素朴な疑問です。
国が借金で首が回らないってんなら、何でお札をバンバン刷って流通させないんでしょうか?
お札を大量に刷って、銀行なんかにあげないで(公的資金注入って結局こうでしょ)ヘリで空からバラ撒けばいいじゃん。しかも数年前「公明党」がやった変な商品券みたいな中途半端な額じゃないですよ。例えば100兆円ぐらい。
そうすりゃ、デフレも止まるし、消費が上がって(貰ったものならバンバン使うでしょ)税収も増えるし、インフレになって借金の価値が下がるし。いい事尽くめじゃないですか。強いて言えば、経済を止めている高額預金者が預金の価値が下がって困るぐらいでしょ。
こんな発想幼稚ですか?それとも、国際社会のルールとかで刷れないとかあるんですか?でも、今の日本じゃ、そんな事構ってられないんじゃないかなぁ?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

はじめまして。

みなさんの補足になります。
 インフレ、デフレが大きな原因ですが、そもそもインフレ、デフレとはなぜ起こるのか。日本には日本銀行という銀行の元締めがあります。ここが紙幣を発行しているのですが、景気の浮き沈みによって、その発行枚数を多くしたり少なくしたりして調整します。
 つまり決められた枚数しか日本にはない状態にしておいて、その決められた枚数の内のどれだけの枚数(値段)がその商品と交換されるのが妥当か。これが日本銀行が行う通貨供給量の調整の本意です。この妥当はインフレにならず、デフレにならずの通貨供給量を指します。
 偽札事件などが取り上げられる理由もここに関わってきます。
 そしてこれは日本だけではなく、世界全体に通じる話です。為替の話になりますが、これは本国通貨と他国通貨の交換比率を表したものです。為替が成り立つのは日本だけでなく他国も同じような通貨供給量の調整を行っているからであって、同じ商品を日本で買うのと他国で買うのでは値段が違ってくるとなれば、安い方に消費者は流れます。
 ブランド品はどこそこが安いなどと言われますが、これは関税により結局、ほぼ同じ値段に納まってしまうのでは?(すみません。この辺、曖昧です)ちなみに、関税とは他国で得たものを日本に持ち込む時に掛かってくる税金です。
 以上、お金の仕組みに対する私自身の捉え方です。確かに、kenichiさんの仰るような大胆な打開策が問題を解決するかも知れない、と考えてしまう時代ですね。
    • good
    • 2

>経済を止めている高額預金者が預金の価値が下がって困るぐらいでしょ



高額預金者は困らないでしょう。円以外へ資産を逃避し始めていますから。
結局困るのは、資産を持たない一般の人達ではないでしょうか?
極端に言えば、失業の危険性がなくなる代わりにインフレの為に多くの人が生活必需品しか買うことができなくなるというイメージです。国民がそのようになっても良いと考えるならばこのようなインフレ政策の選択もありだと思います。

ちなみに、江戸時代末期に収入が枯渇して困った藩が大量の藩札を出したことがありました。今、日本で論議されているインフレ政策論はこれと何か違うのでしょうかと思います。再び、過ちを繰り返そうとしているのではないかと(人間は過ちを繰り返す動物と名前を忘れた偉い人が言っていました)。

>国際社会のルールとかで刷れないとかあるんですか?
国際社会のルールはありませんが、評価されることはないと思います。本当に必要であれば、馬鹿にされるのは慣れているので気にすることもないでしょう。

>でも、今の日本じゃ、そんな事構ってられないんじゃないかなぁ?
無駄な公共投資を辞めて全額減税(特に消費税などの物品税や投資に対する税額控除)に回した方が景気の波及効果は遥かに高いと思います。そのような手を打ってからでもインフレ政策の選択は遅くないと思います。(確か1年近く前はそのような話だったような)
    • good
    • 1

> こんな発想幼稚ですか?



