【先着1,000名様!】1,000円分をプレゼント!

 ことしの夏の大会は決勝戦再試合になりましたが、両投手は3連投4連投……以前からよく指摘(批判)されているように、これってなんとかならないんですかね。とくに、「教育の一環」なら、なおさらのこと、ルールで禁止してでも、選手の健康を重視すべきかと思いますが……

 というのは私の意見で、ここから質問です。
 この状態でも控え投手を使わないのなら、控え投手の存在意義はなんなのでしょうか。控え投手のみなさんは、こういう状態で何を思うのでしょうか。
(私が控え投手なら「おれは、これでも使ってもらえないのか」と落ち込んで脱力しそうですが)

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

No3です。

お礼のコメントありがとうございました。
高校野球には危険球即退場というルールはということですが、あれはあくまでもプロ野球だけのルールだったと思います。

ただ個人的にはあのルールは意味のない、不思議なルールだと考えています。
試合の流れ的に、その頭部へのデッドボールが何らかの報復的な投球なら退場処分も分かるんですが、偶発的なものにまで即退場というのがどうしても納得できませんね。
せめてサッカーのようにイエロー2枚で退場、みたいになればちょっとは納得ですが。

ところで、早実の斉藤か駒大付属苫小牧の田中かどうか今になってははっきりしないんですが、そのどちらかが優勝インタビューで面白いことを言っていました。
それは「これまで練習に付き合ってくれた仲間に感謝したい」という、完全に自分たちレギュラーとスタンドで応援する部員を区別したような発言です。

それを聞いて思ったのが、同じ野球部員とはいえその中でもエリート的な部員と、その彼らを支えるだけの部員というヒエラルキーが厳然と存在するんだなということでした。

もちろん試合が終わったばかりで、本人もそれほど深い意味はなかったかもしれませんが、逆に言えばそういう時だからこそ本音が出ると考えてもいいのかもしれませんね。

ちょっと重箱の隅的な考えでしたね(^_^;)
でも今年の高校野球は面白かったですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 たびたびご回答ありがとうございます。
 ご指摘のインタビューを私自身はききのがしましたが、ご紹介の通りだとすれば、私も回答者と似たような印象を受けます。

 ところで、質問の本筋ではありませんが、危険球即退場ルールは、「選手層が厚い」=「控え投手が豊富」なプロならではのルールかもしれませんね。
 イエロー2枚にせよ3枚にせよ、強制退場のルールができたら、高校野球(とくに投手関係)の作戦・セオリーは激変するでしょうね。見てみたい気もします。

お礼日時:2006/08/23 13:16

>控え投手が実力の差をかならずしも納得していないとき」という主旨なのですが


 だからそれが殆どないということなのです。日頃の猛練習の中でお互いの実力を掴むことができ、レギュラーになれなかった者が監督の判断がおかしいと恨むことはまずないと思います。ピッチャーに関しても同じです。これは小生の経験でもあり、見聞した事でもあります。戦友というか、勝つために一致団結する気運が生れるのです。n人類が生れて500万年この方、戦い続けて来た男のDNAに書き込まれているのかも知れません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

 再度のご回答ありがとうございます。
 私はいわゆる体育会系(とくに団体競技)の経験がないので、経験者にそう言われれば、「はあ、そういうものですか」と答えるしかありません。
 ただ、10さんのご回答中にもある、某選手の発言をきくと、

「お互いの実力を掴む→相手(チームメイト)が自分より上であることを率直に認める」
ことは、裏返すと
「相手が自分より格下(自分が格上)だと認識する」
ことでもありえますよね。

 だからどうだ、という意図はありませんが……

お礼日時:2006/08/23 13:09

まさに、真近でエースたちの優れた技を見て勉強し、次の試合に受け継がれるように備えること!ではないでしょうか?


