死んだら保険金が出ます(この死亡保険金は最大10年迄据え置く事も可能で、据え置く手続きをした場合は利子が付きます)。

Q新卒者採用の奨励金制度

新卒者採用の奨励金制度
今日のニュースで、卒業後1年以上経過している新卒者を雇用採用すると、雇用採用した会社側に奨励金が配られるらしいんですが、これは本当の意味の新卒者にとっては非常に不公平な制度だと思います。
なぜなら、この二者がどちらも同じ能力を有していた場合、採用試験においてどちらかを選ぶといったら、奨励金制度のある前者を採用するはずです。これによって後者の雇用機会がかなり減少すると思うのですが、みなさんはこの制度をどう思いますか?

Aベストアンサー

あまり新卒者の人に悪い影響はないと私は思いますよ。

企業は新卒者を育てるのに一人当たり何十万円・数百万円を
研修等で投資していると言います。
それだけ新卒者の人は「育てやすい・伸びやすい」とも言えるのでしょう。
新卒者を優遇する傾向はやはり根強いでしょう。

また逆に、卒業後1年以上就職していなかった人を採用するのは
企業としては躊躇せざるを得ないのではないでしょうか。
なぜなら、へばり付いてでも就職するという「覚悟・執念」が見えにくいからです。
覚悟や執念がない人を採用しても「3年でさようなら」とかでは
新卒者に投資した何百万円が無駄になるわけですからね。

それに、就職がし辛いのは大企業の話であって、
奨励金よりも投資するお金のほうが大きくなるのでは?
また、この奨励金が助かるであろう中小企業には
やはり人が集まりにくいというのは変わらないのでは?

Q保険の給料天引きについて

転職をしまして、今の会社では、保険の団体扱いをしておりません。
会社として、団体扱い、給料引きをすると、会社側、個人として
どんなメリットがあるか教えて下さい。
ぜひ、宜しくお願いします。

Aベストアンサー

保険の団体扱いの場合、社員のメリットとしては、加入している人数によって保険料の割引があります。
会社のメリットとしては、事務手数料が保険会社から会社に支払われます。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報