とても良い発想です。借金をなくす方法としては、最も効果的で最も即効性のある手段といえるでしょう。たとえば、1兆円札とかを大量にばら撒けば、国の700兆円の借金なんてあっという間にチャラになります。借金をなくすという点に関してはとても魅力的な方法なのです。しかし、次の点で決定的に問題があります。

円の失墜
まず、円通貨は間違いなく市場から淘汰されることになります。明日には価値が無くなると分かっているお金を持とうという人はまずいません。となると、価値の安定している外国通貨(たとえば「ドル」)で取引をするようになるでしょう。こうなると、円で取引をするような人はいなくなり、円の「通用力(いつでも、どこでも、誰とでも、何とでも交換できるということ)」は失われます。通用力を失った貨幣は貨幣ではありません。

国家の失墜
多分上の説明だけでは、借金がなくなるほうがメリットが大きいのでは?という疑問は消えていないと思います。
これは簡単に言うと「給与が銀行振込になると、お父さんが偉くなくなる」ことと同じです。昔は給料は現金でもらっていたため、すべての給料は一度お父さんの懐に入ります。お金をどう分配するかは、お父さんの意思によったのです。だからお父さんが家族で一番偉かった。ところが、銀行振込みになると、給料はお母さんの懐に入ることになりました。こうなるとお父さんは、お母さんから「お小遣い」を貰うことになります。お母さんに家計が苦しいといわれるので、お父さんのお小遣いは増えることはありません。でも、お母さんは家計が苦しいというわりには、ブランド物のバックを買ったり、海外旅行に行ったりしています。貧乏父さん、金持ち母さんとうわけです。
今となっては、どこにでも転がってそうな話ですな。
このお父さんを日本政府に、お母さんを外国政府(たとえばアメリカ)に変えると、円の通用力が失われた後に起こるべき悲劇を想像できるはずです。お金の流れを支配できない政府は、お父さんのようにその威信が失墜してしまうわけです。


最後に、インフレにしても消費は上がりません。
インフレになったら、ドルやユーロに両替するだけですから。今の最大の問題は、お金を持っている人が、お金を払っても良いと思う価値のある品物が市場に存在しないということです。市場に魅力ある品物があれば、みんなお金を使うんです。極端な例ですが、1200兆円の金融資産が10回市場を回れば、消費税だけでも600兆円の税収になります。借金も返せるんです。今の課題は「金融資産がグルグル回るほどの価値のある品物」を日本が作り出せるか否かなんです。これを健全な発展と言います。
そして、大インフレを起こすことは麻薬中毒にすることと同じです。麻薬を打った瞬間はハッピーだが、その後に最悪の副作用が待っているというわけです。

ではでは。
    • good
    • 0

お札が大量に流出するとお札の価値が下がります。


価値が下がれば物価が上がります。
120円の缶ジュースが2000円に値上げするかもしれません。

これだとインフレになります。
昔のヨーロッパの某国(どこだったかな?)は大量にお札を発行して大インフレになりました。パン1個買うのに札束が必要になったそうです。
    • good
    • 1

紙幣をたくさん印刷、ばらまく→たくさんの人がお金持ちになる→


すると市場ではそれ以上に物の値段が上昇する→消費が止まってしまう
という形になってしまうと思います。
違う言い方をすると、お金の価値が下がってしまうのですね。
お金に限らず、ある程度数量が限られていた方がその物の価値が上がりますからね。
例)そこらにいくらでも転がっている石に価値はないが、滅多にない金は価値が高い

それで、 消費が止まる→また紙幣を印刷、ばらまく を繰り返すと
そのうち紙幣の価値がなくなり、額面金額ではなく重さで取引が行われるという悲惨な結果になります。
そうするとその国の経済はもう末期といえるでしょう。現に今まで何カ国かがそういう結果に陥っています。
    • good
    • 0

インフレになると、当然、物価が上昇します。

それに対して給与は硬直性が強く、物価の分だけ上がらないので、国民の多くを占める給与所得者が苦しくなります。また、日本経済に対する国際的な信用も失墜します。
簡単に言えば、国民の大多数が、このような「お札をバンバン刷ってインフレにさせたデメリットの方が、今の状況よりもずっと問題」である、と考えているからなんだろうと思います。
また逆にいうと、今現在、国の借金が多くても(地公体の借金も多いですが)、国民一人一人の実感としてそれ程、悪いことは起っていない、すなわちインフレのデメリットを甘受してでもしなければならない状態ではない、と受け止められているということでもあるのでしょう。

付け加えると、
1.お札を多量に刷って、ヘリでばら撒くだけでは国の借金は減りません。国債とお札を交換してもらわなければいけません。「貰ったものならバンバン使う」というのは矛盾しています。
2.国が借金を返済するためにお札を増刷する(インフレにする)、というのは、増税をすることよりも政治的に簡単なので、歴史上、その誘惑に負けてインフレに苦しんだという例はたくさんあります。その反省を踏まえ、大抵の先進国においては、法律で中央銀行に独立した権限を与え、政府が自由ににバンバンお札を発行することはできないようになっており、日本でも「日本銀行法」はそのような構造になっています。・・・・但し、「政府紙幣を発行して」とか、「日本銀行法を国会で改正・廃止して」とかするのであれば別ですが。
    • good
    • 0