しかし、頭で納得しても3年生の控え選手とかは悔しくて仕方がないと思います。
香田監督は、控え選手を上手く活用していると思います。死球ばかり投げてしまった2年生の菊池に失望することなく、大事な再試合にも出番を与えました。控え選手一人一人が責任を持って取り組んでいるように見えました。
香田監督のように、控え選手に少しでも大事なところを任せるのが理想的だと思います。
しかし、勝ちにこだわっている高校は余裕がないために、控え選手を上手く生かせていません。
控え選手を本番で使えば、次の年に強くなる可能性も大きくなります。控え選手をバンバン使うこと、これを全国に広めるべきだと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 もとの質問からはやや離れますが……

 私は、高野連が「高校野球は『勝負』だ!」と言っているのなら、「勝負にこだわる選手起用は当然」だと思います。
 しかし実際には「教育の一環」と言っているのだから、「それなら『勝ち負けは2の次、3の次……』という起用をしてほしい」と思います。

お礼日時:2006/08/23 09:44

#6さんと同意見です。



たしか実話だったと思いますが、元巨人の槇原投手、大府高校で甲子園に行ってますが、彼は控えピッチャーだったんですよ。玉は早いけどノーコンでどうしようもないって有名だったらしいです。けどたまたまエースが怪我をして彼が投げることになった・・・それが結局甲子園で大活躍ですから・・・運命とか、本当にエースと控えでもちょっとした差なのかも知れないですよね。心の問題とか。

昨日の決勝1日目で別のピッチャーを先発させましたよね?駒大は。あれは1年や2年のPならすでに来年を見越してると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 ここまでのご回答では「エースと控えは力に大差がある。しかも、それを本人もまわりも納得している」という前提のものが多かったですが、初めて「力の差はわずか」(かもしれない)という回答が出ましたね。

 だとしたら、「不満などなく、いっしょに汗を流したチームメイトを応援する」というのは、あまりに理想論(きれいごと)のように感じますが……

お礼日時:2006/08/23 09:40

皆さん仰るとおり、絶対に信頼のおけるエースがいるのであれば、不満に感じたり落ち込むことはまずないでしょうし、共に汗水流して同じグラウンドで練習してきた仲間ですから、ベンチで精一杯声を出すなどのサポートに心から努めることでしょう。



ただ、一人の投手が体を酷使しているのに、変わってあげられない不甲斐さは感じるでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 1のお礼に書いたように、質問は、「控え投手が実力の差をかならずしも納得していないとき」という主旨です。
 質問の仕方が悪かったとすれば、ごめんなさい。

お礼日時:2006/08/23 09:36

エースと呼ばれる投手と実力がかわらないかあるいはそれ以上と自分が思えばそう考えるのも尤もです。


ですが、エースと呼ばれる投手は数々の修羅場を切り抜けてチームの信頼も篤く、その実績は並々ならぬものがあると思います。
なぜ自分が控えでいるのか・・・納得していれば不満に思うこともないでしょう。
決めるのは監督です。
要は監督とチーム内の信頼度だと思います。

この回答への補足

お礼にミスプリがありました。

監督のに入られないと
    ↓
監督の気にいられないと

補足日時:2006/08/23 09:32
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 それから連想した(思い出した)ことがあります。大相撲のスカウトは、目当ての少年をこう言ってくどくそうです。
「野球やサッカーでは、監督のに入られないと(監督にきみの良さが分からないと)出番がない。相撲なら、たとえ親方とケンカしても、かならず出場できる」

お礼日時:2006/08/23 09:30

監督が


控えより4連投した主戦投手の方が
使えるとの判断ではないでしょうか。
まぁ、今日の決勝再試合はどうなるか分かりませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 両投手とも、ふだんなら0~1点、せいぜい2点に抑える力があるように思いました。それが、再試合ではどちらも3~4点とられちゃったわけですよね。
 まあ、「控えなら5点以上とられる」と監督が考えたのならそれまでですが。

