軟式の高校野球をやっているんですけど
ストレートには強いんですけど
カーブや緩い変化球にはめっぽう弱く悩んでいます。
緩いボールが打てないって事はボールを待ちきれていないってことですよね?
なるべく待とうと考えていてもなかなか待ちきれず、体が早く開いてしまいます。
どうすればボールを待って上手く打てるようになるでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

pleasehelpmeさんへ



10年以上前、高校球児(硬式)でした!
文字だけで上手く伝えられるかどうか不安ですが、
やってみますね。(文章は右打者で想定)

★ポイント1★
→膝でタイミングを取る! 
 通常ストレートを待つタイミングは、投球動作に
 あわせて左足を投手の方向へステップします。
 心の中でのタイミングのはかり方は
「1.2(いち・に)」です。
★ポイント2★
→膝でタイミングを取る!=左足が重要
 カーブの場合、投手の投球動作に応じて、カーブと見極めた時から、ステップは「1.2の3(いち・にのさん)」と変わります。このときのタイミング<の>=タメが大切です! ステップの動作としては、右足を軸としてタメをつくりながら、投手の方向への左足ステップはその場で「円を描くように」しながら行います。この「円を描くように」することがタイミング「1.2の3(いち・にのさん)」になるわけです。
(この一連の動作を練習では「<の>の字を書く」と言っていました)
★ポイント3★
→膝の状態でタイミングを覚えれるようになったら、今度は、体全体=腰+上体、腕の引き方、バットコントロールを柔らかく持っていけるよう、意識します。「<の>の字を書く」動作を左足だけでなく、身体全体でできるようになればパーフェクト、カーブ打ちが得意になると思います。
★ポイント4★
→ある意味、ポイント3より重要です。
「ボール球は見送ること」=これはセオリーです。
 現状の技術で、カーブが打てない・変化球に弱い・・・など、自己暗示がかかってるとしたら、『全部打ちたい!打たなくては』と、ある種強迫観念となってるかもしれません。実践において、打者は、バッターボックスでは、3球に2球は見逃しても良いのです。ましてや変化球は、投手が打者を討ち取るための決め球です。カーブはストライクゾーンからボールに落ちる球が多いと思います。練習においても、ストライクゾーン以外は見送るクセ=余裕をつくりましょう。
★ポイント5★~練習・実践~
→バッティングセンターでの練習法
 高校-軟式であれば、120KM前後でのストレートでしょうが、緩い球=山なりにボールが落ちてくるようなBOXで練習しましょう。経験上、各バッティングセンターの右端に70KM~80KMのBOXがあるかと思います。そこで、「<の>の字を書く」練習をしてみてください。こういうのは、身体で覚えるのが一番です。素振りよりも、そのタイミングでいかにしてボールを捉えるかの練習をしてください。そしてこの場合の狙いは、ピッチャー返し(センター返し)に徹してください。
★ポイント6★~試合~
→バッターボックスの前より(投手側)に立つことを
 お薦めします。
 そして、低い球は我慢して見送ることです。(これは文字としてお伝えするのが非常に難しいのですが)投手の球の出所がベルトあたりからくる球は打っても良いですが、膝あたりから来る球は、すべて手を出さないこと。必ずボールになるはずです。(スミマセン、カーブの場合だけですが)
★ポイント7★~その他~
→野球すべてにおいてですが、膝が柔らかくないとすべての動作=バッティング・スローイング・走塁等が上達しません。膝を柔らかくする練習・トレーニングなどを取り入れましょう。

以上、長々と申し訳ありません。
端的にいえば「<の>の字を書く」動作ができれば、身体が開いたり・前につっこんだりしなくなると思います。
ご活躍をお祈ります!
    • good
    • 0

私もカーブ打ちは苦手でした。


ストレートにつよい選手というのは少なからずプルヒッターであると思います。
ですから、ストレートに対してもなるべく右方向を意識してください。
自然とカーブや緩い球も待てるようになるでしょう。

cha2chaさんもふれているようにやはり膝を柔らかくと言うのは基本だと思います。

>体が開いてしまいます。
というのは右バッターならば右足を90°くらいになるような台(ビールケース・いす)に
スイングが終わったときの形にして乗せます(つま先立ちのような感じ)。
左足はふつうに構えたときと同じにして動かないように努力します。
これでかなり窮屈ですが体が開かないスイングを体感できると思います。

あとボールを待つトレーニングはなるべく風のないところで(ピロティなど)
バトミントンの羽を投げてもらってバットで打つなんてのもあります。(投げてもらっている人よりも右をねらう)

技術的なことではないのですが、配球を読むというのも大事だと思います。(当たり前ですが)
もちろん配球を読んでその球だけをねらうというわけではありません。
配球というのは、相手がきちんと考えて出しているのならそれなりに道筋というものがあります。
(なにも考えていないような捕手には無理だし裏をかかれることもある)
自分の打席だけではなく前の打順の打者の時分かりうる範囲で配球を把握して
ある程度の方向性(この投手がなんの球が得意で、決め球になにが多いか)
を見つけだすということも大事です。(真剣にみていると結構当たる)
これはピッチャー・キャッチャー経験者などでないとあまり時間をかけて考えないことなので自チームのピッチャー・キャッチャーに聞いてみるのもいいでしょう。
(体格・スイング・ゲームの展開によってある程度の骨組みがあるはず)

最後にこれは一概には言えないのでしょうが、初球の甘いカーブというのは
不用意に投げるピッチャーが結構います。この球を見逃さないようにしましょう。

あともう一つ付け加える事は、悩むのは分かりますが打席で迷ってはいけません。(当たり前) 
    • good
    • 0

高校時代、友達(硬式野球部)が同じようなことで悩んでいました。


だから「そんなん監督にきけや!」といって励まして(というのもコワメの監督だったモンで…)送り出したら、教えてもらった結果、結構打てるようになったらしいです。
バッティングフォームとかなんにもわかんないので(こちらが教える分にも)相互で誤解が生じやすいためココで教えてもらうのは難しいんじゃないでしょうか?それだったら(まだ現象を見える分)少年野球のおっさん監督のほうがまだマシだと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカーブの打ち方

僕はカーブを打つのが苦手なのですがどうすればカーブを打てますか?