例えば貴方の資産価値が半分になってもお金が流通すればよいと考えますか。


お金が流通すれば物の価値がどんどん下がっていきます。
ましてやただでばら撒いたりなんかしたらインフレが貧富の差をますます大きくして、犯罪も多くなる気がします。
世の中環境問題を考えすぎてリサイクルなどして、むだをなくしてしまって消費を小さくしてしまい、経済を縮小してしまったのではないかと思います。
なんにしろわれわれには何もできないので子どもをたくさん作って老後のわれわれを養ってくれるくらいでないと本当に困ると思います。
変な回答になってしまいましたが、資本主義国家の定めなのでしょう。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q国の財政が赤字の場合、紙幣を増刷してまかなったらどうなる?

全くの素人の質問ですが、知り合いの子供(中高生)から税金の話をしている時、「国や公的機関が赤字なら国が紙幣を新しく印刷してまかなったらどうなの?」「造幣局は大蔵省の管轄だから出来るでしょう?」と聞かれ、答えに困ってしまいました。

本当にこんな事をするとその国の経済はどうなるのでしょう。
素人の頭では何となく超インフレを招くような気がするくらいしかわかりません。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

お近くに、大正生まれくらいのご老人はいらっしゃらないでしょうか?
そういう方に、太平洋戦争末期から戦後数年間の日本の経済状況を(特に「物価」について)語っていただくというのが、どんな理論よりも良い、「インフレ」を感覚的にわかってもらえる方法だと思います。

当時の日本は、戦中は戦費調達のため、戦後は復興のために、
通貨(不換紙幣)の増発→インフレの悪化
という状況にありました。

また、過去問に、似たようなものがありましたので参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=235188

なお蛇足ながら、日本の紙幣(日本銀行券)を印刷するのは財務省の造幣局ではなく「印刷局」ですが、その紙幣を市中に流す権限を持っているのは「日本銀行」です。
そして、日本銀行には法律で、一定の独立した権限が与えられていますので、財務省の指示によって、紙幣の発行量を増加させることは制度上、困難です。
これは、政府が紙幣を増発することによって赤字を賄い、その結果としてのインフレで国民が苦しんだという歴史が、第一次大戦後のドイツを始めとして世界に何度となくあったことの教訓から、政府が簡単には紙幣の増発ができないようにしているもので、現在では大抵の先進国が、そのような仕組みをとっています。

お近くに、大正生まれくらいのご老人はいらっしゃらないでしょうか?
そういう方に、太平洋戦争末期から戦後数年間の日本の経済状況を(特に「物価」について)語っていただくというのが、どんな理論よりも良い、「インフレ」を感覚的にわかってもらえる方法だと思います。

当時の日本は、戦中は戦費調達のため、戦後は復興のために、
通貨(不換紙幣)の増発→インフレの悪化
という状況にありました。

また、過去問に、似たようなものがありましたので参考にしてください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kota...続きを読む

Qなぜ、お札を増刷できないのでしょうか。

日本は借金があるのだとか。

また、円高に困っています。

もし、お札を増刷すれば、借金も返せるし、円も安くなるのではないでしょうか。
デフレになる・・・?
デフレならなおさら円安にならないでしょうか?

子供に分かる説明をお願いいたします。
子供ニュースの解説ような感じで。

Aベストアンサー

再度、No.11です。

>ところで、借金分だけを増刷するわけにはいかないのでしょうか。
>一般の人々にまわすのではなく、借金の解決です。

それは、世間で騒がれている「借金」がそもそも「悪い」という発想に基づいているからそう考えるのだと
思います。

ですが、そもそも考えてみてください。日本は、なぜ外国から借金をしないのでしょうか。

もし仮に、外国から海外通貨建てでお金を借りていた場合、日本銀行が国債の買い受けに走った、なんて
情報が流れたら、まずは国債の「格付け機関」から、日本国債の格付けが引き下げられます。

「国債の信用」に傷が付きますので、必然的に国債の売れ行きが悪くなります。
国債の信用とは、=日本円の信用でもありますから、これは為替相場にも影響し、円は売られ、海外通貨
に対する円の価値が低下します。