お礼日時:2006/08/23 09:24

たしかに今年の決勝は選手たちにとって、というより投手にとっては過酷な決勝になりましたね。



たしかに控えの投手のことを考えるとちょっと可哀想な気もしますけど、でもエースが踏ん張っている限りは控え投手はやはり出番がないというのは仕方ないですね。

でも突然の乱調や怪我など、出番は突然やってくることもあるので、いつもスタンバイしておくだけの精神力を維持していくのも大変でしょうね。

甲子園に出るほどの学校は、それぞれ大人数の選手を抱えていることが多いですが、そのほとんどはベンチすら入れずスタンドで応援するしかないことを考えると、控えとはいえまだ良い方じゃないかなと思います。
2年からレギュラーになった選手をスタンドから応援している3年生を思うと、そっちの方がちょっと胸が痛くなりますね。

投球数の制限を訴える人も結構いますが、精神論が好きな日本の風土を考えるとあまり受け入れられないでしょうね。

あれだけの連投で300~400球という玉数を投げた投手の方が本当に心配になりますよね。とはいえ、プロと違って何人もの潤沢な投手が持てない高校野球では、結局は一人の優秀な投手に頼りきるしかないのが現状だと思います。

実際早実の控え投手たちは、これまでの試合でワンアウトも取ったことがないといいますから、早実に限って言えばもう頼るのは彼一人ということなんでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 高校野球には、プロのように、「故意でなくても、危険球即退場」というルールはないんすか? もしあれば、(ケガや乱調でなくても)控え投手の出番は急増しそうですね。

お礼日時:2006/08/23 09:21

 高校で野球をやっていたときの経験から言うと、実力の差は皆納得していると思いますよ。

連投の命令が出るのは自分の実力がないからだとちゃんと分かっている筈です。
 しかし投球数は100球程度に制限するのは賛成です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございます。
 うーん……質問は、「控え投手が実力の差をかならずしも納得していないとき」という主旨なのですが、質問の仕方が悪かったようです。ごめんなさい。

お礼日時:2006/08/23 09:18

「控えの投手がいるから、エースが安心して全力投球できるんだ」ということなのでは?。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

 さっそくのご回答ありがとうございます。
 控えの投手はバックアップのようなものでしょうか。それなら、バックアップも、ときどきは作動を試す(野球なら実戦経験をさせる)ことが必要だと思うのですが……

お礼日時:2006/08/23 09:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【高校野球】背番号2桁でも実質的なエースの場合があるのは何故?

高校野球を見ていると、背番号2桁の選手が実質的なエースとしてマウンドに立ち続けるケースが一昔前に比べ最近では見られ勝ちな気がします。
怪我をしている場合は除くとしても、何故1番を付けた選手が毎試合控えに回るケースがあるのでしょうか?どうせ投げないのなら「甲子園に出て来る時点で背番号を入れ替えれば良いのに…」等と思ってしまいます。
どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

後から入部してきた後輩が力をつけてきたということではないでしょうか。
その選手が入部した時には先輩選手の中に既に1番をつけている選手がいて、それまではその投手がエースとして扱われていたので、後輩に有力な選手が現れたからといって、簡単に先輩投手と後輩投手の番号を入れ替えるわけにはいかないと思います。
高校生の部活では先輩後輩という上下の区別はしっかりしていると思います。

Q高校野球の硬式試合でベンチに入れる人は、どこまで?

すみません。2つ疑問があります。宜しくお願い致します。

Q1:硬式高校野球の公式試合でベンチに入れる人間って、監督と登録主力選手の他に誰がいますか?
単なるコーチやマネージャー、部長とかも大丈夫ですか?

Q2:何人までって決まってるものでしょうか?