Aベストアンサー

僕も野球人です♪よろしくです。一応、右打者として話をさせてもらいますね☆
カーブの打ち方なんですが、球筋を見る時間が直球に比べて長くとれるので、
インコースの場合は、体の前の方でボールを捕らえて「思いっきり引っ張る」(体が開かないように&右脇が開かないように注意!!)
アウトコースの場合は、体の横位でボールを捉えて「ライト線を狙う」(腕をしっかり伸ばして捕らえること!!)
甘く真中に入ってきたら基本通り「センター返しを狙う」(いちに~のさん!!)
一番のお勧めは「流し打ち」ですね。球を良く見て、スイング速度を若干落として、「ミート」に専念すれば、自然を綺麗なライト前ヒットが打てるようになりますよ!!
って言っても一番は素振り!!自分で「アウトコース高め」とか球筋を考えながら素振りをすると効果が出ますよ!!
頑張って、上手くなりましょうね☆

Q変化球の打ち方の練習方法

小学校6年生の息子がボーイズで野球をやっています。後半年で中学生になりますが、今はストレートしかピッチャーは投げませんが中等部になると変化球はOKになります。それを打つ練習はどんな方法がありますか。今は正面からボールを打てるトスマシーンを後ろにおいて後ろから来るボールを打つ練習をしたりしています。
他にいい方法がありましたら教えてください。
あくまでも個人練習の方法です。

Aベストアンサー

中等部での変化球となるとカーブですね。要は、眼を離さないで打つ事ですが、一番良い方法は、センター返し(投手を目がけて打つ)をする事です。眼がブレません。おまけに左肩が早く開かないから、鋭いスイングが出来てイイ感じで球が弾丸ライナーとなるのです。両脇が締まって打てれば文句なしです。脇が締まってなくても球に当てれば、人のいない所に上手く行ってヒットになる事もありますが、平均的に安定しません、眼と脇とで二つ一つです。ホームランより弾丸ライナーを目指すようにすればいいでしょう。かのイチローは、高校時代には、センター返しさえ狙えばヒットは十割と豪語していました。御参考になれば幸いです。では‥‥‥(^^)b

Qスローボールの打ち方

軟式野球をやっている社会人です。
中学・高校野球経験者であっても「おっさんスローボール(90~100KM位でしょうか)」投手がたまに試合で出てくると打てずに苦戦する場合があります。
そこで、スローボール投手の攻略法を教えて頂きたいです。
ランナーが出てからのかき回しではなく、純粋に安打の打ち方です。
「センター返し」と言われますが、なかなかそうないかないものです。
ご存知の方がいらっしゃいましたらお教え頂きたいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポイントが予想に反してピッチャーよりに動いてしまってるわけです。
そうすると、本来トップスピードで当たるべきところが、力が抜けて遅くなってるわけです。
しかも速い球は打てる目をもってるので、悪いことに当てに行って、運悪く当たる訳です。(笑)
こんな時は空振りの方がいいのに...(笑)

スイングの回転軸を頭のてっぺんから軸足の膝まで、一直線において、
これで回るように出来れば、後は引き付けて打つだけです。(後ろ足の膝は曲げて下さい)
基本は、速球も遅い球も、ポイントが同じということです。
勿論、コースや高さによってポイントが違うことは充分に認識しないといけませんが。
この形を崩されて、自分のポイントで打とうと思ったらボールが来ていない為、
体が耐え切れず、重心を前足に動かしてバットで当てに行くというパターンですネ。
これで打ち取られてしまってるわけです。
当たる頃には力のないスイングになってます。

少々振り遅れるぐらいの方が、いいかも知れませんよ。
ポイントが差し込まれてもその時はファールになりやすいですから。
反対に突っ込みすぎると、当てることの技術が災いして力のないスイングで打ってしまうわけです。

頑張って下さい!

既にみなさんが触れておられる点を注意してやられると良いと思います。

わたしからはそれ以外の点を...

まずスローボールを打たされて、打ち取られやすいパターンを分析してみます。
一番多い傾向は、待ちきれずに打ちに行ってしまいます。
これを他の側面から説明すると、後ろ足(軸足)に体重が乗らず、
前足(踏み込む足)に体重が乗ってしまっています。
前足に回転軸がありませんか?
こんな時はほぼ間違いなく、インパクトの時にヘッドスピードが落ちてしまっています。
自分でボールをヒットするポ...続きを読む

Q変化球があるバッティングセンター

中2の野球部員です。すみませんが教えてください。
愛知県・三重県内で変化球があるバッティングセンターをご存知ありませんか。

Aベストアンサー

今まで数ヶ所のバッティングセンターに行きましたが、どこでも変化球マシンはありましたよ。
置いてないところを探すほうが難しいような。
ちなみに、松阪のR42号沿いにあるバッティングセンター(名前は忘れました、ゴメンナサイ)には140kmのマシンがありますよ。


人気Q&Aランキング