日本国政府は、国債の売れ行きを良くするため、「国債の金利」を上昇させます。たとえば、1%金利を
上昇させたとしても、同時に円の価値は海外通貨に対して低下しているわけですから、金利の実質的な
価値は1%ではすみません。

この悪循環で、国債の利回りが日本の国にもたらす負債は必要以上に巨額の負担となってしまうのです。

しかし、日本の国債は100%円建てで、そのほとんどが日本国内で流通しています。

もし、本当に日本の国債がそんなに「悪い」ものなら、なぜ100%国内で流通させることできるので
しょうか。

日銀が、本当に国債を買い受けに走るとしたら、それは「日本国内で国債を売りぬけ」することができな
くなったときです。

今回、日銀は30兆円の発行済み国債を買い受けるための基金を設置しましたが、これは経済音痴の民主
党から円高を日銀のせいにされ、執拗な金融緩和への圧力を受け続けたためです。

実際は国内で国債は売りぬけが可能なわけですから、このような国債の買い受けを行う必要などないはず
です。

銀行にとって、国債は必要なんです。
銀行は、預金者からお金を預かっている以上、預金者に対して金利を支払わなければなりません。支払わ
なければならない以上、銀行は預金を運用して預金者に対して支払わなければならない利息以上のお金を
どこかで稼がなければなりません。

方法はいくつかあります。たとえば、「株」「土地」「金融商品」「外国債」。そして、「国債」。

このうち、一体どの方法が銀行にとって最もリスクが少ないでしょう。
答えは簡単です。「国債」です。

前記した通り、国債の価値とは、=円の価値です。一定なんです。元本が減ったり増えたりしないんです
よ。ですから、この5つの運用方法のうち、銀行が最もほしがるのは「国債」です。

もう使い古された観もある表現ですが、「国債」とは、政府からみれば「負債」ですが、国民から見れば
「資産」です。

何の策略もなく、無意味に発行し続けるのが良いことだとは言いませんが、景気を回復させ、小規模のイ
ンフレを起こすためであれば、そのために国債を発行することは決して悪いことじゃないと思うのです。


いずれ景気が回復し、GDPが上昇し、ここから支払われる税金の総額が上昇すれば、おのずと財政問題
は解決します。また、経済がインフレの方向に推移すれば、国内における円の価値も低下するわけですか
ら、政府負債の価値も、おのずと縮小します。

・・・っと、わかりにくいですね。インフレが起こる、ということは、今まで800兆円であった政府債
務の負債としての価値が縮小するということ。実際に返すお金は800兆円であったとしても、その80
0兆円の価値は、デフレ時の500兆円の価値にしか相当しなくなるような状況も起こるということです。

何度も言いますが、「日本」という国の中で、借金を返すためにお金を刷るという行為は、余り意味のあ
ることではないと思います。

再度、No.11です。

>ところで、借金分だけを増刷するわけにはいかないのでしょうか。
>一般の人々にまわすのではなく、借金の解決です。

それは、世間で騒がれている「借金」がそもそも「悪い」という発想に基づいているからそう考えるのだと
思います。

ですが、そもそも考えてみてください。日本は、なぜ外国から借金をしないのでしょうか。

もし仮に、外国から海外通貨建てでお金を借りていた場合、日本銀行が国債の買い受けに走った、なんて
情報が流れたら、まずは国債の「格付け機関」から、日本...続きを読む

Q日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?

日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?
日本の国際について友人と話していた時に気づいたのですが、ちょっと頭の中で矛盾しているような気がするので教えて下さい。
国債の返済額は年々増加していますが、これってほとんど日本円ですよね?だから財務省が紙幣の発行を命令すれば、いくらでも返済できる(ただし流通するお金が増えるのでインフレ傾向になる)はずですよね?
これが当然だと思っていたのですが、1つ疑問があるのです。

そもそも、日銀が発行したお金は政府の物ではなく、日本銀行から民間金融機関に貸し出されたお金のはず。なので民間金融機関が新たに国債を買わないと政府はお金を調達できないはずです。

という事は、景気が回復して税収が増えないと、日本銀行は無限にお金を刷り続ける必要があります。
・・・それって現実的に可能なんでしょうか?お金が無限に増えるなんて・・・。

確かに、お金の発行額を決めた「最高発行額制限制度」はすでに撤廃されています。
以下のURLにもあります。
http://www.boj.or.jp/oshiete/money/05100002.htm
じゃあ、本当に発行額の上限は無いのでしょうか?何かに制限を受けて、発行できないという事は無いのでしょうか?