正確に知りたいので詳しい方、ぜひ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Q1.夏や春の地方大会の選手ベンチ入り人数は県によって違うようですが、18人より多いようです。我が愛媛は20人までだったような気がします。
甲子園、選抜は18人ですね。後は監督1人、部長(責任教師)1人、記録員(マネージャー:女子も可)1人です。

Q2.上記の通りです。ですが調べてみたところ、
高野連のサイトには、選抜大会は「選手18人と責任教師1人、監督1人、記録員1人(女子も可)」と要項に書いてありますが、
選手権大会にはベンチ入りについて書いておらず、「登録選手数は1校18人以内とする」しか書いてないんですね。
ただ旅費援助が「選手18人、責任教師1人、監督1人」までとなっているので、選抜と同じと考えて良いと思います。

Q監督への不信感(高校野球)

高2の息子は投手です。
春の大会では登板し甲子園常連私立校に完封勝ち等で、久しぶりにベスト8まで進みました。
夏の地方大会で息子は大注目されていたのですが…まさかの初戦敗退。
そして、秋も初戦敗退です。
夏・秋とも息子は登板していません。
登板したのは夏の大会以後、背番号1番をもらった同じく2年生の投手のAくん。
Aくん体格は部内で1番ですが、制球力・球速・体力とも微妙で毎試合四死球の多さが目立ちます。
必ず4回以降崩れだすので、継投であれば勝てると思うのですが、監督は完投させます。
監督は甲子園出場経験もある教師としても指導者としてもとても評判の良い方なのですが、
夏の大会以後、不信感がすごくあります。
Aくんが負けた試合後はだいたい「Aを助けられなかったまわりが悪い」と…。
四死球が10以上あってもです。
息子が投げさせてもらえなかったのは、実力不足等原因があるかと思いますが、
監督のAくんへの入れ込み方がなんとも…。
息子曰く「俺はAには負けてないと思うけどね。でも、登板できないのは何か俺にダメなとこがあるはずだから…」と前向きにとらえてくれていて安心していますが。

監督への不信感をもったことのある方、どういうふうに解決されましたか?

夏の大会後、3年生の親がどうして継投しなかったのか、私の息子を登板させなかったのかと、
監督へ聞きに言ったとの噂を聞きました。
そのことで監督が気分を害して息子が不利になったりしたんじゃないかとかいろいろ考えてしまします。

高2の息子は投手です。
春の大会では登板し甲子園常連私立校に完封勝ち等で、久しぶりにベスト8まで進みました。
夏の地方大会で息子は大注目されていたのですが…まさかの初戦敗退。
そして、秋も初戦敗退です。
夏・秋とも息子は登板していません。
登板したのは夏の大会以後、背番号1番をもらった同じく2年生の投手のAくん。
Aくん体格は部内で1番ですが、制球力・球速・体力とも微妙で毎試合四死球の多さが目立ちます。
必ず4回以降崩れだすので、継投であれば勝てると思うのですが、監督は完投させま...続きを読む

Aベストアンサー

率直に感想を言いますと、監督が良くないですね。
ただ、どうして投げれないのかを父兄ではなく本人に聞かすべきですね。
自分に何が足りないかが分からなければ練習のしようもありませんし
モチベーションも上がりません。
それで曖昧な返答しかなければ、自分でしっかりとした目標を立てて
頑張るしかないですね。高校野球が全てなのか、その先を目指しているのかで、
することも変わってくると思いますので息子さんには腐らずに努力してもらいたいですね。
高校生で2番手投手でプロのエースになった選手もたくさんいますから、ただその選手たちは
ものすごい練習をしてましたけどね。
努力は報われます、必ず誰かが見ています。
息子さんが親御さんからみて誰よりも努力していると思いますか?
Aくんより努力していると思いますか?

Aくんは、監督から見て素材がとても良いのだと思います。
だだ、伸び悩んでいる。監督もなんとかしたいと考えてる。
奮起さすにはどうしたらいいか?監督もAくんに投げさすと負けるかもしれないと
分ってるはずです。でもハマればすごい選手になるかもしれない。
結果はダメでした。Aくんはどうするでしょか?奮起して努力をするのか、
自分はダメだと諦めるのか、監督は今見極めてる段階かもしれません。

息子さんにはまだチャンスは来ます。
その時に最高の結果が出せることを祈ります。

率直に感想を言いますと、監督が良くないですね。
ただ、どうして投げれないのかを父兄ではなく本人に聞かすべきですね。
自分に何が足りないかが分からなければ練習のしようもありませんし
モチベーションも上がりません。
それで曖昧な返答しかなければ、自分でしっかりとした目標を立てて
頑張るしかないですね。高校野球が全てなのか、その先を目指しているのかで、
することも変わってくると思いますので息子さんには腐らずに努力してもらいたいですね。
高校生で2番手投手でプロのエースになった選手もたく...続きを読む

Q性格が投手向きの人

タイトルのまんまなのですが
「こいつは、性格が投手向き」と言われる人がいます。
投手向きの性格って、どういった性格なんですか?
個人差はあると思いますが、おおまかでいいので教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

どうも今晩は!

>投手向きの性格って、どういった性格なんですか?

自分の投球に絶対の自信を持っていてプライドが高く、決して弱音は吐かない。
しかも、自分の感情をコントロール出来て、ホームランを打たれたり、エラーで失点しても
表情には出さず、直ぐに切り替えが出来て、次のバッターに集中出来る人。

例えば、昨日のソフトバンク戦で杉内投手と投げ合って、結果サヨナラで完投負けをした
西武の涌井投手なんて、21歳にしてその条件を充たしているように感じました。

ご参考まで

Qピッチャーをやらせる基準 少年野球で

愚問ですが、教えてください。
コーチや監督から見て、ピッチャーをやらせようと思う基準にはどういうものがありますか?
左利き、でかい、精神面で強い、くらいしか、判りません。
中には、細い、背の低いピッチャーもいます。
何か素人にはわからない、目の付け所があるのですか?

Aベストアンサー

まず、早い球が投げられるかどうか、ですね。
コントロールは後でどうにでも出来ます。
左右投げも関係ありません。
精神面なんかは試合に出し続ければ簡単に鍛えられます。
要は本人にチームのエースなんだと自覚させれば良いだけです。

プロのスカウトが言ってました。
「高校時代140kmを一回でも投げたことがあれば間違いなくスカウトは見にくる」んだそうです。

少年野球ではコントロールを重視する傾向にあります。

理由は簡単。
コントロールが無いと四死球で塁を埋められ一本のヒット、あるいは四死球の連続で点を入れられる恐れがあるからです。

早い球を投げられるかどうかはある意味天性のものもあります。

背が低くても、ケツ回りがでかい選手は下半身が安定してるのでしっかりした球が投げられるかも知れません。

背が高くて腕が長ければ振り下ろした勢いで早い球が投げられるかも知れません。

まずはこの選手、とこだわらずに、チーム内の全選手をじっくり観察する事から始めるのがセオリーかと思います。

Qプロ野球の先発ピッチャーは休みすぎじゃないですか?

プロ野球の先発投手って中5日とか中6日じゃないですか。
だいたい1試合平均で6回くらいまでですよね?球数だと100球くらいかな。

先発ピッチャーって5日も6日も休まないといけないほどそんなに疲れますか?
サッカーだったらわかります。走りっぱなしだし。
でも野球って試合の半分はベンチに座ってるじゃないですか。
高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?
プロ野球選手はもっと体鍛えてると思うんですけど、体力ないんですか?
なんかたくさんお金もらってるくせに、5日おきとかしか投げないのは腑に落ちないなあ。

なんでそんなに休まなければいけないのですか?

Aベストアンサー

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言われた権藤博さんが言ってますが
「アマチュアの連投とプロの連投とは違う」のだそうです。
年に多くても数回のトーナメントを戦うだけのアマチュアと
約半年ほとんど休みなく試合が続くプロとでは、体の疲れ方が根本的に異なる、と。

ただ、権藤さん自身そのことに気がついたのは引退してからだそうで、
コーチになってから「投手に無理をさせない」ことを第一に考えるようになりました。
(かの10.19で阿波野投手をダブルヘッダーに連投させたことで仰木監督と衝突したのは有名な話)