物凄く気になる疑問です。うまく使えば一発でデフレ解消、いやインフレを起こせるんじゃないのかなとか思います。

日本銀行は無限にお金(日本銀行券)を発行できるのですか?
日本の国際について友人と話していた時に気づいたのですが、ちょっと頭の中で矛盾しているような気がするので教えて下さい。
国債の返済額は年々増加していますが、これってほとんど日本円ですよね?だから財務省が紙幣の発行を命令すれば、いくらでも返済できる(ただし流通するお金が増えるのでインフレ傾向になる)はずですよね?
これが当然だと思っていたのですが、1つ疑問があるのです。

そもそも、日銀が発行したお金は政府の物ではなく、...続きを読む

Aベストアンサー

日本銀行は、民間企業から「国債と交換」することでしか、市場に日本銀行券を撒くことは出来ないよう
です。

これは、日銀は「政府から直接国債を買受ける」ことが事実上禁止されていることが理由みたいです。
つまり、仮に日銀が大量に紙幣を発行したとしても、これを市場に撒くためには、その裏づけが必要と
なるわけです。

つまり、市場に流通している国債の上限額しか日銀は紙幣を流通させることができません。

普通なら。

実は、日銀は政府から直接国債を買受けることを禁止されている、という表現は誤りで、「日銀が
政府国債の直接の買受を行う為には、『国会の承認』が必要になる」というのが正しい表現である
ようです。

日銀は、日銀の意思で無限に紙幣を発行することは出来ませんが、その裏づけとして日本国政府が
発行する国債と、「国会の承認」があれば、紙幣を刷ることができます。

ですが、デフレが解消されないのは「通貨の量が足りない」からではなく、国民が貯蓄を消費に回さ
ないから解消されないのであって、仮に無限に紙幣を発行したとしても、その問題が解決されない
限り「焼け石に水」です。

必要なのは、家計に眠る現金貯蓄を消費へまわさせる為の「政策」です。そのために「国債」を発行
することは、何の問題もないと思います。

日本銀行は、民間企業から「国債と交換」することでしか、市場に日本銀行券を撒くことは出来ないよう
です。

これは、日銀は「政府から直接国債を買受ける」ことが事実上禁止されていることが理由みたいです。
つまり、仮に日銀が大量に紙幣を発行したとしても、これを市場に撒くためには、その裏づけが必要と
なるわけです。

つまり、市場に流通している国債の上限額しか日銀は紙幣を流通させることができません。

普通なら。

実は、日銀は政府から直接国債を買受けることを禁止されている、という表現は誤り...続きを読む

Qなぜ、政府が大量に紙幣を刷るとインフレになるのか?

景気対策のために、政府が数兆円もの紙幣を刷ってばらまくとインフレになるということは、何となくは理解していましたが、自分で具体的に説明できません。
例えば、東日本大震災対策で政府が数十兆円の紙幣を刷ったと仮定して、インフレになる理由を具体的に説明してください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

どなたかが既におっしゃっていましたが、あなたが議題にしたいのは政府紙幣の話でしょう
か、日銀券の話でしょうか。

日銀券である、と仮定してお話させていただきます。
日銀が日銀券を印刷したとしても、これを流通させなければ、まったく意味がありません。
市場にお金が流通しないわけですから、インフレにもデフレにもなりません。

日銀が発行したお金を市場に流通させるには、

・日銀が金融機関にお金を貸し出す。
・日銀が市場から金融商品を回収する(国債を含む)。
・日銀が政府から直接国債を買い受ける。

そして、これとは別に、
・政府が政府紙幣を発行して市場に直接流通させる。

という方法が考えられます。同じ「紙幣をする」だけでも、これだけの流通させる方法が
あるのです。

また、一概に「インフレ」と言っても、ここにも様々な考え方があります。

今、テレビ等で盛んに言われているのは、「デフレギャップ」の問題。
つまり、消費総額である年間のGDPと、年間の供給量との間に、30兆~40兆円の大幅な需給
ギャップがある、ということ。

仮に紙幣を印刷して、仮に30兆円市場にばらまくとして、はたしてこの「デフレギャップ」
は減少するでしょうか。

ひょっとしたら、1兆円~2兆円程度デフレが解消するかもしれません。物価が上昇するわけ
ですから、確かに「インフレ」は起こっているかもしれませんが、経済は未だに「デフレ」
ですよね。この状態を「インフレになった」と果たして言うでしょうか。

ひょっとしたら、ちょうど30兆円、GDPが上昇し、供給量とのバランスが合致するかもしれ
ません。デフレは解消しました。ですが、需要と供給のバランスは丁度釣り合いが取れてい
ますから、この経済の事も「インフレになった」とは言わないでしょう。ですが、確かに
物価が上昇しているわけですから、「インフレ」は起きています。

では、この需給バランスが逆転した場合はどうでしょう。
供給量に比べて、需要量が数%~10%程度上回るとします。

どうでしょう。この状態。これ、「物を作っても作ってもまだまだ生産が追いつかない」っ
ていう状況を意味しています。この状態をなんて言いますか?

「好景気」って呼ぶんです。

さて。最後に考えられるのが、馬鹿な経済学者たちが起こりもしない事態をあたかも発生す
るかの如く必死に煽り続けてる「ハイパーインフレ」。これ、定義的には物価が年間で
13000%に上昇する事を言うのだそうです。

まあ、そこまでいかないとしても、日本の戦後経済のように、極端に物価が上昇するような
急激なインフレが日本で紙幣を印刷すると起こる、って言ってますよね。

はたしてそんなことがあり得るのでしょうか。
考えていただきたいのは、発行した紙幣を市場に流通させるための方法のうち2番目。

・日銀が市場から金融商品を回収する(国債を含む)。

という項目です。まあ、日銀はわざわざ紙幣を印刷などしなくても、十分な発行済み紙幣を
保有しているので、「印刷してばらまく」事例としてご紹介するのはちょっと違う気がして
いるのですが、理屈は同じですから。

日銀は、今回の東日本大震災で、急激な株価の落ち込みをシャットアウトし、市場を安定さ
せるため、1週間連続で、合計82兆円に上る短期金融商品(1年間で満期が到来する金融商
品)を市場から買い上げました。

つまり、「日銀は発行した紙幣を合計で82兆円、市場にばらまき」ました。
この中には恐らく短期国債なども含まれていたかと思います。

ところがどうでしょう。インフレなんてものが今、この日本に起きていますか?
むしろ、今、日本で一部商品に関してインフレ傾向にあるものがありますが、それは日銀が
市場に82兆円ばらまいたからではなく、「水」「ガソリン」「農産物」をはじめとして、
「市場から物資が不足した」ことが原因で起こった物価の上昇です。

値下げしなくても物が売れるんですから、わざわざ安売りをする馬鹿な人はいませんよね。

いいですか。インフレが起きる要因となるのは、日銀や政府が紙幣を刷るかどうか、なんて
事が問題になるのではありません。

インフレは、「物資が不足する」から起こるんです。ドイツだってそうですよ。
ルール地方が戦争で破壊され、他国に占領され、ドイツの生産が大幅に減少した中で政府が
紙幣を刷ってばらまいたからあの国はハイパーインフレに陥ったんです。

戦後の日本で起こったインフレも同じ理屈。戦争で日本の生産拠点が各所で破壊され、悲惨
な状況の中で、日本が軍需国債を発行し続けていたから起こったインフレです。

一見すると、今の日本は、東日本で多くの生産拠点が破壊され、あたかも戦後と同じような
状況にある、と勘違いしている人もいるかもしれません。ですが、あの地震で破壊されたの
は、日本の国土全体から考えれば、それほど大きな割合ではありません。

そんな状況の中で、「インフレが起きる」などとばか騒ぎしている連中のたわごとを真に受
けないで下さい。そして、日本が取るべき選択は、

・日銀が政府から直接国債を買い受ける。
ことや、
・政府が政府紙幣を発行して市場に直接流通させる。
ことではありません。そんなことをせずとも、

・日銀が市場から金融商品を回収する(国債を含む)。
だけで十分に事足ります。日本の金融市場はそういう特性をもった市場です。

どなたかが既におっしゃっていましたが、あなたが議題にしたいのは政府紙幣の話でしょう
か、日銀券の話でしょうか。

日銀券である、と仮定してお話させていただきます。
日銀が日銀券を印刷したとしても、これを流通させなければ、まったく意味がありません。
市場にお金が流通しないわけですから、インフレにもデフレにもなりません。

日銀が発行したお金を市場に流通させるには、

・日銀が金融機関にお金を貸し出す。
・日銀が市場から金融商品を回収する(国債を含む)。
・日銀が政府から直接国債を買い受...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報