なお、中6日の元祖的存在である「サンデー兆治」村田投手のローテーションを生んだのは
鉄腕と言われた稲尾和久監督です。

昔の投手は確かに連戦連投でしたが、その連戦連投した投手たちが指導者となって
今のローテーションを確立しているというのは注目に値すると思います。

すでに回答は出揃っている感がありますが…

MLBでは先発投手は中4日が基本とされています。
 登板→完全休養→ランニング等の基礎運動→投球練習→軽い投球→登板
のサイクルで回すわけです。

それに比べれば確かに休みすぎかもしれませんね。
だから日本の投手、特に先発投手は野茂以外MLBではあまり活躍できないんじゃないかな、
と思っているところです。

だけど、そういう話ではないんですよね。以下、その前提で。

>高校球児だって甲子園では投手は連投連投ですよね?

中日で「権藤、権藤、雨、権藤」と言わ...続きを読む

Q「真のエース」とは?

「真のエース」とは、どのような投手ですか?また、往年の投手、現役投手では誰が挙げられますか?(引退、現役投手、それぞれ最低各1人ずつ挙げてください)

Aベストアンサー

「勝って驕らず負けて腐らず。」

という投手が(チーム的には)エースの条件だと思います。1つの勝負に一喜一憂している投手を打線も守備もカバーしようとは思えないでしょうし。真のエースの条件とするなら、投手個人の能力より、どんな試合でも野手陣が勝たせようと本気になってくれるような投手のことだと考えます。その投手が打ち込まれたら倍取り返してやれと打線に気合が入る、そういう投手は…意外にいるものです。

となれば、往年の名投手で上がるのは阪神・ロッテで活躍した小山正明、そして南海黄金期のまさに「エース」、杉浦忠の2名でしょうか。正直彼らより数字やチーム成績として上の名投手はいます。金田正一やら鈴木啓示やら江夏豊やら堀内恒夫やら。でも、今ひとつ説得力に欠けるのは、性格によるところが大きいのかもしれません。特に名前を上げた4人は良い結果は自分のおかげ、悪い結果は捕手含む野手のせい、を地で行っていた投手でしたし。

※ちなみに最初の名言は杉浦の立教時代の同期、あの長嶋茂雄が出したとも言われています。

現役では…いませんね。成績だけならマー君やマエケン、MLBに行ったダルビッシュも含めエースにふさわしいのはいると思いますが、真のエースと言い切るには若干落ち着きに欠ける。

人として出来上がるのは三十路過ぎてからでしょうし(30過ぎてからの杉内俊哉や西口文也、現在MLBの黒田博樹なども広島時代の最後半では雰囲気はあった)、あえて現役はいないということで。

「勝って驕らず負けて腐らず。」

という投手が(チーム的には)エースの条件だと思います。1つの勝負に一喜一憂している投手を打線も守備もカバーしようとは思えないでしょうし。真のエースの条件とするなら、投手個人の能力より、どんな試合でも野手陣が勝たせようと本気になってくれるような投手のことだと考えます。その投手が打ち込まれたら倍取り返してやれと打線に気合が入る、そういう投手は…意外にいるものです。

となれば、往年の名投手で上がるのは阪神・ロッテで活躍した小山正明、そして南海黄金期...続きを読む

Q高校野球について

高2の父です。息子の学校の硬式野球部の監督の考えがわかりません。どう思いますか?また、今後息子にどう励ましの言葉をかけてあげたらいいですか?

夏の地区予選前までは正捕手でした。背番号を受け取る1週間前に突然外されました。理由は確認したわけではありませんが、打率の悪さのようでした。正捕手は同じ学年で4番、5番を打つ子です。確かに打ててなかったので自主練を頑張り、3割5分まで改善しました。夏はあっけなく終わり、新人戦が始まりました。同じチームの父兄は息子が正捕手になると思っていたようですが、そこでも正捕手はもらえず、ブルペンキャッチャーばかりです。正捕手は夏と同じ子です。キャッチングと送球と声だしは息子のほうが上ですが、体格と打率は負けてます。何よりも配球が悪いと言われているようです。ただ、配球に関してはデーターをとっているわけではなく監督の記憶のみです。打率はデーターがあります。中学では県で表彰されたり、捕手として少しは自信があったようですが、今は全くです。甲子園を目指すような高校ではなく、公式戦も勝てないような学校です。今後息子の打率が改善されたとします。来年、レギュラーをとるために配球の改善方法はありますか?また、それらが改善できればレギュラーをとれるのでしょうか?4番を打つ正捕手から奪い取るにはやはり打率で勝たないとだめなのでしょうか?他のポジションも考えたほうがいいのでしょうか?

補足ですが、キャプテンはさぼり癖のある子。注意すればふてくされるので誰も注意しないとのこと。(監督の人選です)別の子のことは怒鳴ります。部員数は2学年で25人程度。バッティングの悪い子は練習試合でも使いません。守備練習はほとんどしません。(ホームグランドがないため)コーチが二人いますが監督との仲は良くありません。練習試合では息子はBチームのファーストです。1年捕手を育てたいようです。試合のときだけ2番手捕手です。

高2の父です。息子の学校の硬式野球部の監督の考えがわかりません。どう思いますか?また、今後息子にどう励ましの言葉をかけてあげたらいいですか?

夏の地区予選前までは正捕手でした。背番号を受け取る1週間前に突然外されました。理由は確認したわけではありませんが、打率の悪さのようでした。正捕手は同じ学年で4番、5番を打つ子です。確かに打ててなかったので自主練を頑張り、3割5分まで改善しました。夏はあっけなく終わり、新人戦が始まりました。同じチームの父兄は息子が正捕手になると思って...続きを読む

Aベストアンサー

野球の経験はないのですが
小学校の頃ソフト部に入ってまして5年生時にサードで四番になりました
6年生の中には私より守備も打撃も上手い人は居たのですが控えでした
伝え聞くところでは私の体格と長打力が監督の判断に影響したとかです

高校は県内屈指のバスケ部に入りました、夏の大会後三年生が退いて
新チームの司令塔には私が指名されました
外された上級生のほうが総合的に技術が高くスピードは部で一番でした
当時の先輩の話では「お前の方が体が大きくて魅力的だったんだろう」
後に外されてた方が私からレギュラーを奪い私はシックスメンになった

社会人サークル(音楽)で懇意にしてる者の中には少年野球、ミニバス
の指導を長く続けてるのが数人居まして
やはり彼らも体格のいい子、一発の可能性のある子、などを使いたがる
コントロールのいい子が居るのに体格だけ頭抜けてる子を投手にします
打てて守れて走れる子がベンチで、たまたま練習試合で長打放った子が
ずっとレギュラーってケースもちょいちょいあります、守りグダグダなのに

野球未経験なのでアレですが
捕手がうまく配球したからといって投手がそれに見合う威力の球を
指示されたポイントに投げられてこその配球ではないでしょうか
使われ続けていれば、この投手は内角に構えても中に寄ってしまうとか
勝負どころで球威が落ちるとか、そういうの頭に入れてリードできる筈で
息子さんのように、たまに捕手任される扱いでは改善のしようがない
と思うんですよ

監督がどうしても使いたくなるような選手になるしか道はないと思います
Bチームのファーストをしてるのであれば打率じゃなくて長打力が重要
と素人ながら考えます、それに高校の地区打率とか皆三割越えてますし
西武の森君がガンガン打ち出したら正捕手がFAしそうな勢いになってる
そういう路線でアピールするしかないのでは、と思います。

野球の経験はないのですが
小学校の頃ソフト部に入ってまして5年生時にサードで四番になりました
6年生の中には私より守備も打撃も上手い人は居たのですが控えでした
伝え聞くところでは私の体格と長打力が監督の判断に影響したとかです

高校は県内屈指のバスケ部に入りました、夏の大会後三年生が退いて
新チームの司令塔には私が指名されました
外された上級生のほうが総合的に技術が高くスピードは部で一番でした
当時の先輩の話では「お前の方が体が大きくて魅力的だったんだろう」
後に外されてた方が私か...続きを読む


人気Q&Aランキング